Billboard JAPAN


Special Contents

ななもり。&莉犬インタビュー~すとぷりが大事にしている“すとぷりすなー”との絆~



すとぷりインタビュー

 YouTubeやニコニコ動画、ツイキャスなどの動画配信サイトを中心に活動するさとみ、ジェル、ころん、莉犬、るぅと、ななもり。の6人からなるエンタメユニット、すとぷりの2ndフル・アルバム『すとろべりーねくすとっ!』が2020年1月15日に発売される。本作には、HoneyWorksや、ナユタン星人、DECO*27、れるりりといった制作陣が参加し、ななもり。やるぅとが手掛けた作品も多数収録される。
 本作の注目すべき点は、バラエティに富んだ楽曲に加え、ジャケット写真にもある。4形態のうち、<初回限定ライブ映像盤>には、すとぷり史上初となる「本人実写」のジャケットが使用されているのだ。普段、顔出しをしていないすとぷりの姿が少し明るみになり、新たなステップを踏み出しているように感じるが、本作には彼らの挑戦と気合いが詰まっている。今回、すとぷりのリーダーで活動の総合プロデュースを行うななもり。と、莉犬に最新アルバム、すとぷりすなー(ファンの名称)との関係、そして3月に控えるナゴヤドーム公演のことをたっぷり話してもらった。

――前作『すとろべりーらぶっ!』から、約半年ぶりの作品で16曲入りとかなりボリューミーな作品が完成しましたね。日々の動画投稿に加え、メンバーの中には、ソロ・アルバムを出された方もいて、お忙しかったと思いますが、レコーディングはいつ頃されたんでしょうか?

ななもり。:曲によっては(2019年)8月頃に録った曲もあるのですが、9月後半~10月からレコーディングした曲が多いです。

――スケジュール調整が大変だったんじゃないでしょうか?

ななもり。:9月のメットライフドーム公演以降は緩やかだったので、レコーディングはタイトなスケジュールではなかったんですが、クリエイティブな面で、焦る気持ちはありました。僕とるぅと君が楽曲作りやコンセプトを担当していまして、僕がイメージしたものを何曲かるぅと君に作曲してもらって、他はディレクターさんや作家さんにお願いした曲になっています。

――本作もすとぷりさんの全力さとハッピーさが伝わるアルバムに仕上がっていますね。

ななもり。:毎回、コンセプトを決めているんです。(1stミニ・アルバムの)『すとろべりースタート』は、初めてのCDだったので、すとぷりらしさが詰まっていて、2人一組の曲や皆さんがイメージする普段の僕らがギュっと詰まった作品でした。愛がテーマの(1stフル・アルバムの)『すとろべりーらぶっ!』は、「好きだ」とか「ありがとう」以外に、僕らの挑戦し続ける姿勢を見せることが愛を伝えることなのかもと思い、僕達が今まで歌ったことのない、K-POP系や少し難度の高いバンド系の曲を歌いました。今回の『すとろべりーねくすとっ!』は、タイトル通り、“次へ(Next)”ということで、今までのすとぷりらしさを残しつつ、ラップ系の曲、忍者系、オシャレなジャズチックの曲なのに最後にどん底に落とされる曲といった新しい挑戦も加わっています。すとぷりらしさ半分、新しい挑戦が半分詰まった作品になっています。

莉犬:個人的に推し曲があるんです。HoneyWorksさんに書き下ろしてもらった「革命前夜」なんですけど、タイトルからいいなと思っていて、革命をする前の気持ち、自分達の「これから頑張ろう、リスナーさんたちを幸せにしよう」っていう気持ちが込められた曲になっています。今回のアルバムには、グループとして頑張っていく気持ちが込められた曲がたくさん詰まっているのですが、「革命前夜」は<僕たち挑戦者>という歌詞が入っていて、この曲には6人の気持ちを詰め込むことが出来たんじゃないかって思っています。

ななもり。:HoneyWorksのGomさんと僕と莉犬君でご飯を食べに行ったときに、すとぷりが今後やりたい活動や、どうしてそれをやりたいと思っているのかなどをお話したら、それがそのまま曲になって戻ってきました。本当に、僕たちが書いたんじゃないかって思うくらいの楽曲になっていて、修正のお願いは一度もしてないんです。

――1曲目にどの曲を持ってくるか、曲順を決めるのも大切な要素だと思いますが、この曲は最初の段階でラストを飾る曲にしようと考えていたんですか?

ななもり。:セットリストを考えたのは僕なんですが、(1曲目の)「ストロベリー☆プラネット!」にも、「革命前夜」と同じくらい僕らの思いが詰まっているので、どっちにしようか、すごく悩みました。でも、やっぱり挑戦し続けることをコンセプトにアルバム作りが始まったので、その思いが詰まった曲でラストを飾りたいと思い、「革命前夜」を最後の曲にしています。

――「ストロベリー☆プラネット!」と2曲目の「ギンギラ銀河」を聞いて、出だしからすとぷりさんが全力ダッシュしている印象を受けました。2曲とも、すとぷりさんの楽曲ではおなじみのナユタン星人さんが手掛けられていますが、どういう風に制作を進められたんでしょうか?

ななもり。:僕がナユタン星人さんと一度お会いしたときに、すとぷりとしてこういう風に活動していきたい、挑戦していきたい、という思いを伝えたんです。細かい修正は一切せず、僕らの思いを受け取って作ってもらった曲に仕上がっています。この曲も僕が書いたんじゃないかと思うくらい、すとぷりのリスナーさんへの思いが詰まっています(笑)。ナユタン星人さんは宇宙をイメージした曲をたくさん作られていて、僕らのすとろべりー要素と宇宙の要素を兼ね合わせた曲を書いていただいて、「ギンギラ銀河」にも上手く繋がって、いいですよね。僕のイメージですが、宇宙=頑張った先なのかなって思っています。努力して、飛び続けることで新しい景色が見られるというニュアンスが混ざっているのかなと思っています。HoneyWorksさんもナユタン星人さんも、僕たちのことをよく知ってくださっているからこその曲を作ってくださいましたね。

――かなりダンサブルな曲で、ライブでもかなり盛り上がりそうな曲になっていますが、リスナーさんは、どんなところを気に入ってもらえると思いますか?

ななもり。:やっぱりかけ声のところじゃないでしょうか?



――「Next Stage!!」は、ラップに挑戦されていますね。ライブでは自己紹介ソングとしてかなり盛り上がりそうですね!

ななもり。:曲をるぅと君が作って、詞を僕が書きました。ライブでは歌詞を変えてもいいかなって思っています。

莉犬:ラップ曲をやると聞いてたので、どんな感じの曲なのか楽しみにしていたら、まさかこんなに可愛い曲になるとは……(笑)!

ななもり。:ちなみに莉犬君の歌詞は、ラップじゃないからね(笑)。でも、この曲は絶対にライブで喜んでもらえる曲だと思います。

莉犬:メンバーそれぞれのキャラクターが良く出てて、リスナーさんも喜んでくれると思います!

――ラップは難しかったですか?

莉犬:いやぁ、そんなに……。

ななもり。:5分くらいで終わったよね。僕もレコーディングに立ち会ったんですけど、るぅと君に即OKをもらってて、一瞬で終わってました。

莉犬:ハハハ(笑)!

――逆に苦戦されてた方はいますか?

莉犬:さとみ君!

ななもり。:さとみ君ところん君は1時間半くらいかかってましたね。スケジュールがめちゃくちゃになる瞬間でした(笑)。ジェル君はラップが得意だから、数十分で終わってましたね。

莉犬:るぅと君とななもり。君が色々と悩んでいる姿を見ていたんですが、そのおかげで最強にカッコいい曲に仕上がってますね。あ、ころん君はカッコよくないか……。

一同:ハハハ(笑)!



――「忍恋」はジェルさんとななもり。さんのペア曲ですが、この曲はどのように作られましたか?

ななもり。:僕はこの活動を修行に近いものなのかと思っておりまして、2019年はライブをたくさん行ったんですけど、ライブが始まるからといって、ネットの活動をおろそかにするのは止めようってツアーが始まる前にみんなで決めたんです。妥協すれば休むこともできるし、配信を止めても誰かに怒られるわけでもないです。でもそのなかで、自分の目標を達成することは修行に近いのではと思い、そんなイメージを忍びにかけ合わせて曲を作ってもらいました。ライブでも盛り上がる曲になって、僕の「やってやるぞ!」っていう気持ちも入っているので、特に印象に残っている思い出の曲です。

――この曲からは想像が付かないようなななもり。さんの強い思いが詰まっているんですね。ナユタン星人さんが手掛けられた「溶解ウォッチ」は、るぅとさんと莉犬さんのペア曲ですね。

莉犬:(Nintendo Switch/PlayStation 4ソフトゲーム)『妖怪ウォッチ4++』のオープニング・テーマ曲なんですけど、曲が届いたときに、妖怪が溶解になっていて「こう来るか!」って思いました(笑)。誰かを想った爽やかなラブソングなので、ドキドキしながら歌いました。口ずさみやすい曲で、サビとかが頭に残ってしまって、歌ったあともずっと口ずさんでました。レコーディングにナユタン星人さんも立ち会ってくださったので、一緒に作ることが出来ました。

――誰に届いてほしいと思って歌いましたか?

莉犬:やっぱりリスナーさんですね。元気をあげられるように、るぅと君とはとにかく可愛く元気に歌おうって話しました。

――「溶解ウォッチ」に続く「遊獣浮男ボーイ」は、タイトルに遊び心が詰まっていますね。

ななもり。:ころん君がすとぷりの中で、一番のパリピなんです。お酒が大好きで夜の街に遊びに行っちゃう子なんですけど、そんなころん君をイメージして、れるりりさんに曲を作ってもらいました。

莉犬:ハハハハ(笑)!

ななもり。:ころん君は浮ついた、ひどい男性だってお伝えしてこの曲が出来たんですが、「さすが、れるりりさん!」って思いました。ころん君には「ころちゃんにピッタリの曲をお願いしたから!」って伝えていて、楽しみにしてもらってたんですけど、出来上がった後、ころん君から「こんなイメージだったんですか?!」って言われました(笑)。でも、すごく喜んで歌ってましたよ。

――この歌に出てくる男性には、リスナーさんから好き嫌いが分かれそうですね(笑)。

ななもり。:ころん君が好きなリスナーさんは言われたいかもしれないですね。詞のインパクトが強すぎて、女の子が聞いたら、「ん?」って思う瞬間があると思うんですけど、絶妙な良さが加わった曲になってる気がします。でも、さとみ君にも当てはまりそうな気がするんだよな~。

莉犬:確かに。ちょっと誘ってる感じの歌詞あって……、やっちゃってるな~(笑)。

ななもり。:いやぁ、やっちゃってるよ~(笑)。

――(笑)。途中でご本人から歌詞の変更希望はなかったですか?

ななもり。:全く! すごくしっくり来てたみたいです。

莉犬:もうノリノリでした。

――100%、いや120%の出来に仕上がったということなんですね。

ななもり。:300%くらいの満足感です。

――10曲目の「脳内ピエロ」と11曲目の「咲かせて恋の1・2・3!」では大人組(さとみ、ジェル、ななもり。)と信号機組(るぅと、ころん、莉犬)に分かれていますが、ダークな雰囲気の大人組と曲と、可愛らしさ満点の信号機組の曲に仕上がっていて、何かコントラストを意識されましたか?

ななもり。:特に区別はしていないんです。今までこういった落ち着いたジャンルの曲を歌ったことがなかったのですが、歌詞を読んで「分かる!」って共感したんです。曲と詞と大人組3人の大人の雰囲気が詰まった曲です。

莉犬:「咲かせて恋の1・2・3!」は等身大の恋の歌になっていて、飾っていないところが自分たちらしいなって思います。るぅと君が掛け合いを考えたんですけど、レコーディングでるぅと君から「莉犬、もっといけるよ」って応援してくれて、ころん君と頑張ろうって気合いを入れながら、3人で作り上げた気がします。学生のラブソングって感じがするので、学生の気分を取り戻した気分です(笑)。学生のリスナーさんには共感してもらえるんじゃないかと思っていて、反応がすごく楽しみです。

――「ヒカリユメ」も、リスナーさんからの反応が楽しみな曲になっていますよね。

ななもり。:ラストがこうなるとは思ってなくて、この曲を聞いたときは衝撃を受けました。でも、このままで行こうと決めました。

莉犬:どんでん返しだね。

ななもり。:幸せなことばかりではない、目に見えるものが全てじゃないっていうメッセージが込められているのかと思いました。

――「遊獣浮男ボーイ」では<女の子なんてちょっとバカな方がいいんだ>と言っておきながら、この曲では少し抜けた“君”を愛おしく感じていて、少し男性の二面性を感じさせますよね?

ななもり。:両方とも作られたのが、れるりりさんなんですよね。「ヒカリユメ」は譜割が難しかったのと、曲のニュアンスの確認が必要だったので、レコーディング前に3時間くらい、みんなで集まって練習しました。

――この曲もリスナーさんへ届ける楽曲でしょうか?

ななもり。:“君”がリスナーさんではない曲だと思っていて、ゆるふわな“君”が好きな“僕”も僕たちじゃないんです。リスナーさんには、ひとつの物語を見てもらうようなイメージですね。

莉犬:歌っていて感情移入しましたけど、完成した曲を聞いたとき、みんなザワつきましたね。

ななもり。:しかも、最後の部分を歌ってるのが僕なんですよ。ディレクターさんと相談しまして、メンバーの中で誰ならこの部分をダークに歌えるか……俺じゃね?ってことで僕の担当になりました(笑)。




――今の時代、ポケットにスマホを入れて音楽を聴いている人が多いと思うんです。歌詞をしっかり読む機会が少なくなったようにも思うんですが、歌詞の力を感じることはありますか?

ななもり。:僕たちの場合、伝えたい方たちがいて、その方たちにめがけて曲を発信しているんです。「脳内ピエロ」だと、僕たちとリスナーさんの関係性も少し含まれているのかなと思いながら歌いましたし、それが伝わるといいなって思いました。

莉犬:聞いている方の背中を押すような曲でもラブソングでも、リスナーさんが聞いたときに、自分たちとリスナーさんを思い出せるような曲になったら嬉しいなって思ってます。Twitterで投稿される感想を読むと、それが届いているのが分かって、嬉しいって思うんです。

――ネガティブな意見も前向きに捉えていらっしゃいますか?

ななもり。:生放送は本当に楽しくて、動画やテレビとは違う魅力があるんです。テレビよりYouTubeの方が好きって思う若い子が増えているのは、そこに真実味や距離の近さがあるからだと思うんです。YouTuberさんが自分で考えて、撮って、編集して、咳払いとか微妙な空気感もカットせずに配信するところに、リアルさが感じられますし、視聴者もそれを求めていると思うんです。テレビを観ていても、リアルタイムでツイートや投稿がされますが、生放送はその何倍も早く展開されます。それが楽しい分、自分の発言が自分の意図とは違うように伝わってしまうようなマイナスな部分もあるんです。メリット・デメリットがありますが、やっぱり生放送が一番楽しいです。

――発信する側として、大事にしていることはどんなことですか?

ななもり。:とにかく発信し続けることですね。規模が大きくなると批判も増えるので、本音が言えなくなっちゃって、発信しないほうが得だって思えてきます。ただ、僕たちはそうはいたくないんです。いろいろな賛否両論があるなかで、発信し続けたいって僕たちは思ってます。

――3月にナゴヤドームで開催されるライブは皆さんの最大限の力が発揮される場所になるかと思いますが、すでに構成は考えられていますか?

ななもり。:やっと曲が揃ったので、これからセトリとステージを作り込んでいきます。生放送や動画を通してリスナーさんに僕たちのことを知ってもらえたというのが分かるような演出にしようと思っていて、僕たちにしかできないような演出ができたらと思っています。普段の動画投稿では顔を出していないですが、ライブでは顔出しをしているので、そういうマッシュアップした動画や、ある種の映画に近いような展開ができたらなと考えています。

――普段はPCの画面の向こう側にいる相手に向けて発信をされていますが、実際にライブでお客さんを目にしたときは、どう思いましたか?

ななもり。:僕らは生放送と動画投稿の活動をメインでやっていて、画面の向こうに何十万人、何百万人というリスナーさんがいることは分かっているんですけど、それをライブで目の前にしたとき、こんなにたくさんの人がいるんだって実感しました。年齢、性別問わず、北海道から福岡、関東までと、こんなにもたくさんの人たちに来ていただいて、改めて喜びと責任感を感じましたし、もっと頑張らなきゃって感じました。

――ステージから見る景色はどう映っているのでしょうか?

莉犬:ライトがすごくキレイで、リスナーさんたちが思っている以上に、みなさんの表情が結構見えているんです。楽しそうにペンライトを振ってくれているのを見ると嬉しい気持ちになりますね。

ななもり。:一体感があるよね。


――今回のアルバムのジャケットには、実写真が使われていて、すとぷりさんの次へのステップアップが感じられました。

ななもり。:実写がジャケットに使われたのは今回が初めてなのですが、最近、衣装を用意してもらって撮影する機会がちょくちょく増えてきたんです。少しおこがましくも感じていて、逆にジャージの方がいいんじゃないかって思うくらいなんです(笑)。僕たちは顔を出そうとは思っていないのですが、リスナーさんからご要望がたくさん届いているのを知って、「リスナーさんが喜んでくれるなら」と思って、今回、実写が使われましたね。

――やっぱり、リスナーさんを第一に考えられた経緯があるんですね。

ななもり。:音楽も最初の3年間は無料で公開していました。「僕たちの活動の20%以下にあたる音楽を、リスナーさんからお金を貰って聞いてもらうのはどうなんだろう?」って最初は思っていたのですが、リスナーさんからたくさん希望が来て、CD化されたので、僕たちの活動は全て、リスナーさんの思いに応えているような感じです。

――あとはお顔を見せるだけのところにまで来ているので、リスナーさんから顔出しのご要望が殺到すれば、それが実現する日も来るということでしょうか?

ななもり。:皆さんが望むのであれば!

莉犬:うううぅぅ……(笑)。

ななもり。:顔を出さないことのメリットもたくさんあると思っていて、アニメのキャラクターやバーチャルYouTuberさんは、声優さんの交代もありえると思うんですが、僕たちの場合、“声が変わる=本人じゃなくなる”ということになるので、ありえないんです。ライブでは生身の人間だけど、ネットではキャラクターの僕たちなので、二次元と三次元を行き来できる存在だからこそできる活動をたくさん展開していきたいと思っています。それを実現させるために、顔を出さないほうがいいのかもとも思っていて、色々と模索しています。

莉犬:やっぱりリスナーさんが喜んでもらえることを一番に考えて、今後も頑張って行きたいですね。

関連キーワード

TAG

関連商品

すとろべりーすたーと
すとぷり「すとろべりーすたーと」

2020/01/15

[CD]

¥1,980(税込)

すとろべりーねくすとっ!
すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」

2020/01/15

[CD]

¥2,750(税込)

すとろべりーねくすとっ!
すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」

2020/01/15

[CD]

¥3,300(税込)

すとろべりーねくすとっ!
すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」

2020/01/15

[CD]

¥3,300(税込)

すとろべりーねくすとっ!
すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」

2020/01/15

[CD]

¥3,300(税込)

タイムカプセル
莉犬「タイムカプセル」

2019/12/11

[CD]

¥2,750(税込)

タイムカプセル
莉犬「タイムカプセル」

2019/12/11

[CD]

¥3,300(税込)

タイムカプセル
莉犬「タイムカプセル」

2019/12/11

[CD]

¥3,300(税込)

君と僕の秘密基地
るぅと「君と僕の秘密基地」

2019/10/30

[CD]

¥3,300(税込)

君と僕のストーリー
るぅと「君と僕のストーリー」

2019/10/30

[CD]

¥1,980(税込)

君と僕の秘密基地
るぅと「君と僕の秘密基地」

2019/10/30

[CD]

¥2,750(税込)

君と僕の秘密基地
るぅと「君と僕の秘密基地」

2019/10/30

[CD]

¥3,300(税込)

Memories
さとみ「Memories」

2019/09/25

[CD]

¥1,980(税込)

Memories
さとみ「Memories」

2019/09/25

[CD]

¥2,530(税込)

すとろべりーらぶっ!
すとぷり「すとろべりーらぶっ!」

2019/07/03

[CD]

¥2,750(税込)

すとろべりーらぶっ!
すとぷり「すとろべりーらぶっ!」

2019/07/03

[CD]

¥3,300(税込)

すとろべりーすたーと
すとぷり「すとろべりーすたーと」

2020/01/15

[CD]

¥1,980(税込)

すとろべりーねくすとっ!
すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」

2020/01/15

[CD]

¥2,750(税込)

すとろべりーねくすとっ!
すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」

2020/01/15

[CD]

¥3,300(税込)

すとろべりーねくすとっ!
すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」

2020/01/15

[CD]

¥3,300(税込)

すとろべりーねくすとっ!
すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」

2020/01/15

[CD]

¥3,300(税込)

タイムカプセル
莉犬「タイムカプセル」

2019/12/11

[CD]

¥2,750(税込)

タイムカプセル
莉犬「タイムカプセル」

2019/12/11

[CD]

¥3,300(税込)

タイムカプセル
莉犬「タイムカプセル」

2019/12/11

[CD]

¥3,300(税込)

君と僕の秘密基地
るぅと「君と僕の秘密基地」

2019/10/30

[CD]

¥3,300(税込)

君と僕のストーリー
るぅと「君と僕のストーリー」

2019/10/30

[CD]

¥1,980(税込)

君と僕の秘密基地
るぅと「君と僕の秘密基地」

2019/10/30

[CD]

¥2,750(税込)

君と僕の秘密基地
るぅと「君と僕の秘密基地」

2019/10/30

[CD]

¥3,300(税込)

Memories
さとみ「Memories」

2019/09/25

[CD]

¥1,980(税込)

Memories
さとみ「Memories」

2019/09/25

[CD]

¥2,530(税込)

すとろべりーらぶっ!
すとぷり「すとろべりーらぶっ!」

2019/07/03

[CD]

¥2,750(税込)

すとろべりーらぶっ!
すとぷり「すとろべりーらぶっ!」

2019/07/03

[CD]

¥3,300(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【深ヨミ】新時代の男性アイドルグループとなるか? 嵐/King&Prince/SixTONES/Snow Manを比較

  2. 2

    清水翔太、ソニーミュージックのオーディション候補者たちに「驚きはない」辛辣なコメント

  3. 3

    【先ヨミ】SixTONES / Snow Man、ジャニーズ初の同時デビュー2組が1.7万枚差でトップ2独走中

  4. 4

    Mega Shinnosukeの新曲「Japan」配信リリース&MV公開

  5. 5

    L'Arc~en~Ciel、ツアーより全4公演をライブビューイング

HOT IMAGES

注目の画像