Billboard JAPAN


Special Contents

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー



海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

「幼稚園児が抱くようなシンプルな感情を持ち続けていたい」

 生後まもなく歌うことの楽しさに目覚め、幼年期にはビブラートやシャウトもナチュラルに習得。そのあまりの早熟ぶりに幼稚園や小学校での合唱では否定されてしまい、人前で歌うことを辞めてしまったほどの天才シンガー・海蔵亮太(かいぞうりょうた)が、マイノリティな存在からマジョリティへと駆け上がっていくサクセスストーリー、そしてメジャーデビュー1周年記念盤『愛のカタチ』について語ってくれた。

小学校の合唱や校歌にアレンジ!? 目立ちすぎてマイノリティな存在へ

--KWC(Karaoke World Championships)の世界大会で2年連続優勝、現在はメジャーシーンで活躍されている訳ですが、そもそも歌うことの楽しさに目覚めたきっかけは何だったんでしょう?

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:歌うことの楽しさに気付いたのは、たぶん生後まもなくぐらいです。歌うことが大好きな家庭で、家族でカラオケに行くことが日課で、僕自身のカラオケデビューは生後数ヶ月(笑)。で、ちゃんと歌うようになったのは2才からで、毎週リリースされる新曲を聴いて覚えて歌うみたいなことをやっていて。

--それは自発的に?

海蔵亮太:最初の頃は、上に歳の離れたきょうだいがふたりいるので、そのきょうだいたちから毎週課題のように「この新曲を聴いて覚えろ」みたいな感じでした。時代が時代だったらハラスメント扱いされていたかもしれないんですけど(笑)、でも僕自身もそれを楽しんでいた記憶がありますね。

--そんなに幼い頃から歌われていたんですね。

海蔵亮太:家で誰かが歌い出したらみんな歌い出すような家庭だったんですよ。だから子供が生まれたら歌わせるのは通過儀礼だったし、お風呂場は基本的にレコーディングスタジオみたいな。

--芸能一家だった訳ではないんですよね?

海蔵亮太:芸能一家ではないですね。ウチは肉屋なんです。精肉一家(笑)。

--歌が大好きな精肉一家(笑)。

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:自我が目覚めた頃にはあたりまえのように歌が好きだったし、4,5歳ぐらいから自発的によく歌っていて、当時はきょうだいの影響でMISIAさんとかMr.Childrenさんとか広瀬香美さんとか槇原敬之さんとか好きで歌っていました。普通だったらそれぐらいの年齢のときは幼稚園に通って、そこでみんなと「かえるのうた」とか合唱して楽しんでいると思うんですけど、僕はそういうのは好きじゃなくて、それよりも「Everything」とか……

--幼稚園児がひとりでMISIAの「Everything」?

海蔵亮太:ちょっとヤバい子供だったと思います(笑)。

--そうなってくると、音楽の授業などで先生に目を付けられますよね?

海蔵亮太:そうなんです! 音楽の授業が苦手だったんですよ。みんなと合わせるのがあんまり得意じゃなくて、小学生のときも、ビブラートをかけるのが好きだったので、合唱でもひとりだけビブラートでガンガン歌っていたんですよ。そしたら友達にもすっごい怒られるし、先生にも注意されるし。「ひとりだけビブラートやらフェイクやら入れてくるんじゃねーよ!」みたいな(笑)。

--面白いですけどね。

海蔵亮太:僕もそう思っていたから、例えば「翼をください」は普通に歌っていても「こんなんじゃ翼はもらえない」と思ってシャウト気味に歌ったり、神を崇めるように歌ったりして、でもそしたら「合唱はそういうもんじゃない」と言われて。あと、校歌のテストがあったんですけど、それも個性を出して歌ったら「溜めすぎ」とか「譜割りがぜんぜん違う」とか注意されて……

--校歌にアレンジを加えまくったんですね(笑)。

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:「学校名をローマ字っぽく歌いすぎ」と言われました(笑)。個人的にはそっちのほうが絶対に良いなと思ったんですけど、なかなか理解はされませんでしたね。日本の教育上、そうやってハミ出すのはNGだったみたいで、逆にきちんと揃えて歌えるみんなのほうが器用だなと思っていました。

--では、子供ながらに「自分はマイノリティだ」と感じていた?

海蔵亮太:すごく感じていました。少数派中の少数派だなってすごく思っていました。

--目立ちすぎて「なんだ、あいつ」みたいになったり?

海蔵亮太:そうなるんですよね。それで人前で歌うのを控えるようになりました。だから友達とカラオケに行くこともすごく少なかったです。普通は中学生や高校生の頃ってみんなでカラオケ行くじゃないですか。でも自分は行きたくなくて、断る言い訳をいちいち考えるのも面倒くさかったので、小学生から高校生までずっとスポーツをやっていました。そうすれば「部活があるから」って逃げられるじゃないですか。

NEXT PAGE
  1. 自分の歌は受け入れられないと思っていた分……皆さんが神に見える
  2. Next >
ライブ情報

海蔵亮太 デビュー1周年記念盤『愛のカタチ』発売記念イベント
6/16(日)16:00~愛知・パレマルシェ 西春店 2Fアゼリアガーデン
6/29(土)14:00~/17:00~愛知・イオンモール岡崎 1F セントラルコート

インタビュー写真

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー


自分の歌は受け入れられないと思っていた分……皆さんが神に見える

--普通は中高生でカラオケ上手いとモテたりしますけど、海蔵さんの場合は初っ端から突き抜けすぎちゃったんでしょうね。

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:クセが強いから一般ウケしない(笑)。だから学校では歌わないようにしていたんです。なので、それこそ去年デビューしたときは「え、歌、好きだったの?」とか「え、歌手になったの?」って友達がみんなクエスチョンマークだらけになっていました。

--では、歌が大好きであることをずっと隠してきていたんですね。

海蔵亮太:そうですね、隠れキリシタン的な感じで!

--隠れキリシタンではないですけどね(笑)。でも歌うこと自体は辞めていなかった?

海蔵亮太:普通に歌は好きで歌っていたんですけど、学校内や公の場では歌わないようにしていた感じです。

--ちなみに、その当時から「いつか歌でプロになってやろう」「メジャーデビューするんだ」みたいな夢は抱いていたんでしょうか?

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:考えてもいなかったですね。一般ウケしないならプロにはなれる訳がないと思っていたので。だから大学を卒業しても普通に社会人として働いていましたし。ただ、家族の中ではいつも歌っていましたし、KWC(Karaoke World Championships)に参加したきっかけも父親の一言だったので、それで今こうして人様の前で歌えていることは驚きですし、こうやってインタビューを受けていることも夢うつつみたいな感覚ではありますね。

--プロを目指す人たちは学生時代からいろんなところに出て行ったりする訳じゃないですか。だから見つけられる訳ですけど、でも海蔵さんの場合は歌の才能をひた隠しにしてきたから、もしかしたらずっと見つからないままだったかもしれなくて……

海蔵亮太:ずっと隠して生きてきていたので。それもまたマイノリティ派だなと思いますね。人生、常にマイノリティ(笑)。

--でも海蔵さんの歌はマジョリティになっていきますよ。

海蔵亮太:本当ですか!?

--学校の中では完全にマイノリティになるでしょうけど(笑)、こうして表に出たら「好きだな」と思ってくれる人はたくさん出てくると思います。

海蔵亮太:うれしいです。そう言ってもらえるようになったのが本当にここ最近なので、言われ慣れていない分、皆さんが神に見えるというか……

--実際、着実にファンが増え続けている訳ですからね。この状況にはどんなことを感じたりしていますか?

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:まずはビックリ。自分の歌は受け入れられないと思っていた分、少しずつ応援してくださる方が増えてきて、そうなると「自分の歌に対する向き合い方は間違っていなかったんだな」と感じられるようになって。だから常に感謝して生きたいなと思いますし、「これから応援して下さる方々にもっと喜んでもらう為にはどうしたらいいんだろう」それをいちばんに考えるようになってきましたね。ひとりよがりの歌というよりかは、自分ももちろん楽しみたいんですけど、応援して下さる方々にももっと楽しんでもらいたいなと思っています。

--すぐそういう思考になれたのも、海蔵さんのバックボーンあってこそですよね。みんなが自分の歌を求めてくれた喜びが人一倍強いから、ナチュラルにそう思えた。

海蔵亮太:こんな自分を求めてくれるなら「何でもやります!」みたいな感覚はあるかもしれない。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. KWC(Karaoke World Championships)世界大会優勝秘話
  3. Next >
ライブ情報

海蔵亮太 デビュー1周年記念盤『愛のカタチ』発売記念イベント
6/16(日)16:00~愛知・パレマルシェ 西春店 2Fアゼリアガーデン
6/29(土)14:00~/17:00~愛知・イオンモール岡崎 1F セントラルコート

インタビュー写真

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー


KWC(Karaoke World Championships)世界大会優勝秘話

--海蔵さんからしたら、リスナーの皆さんは光なんでしょうね。

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:そうなんです! 皆さんがスポットライトを浴びている僕を見て「うわぁー!」ってなっている以上に、僕から見た皆さんのほうがキラキラしているので「うわぁー!」って気持ちなんですよ。僕からしたら皆さんがステージ上にいる感覚。だから神々に向かって歌っている感覚ですね!

--神々!それはすごい感覚ですね(笑)。

海蔵亮太:ローマ帝国もビックリ!

--昔、三波春夫さんが「お客様は神様です」と仰っていましたけれども。

海蔵亮太:でも本当にその感覚! マジでそういう感覚ですね。

--そんな神々と出逢う大きなきっかけになったのが、KWC(Karaoke World Championships)での優勝だと思うのですが、自分的には前のめりに「挑戦してみよう」という感覚だったんですか?

海蔵亮太:こんなことを言ったら、KWC(Karaoke World Championships)を一生懸命運営されている方に申し訳ないんですけど、1ミリたりとも本気でやろうとは思っていなかったんです。普通に社会人として接客業に就職して働いていましたし、そのときの仕事も本当に楽しかったので。ただ、父親とふたりでお酒を呑んでいたときに「おまえ、歌をやらないのか?」って急に言われたんです。その言葉がずっと引っかかっていて。で、ある日、友達とカラオケに行ったときに「KWC(Karaoke World Championships)の日本代表を決める予選が始まります」という告知が流れてきたんですよ。しかも「あなたが今いるカラオケBOXからエントリーできます」と書いてあって。それで歌って応募してみたんです。Le Coupleさんの「ひだまりの詩」をクセまみれで歌って(笑)。そしたら受かったんです。

--クセまみれでもちゃんと評価されたんですね。

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:でも後日談で聞いた話なんですけど、僕は予選で落ちる予定だったみたいなんです。ただ、ひとりの審査員の方が「原曲をこれだけアレンジして歌える人はなかなかいないから、決勝で違う曲を聴いてみたい」と言ってくださったみたいで、ギリギリすべり込みで決勝に行くことができたんです。

--そのひとりの審査員のおかげだったんですね。

海蔵亮太:ひとりなんで、これもまたマイノリティなんですけど(笑)。

--審査員側にもマイノリティな人がいてくれてよかった(笑)。

海蔵亮太:それで決勝で優勝して日本代表になったので、本当に感謝ですよね。きっかけは軽い気持ちだったし、決勝も皆さんがスーツとかドレスを着ている中で僕だけTシャツに短パンで、場違い感はあったんですけど。

--痛快なストーリーですね。

海蔵亮太:そのあとの世界大会も「Facebookのともだち増やそう」ぐらいのお祭り感覚でカナダのバンクーバーまで行ったんですけど、そこでも優勝してしまって。だから「え、なんで?」っていう感覚ではありましたね。ただ、家族以外の前で歌うのがずっと苦手だったんですけど、この大会のおかげで「自分らしくこういう風に表現してもちゃんと受け入れてくれるんだ。だったら、もっと歌いたいな!」と思えるようになったんです。だからすごく感謝しています。

--そして、メジャーデビューへ。

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:メジャーデビューから1年経ったんですけど、まずは本当に嬉しいです。でも1年やってきて「自分の知らない自分をもっとたくさん見つけてみたいな」という感覚になりました。それこそ小さいときからの「人前で歌うのがイヤだな」というコンプレックスが今は克服されて「どんな表現でも皆さん受け入れてくれるんだな」と分かったので、今度は自分が知らない様々なジャンルに挑戦して「皆さんがどんな反応をしてくれるんだろう」という攻めの姿勢、よりポジティブな姿勢で活動していきたいなと思っています。

--その姿勢は今回の新作『愛のカタチ』にも表れていると思うのですが、自分的にはどんな楽曲になっているなと感じていますか?

海蔵亮太:この曲に関しては、認知症がテーマになっているので、重く歌おうと思えばすごく重い歌になるんですけど、それよりもこのテーマを通して「家族の在り方」とか「家族の大切さ」を伝えていくラブソングとして僕は解釈していて。前向きに次のステップへ進めるように表現したいなと思っていて、そういう意味では難しかったですけど、1年かけてライブでいろんなことを皆さんに教わりながら育てていって、今いちばん自分が表現したい歌になっているんじゃないかなと思います。

--なるほど。

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太:あと、僕自身もおじいちゃんが認知症だったので、歌詞に共感できる部分があって。20代でこういう曲にチャレンジできることもなかなかないだろうなと思ったので、それで歌っていくことになった曲なんです。で、いろんな人からいろんな評価を頂いて、こうしてリリースできることになったのは嬉しく思います。この曲を歌うときは、気持ち的に素っ裸で歌っている感覚なんですよね。ほぼピアノと自分の声だけなので、何にも着飾らずシンプルにすっぽんぽんで歌っている。それは今の時代に合っていない気もしたんですけど、歌い続けていたら時代もだんだんシンプルなモノを求めるようになってきていて、だからぜひこの機会に多くの人に聴いてもらいたいですね。

--では、最後に、これから先の夢や目標がありましたら聞かせてください。

海蔵亮太:夢とか目標を持ったことがあんまりなくて、将来のことは将来の自分に考えてもらおうかなと。それで今自分に出来ることは何かと考えたときに、自分が毎日楽しく歌うこと。それがいちばん大事なことだし、聴いてくださる方にもっと楽しんでもらう為にはどうしていくべきか。それが今いちばんやらなきゃいけないこと。それを突き詰めた結果として、大型番組に出るとかビルボードチャート上位に入るとかそういうモノが付いてきたらいいなと思いますけど、そこをいちばん重要視しちゃうと色々ないがしろにしてしまうと思うので、だから「自分はこうしたいんだ、こう歌いたいんだ」っていう、幼稚園児が抱くようなシンプルな感情を持ち続けていたいなって思います。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太「愛のカタチ」MV (Reissue ver.)
ライブ情報

海蔵亮太 デビュー1周年記念盤『愛のカタチ』発売記念イベント
6/16(日)16:00~愛知・パレマルシェ 西春店 2Fアゼリアガーデン
6/29(土)14:00~/17:00~愛知・イオンモール岡崎 1F セントラルコート

インタビュー写真

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー 海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

関連キーワード

TAG

関連商品

愛のカタチ
海蔵亮太「愛のカタチ」

2019/06/05

[CD]

¥1,200(税込)

愛のカタチ
海蔵亮太「愛のカタチ」

2019/06/05

[CD]

¥2,000(税込)

Communication
海蔵亮太「Communication」

2019/01/23

[CD]

¥3,000(税込)

愛のカタチ
海蔵亮太「愛のカタチ」

2018/06/27

[CD]

¥1,200(税込)

愛のカタチ
海蔵亮太「愛のカタチ」

2019/06/05

[CD]

¥1,200(税込)

愛のカタチ
海蔵亮太「愛のカタチ」

2019/06/05

[CD]

¥2,000(税込)

Communication
海蔵亮太「Communication」

2019/01/23

[CD]

¥3,000(税込)

愛のカタチ
海蔵亮太「愛のカタチ」

2018/06/27

[CD]

¥1,200(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】King & Princeの1stアルバムが売上40万枚目前 2位にサカナクション『834.194』が続く

  2. 2

    【ビルボード】NEWS「トップガン」が184,664枚を売り上げ3冠で総合首位獲得

  3. 3

    AK-69、日本人初のボクシング4階級王者・井岡一翔に生ライブでエール

  4. 4

    【先ヨミ】山下智久『CHANGE』が69,037枚を売り上げ現在首位 スピッツ朝ドラ主題歌は4位発進

  5. 5

    スピッツ、タワレコスタッフによる応援特設ページがオープン

HOT IMAGES

注目の画像