Billboard JAPAN


ランキング RSS

Chart

6

Daily News

【ビルボード】KinKi Kids『The BEST』が総合アルバム首位 ダウンロード1位は椎名林檎
【ビルボード】BTS (防弾少年団)「MIC Drop」が45万枚を売り上げて総合首位獲得 宇多田ヒカル「あなた」ダウンロード1位で総合3位に初登場
【米ビルボード・アルバム・チャート】U2、ロック・バンドとして2017年最大の初動で堂々の首位
【米ビルボード年間ソング・チャート】エド・シーラン堂々の1位、ヒップホップ/R&Bアーティストが上位に多数ランクイン
【米ビルボード年間アルバム・チャート】驚異的ロングヒットとなったケンドリック・ラマー『DAMN.』首位、ブルーノ・マーズ自身最高位の2位
U2の新作が全米アルバム・チャート1位獲得で史上初の快挙達成
【ビルボード】Kinki Kids『The BEST』が16.8万枚で週間アルバム・セールス首位 安室奈美恵『Finally』いまだ強く2位
【ビルボード】BTS (防弾少年団)『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』が45万枚売り上げて週間シングル・セールス首位 20万枚のNGT48が続く
【深ヨミ】和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』幅広い活動が全国的な売上に繋がった?
【ビルボード年間Streaming Songs】洋邦入り混じったグローバルなチャートを、エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」が制覇
【ビルボード年間Hot Overseas】驚異的新記録樹立のエド・シーランが洋楽チャート制す
【ビルボード年間Download Albums】ミスチル配信ベスト2作品、圧倒的なポイント数で1位&2位を独占
【ビルボード年間Hot Animation】2017年アニメ・チャートのトップは強力タッグによるコラボ曲
【先ヨミ】BTS (防弾少年団)『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』が37.9万枚で現在セールス首位 NGT48の2ndシングルは18万枚
【ビルボード】「清廉なるHeretics」DLソング首位、DAOKO×米津ストリーミング無双
【ビルボード】B'z『DINOSAUR』が総合アルバム首位、安室奈美恵『Finally』の連覇にストップ
【ビルボード】Kis-My-Ft2「赤い果実」がシングル&Twitterで2冠、総合首位獲得
映画『ラ・ラ・ランド』サウンドトラックがグラミー賞4部門にノミネート! さらにタワレコ年間チャート/サントラ部門でも1位獲得
【米ビルボード・アルバム・チャート】テイラー・スウィフト首位キープ、クリスマスAL急上昇中
【深ヨミ】安室奈美恵『Finally』が150万枚突破! リリースからのセールス動向を振り返る

もっとみる

3

Special Archive

もっとみる

3

HotShotDiscs Archive

もっとみる

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore