Billboard JAPAN


Special Contents

KAMIJO 三部作第二弾シングル『Symbol of The Dragon』リリース記念インタビュー



KAMIJOインタビュー

 今年でアーティスト活動25周年を迎えるKAMIJO。近年は声優を起用した物語仕立てのライブを行うなど、様々な挑戦を行っている。そんな彼が2月26日にリリースする『Symbol of The Dragon』は、三部作シングルの第二弾であり、彼の綴る物語『Persona Grata』に登場するナポレオンの不屈なる魂を描いている。その一方で、社会に偏在する様々な理不尽と対面せざるをえない私たちに対してのメッセージソングでもある意欲作だ。本作に込めた想いを訊いたロングインタビューをお届けする。

――最初に、三部作“PERSONA”の第二弾作品であるシングル『Symbol of The Dragon』への想いを聞かせてください。

KAMIJO:僕の作品は歴史上の人物をモチーフにすることが多いんです。今回はナポレオンがモチーフになっていて、彼は歴史の中で偉大な英雄とされていて、僕の作品の中でも英雄として登場しますが、そこで理不尽な目に遭ってしまうんです。

――KAMIJOさんのライブで発表されている、『Persona Grata』の物語の上のナポレオンは、闇の組織の手によって200年の間、幽閉されていたとのことで。

KAMIJO:はい、その彼の生き方を通して、我々が壁にぶつかった時、どうあるべきかを描こうと思いました。現代社会の中で、自分のいる会社だったり、学校あるいは家族だったりと、人間関係の中では様々な場面で理不尽に感じることもあると思います。
 ですから、この『Symbol of The Dragon』は、ナポレオンという歴史上の人物をモチーフにして、僕の物語のワンシーンを描いたものではあるのですが、僕のことを知らない、いち音楽ファンの方々にも、ご自身の視点で聴いていただけたら嬉しいですね。

――KAMIJOさんご自身も、今の現代社会において理不尽を感じることというのはありますか?

KAMIJO:それは常に感じていますね。例えば仕事においても……、誰かが喜んでくれたら誰かが喜べない状況になることもありますし。僕は幸いにして、そういう経験は少ないのですが、音楽業界の中では、アーティストがどこか妥協しなければならなかった時代もあったんですよね。アーティストに限らず、そんな経験は誰しもがあると思うので、そこで「戦う」ことが、今回の一番大きなテーマになっています。


――そのテーマとナポレオンのストーリーとキャラクターが、リンクしたということですね。

KAMIJO:ナポレオンが作り出したナポレオン法典によって、「個人の権利」という概念が世に広まった面もあります。現在日本は民主主義社会ですし、その中で「個人」というものは、とても尊重されている。この三部作 “PERSONA”シリーズは、「個人」に焦点を当てているんです。話が大きくなってしまうんですけど、この現代社会の中で人間一人一人が、個人として、どうあるべきか。その想いを曲に込めることができたという手応えがあります。

――サウンドは、映画やゲームの劇伴というか、戦闘シーンを彷彿させます。

KAMIJO:まさに戦闘シーンですね。ワーテルローの戦いでは、ナポレオンはどんな状況だったのか? そういった部分も史実を確認して参考にしながら、楽曲のイメージを作っていきました。


――タイトルにある「ドラゴン」は、空想の生き物ですよね。ファンタジー的なイメージもあるのでしょうか?

KAMIJO:そうではなく、このドラゴンが意味するのは「叫び」なんです。人それぞれ、なにかを発散する場所、自分が生きる世界が必ずあって、そこでは叫ぶことができる。ライブに行くことも、「叫び」のひとつだと思うんですよ。人は皆ドラゴンなのではないかと。自分の曲の中でも、かなりヘビーな曲になって、これからのライブ……。ちょうど4月からツアーが始まりますけれども、今後ずっと欠かせない、ライブの定番曲になるんじゃないかな。


――三部作のジャケットを手掛ける小島文美氏は『悪魔城ドラキュラX・月下の夜想曲』などでも知られています。KAMIJOさんのソロは、ヴァンパイアが重要なモチーフになっています。何故KAMIJOさんは、ヴァンパイアに惹かれたのでしょう?

KAMIJO:そうですね、一見しただけではわからないもの、危険そうなものに惹かれるんですよね。僕が何故ヴァンパイアに惹かれたのか? 美しいのに危険だからなんですよね。小島先生のタッチにしても、とても美しいなかに、とてつもない闇を感じるじゃないですか。

――相反する要素があると。

KAMIJO:すごく軽い言葉を使わせてもらうと、よく「光と闇が共存する」っていうじゃないですか。むしろ光よりも闇の方が強いぐらいのものに惹かれます。ソロ活動を初めてから、アーティスト写真の撮影でも、とにかく暗く撮るようにしているんです。「Louis〜艶血のラヴィアンローズ〜」の時からずっとそう。光よりも影こそが「綺麗」なんですよね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. “PERSONA”を形成した自分の辿ってきた道程は、かけがえのないもの
  3. Next >

“PERSONA”を形成した自分の辿ってきた道程は、かけがえのないもの


――カップリングは「CRIMSON FAMILY」。切ないメロディが印象的な、透明感のある楽曲ですね。

KAMIJO:「CRIMSON FAMILY」は、僕の今展開しているストーリーの中において、わかりやすく表現すると「敵」の名前なんです。その中にいる、ある男女の物語を描いています。とはいえ、愛する人が目の前で眠っていることを想う曲なので、それぞれが自分自身の状況に当てはめて、聴いていただくことができるんじゃないかな。僕もライブで目の前にファンのみなさんがいる状況で、この曲を歌うのがすごい楽しみですね。

――「敵」の曲とは思えないくらい優しい曲ですね。

KAMIJO:もちろん、「CRIMSON FAMILY」という曲だけで、この物語の全てが分かるわけではないんですけれども、「敵」の中にもそれぞれに想いがあり、どちらも正義というか、相対的な正義を持った物語になるんじゃないかなと思ってるんです。この曲は、音数もいかに少なくして、僕の声を聴かせるかにこだわりました。「CRIMSON FAMILY」にギタリストとして、ex.ViViDのRENOくんが参加してくれているのですが、フェードアウトする、音が切れる瞬間の彼のフレーズが大好きなんです。ぜひ彼のギターソロを、じっくり聴いていただけると嬉しいですね。


――そして「闇夜のライオン」のオーケストラアレンジも収録されています。

KAMIJO:もう僕がオーケストラライブをやる気満々でして、それに向けて前作では「追憶のモナムール」、今作では「闇夜のライオン」と、ソロの中でも重要な位置の曲を、オーケストラアレンジしちゃおうと思ったんです。バンドとしても長年やってきているので、ここでリテイクすることで、前よりかっこよくなるんじゃないかっていう確信がありました。

――昨年はオーケストラライブも行われましたが、今後も構想はあるのでしょうか?

KAMIJO:はい! 僕は常に「やる前提」なんです。ただ、ライブをするからオーケストラアレンジを作るというよりは、元々楽曲がそれを望んでいたのだと思います。最初に曲を作った時からそういうイメージがあったので、それを形にできたのは本当に嬉しいですし、特に今年はキャリア25周年なので、よりパワーアップした形で実現したいと思っています。

――そして4月からは、ツアー【CRIMSON FAMILY】も始まります。これまでのバンドメンバーのMASASHIさん(Ba)、 YUKIさん(Dr)に加えて、先程お名前が出たRENOさんも参加されるとのことで。

KAMIJO:元々MASASHIとRENOくんが一緒にツアーを回っていたこともあって、親しかったようです。僕も一度ライブで共演したことあるんですけど、すごく僕の声の表情を引き出してくれるギタリストだなと感じて、機会があったら一緒にやってみたいと思っていたところ、今回タイミングがあいました。


――近年のKAMIJOさんのライブでは、声優の方が演じるドラマパートと、物語をイメージする楽曲演奏パートが交互に行われており、斬新なスタイルだと感じています。このアイデアは、どこで生まれたんでしょうか?

KAMIJO:現在、声優さんを多く抱えていらっしゃる事務所さんと一緒にお仕事させていただいているので、こんなに沢山の声優さんがいらっしゃるなら、ぜひライブに参加して欲しいというか、こんな喩え方で恐縮なのですが、僕としては、新しい楽器を手にした時のような感覚といいますか……。声優さんの力を借りることが、楽しくて楽しくて(笑)。自分がシナリオを書いて、それを演技していただくだけでも、僕は録音スタジオで泣きそうになるぐらいなんです。それぐらい、皆さん素晴らしい演技をしてくださるんです。

――物語も舞台が現代のアメリカになっていますよね。フランス好きで知られる、KAMIJOさんのイメージからすると意外だったのですが……。

KAMIJO:昔から僕を知ってくださっている方からすると、そう感じることもあると思うのですが、アメリカの「自由の女神」はフランスから贈られたものじゃないですか。そういうところから歴史をさかのぼり、アメリカの歴史や、さらに僕と切っては切り離せないフランス革命も絡んだ物語になっています。現代から過去を考察するような感覚といいますか、フィクションなんですけど、実際の歴史やニュースから物語のヒントを得ることも多いので、皆さんの生きている時代との関連性もあるんですよ。

――そういえば最近、歴史上の人物をキャラクターにした、マンガやゲームも流行しています。KAMIJOさんの表現と時代がリンクしているのも興味深く感じています。

KAMIJO:そうらしいですね。僕はあまり作品自体には詳しくはないのですが、現代の人が過去のことを全て知ることはできないから、その空白にあるミステリーを想像して、ワクワクする気持ちはすごく分かりますね。

――そして、今年はKAMIJOさんの活動25周年となります。もう既に、さまざまなイベントは発表されていますが、アルバムの構想は……?

KAMIJO:この『Persona Grata』という物語を完結するアルバムを考えています。今年でキャリア25周年なので、もちろんバンド時代の楽曲もライブで歌っていくんですが、その前にソロとして、今までの自分自身の歴史があって、そこで僕が作り上げてきたものに対しての歴史を意識した作品になると思います。それは過去に頼るという意味ではないんです。それこそ“PERSONA”を直訳すると、「人格」ですが、それを形成した自分の辿ってきた道程っていうのは、かけがえのないもの。そういう意味では、最新作かつ、25周年メモリアルアルバムと、呼んでいい作品になると思います。

KAMIJO直筆サイン入りポスターをプレゼント!

今回のインタビューを記念して、KAMIJO直筆サイン入りポスターを1名様にプレゼント。ポスターに本人直筆でご希望の名前を入れてお送りします。

応募方法:2020年3月15日(日)23:59までに、Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグをつけてツイートしてください。下記の注意事項をご確認の上ふるってご応募ください!

・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりダイレクトメッセージ(DM)をお送りさせていただきます。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。

関連キーワード

TAG

関連商品

Heart
KAMIJO「Heart」

2014/09/24

[CD]

¥3,300(税込)

闇夜のライオン
KAMIJO「闇夜のライオン」

2014/07/16

[CD]

¥1,320(税込)

闇夜のライオン
KAMIJO「闇夜のライオン」

2014/07/16

[CD]

¥1,320(税込)

闇夜のライオン
KAMIJO「闇夜のライオン」

2014/07/16

[CD]

¥1,980(税込)

闇夜のライオン
KAMIJO「闇夜のライオン」

2014/07/16

[CD]

¥1,980(税込)

Moulin Rouge
KAMIJO「Moulin Rouge」

2014/06/18

[CD]

¥1,320(税込)

ホーリーグレイル
ヴェルサイユ「ホーリーグレイル」

2011/06/15

[CD]

¥3,300(税込)

ホーリーグレイル
ヴェルサイユ「ホーリーグレイル」

2011/06/15

[CD]

¥3,666(税込)

ホーリーグレイル
ヴェルサイユ「ホーリーグレイル」

2011/06/15

[CD]

¥4,169(税込)

ホーリーグレイル
ヴェルサイユ「ホーリーグレイル」

2011/06/15

[CD]

¥3,300(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,257(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,572(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,257(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,572(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,980(税込)

Winter Romantic
LAREINE「Winter Romantic」

2006/03/18

[CD]

¥2,750(税込)

さくら
LAREINE「さくら」

2006/03/18

[CD]

¥1,047(税込)

さくら/ドラマ
LAREINE「さくら/ドラマ」

2006/01/30

[CD]

¥1,320(税込)

ドラマ/さくら
LAREINE「ドラマ/さくら」

2006/01/30

[CD]

¥1,320(税込)

雪恋詩
LAREINE「雪恋詩」

2005/11/27

[CD]

¥2,090(税込)

道化師の舞曲
LAREINE「道化師の舞曲」

2005/11/27

[CD]

¥2,090(税込)

MAJESTY
LAREINE「MAJESTY」

2003/09/30

[CD]

¥2,530(税込)

Scarlet Majesty
LAREINE「Scarlet Majesty」

2003/07/30

[CD]

¥1,100(税込)

再会の花
LAREINE「再会の花」

2003/03/26

[CD]

¥550(税込)

ETUDE
LAREINE「ETUDE」

2002/12/25

[CD]

¥2,750(税込)

蝶の花/レッスン
LAREINE「蝶の花/レッスン」

2002/11/27

[CD Single]

¥330(税込)

imagine
NEW SODMY「imagine」

2002/06/21

[CD]

¥1,430(税込)

STYLE
NEW SODMY「STYLE」

2002/01/23

[CD]

¥1,650(税込)

JEALOUSY
NEW SODMY「JEALOUSY」

2001/11/28

[CD]

¥1,980(税込)

JEALOUSY
NEW SODMY「JEALOUSY」

2001/11/23

[CD]

-

WHITE LIE
NEW SODMY「WHITE LIE」

2001/09/26

[CD]

¥1,650(税込)

SCREAM
LAREINE「SCREAM」

2000/11/01

[CD]

¥3,300(税込)

GRAND PAIN
LAREINE「GRAND PAIN」

2000/10/18

[CD]

¥1,047(税込)

GRAND PAIN
LAREINE「GRAND PAIN」

2000/10/12

[CD]

¥1,980(税込)

リリー・シャルロット
LAREINE「リリー・シャルロット」

1998/10/01

[CD]

¥4,180(税込)

Heart
KAMIJO「Heart」

2014/09/24

[CD]

¥3,960(税込)

Heart
KAMIJO「Heart」

2014/09/24

[CD]

¥3,300(税込)

Heart
KAMIJO「Heart」

2014/09/24

[CD]

¥3,960(税込)

Heart
KAMIJO「Heart」

2014/09/24

[CD]

¥3,300(税込)

闇夜のライオン
KAMIJO「闇夜のライオン」

2014/07/16

[CD]

¥1,320(税込)

闇夜のライオン
KAMIJO「闇夜のライオン」

2014/07/16

[CD]

¥1,320(税込)

闇夜のライオン
KAMIJO「闇夜のライオン」

2014/07/16

[CD]

¥1,980(税込)

闇夜のライオン
KAMIJO「闇夜のライオン」

2014/07/16

[CD]

¥1,980(税込)

Moulin Rouge
KAMIJO「Moulin Rouge」

2014/06/18

[CD]

¥1,320(税込)

Moulin Rouge
KAMIJO「Moulin Rouge」

2014/06/18

[CD]

¥1,980(税込)

Moulin Rouge
KAMIJO「Moulin Rouge」

2014/06/18

[CD]

¥1,980(税込)

Versailles
ヴェルサイユ「Versailles」

2012/09/26

[CD]

¥3,300(税込)

Versailles
ヴェルサイユ「Versailles」

2012/09/26

[CD]

¥3,772(税込)

Versailles
ヴェルサイユ「Versailles」

2012/09/26

[CD]

¥3,300(税込)

Versailles
ヴェルサイユ「Versailles」

2012/09/26

[CD]

¥3,772(税込)

ローズ
ヴェルサイユ「ローズ」

2012/07/04

[CD]

¥1,257(税込)

ホーリーグレイル
ヴェルサイユ「ホーリーグレイル」

2011/06/15

[CD]

¥4,169(税込)

ホーリーグレイル
ヴェルサイユ「ホーリーグレイル」

2011/06/15

[CD]

¥3,300(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,257(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,572(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,257(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,572(税込)

フィリア
ヴェルサイユ「フィリア」

2011/03/16

[CD]

¥1,980(税込)

ジュビリー
Versailles「ジュビリー」

2010/01/20

[CD]

¥3,300(税込)

ジュビリー
Versailles「ジュビリー」

2010/01/20

[CD]

¥3,666(税込)

Fleur
LAREINE「Fleur」

2007/05/09

[CD]

¥3,300(税込)

Deep Forest
LAREINE「Deep Forest」

2006/03/26

[CD]

¥3,520(税込)

Winter Romantic
LAREINE「Winter Romantic」

2006/03/18

[CD]

¥2,750(税込)

さくら
LAREINE「さくら」

2006/03/18

[CD]

¥1,047(税込)

さくら/ドラマ
LAREINE「さくら/ドラマ」

2006/01/30

[CD]

¥1,320(税込)

ドラマ/さくら
LAREINE「ドラマ/さくら」

2006/01/30

[CD]

¥1,320(税込)

雪恋詩
LAREINE「雪恋詩」

2005/11/27

[CD]

¥2,090(税込)

道化師の舞曲
LAREINE「道化師の舞曲」

2005/11/27

[CD]

¥2,090(税込)

Never Cage(豪華盤)
LAREINE「Never Cage(豪華盤)」

2004/11/26

[CD]

¥4,070(税込)

Never Cage
LAREINE「Never Cage」

2004/09/05

[CD]

¥3,520(税込)

Trailer
LAREINE「Trailer」

2004/07/19

[CD]

¥1,650(税込)

KNIGHT
LAREINE「KNIGHT」

2003/11/28

[CD]

¥2,530(税込)

VAMPIRE ROMANCE
LAREINE NEW SODMY RIBBON「VAMPIRE ROMANCE」

2003/10/31

[CD]

¥1,980(税込)

MAJESTY
LAREINE「MAJESTY」

2003/09/30

[CD]

¥2,530(税込)

Scarlet Majesty
LAREINE「Scarlet Majesty」

2003/07/30

[CD]

¥1,100(税込)

再会の花
LAREINE「再会の花」

2003/03/26

[CD]

¥550(税込)

ETUDE
LAREINE「ETUDE」

2002/12/25

[CD]

¥2,750(税込)

蝶の花/レッスン
LAREINE「蝶の花/レッスン」

2002/11/27

[CD Single]

¥330(税込)

imagine
NEW SODMY「imagine」

2002/06/21

[CD]

¥1,430(税込)

STYLE
NEW SODMY「STYLE」

2002/01/23

[CD]

¥1,650(税込)

JEALOUSY
NEW SODMY「JEALOUSY」

2001/11/28

[CD]

¥1,980(税込)

JEALOUSY
NEW SODMY「JEALOUSY」

2001/11/23

[CD]

-

WHITE LIE
NEW SODMY「WHITE LIE」

2001/09/26

[CD]

¥1,650(税込)

SCREAM
LAREINE「SCREAM」

2000/11/01

[CD]

¥3,300(税込)

GRAND PAIN
LAREINE「GRAND PAIN」

2000/10/18

[CD]

¥1,047(税込)

冬東京
LAREINE「冬東京」

1999/12/15

[CD]

¥1,020(税込)

Billet~幼き夏の便箋~
LAREINE「Billet~幼き夏の便箋~」

1999/08/25

[CD]

¥1,020(税込)

リリー・シャルロット
LAREINE「リリー・シャルロット」

1998/10/01

[CD]

¥4,180(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    亀と山P、4/29リリースのニューアルバムより「Amor」MV公開

  2. 2

    【先ヨミ】SEVENTEEN『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』35.7万枚で現在シングル首位、アイドルグループがトップ5占拠

  3. 3

    ファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンジャー、新型コロナ合併症で死去

  4. 4

    AbemaTV『月とオオカミちゃんには騙されない』主題歌はBTS、挿入歌は蔦谷好位置×ヒゲダン藤原聡

  5. 5

    Girls2、全曲タイアップ付きミニアルバムからリード曲MV公開

HOT IMAGES

注目の画像