Billboard JAPAN


Special Contents

鈴木瑛美子 インタビュー:“最強女子高生ゴスペルシンガー”以降の歌と表現とは



 今年20歳になった鈴木瑛美子がメジャーデビューシングル『FLY MY WAY / Soul Full of Music』を8月28日にリリースする。幼少期から家族と共に音楽に囲まれる環境のもと、7歳の時から作詞・作曲も始め、様々なステージ、テレビ出演やCD音源収録にも参加してきた鈴木瑛美子。今が大きな節目だと語る彼女が、まさに今現在、何を思っているのか。“最強女子高生ゴスペルシンガー”のキャッチフレーズで話題を呼んだ、それ以降の姿が今回のインタビューで垣間見えてくるだろう。

今は自分にとって大きな分岐点

――小さいころから家族の影響で良く歌っていたと伺っています。歌い始めたのは何歳くらいからか覚えていますか。

鈴木瑛美子:歌い始めたのはたぶん2歳くらいからですね。喋れるようになったのと同時で歌ってました。音源が残っているんです。私が小さい時からたまに家でレコーディングをしていて、ゴスペルを流しながら4歳の姉がゴスペルに合わせながら歌っていて 。私はやっと喋れるくらいの年齢だったので、「シャウト」(原曲はアイズレ―・ブラザーズ )っていう曲を歌っていたんですけど、「シャウ、シャウ」って歌っていて。で、「Don’t forget to say you will」っていうところは、「ドフォゲチュセイユウィ」って歌っていたそうです。だから2歳でもずっと歌は歌っていて、そこからずっとですね。音楽を聴いていたのはお腹の中にいる時からですから、もう喋れるようになったら歌いたかったんでしょうね。


▲アイズレ―・ブラザーズ「シャウト」

――今まで様々なカバーを発表してこられましたが、今回の2曲はどちらもご自分で作詞・作曲をされています。作曲自体は、昔からされていたそうですね。

鈴木:そうですね。ただ表に出すのは恥ずかしいと思っていて。あんまり出せずにいたんですけど、ときどき大事な時に勇気を出して聴いてもらったりはしていました。

――恥ずかしいというのは、自分の思っていることが如実に伝わってしまうっていうのが恥ずかしいということですか。

鈴木:それです。自分の気持ちを書いたものを表に出すっていうのは赤裸々に自分を出しているようなものだから、すごく恥ずかしくて。

――それでも、今回自分で作曲した曲を出そうと思ったのは?

鈴木:どこかに聴いてもらいたいという思いが本当はあって、でも恥ずかしいから出したくないだけで、本当は聴いてほしかったりするんです。聴いてほしいという思いが強くなった結果、今回自分で作詞作曲にチャレンジすることになりました。

――曲を作る時は、まず何から始めるのでしょうか。

鈴木:それが、全部同時進行なんです。アレンジのイメージも同時に頭にありつつ、メロディと歌詞が同時に全部出てくる。そこで何か違うなと違和感があったら、何が違うのか考えて、歌詞や音をちょっとずつ変えていくんです。でも全部同時なんで、何から始めるとかは特にありません。

 過程としては、ボイスメモに入れたのをメトロノームでリズムを合わせながら歌って提出して、それから肉付けしてもらうという感じです。父が私の雰囲気を汲み取ってコードを付けてくれて、それを提出することもあります。そして、アレンジの大まかなイメージが出来て、これやあれを足してくださいといったやりとりを何回か繰り返す感じです。

――お父さんが信頼できるパートナーみたいな感じですね。

鈴木:そうですね。ずっと一緒に歌ってきたのもあるし、私がどう歌うか、どういう音楽が好きかは一番家族が分かっていると思います。それに父はミュージカルに出演していたり、今でもゴスペルを教えていたり、ずっと音楽に関わってきました 。いろいろ知識もあるし今までの私のこともわかってくれているので、今も音楽ディレクターとして、レコーディングなどでそばにいてくれます。

――1曲目の「FLY MY WAY」は、どんなアイディアで生まれたのですか。

鈴木:作曲したのは、たぶん高校生の時だったと思います。サビの主メロと裏メロの掛け合いがメモに残っていて。その後、もうちょっと自分の声を最大限に活かせる曲を作りたいなと思って、いろいろなメモを集めたんです。それで、自分の持っているメモの曲の中からサビの部分を聴いてもらったら「この曲で進めよう」ということになったので、1曲にするためにサビの前後を作りました。


▲鈴木瑛美子 / FLY MY WAY

――この曲の原点は、高校生の時に作られたメモだったんですね。

鈴木:想像だけで、曲や歌詞を作るのはまだできなくて、周りの人のこととか、自分の経験とか感情とか、そういうところから着想を得ることが多くって。「FLY MY WAY」は、親しい友人とか家族とか今まで一緒に歌ってきたゴスペルの仲間たちに向けて書きました。実は、アーティストとして活動するにあたって、「寂しい」とか「遠くに行っちゃう」っていうことを、周りの人からすごく言われて。でも、「そんなこと思わないで。私は遠くに行かないよ」って思っていて。今までと変わらない鈴木瑛美子はずっとここにいるよ、という気持ちを歌に込めて作りました。“見えるものだけを信じないで”っていう歌詞には、テレビに映っていたりライブで歌っていたりする私だけじゃなくて、直接関わっている時の私を見て欲しいっていう意味も込めています。

――そういう意味が込められているからこそ、「FLY MY WAY」は、聴いていて、勇気をもらえるのかもしれませんね。大切な人が側にいるから、安心して自由になれるんだということが伝わってきました。

鈴木:今、こうやってデビューに向けて様々な取材を受けている中で、「『FLY MY WAY』は、どうして “MY WAY”なんですか」とか「歌詞にある“new world”とかは、これからのことを表しているんですか」とか聞かれますが、今おっしゃったようなことが答えだと思います。歌詞に“you’re my hometown”ってあるんですけど、自分のベースはそこにあるんです。だから、自分の道を自由に行き来できるし、自分の信念をずっと持っていれば帰ってくることも違う世界へ飛び立つこともできるっていう気持ちを込めて“FLY MY WAY”にしたんです。それに、自分が今、新しくソロデビューして歌うっていうのは、本当に自分の人生にとって大きな節目で。20歳になって、令和になったということもあって、今自分は人生の分岐点に立っているなと感じます。聴いてくださった人が、この歌を自分に置き換えて、その人たちの門出の時に共感して、この曲の本当の意味を感じ取ってくれたらいいなってすごく思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「自分の曲も人の曲も、歌い方は変わらない」
  3. Next >

自分の曲も人の曲も、歌い方は変わらない

――2曲目の「Soul Full of Music」は、鈴木さんのルーツがにじみ出ている一方で、スウィング・ジャズの要素が出ているなと感じました。

鈴木:そこまで聴き込んだことはないんですけど、好きです。ジャズって決まりのない音を自由に動かしたりするところがすごいです。人によって歌い方が変わってくるし、カッコいいなと思います。ゴスペルとかのブラックミュージックも、メロディの中ですごく自由に表現してますよね。その人の感情によって盛り上がったりとか、落ち着いたりとか表現が変わってくるんです。そういう時に感じる痺れ方はすごく近いです。

――痺れるというのは具体的にどういうことですか。

鈴木:自分にハマるんです、パチって。でもやっぱり、ルーツに近いからですね。原点に戻ってきた感があります。

――歌い手によって変わるという点に関してですが、例えば自分がライブするにあたって、歌い方はお客さんやライブ会場の環境によって毎回変えているのでしょうか。

鈴木:変えています。極端に言うと、メロディが変わります。メロディができるって思える日は、色々なところにグイグイ逸らしていきます。あと、その日の調子だけじゃなくて、ちょっと気分が良い時はフェイクでとことん上まで声を出すとか、結構変えますね。その日の体調で無理だなって思ったら、すごい落として歌ったりします。でも色々表現は変えるけど、その中で伝えたいことは変わらないです。

――例えば今回の2曲だったら、こういう歌い方をしてもいいかなって考えていることはありますか。

鈴木:あります。ライブを是非聴きに来て欲しいです。

――今まで、多くのカバー曲を発表されてきましたが、カバーと自作の曲だと歌い方に変化はありますか。

鈴木:それはあまりありません。私が、別のアーティストの曲を歌う時は、「この曲は、私の気持ちを代弁して表現してくれているな」と感じているからです。思い入れの強さという点では、自分で作詞作曲した曲とは少し違うかもしれませんが、歌ったり表現したりするという意味では、何も変わりません。


▲シェネル「Happiness」鈴木瑛美子カバーVer

――鈴木さんはビヨンセやクリスティーナ・アギレラが好きだと伺いました。自分が好きになるアーティストに、共通点はありますか。

鈴木:共通しているのは表現力です。それぞれ表現の仕方は違いつつも、一曲に対する感情の入れ方がすごいんですよね。アギレラも椅子の上に座ってマイク持って歌っているだけなのに、苦しそうに揺れて歌ったりとか、寂しそうに目を開けたりとか眉毛を下げたりとか。そういう1つずつの言葉に対する表現がすごいなと思っています。歌詞に関しては、ジェシー・Jがすごいなと思います。すごく自分の表現を大事にしていて、でも堂々として自身があって。美しさもあり、強さもあって、かっこいいなって思っています。


▲ジェシー・J - プライス・タグ feat. ビー・オー・ビー

――ライブに関してですが、以前インタビューの中で、「海外のアーティストとかを聴いていると、メロディは決まっているんですが、それを変えながら前のものを超えていくんですよね。 」とおっしゃっていましたね。超えていくというのは、具体的にどういうことでしょうか。

鈴木:音源を超えていくという意味です。ライブで楽曲が披露されると、楽曲そのものが塗り替えられていくんですよね。「今回のこのフェイクすごいな」とか、「この瞬間すごい鳥肌立ったよね」とか、そういうものが毎回違ったり、さらに上のレベルにいったりしているということですね。音源通りに歌うこと自体もすごいんですけど、それを自由にその時の自分の感情で変えていく人たちを尊敬しています。

――ライブはそうかもしれませんね。今日を逃したら、今のアーティストはもう見られないですから。

鈴木:だから同じ曲でも、毎回楽しみですよね。ライブ映像を見るのも好きで、同じ曲でもどうアップデートされているのかを知りたくて、色んなライブのライブ映像を見てしまいます。アギレラ、ジェニファー・ハドソン、デミ・ロヴァートって、あえてちょっと音を外したりするんです。でも誰よりも表現がすごいから、彼女たちのパフォーマンスって音程うんぬんじゃなくって。シンガーとしての強みがこの3人は特にすごいなと感じます。


▲クリスティーナ・アギレラ - "キャンディマン" (Live at Fashion Rocks 2006)

――ライブ映像以外にも、映画もお好きなんですよね。

鈴木:映画は大好きです。小さいころから、ディズニー・チャンネルが大好きで、今はディズニー・チャンネルの年齢は卒業しましたが、音楽、ドラマ、映画のどれも海外のものを見ることが多いですね。映画だと、特にマーベル・シリーズやアクションものが好きで。でもヒューマン・ドラマも好きだし、ラブ・ロマンスもファンタジーもSFもジャンル問わず、よく見ています。

――今年公開された映画で、オススメはありますか。

鈴木:『グレイテスト・ショーマン』って去年ですよね……。今年だと、『アベンジャーズ/エンドゲーム』です。ただ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』は今までのシリーズを全部見ていないとわからないので、オススメできるかって言われると、「シリーズ全部、見てください」って言うしかないですね(笑)。あと、ドラマは最近Netflixで見ることが多いですね。最近だと、『サブリナ: ダーク・アドベンチャー』と『リバーデイル』と『Titans/タイタンズ』とか……。周りの人からは、『ストレンジャー・シングス』をすごくオススメされています。「絶対、ハマるよ」って。

それぞれで違う100%を出す

――他には、写真もお好きなんですよね。

鈴木:写真を撮るのが大好きで、Nikonの一眼とソニーのミラーレスと、あとは写ルンですとか、デジカメとか……。色々、持っています。

――写真の他に、絵を描くのも好きだと伺いました。いつか自分の写真や絵を見てもらいたいという気持ちはありますか。

鈴木:あります。全部仕事にしたいくらいです。“フォトグラファー 鈴木瑛美子”、“画家 鈴木瑛美子”みたいな。



――国内外問わず、音楽で活動しつつ役者や脚本家、写真家など様々なカルチャーで活躍している人もたくさん、いらっしゃいますよね。

鈴木:そこまでできるかは分かりませんが、ただ全部やってみたくって。歌手としてのアーティスト活動はもちろんですが、写真や絵もそうですし、他にも映画コメンテーターとか。ミュージカルへの出演も、この先に決まっているので、ミュージカルにもどんどんチャレンジしたいし、映画にも出たいです。

――すごいバイタリティーですね。

鈴木:はい!できるときにできることを100%でやりたいですね。

――今、新しい曲を作られているとのことですが、次はどんな作品になりそうでしょうか。

鈴木:次は私のルーツのようなものを表現したいなと思っています。今回の2曲 は、これでもちょっと崩したので。次はマイナーコードをバリバリ使ったブラックミュージック感あふれるソウルフルな曲を作っていて。いつ、世に出せるかはわかりませんが、それがもう、カッコいいんです(笑)。

――以前、他のインタビューで「ジャンルに捕らわれないアーティストになりたい」とおっしゃっていました。

鈴木:そうですね。今は、自分にどのジャンルの音楽が合うか分からないので、決めずにチャレンジしていきたいと思っています。やってみないと分からないから。聴いているだけでは自分では違うなって思っていても、「歌いやすい曲」「自分にあうジャンル」が見つかるかもしれない。だから、とりあえず自分で壁は作らずに何でも挑戦していきたいなと。私って、わりと真似したり、やってみたりして違うなと思っても「もうちょっと、こうやればできるんじゃないか」って粘っちゃうタイプで。でも、そういう苦しむことって絶対に必要だと思っていて。だから、知らないジャンルにはどんどん挑戦していきたいです。

 あとは、色んな表現を聴いてもらいたいという思いもあって。今までも色んなカバー曲を発表してきましたが、「他の曲も聴いてみたい」とか、「違うジャンルを歌ったらどうなるんだろう」って言ってくださる方が多くて。自分でも、新しいジャンルを歌う自分に興味があるし、色んな表現をする私を見てもらいたいなと思います。

写真




Interview by Akihiro Ota / Photo by Yuma Totsuka

鈴木瑛美子「FLY MY WAY/Soul Full of Music」

FLY MY WAY/Soul Full of Music

2019/08/28 RELEASE
AVCD-94559 ¥ 1,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.FLY MY WAY
  2. 02.Soul Full of Music

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    玉置浩二 オーケストラ公演の特別番組が9/16放送、安全地帯の甲子園球場ライブ&ソロアンコール公演情報も

  2. 2

    まだまだロングセールスを狙える?! miwa「リブート」の動き【Chart insight of insight】

  3. 3

    Perfume、東急田園都市線・東横線をジャック&本人出演CMスポット公開

  4. 4

    SILENT SIREN、ボイメン、みやかわくん、ポルカ、フレデリックら出演【サイサイフェス】笑顔で大団円

  5. 5

    高橋優による野外音楽フェス1日目、ベリーグッドマン、クリープハイプ、ゴスペラーズら登場

HOT IMAGES

注目の画像