Billboard JAPAN


Special Contents

松永貴志『グッド・ニュース!』リリース&ライブインタビュー

松永貴志

 関西が生んだJazzピアニスト、松永貴志。メジャーデビューアルバム「TAKASHI」を17歳の時にリリースし、ベストセラーとなる。同年には「東京JAZZ’2003’」に出演し、ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。日本では、テレビ朝日「報道ステーション」のテーマ曲を作曲したのをきっかけに、フジテレビ「新報道2001」「スーパーニュース」など数々の報道番組のTVテーマ曲や、コマーシャル楽曲を手掛ける。さらにフジテレビ系アニメ「坂道のアポロン」で主人公のピアノ演奏を全て担当し、若い層からも注目を集めた。
2013年にはデビュー10周年を迎え、アルバム『グッド・ニュース!』をリリース。さらに来年3月には、新作リリースライブがビルボードライブ大阪で決定している。テレビのタイアップソングや10年間愛され続けてきた楽曲など、おなじみのメロディを収録した新譜について、たっぷりとインタビュー。

テレビ番組のテーマ曲とか、コマーシャルの曲をたくさん作りました。

??今回のアルバムが(前回から)5年半ぶりということで、もうそんなに経ったのですね。

松永貴志:そうですね、いつの間にか、あっという間に。でもその間いろいろな活動をしていたので、気づけばあっというまに過ぎ去っていましたけどね。

??前作が『地球は愛で浮かんでる』(2008年4月発売)ですよね。そこからの5年半の間どういうことをされていたのでしょうか?

松永貴志:いろいろと、テレビ番組のテーマ曲とかコマーシャルの曲だったり、作曲の方にも凄く力を入れていました。そういった曲をたくさん作ったりしていましたね。あとダンサーの方とのコラボレーションだったり、舞台の上で見せるエンターテイメントっていうものをいろいろやっていたり。ダンサーとピアニストだけの舞台とか。あとはオーケストラとの共演もよくやっていましたね。

??では今回の作品の話です。「マジック・キャット」。昔も猫の曲がありましたよね?

松永貴志:昔は、「ニャーニャー・ダンス」。今、こんなタイトルだったら、「この人、精神年齢大丈夫かな?」って思われちゃうんで(笑)ニューヨークトリオでニャーニャー・ダンスやっていましたね。あの2人(ドラムスとベース)も驚いたんじゃないかな。あのときは、かわいい猫だったんですけど、今回は、どんな感じの猫だろう?もっと緊張感のある猫ですね。

??曲のタイトルも10代のころは変でしたよね。今回はわりと…

松永貴志:今回は、元々TVのテーマとかで(タイトルが)ついている曲が多いんで。他の新曲の2曲が逸脱しちゃうと変なんで(笑)

??「Eazy Waltz」はアニメ「坂道のアポロン」の曲ですよね?

松永貴志:菅野よう子さんから、「子犬のワルツ」みたいな感じで、と言われて作りました。けんかのシーンで流れます。軽く相手を倒していくみたいなイメージ。

??アニメ「坂道のアポロン」(2012年)への参加はどういう経緯だったのでしょうか?

松永貴志:ある日、レコード会社の人がやってきて、“やってみない?”のような。実際に話を聞いてみると、菅野さんがYouTubeで僕の映像をみつけて、この子、って決めたみたいですけど。ピアニストを探していたみたいで。

??あの漫画は、本当にジャズをテーマにしていますものね。

松永貴志:そうですね、ジャズアニメです。

??当時貴志君が薫役って聞いて、一瞬驚いたんですけど。どちらかって言うと、千太郎(ドラム)の方のイメージだし。

松永貴志:はは(笑)。性格は、どちらかというと逆でしたけど。薫くんの役は、(アニメでは)はじめはクラシック(を演奏する)部分もあって、そこも全部僕がアポロンではレコーディングしています。

??レコーディングは、大変だったみたいですね。

松永貴志:普通のレコーディングではなくって、菅野さんが、実際に、僕と千太郎役(ドラマー)の子をばったり会わせて、そのままレコーディング、本番!とか、いわゆるジャズっぽくやっていました。だから、ワンテイクのやつとかもいっぱい。

??そんなこともやっていたんだですね。菅野よう子さんにインスパイアされたりとかはなかったですか?

松永貴志:いやー、菅野さんは初めてお会いしたんですが、すごかったですね。今まで見た方の中でも特に、すごい方だと思いました。魔法を使っているみたいに、周りの人々がどんどん動いていくというか、持っているポテンシャルを最大限まで使い切る。その人でも気づいていないようなポテンシャルを、ぐわっと上げて、録音させたりとか。この方はすごいなーって。

??作曲だけでなくて、人の才能を引き出す能力というか。

松永貴志:引き出す能力がすごいですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. デビューから10周年、今までの中の成長、“大人”を感じさせられたらと。
  3. Next >
デビューから10周年、今までの中の成長、“大人”を感じさせられたらと。

??今回もアルバムに収録されている「神戸」は今までも何度かアルバムでレコーディングしていますね。

松永貴志:そうですね、コンサートでやっても、常に、1、2、3位くらいに入る人気曲なんで。どこに行ってもまたやってくださいって言われる曲ですね。

??名バラードですよね。2013年にまたこの曲を入れようと思ったのはなぜですか?

松永貴志:デビューから10周年なので、今までの中の成長を見せるのに欠かせないな、と思いました。

??以前とは、どこが違いますか?

松永貴志:やっぱり“大人”を感じさせられたらと。

??「旅の組曲」は、なぜ組曲に?

松永貴志:それは、『朝だ!生です旅サラダ』の1年の中でクールごと、季節ごとにEDテーマを担当して、なので。組曲形式にしてみました。

??新曲「はじまり」は?

松永貴志:早い曲ばかりではなく、バラードも入れたいな、と思ったんです。

??「オープン・マインド」はテレビ朝日『報道ステーション』で7年間使われた、ということですね。こちらも、なぜまた入れようと思ったのですか?

松永貴志:この曲も僕の代表曲なので、10年の節目には必ず入れたいな、と。

??当時は、独特で不思議な曲だと思いましたが、いまやスタンダードになりましたね。

松永貴志:嬉しいですね。楽譜を見ないと3拍子って気づかない。ミュージシャンが気づかない。一回だけ見て演奏するのが難しい。3拍子の中に変にアクセントが入ったりして、複雑なんですよね。

??でも、そんな楽曲が、いまやみんな口ずさめるってすごいですね。

松永貴志:本当に嬉しいですね。

??アルバムの参加ミュージシャンは、水谷浩章さん(ベース)は以前からのお付き合いですよね。

松永貴志:はい、10代後半から

??佐野康夫さん(ドラム)の参加はどういう経緯ですか。

松永貴志:佐野さんは、『坂道のアポロン』で共演しました。ポップスで結構たたいていて、スーパー・ドラマーです。今回もいろんな楽曲がありますけど、全部を全然違うカラーで叩いてもらっています。すごかったですね。

  1. < Prev
  2. 僕にしか出来ないリズムパターンの中でメロディを聴かせる
  3. Next >
僕にしか出来ないリズムパターンの中でメロディを聴かせる感じが、
一番他の人と違うところ

??タイトルの『GOOD NEWS!』というのはどういう意味合いですか?

松永貴志:報道関係、ニュース番組のテーマが多いのと、ひさしぶりにアルバムが出るという良いニュース(知らせ)、をかけています。

??「貴志は元気だぜ」的な。

松永貴志:あとは、オリンピックも決まって、明るいニュースもあって、今後日本が良い方向へ向かっていく、というか。暗いニュースの後で。みんなが良い方向へ向かっている感じがあるので。

??アルバムをこういう風に聞いてもらいたいとか、ありますか?

松永貴志:わりと聴きやすいと思うので、普通に、さらっと。あ、この曲も作っていたんだ、って、聴いてもらえたら。こういうメロディもやっていたんだな、って。この曲もいいなーって感じで聴いてほしい。テーマとかメロディを聴いてほしい。

??今の貴志君の「名刺代わり」として聴いてほしいということですね。確かにメロディアスな曲が多いですよね。

松永貴志:わかりやすいといいつつ、普通の4分の4拍子の曲はすごく少ないんです。foreverとか4分の7拍子だし、ほとんどテーマ曲とかは変拍子で。実は。『報道ステーション』の頃からそれは変わっていないですね。

??でも、本当に聴きやすくてメロディアスですよね、これまでも元々メロディアスな楽曲が多かったけど、より、わかりやすいというか。聴きやすい。一番わかりやすいと思います。

松永貴志:ありがとうございます。変拍子は変拍子じゃなく感じさせて、更にその上にメロディを乗せているから、僕にしか出来ないリズムパターンの中でメロディを聴かせるというか、そんな感じが、一番他の人と違うところかな、と。

??今後こんなことやってみたいとかありますか?

松永貴志:映画音楽や劇判とかもやっていきたい。ポップスの楽曲提供とかも、色々やっていきたいな、と思います。

??ありがとうございました。

松永貴志:ありがとうございました。

松永貴志 水谷浩章 佐野康夫「グッド・ニュース!」

グッド・ニュース!

2013/11/27 RELEASE
TYCJ-80002 ¥ 2,880(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.マジック・キャット
  2. 02.Easy Waltz <セルフ・カヴァー・ヴァージョン>
  3. 03.forever <ピアノ・トリオ・ヴァージョン>
  4. 04.神戸 <ニュー・ヴァージョン>
  5. 05.Kira Kira Road <セルフ・カヴァー・ピアノ・トリオ・ヴァージョン>
  6. 06.『旅の組曲』 Ⅰ.春 “ピュアスマイル” <セルフ・カヴァー・ピアノ・トリオ・ヴァージョン>
  7. 07.『旅の組曲』 Ⅱ.夏 “Wave!” <セルフ・カヴァー・ピアノ・トリオ・ヴァージョン>
  8. 08.『旅の組曲』 Ⅲ.秋 “秋のSORA” <セルフ・カヴァー・ピアノ・トリオ・ヴァージョン>
  9. 09.クロスファイア <ピアノ・トリオ・ヴァージョン>
  10. 10.はじまり
  11. 11.朝への扉 <ピアノ・トリオ・ヴァージョン>
  12. 12.オープン・マインド <ニュー・ヴァージョン>

関連商品

Breezin’
小松秀行 佐野康夫 吉田太郎 鈴木俊介 知念輝行 松本圭司 草間信一 坂井“Lambsy”秀彰「Breezin’」

2015/04/08

[CD]

¥3,240(税込)

グッド・ニュース!
松永貴志 水谷浩章 佐野康夫「グッド・ニュース!」

2013/11/27

[CD]

¥2,880(税込)

Bells
ONJT+ 大友良英 水谷浩章 芳垣安洋 Sachiko M. ジム・オルーク「Bells」

2010/11/25

[CD]

¥2,376(税込)

Lonely Woman
ONJT+ 大友良英 水谷浩章 芳垣安洋 Sachiko M. ジム・オルーク「Lonely Woman」

2010/11/25

[CD]

¥2,376(税込)

M.T.MAN
坪口昌恭 菊地成孔 水谷浩章 芳垣安洋 鬼怒無月「M.T.MAN」

2010/10/16

[CD]

¥2,571(税込)

MOKO-MOKO
松永貴志 安ヵ川大樹 広瀬潤次「MOKO-MOKO」

2008/05/14

[CD]

¥2,880(税込)

地球は愛で浮かんでる
松永貴志 安ヵ川大樹 広瀬潤次 水谷浩章 外山明「地球は愛で浮かんでる」

2008/04/30

[CD]

¥2,880(税込)

地球は愛で浮かんでる
松永貴志 安ヵ川大樹 広瀬潤次 水谷浩章 外山明「地球は愛で浮かんでる」

2008/04/30

[CD]

¥2,880(税込)

無機質オレンジ
松永貴志 ウゴナ・オケグォ エリック・ハーランド「無機質オレンジ」

2006/01/12

[CD]

¥2,880(税込)

無機質オレンジ
松永貴志 ウゴナ・オケグォ エリック・ハーランド「無機質オレンジ」

2006/01/12

[CD]

¥2,880(税込)

TODAY
松永貴志「TODAY」

2004/05/26

[CD]

¥2,880(税込)

TODAY
松永貴志「TODAY」

2004/05/26

[CD]

¥2,880(税込)

Breezin’
小松秀行 佐野康夫 吉田太郎 鈴木俊介 知念輝行 松本圭司 草間信一 坂井“Lambsy”秀彰「Breezin’」

2015/04/08

[CD]

¥3,240(税込)

グッド・ニュース!
松永貴志 水谷浩章 佐野康夫「グッド・ニュース!」

2013/11/27

[CD]

¥2,880(税込)

Bells
ONJT+ 大友良英 水谷浩章 芳垣安洋 Sachiko M. ジム・オルーク「Bells」

2010/11/25

[CD]

¥2,376(税込)

Lonely Woman
ONJT+ 大友良英 水谷浩章 芳垣安洋 Sachiko M. ジム・オルーク「Lonely Woman」

2010/11/25

[CD]

¥2,376(税込)

M.T.MAN
坪口昌恭 菊地成孔 水谷浩章 芳垣安洋 鬼怒無月「M.T.MAN」

2010/10/16

[CD]

¥2,571(税込)

サムシング・ブルー
(オムニバス) 寺井尚子 松永貴志 渡辺香津美 ノラ・ジョーンズ ロン・カーター フレディ・ハバード ウディ・ショウ「サムシング・ブルー」

2008/12/24

[CD]

¥2,571(税込)

サムシング・ブルー
(オムニバス) 寺井尚子 松永貴志 渡辺香津美 ノラ・ジョーンズ ロン・カーター フレディ・ハバード ウディ・ショウ「サムシング・ブルー」

2008/12/24

[CD]

¥2,571(税込)

地球は愛で浮かんでる
松永貴志 安ヵ川大樹 広瀬潤次 水谷浩章 外山明「地球は愛で浮かんでる」

2008/04/30

[CD]

¥2,880(税込)

無機質オレンジ
松永貴志 ウゴナ・オケグォ エリック・ハーランド「無機質オレンジ」

2006/01/12

[CD]

¥2,880(税込)

無機質オレンジ
松永貴志 ウゴナ・オケグォ エリック・ハーランド「無機質オレンジ」

2006/01/12

[CD]

¥2,880(税込)

TODAY
松永貴志「TODAY」

2004/05/26

[CD]

¥2,880(税込)

TODAY
松永貴志「TODAY」

2004/05/26

[CD]

¥2,880(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    SHINee、東京タワーを含む日本5都市のシンボルタワーを“SHINeeカラー”で同時ジャック! ベストALはiTunes15か国で初登場1位に

  2. 2

    <ライブレポート>ブルーノ・マーズ、自分の曲がこんな曲ばかりだったら、ライブしたくなるに決まっている

  3. 3

    <ライブレポート>“もうひとつのシカゴ”CTAが新旧ナンバーでファンを魅了! 大熱狂で幕が開けた来日公演初日

  4. 4

    【先ヨミ】KAT-TUN活動再開後初シングルが現在首位 Juice=Juice、ラスアイが続く

  5. 5

    SHINee 全国版朝日新聞に全面広告掲載! 販売エリア別5つのデザイン

HOT IMAGES

注目の画像