Billboard JAPAN


Special Contents

THE ALFEE『友よ人生を語る前に』インタビュー



THE ALFEE『友よ人生を語る前に』インタビュー

皆さんの希望がTHE ALFEEであるならば―――

 THE ALFEE(桜井賢/坂崎幸之助/高見沢俊彦)3人揃い踏みインタビュー、敢行。コロナ禍によって結成以来最も長く逢えない期間を過ごした3人が再集結! そこで完成させた新曲「友よ人生を語る前に」や、46年目にして初挑戦となる無観客配信ライブについて。さらには、再会の日を願うファンへの想いも語ってもらった。

緊急事態宣言「46周年ツアーが延期~メンバーとも会えなかった日々」

--3年ぶりのニューシングル『友よ人生を語る前に』の話を伺う前に、今年2月にリリースされた加山雄三&The Rock Chippers『Forever with you ~永遠の愛の歌~』について。加山さん自身もインタビューで、高見沢さんが作曲した同曲を大絶賛されていました。

加山雄三&The Rock Chippers「Forever with you~永遠の愛の歌~」
加山雄三&The Rock Chippers「Forever with you~永遠の愛の歌~」

高見沢俊彦:加山さんの芸能生活60周年の曲を作ろうということになり、僕としては加山さんとキャッチボールしながら作ろうと思っていたんですけど、僕が最初にデモテープを作って送ったら電話がかかってきて「これで良いよ、これで! もう何にも変えなくていい。これで良いよ!」「良いんですか?」みたいな(笑)。僕らの中で加山さんは「エレキの若大将」なので、そのイメージを60周年で改めて彷彿させたいなと思って作った曲ですね。

--加山雄三、谷村新司、南こうせつ、さだまさし、THE ALFEE、森山良子といった顔ぶれでプログレ的なアプローチ。それを構成している要素はベンチャーズ的なアプローチだったり、フォーク的なアプローチだったり、加山さんはもちろん、The Rock Chippersの面々がこれまで奏でてきた音楽が凝縮されているように感じました。

高見沢俊彦:The Rock Chippersは、僕らが最年少なんですよ。だから大変だったんですよ! 大先輩だらけですからね! だからレコーディングは楽しかったんですけど、厳しくもありましたね(笑)。

桜井賢:プロデューサー(高見沢俊彦)がいちばん若いですから(笑)。気遣うだろうし!

高見沢俊彦:気遣いながら「そこはちょっとですねぇ……」みたいな。あと、エグゼクティブプロデューサーに石田弘(※フジテレビジョンのエグゼクティブプロデューサー)が居たもんですから、それも大変でした(笑)。忙しい人ですから電話もいっぱいかかってくるわけですよ。で、俺たちが歌っているブースの中に間違って入ってきて電話していたり。

一同:(爆笑)

--そもそも45周年を超えるキャリアのバンドが最年少になる現場ってなかなかないですよね?

高見沢俊彦:ない、ない!

坂崎幸之助:加山雄三&The Rock Chippersが唯一ですよね。

高見沢俊彦:まぁでも面白かったですよ。英語の歌詞をさださんが書いたんですけど、あそこは加山さんがやっぱりいちばん発音が良いんで、みんなもそれに倣って歌ったりしてね。あと、加山さんはやればやるほど声が出るようになるんですよ。歌えば歌うほど喉が開いていく。普通は逆ですよね。やればやるほど喉を消耗して劣化していく。だから加山さんはリハーサルも長いんですよ。本気のリハーサルをやりますからね! あれは僕らには真似できない。超人ですね!

坂崎幸之助:あと、谷村新司さん、南こうせつさん、さだまさしさん、森山良子さんと、ああいう大物の人たちでさえも、加山さんの前に行くとみんな学生に戻っちゃう。そういう姿を目の当たりにすると、やっぱり加山さんは偉大なんだなと思いますよね。みんなに慕われている。だから、The Rock Chippersは皆さんにとっての楽しみでもあるんだよね。加山さんと一緒に音楽をやれる。それは他では味わえない、特別な楽しさですよね。

--そんな加山雄三&The Rock Chippersの『Forever with you ~永遠の愛の歌~』があらゆる音楽性の融合であったように、今回のニューシングル『友よ人生を語る前に』もTHE ALFEEが持つプログレやハードロック、そして、フォークといったあらゆる音楽性を融合させながら、それぞれの輪郭をはっきり表現したナンバーだなと感じました。

高見沢俊彦:その通りですね。あと、大上段に構えた大仰なタイトルでもありますけど、こういったモノを歌えるバンドが僕らなのかなって。46年間、休みなく活動してきたからこそ歌える曲でもあると思うんですよね。これはステイホーム中に作った曲なんですけど、緊急事態宣言があって、46周年のツアーが延期になって、当然ながらメンバーとも会わなくなって。あんなに会わなかったのはデビュー以来初……いや、出逢ってから初めてかもしれない。

坂崎幸之助:そうだよな。

NEXT PAGE
  1. 再会「「懐かしい」と思う日がやってくるとは思わなかった」
  2. Next >

再会「「懐かしい」と思う日がやってくるとは思わなかった」

THE ALFEE『友よ人生を語る前に』インタビュー

高見沢俊彦:その期間を僕は創作に使ったわけですけど、その中でTHE ALFEEの今後について考えたんですよね。どういったモノを歌っていくべきかなって。今までの楽曲ももちろん大事ですけど、このコロナ禍による緊急事態の中で歌っていく楽曲には希望を持たせたいと思ったんですよね。そのときに、僕らの世代に向けての、同一目線の歌が1曲ぐらいあっても良いのかなと思って。友達に語り掛けるような歌。で、実は自分たちにも語り掛けている歌。それと、あと4年で50周年を迎えますから、その50周年に向けての決意。そういったモノもこの楽曲には持たせたいなと思っていましたね。

--桜井さんは今回の新曲にどんな印象を?

桜井賢:まずコロナ禍で外に出られない状況になったときに、風の便りで「高見沢さん、仕事してますよ」って聞いたんですよ。「ほんと?」「今、スタジオに入ってますよ」「えー!?」みたいな(笑)。でも、ああいう時期に仕事が出来るのってこういう仕事なんだよね。物作り。とは言え「もう7曲出来てる」と聞いて「え、アルバム!?」ってさらに驚いて。その前にシングルを出すということで僕も呼ばれて、結局3曲歌入れしたんですけど、この「友よ人生を語る前に」は今までの俺のラインではない歌だなと思ったから、坂崎が歌う曲だと思って安心していたんですよ。

坂崎幸之助:安心してたんだ(笑)。

桜井賢:でも歌うことになったから、いつもと勝手が違ったところもあったんですけど、高見沢プロデューサーから「詞のインパクトや言葉の響きを大切にしてほしい」と言われて。メロディーラインとかそういうことじゃなくて、語り掛けるように発する。そういう今までにないアプローチだったので、新しい自分の世界がまたひとつ出来たかなとは思っています。難しかったですけどね! でも、結局THE ALFEEってこういうフォークっぽい曲でも、コーラスがバーン!って入ってくることでTHE ALFEEのサウンドになるんですよね。だからロックとかフォークとかいろんな要素はあるんだけど、「これがTHE ALFEEだ」と言える曲になっていると思います。

--そのレコーディングが久々の再会の場だったんですか?

桜井賢:そうですね。懐かしいなと思いました(笑)。

高見沢俊彦:「おぉー! 元気だったか!?」ってハグするような感じではないですよ?

桜井賢:それは今やっちゃいけないから! でも「元気だった?」みたいな。

坂崎幸之助:「ひさしぶり」って感じだったよな。

桜井賢:でもまさか「懐かしい」と思う日がやってくるとは思わなかったよ。

高見沢俊彦:本来はツアー中の予定だったからな。

--そんな3人の再会の曲ともなった「友よ人生を語る前に」。坂崎さんはどんな印象を抱かれましたか?

坂崎幸之助:まず最初に印象的だったのはタイトルですよね。僕は60年代、70年代のURCとかフォークにハマった人間のひとりなんで、「友よ」とか「人生を語る」なんてワードを見るとね(笑)。

--岡林信康さんや吉田拓郎さんのフォークを想起しますよね。

坂崎幸之助:そこは高見沢っぽいなと思いましたね。で、基本的にそういう歌って岡林さんや拓郎さんのようにひとりで歌う、ひとりでメッセージを発するんですよ。グループで歌うモノというのはファンタジーであったり、ラブソングであったり、意外と抽象的な歌が多いんですよね。どうしてもそうなる。でも今回の「友よ人生を語る前に」は、僕ら3人とも同世代で、同じ音楽や経験を共有してきた者同士なので、3人のメッセージとして全く違和感がなくストレートに伝わるなと思いました。

--積み重ねてきた今だからこそのメッセージでもありますよね?

坂崎幸之助:そう思います。なかなか出てこないですよ、こういうメッセージは。若いバンドでは「友よ」とか「人生を語る前に」とかまず出てこない。もしそんなバンドがいたとしたら「おまえら、若いのに随分古くせぇな」って言われますよ(笑)。

桜井賢:100年早いよ!

坂崎幸之助:100年早い(笑)。だからこれだけ活動してきた僕らならではって感じですよね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 初の無観客配信ライブ「最大の演出効果はオーディエンスの存在」
  3. Next >

初の無観客配信ライブ「最大の演出効果はオーディエンスの存在」

THE ALFEE『友よ人生を語る前に』インタビュー

--そんな「友よ人生を語る前に」の披露も期待される、THE ALFEE史上初の無観客配信ライブ【THE ALFEE 46th Birthday 夏の夢】が8月24日と25日に開催されます。直前に控えた今、どんな心境だったりしますか?

高見沢俊彦:長年ね、オーディエンスに支えられてきた僕らですから。それが今回居ない。なかなかイメージしづらくはありますよね。コンサートというのは、アーティストとお客さんのキャッチボール的な部分もありますよね。一方通行ではない。特にTHE ALFEEの場合は、その関係性が濃密でしたから。でも、それがない状況で今はやるしかない。そこで新しい道が見つかるかもしれないし、とりかえずやることが先決だなと。毎年開催している夏のイベントを途切らせるわけにはいかないので。配信ライブですけれども、何があってもライブを続けてきた自分たちの矜持としてね、何か魅せられたらいいなと思っています。新曲ももちろん歌いますし。あと、ライブに足を運ぶのが厳しい人も配信なら気軽に家でも観れますから、逆にそういった部分ではチャンスかもしれない。

桜井賢:ライブに来たことはないけど、ちょっと興味がある人とかね。

高見沢俊彦:そういう人たちがこの機会に観てくれると嬉しいですけどね。とにかく今はやれることを粛々とやるしかないから。もちろん、いずれはね、通常のコンサートをまたやれるのがベストですけど、それまではやっぱり色々考えなきゃいけないなと思います。なので、今回の配信ライブを踏まえて、僕らなりの、僕らが出来る、僕らでしか出来ない、そういったモノを考えていかなければいけない。そう強く思っていますね。

--桜井さんは今回の無観客ライブにどんな気持ちで臨もうと思っていますか?

桜井賢:いやぁー、2800本近くまでライブをやってきて、いちばん大切なモノがないっていうね!

高見沢俊彦:なんとも言えないよな!

桜井賢:無観客ライブってゲネプロみたいなものだからね。僕がいつも思うのは、どんなに練習やリハーサルを重ねても、ゲネプロまでやっても、やっぱり初日の本番が始まらないと手応えを掴めないんですよ! 一度お客さんの前でやるっていうことが重要で、それ次第で良いツアーに出来るかどうか決まるんですよね。

坂崎幸之助:100回のリハよりもね。

桜井賢:そう! 1回の本番なんですよ! それが今回は出来ないわけでしょ(笑)。そこは結構不安ですよね。まぁでも「それでもやっていく、それしか今は出来ない」という気持ちとどう折り合いをつけていくかですよね。「そりゃお客さんが居たほうが良いに決まってるよね」という気持ちはあっても。

高見沢俊彦:なぜ居たほうが良いと思うかと言うと、居ない時期を経験してきているからね!

--デビュー当時の話ですね。

一同:(笑)

坂崎幸之助:無観客ライブじゃないのに、2人しか居なかった(笑)。

桜井賢:ほぼ無観客!

高見沢俊彦:その寂しさってあるからね。でもまだ2人居たからまだ良いよね!

坂崎幸之助:無ではなかった(笑)。

高見沢俊彦:やっぱり居ないよりは居たほうが良いですよ。どんなに豪華なセットを組んだってね、オーディエンスほどの効果はないんです。ステージにおける最大の演出効果はオーディエンスの存在なんだよね。それを僕らは重々分かってますからね! だから今回は覚悟を決めてやるしかない。

坂崎幸之助:ウチらは、逆境とかネガティブな状況を逆手に取って活動してきたところもあるんで。そうやって何でも良い方向へ変えてきた経験がありますんで、今回の無観客配信ライブもそういう契機に出来たら良いよね。

--では、最後に、THE ALFEEとの再会の日を願うファンの皆さんへメッセージをお願いいたします。

坂崎幸之助:この先、いつ通常のツアーが再開されるか分からない状況ではあるんですけど、でも必ずまたこれまでのようなツアーが出来ると信じていますので、それまで元気で! 感染しないようにね! お互いに笑って元気で会えるときまで我慢しましょう!

桜井賢:先は見えないけれども、人類はこういう危機を何度も体験してきているわけだし、必ず希望の光は見えてくると信じる。そして、いちばん大切なことは、自分が罹らない、感染させない。これを機にコミュニケーションの仕方は変わってくるかもしれないけど、でもライブが出来るようになればそういうストレスも解消できるだろうし、それまではお互いに元気に過ごしていきましょう。

高見沢俊彦:僕らが出来ることは、新しい曲を作って、みんなに伝えていくことですから、そこは信じて待っていてほしいですね。自分たちの来るべき未来の為にもね、健康に気をつけて、皆さんの希望がTHE ALFEEであるならば、僕らはそれを裏切らないように、3人とも元気な姿でまた再会できるように活動していきますので、それまでもう少し我慢して待っていて下さい。

Interviewer:平賀哲雄

THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

友よ人生を語る前に

2020/09/02 RELEASE
TYCT-30114 ¥ 1,100(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.友よ人生を語る前に
  2. 02.太陽と鋼の翼
  3. 03.友よ人生を語る前に (Strings Melody Ver.)
  4. 04.碧空の記憶 (Live at OSAKA-JO HALL Aug.25,2019) (Bonus Track)

関連キーワード

TAG

関連商品

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,100(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,100(税込)

Going My Way
THE ALFEE「Going My Way」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

GLINT BEAT
THE ALFEE「GLINT BEAT」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

orb
THE ALFEE「orb」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

Nouvelle Vague
THE ALFEE「Nouvelle Vague」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

Last Run!
The Alfee「Last Run!」

2018/12/19

[CD]

¥4,950(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,100(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

青春の記憶 +2
アルフィー「青春の記憶 +2」

2014/12/17

[CD]

¥2,640(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,100(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,100(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,100(税込)

GLINT BEAT
THE ALFEE「GLINT BEAT」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

orb
THE ALFEE「orb」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

Nouvelle Vague
THE ALFEE「Nouvelle Vague」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

しあわせのうた
(V.A.) I WiSH THE ALFEE 安全地帯 今井美樹 ウルフルズ EPO m.c.A・T「しあわせのうた」

2012/10/03

[CD]

¥3,300(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ときのそら、AL『ON STAGE!』特典オリジナルボイスドラマにVTuber・さくらみこ&声優・伊藤美来が参加決定

  2. 2

    かみやど、東阪ツアー【約束の場所へ】開催決定

  3. 3

    西川くんとキリショー、アニメ『ポケモン』OPテーマ「1・2・3」配信リリース決定

  4. 4

    佐藤千亜妃、カバーライブ【VOICE4~far and near~】2days開催決定

  5. 5

    【深ヨミ】あいみょん『おいしいパスタがあると聞いて』前作から初週売上倍増も変わらないものとは

HOT IMAGES

注目の画像