Billboard JAPAN


Special Contents

コナー・ヤングブラッド初来日記念インタビュー&プレイリスト「僕の音楽を聴くことをユニークな経験と思ってくれたら嬉しい」

インタビュー

 フォーキーでソウルフルな歌声とシネマティックな音像で、2018年のデビューアルバム『Cheyenne』も話題となっている若きシンガーソングライター=コナー・ヤングブラッド。デビュー作は自身が世界中を旅した経験を元に繊細かつ芳醇なサウンドが溢れる内容で、その才能は、ボン・イヴェールやライ、スフィアン・スティーヴンスといった現行シーンのトップ・アーティストとも共振すると高く評価されている。今回、Billboard JAPANは彼の初来日公演を記念したインタビューを敢行。コナーの音楽に影響を与えた楽曲のプレイリストも合わせて公開されているので、そちらもチェックしてほしい。

「僕の音楽を聴くことをユニークな経験と思ってくれたら嬉しい」

−−まずは、1stアルバムのリリースおめでとうございます!本アルバム『Cheyenne』はどんな思いやアイデアを込めて作られたんでしょうか?

コナー・ヤングブラッド(以下:コナー):ありがとう!『Cheyenne』の制作はとても大掛かりなもので、かなりの時間を費やしたよ。このアルバムは、ここ数年の間に思い浮かんだ考えや想いを全て詰め込んだようなものなんだ。今までの人生で経験した全てのこと、影響を受けた音楽、好きな本や映画からのアイデアも作詞作曲に注ぎ込んだ。だからアルバムが完成したときはまるで、僕の脳みそは空っぽになってしまったようだったよ。もちろん良い意味でね!

−−本アルバムは2年に渡り、世界中を旅して書き上げられた作品ということですが、旅に出るきっかけはなんだったんでしょうか?

コナー:ほとんどの旅は観光が目的だった。でも、行った先々では必ずその地域からインスピレーションを受けていたと思うし、チャンスがあれば色んなところを探索するようにしたよ。ショーの合間の休みの期間には、いつもどこか新しい場所に旅行して、ハイキングに行くようにしていた。訪れた多くの場所で目にしたものや出会った人々から影響を受けたことに間違いはないね。



▲Conner Youngblood - Cheyenne


−−『Cheyenne』というアルバム・タイトルに込められた思いを教えてもらえますか?

コナー:僕にとって“Cheyenne”(シャイアン)という名前はいくつかの意味を持っている。アルバム制作中にシャイアンという女性に出会って、その名前が本当に気に入ったんだ。その夜に「Cheyenne」という曲を書いたんだよ。その後に、アルバムのタイトルも『Cheyenne』と名付けることにしたんだ。偶然にもその年の初めにワイオミング州のシャイアンに行っていたり、この言葉の由来でもあるネイティブ・アメリカンの歴史を研究する大学で長いこと勉強していたこともあるしね。この言葉はアルバムのメイン・コンセプトでもある、人と場所を表している。それにシャイアンという言葉にはナチュラルな穏やかさを感じるね。あと、単純にこの言葉のサウンド(発音)が大好きなんだ。

−−アルバム収録曲「The Bird of Finland」は大自然を連想させる曲ですが、この曲はどういったコンセプトのものなんですか?

コナー:北欧の国にはずっと前から興味があって、この時はたまたまバードウォッチングにも行きたいと思っていてね。ちょっとだけ想像力を使いながら、フィンランドでバードウォッチングをすることについての曲を書くことにしたんだよ。この曲のコンセプトは、僕の好きなサイモン&ガーファンクルの曲「April Come She Will」を参考にしている。この歌は、変わりゆく出会いと別れを季節の移り変わりに例えて、ロマンチックな出会いから、やがて訪れる別れまでのストーリーを描いているんだ。似たようなことなんだけど、女の子との恋愛関係を、現地の様々な鳥を比喩に使って、季節が巡っていく中で感じる恋心について表現しているんだ。



▲Conner Youngblood - The Birds of Finland


−−本アルバムにはハープ、トランペットをはじめいろいろな音色が奏でられていますが、楽器の演奏はご自身でされているんですか?

コナー:もちろんそうだよ。全部そんなに得意なわけではないけど、ラッキーなことにスタジオには誰もいなかったから何テイクも重ねることができたんだ。

−−あなたが影響を受けたアーティスト・楽曲として、ウィリー・ネルソン「Hands on the Wheel」(カントリーミュージック)、カニエ・ウェスト「Say You Will」(ヒップホップ)、ボブ・ディラン「You’re a Big Girl Now, Take 2」(クラシック・ロック)が挙げられていますが、これらのインスピレーションから生まれた曲はありますか?また、普段から幅広いジャンルの音楽を聴いているのでしょうか?

コナー:このプレイリストに入っている曲の多くが今回のアルバムの収録曲に直接的な影響を与えていることは間違いないね。例えば、タイトル曲の「Cheyenne」はウィリー・ネルソンの「Hands on the Wheel」からとても大きな影響を受けている。あの曲のコード進行が大好きなんだ。いくつかの曲からは歌詞や音楽的な面で影響を受けていて、また他の曲からはプロダクションの手法に影響を受けたりしたよ。例えば他にもボーカルとギターでリバーブを得る方法を理解するためにコクトー・ツインズについての本をたくさん読んだりしたんだ。

−−デビューアルバムを引っ提げた、初来日公演が間近に迫ってきましたが、今の心境はいかがですか?

コナー:何か月も前から楽しみにしているよ。正直に言うと、こんなにショーの前に興奮することなんてないんだ。そのくらい来日公演が本当に待ち遠しいよ。実は4年間、学校で日本語を習っていたんだけどほとんどを忘れているから、上手く日本語を話せるかどうかがとても不安なんだ。

−−まだあなたの音楽に出会っていない人へ向けて、どのようにご自身の音楽をお勧めしますか?

コナー:僕の音楽を聴くことをユニークな経験と思ってくれたら嬉しいかな。歌詞や作詞作曲と同じくらい、プロダクションと雰囲気を大切にしているから、僕の曲を聴いているときはピース(平和)を感じてほしいね。

−−日本人で好きなアーティストや影響をうけたアーティストはいますか?

コナー:最近は“ASA-CHANG&巡礼”からインスピレーションを受けたかな。彼らのシングル『花』のプロダクションはめちゃくちゃでクレイジーなんだけど、すばらしいの一言に尽きるね。あとは“toe(トー)”も大好きなんだ。彼らのコード進行とリズムはとても独創的だね。両アーティストとも最高にクールで、彼らの音楽を聴いているときは最高の気分だよ。

−−初来日公演はどのようなショーになるでしょうか?

コナー:アルバム『Cheyenne』の全てを、ライブバージョンにアレンジして披露する予定だよ。友人のベンがベースを演奏している間に、僕はギターにキーボード、シンセサイザー、クラリネット、ドラムパッドを演奏するよ。変な話、アルバム内でベースのサウンドは数曲しか使ってないんだけど、でも生のライブで感じるあのフィーリングが大好きなんだ。



▲Conner Youngblood - Los Angeles


−−1stアルバムのリリース、そして日本での初公演を経て、今後挑戦していきたいことはありますか?

コナー:セカンド・アルバムのリリースと、また日本でショーをしたいね!もっとゆっくり日本で過ごして、たくさんの自然に触れることが出来たらいいなと思っているよ。夏に数週間ハイキングをしに来たりしたいね。あ!それとアートの島、直島(香川県)には行ってみたいと思ってるんだ。

−−最後に日本のファンへメッセージをお願いします。

コナー:日本でパフォーマンスできること、日本食を食べれること、どちらに興奮しているのかわからないよ!(笑)どちらにせよ楽しみで待ちきれないことには変わりないね。じゃあ、またね!


プレイリスト「コナー・ヤングブラッドの音楽に影響を与えた楽曲」

Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>


コナー・ヤングブラッドからビデオメッセージが到着!


▲Conner Youngblood Video Message for Billboard Live Tour 2019


コナー・ヤングブラッド「Cheyenne」

Cheyenne

2018/08/17 RELEASE
BRC-578 ¥ 2,420(税込)

詳細・購入はこちら

関連キーワード

TAG

関連商品

Cheyenne
コナー・ヤングブラッド「Cheyenne」

2018/08/17

[CD]

¥2,420(税込)

Cheyenne
コナー・ヤングブラッド「Cheyenne」

2018/08/17

[CD]

¥2,420(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】東方神起『XV』が134,262枚を売り上げアルバム首位走行中 まふまふ/BLACKPINKの新譜がトップ5入り

  2. 2

    <ライブレポート>“The King of R&B is Back!”ベイビーフェイス、来日ツアー初日公演レポートが到着

  3. 3

    BiSH 禁断のスク水ライブ解禁で全員ダイブ&サプライズ生誕祭にモモコ歓喜

  4. 4

    きゃりーぱみゅぱみゅ、7年ぶり【早稲田祭】出演決定

  5. 5

    エルトン・ジョン、リメイク版 『ライオン・キング』に不満「音楽が台無しだった」

HOT IMAGES

注目の画像