Billboard JAPAN


Special Contents

ジョージ・クリントン来日記念特集~久保田利伸が語るジョージ・クリントン「総帥の下で生まれる『自由』なグルーヴ」



top

 「2019年を最後にツアーから引退する」。 昨年の春に届いたジョージ・クリントンのこの決断はファンク/ソウル・ファンのみならず、音楽シーンに大きな衝撃をもたらした。もう日本で彼の姿を見ることはできないのだろうか……。そんなすべての音楽ファンの想いに応えて、まさに奇跡と呼びたい来日ステージが2019年4月末に実現する。80年代の来日公演からその真髄を体感してきた久保田利伸が「ファンクの総帥」の魅力を語ってくれた。

混沌に感じた「ミュージシャンシップ」

 P-FUNK =ジョージ・クリントンという、僕にとって「神様」のひとりに出会ったのは、大学に入った1981年頃。ジョージ・クリントン率いるパーラメントの「フラッシュ・ライト」とファンカデリック名義の「ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ」の大ヒットが1978年ですから、その辺りのナンバーを先輩から教えられて、そこから遡って聴きまくりました。



▲Parliament - Flashlight


 時代的にはブラック・コンテンポラリーが流行っている一方で、ディスコ寄りのファンクも全盛だったんですよ。リック・ジェームス、ロジャー(ZAPP)、D・トレインとか、ダンスフロア仕様のファンクなんだけど、それを聴いていても、 「あ、この根っこにはジョージ・クリントンがいるんだ」って気づき始めたんですね。




▲Zapp&Roger - So Ruff, So Tuff


 初めてライブを見たのは、80年代末か90年代頭の来日公演です。とにかくそのライブの「自由さ」が強烈。ファッションもバラバラだし、何時間も演奏するから途中でドラムが交代したり、ジョージ・クリントンも出たり入ったり歌ったり歌わなかったり。もうどの曲のどの部分かもわからなくなるんだけど(笑)、でも、その混沌をずっと聴いていられる。「あ、これがミュージシャンシップなんだ」って思いましたね。メンバーも変わるし、リハーサルをどれくらいやっているのかも怪しいんですけど(笑)、でも、総帥の指揮下でひとつのグルーヴになれる。バンドの編成やライブの構成、ファッションも含めて、お約束に縛られていない「自由」がある。




▲EXIT 2016 | George Clinton Live FULL Concert HD Show


 それは、ジョージ・クリントンの生き方でもあるんだと思うんです。僕は「ファンキーって何ですか?」と質問をされたら、ひとつの答えとして「ジョージ・クリントンのように自由であること」を挙げますね。

CD
▲『BONGA WANGA』

 僕の1990年のアルバム『BONGA WANGA』で、ジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、そしてEU のドラムのJUJU に参加してもらっているんですけど、ジョージ・クリントンにデモを渡したら、「まず、テンポをくれ」って言って、そのテンポでなんだかつぶやき出すんです。そのウニュウニュしたつぶやきに、いつの間にか集まってきたメンバーのチャットが乗ってきて曲ができあがっていく。A メロだのサビだのも関係ない。その様が本当に凄かった。


「自由」から生まれた「本物感」

 その後、セントラル・パークでのライブに行ったことがあって、楽屋を訪ねたら「よし、オレが呼び込むからステージに出ろ」って言われたんですよ。勇気を出してステージ袖で待ってたんだけど、結局は呼ばれなかったという体験もしました(笑)。

 こうしてジョージ・クリントン自身は、コアな「オレ流ファンク」を突き詰めてきたわけですけれど、チャート・アクションが証明しているように、それはいわゆるロック・ファンにも届いて、さらにグローバルな影響力を持つようになったわけですよね。それこそ彼の音楽が生み出した「ファンクの本物感」がそうさせたに違いないと思っています。

 今回、最後の来日になるわけですが、個人的には「長い間、ありがとうございました。お疲れさまです!」という気持ちです。彼の唯一無二の存在感、世界の共通言語としての「ファンク」は、これで消え去るわけじゃありませんから。




▲One Nation Under A Groove - Funkadelic (1978)



ジョージ・クリントン「コンピューター・ゲームス」

コンピューター・ゲームス

2018/12/05 RELEASE
UICY-77154 ¥ 1,080(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ゲット・ドレスト
  2. 02.マンズ・ベスト・フレンド/ループジラ
  3. 03.ポット・シェアリング・トッツ
  4. 04.コンピューター・ゲームス
  5. 05.アトミック・ドッグ
  6. 06.フリー・オルタレイション
  7. 07.ワン・ファン・アット・ア・タイム

関連キーワード

TAG

関連商品

アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング
ファンカデリック「アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング」

2010/12/02

[CD]

¥2,700(税込)

マゴット・ブレイン
ファンカデリック「マゴット・ブレイン」

2010/12/02

[CD]

¥2,700(税込)

フリー・ユア・マインド…
ファンカデリック「フリー・ユア・マインド…」

2010/12/02

[CD]

¥2,700(税込)

ファンカデリック
ファンカデリック「ファンカデリック」

2010/12/02

[CD]

¥2,700(税込)

ライヴ 1971
ファンカデリック「ライヴ 1971」

2009/09/16

[CD]

¥2,376(税込)

パーラメント
パーラメント「パーラメント」

2007/06/06

[CD]

¥1,028(税込)

オズミウム
パーラメント「オズミウム」

2006/01/07

[CD]

¥2,376(税込)

ブラックトロニック・サイエンス
バーニー・ウォーレル ジョージ・クリントン ブーツィー・コリンズ メイシオ・パーカー フレッド・ウェズリー スライ・ダンバー トニー・ウィリアムス ビル・ラズウェル「ブラックトロニック・サイエンス」

2005/11/23

[CD]

¥2,571(税込)

マザーシップ・コネクション
パーラメント「マザーシップ・コネクション」

1993/12/15

[CD]

¥1,888(税込)

チョコレ-ト・シティ
パーラメント「チョコレ-ト・シティ」

1993/12/15

[CD]

¥1,888(税込)

ギヴ・アップ・ザ・ファンク
パーラメント「ギヴ・アップ・ザ・ファンク」

1993/07/25

[CD]

¥4,194(税込)

トロンビピュレイション
パーラメント「トロンビピュレイション」

2018/12/05

[CD]

¥1,080(税込)

コンピューター・ゲームス
ジョージ・クリントン「コンピューター・ゲームス」

2018/12/05

[CD]

¥1,080(税込)

アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング
ファンカデリック「アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング」

2010/12/02

[CD]

¥2,700(税込)

マゴット・ブレイン
ファンカデリック「マゴット・ブレイン」

2010/12/02

[CD]

¥2,700(税込)

フリー・ユア・マインド…
ファンカデリック「フリー・ユア・マインド…」

2010/12/02

[CD]

¥2,700(税込)

ファンカデリック
ファンカデリック「ファンカデリック」

2010/12/02

[CD]

¥2,700(税込)

ライヴ 1971
ファンカデリック「ライヴ 1971」

2009/09/16

[CD]

¥2,376(税込)

パーラメント
パーラメント「パーラメント」

2007/06/06

[CD]

¥1,028(税込)

オズミウム
パーラメント「オズミウム」

2006/01/07

[CD]

¥2,376(税込)

パーラメント
パーラメント「パーラメント」

2005/06/25

[CD]

¥1,234(税込)

マゴット・ブレイン
ファンカデリック「マゴット・ブレイン」

2005/06/17

[CD]

¥2,160(税込)

フリー・ユア・マインド
ファンカデリック「フリー・ユア・マインド」

2005/06/17

[CD]

¥2,160(税込)

ファースト・アルバム
ファンカデリック「ファースト・アルバム」

2005/06/17

[CD]

¥2,160(税込)

ハードコア・ジョリーズ
ファンカデリック「ハードコア・ジョリーズ」

2000/06/21

[CD]

¥2,592(税込)

パーラメント
パーラメント「パーラメント」

2000/06/01

[CD]

¥1,888(税込)

マザーシップ・コネクション
パーラメント「マザーシップ・コネクション」

1993/12/15

[CD]

¥1,888(税込)

チョコレ-ト・シティ
パーラメント「チョコレ-ト・シティ」

1993/12/15

[CD]

¥1,888(税込)

ギヴ・アップ・ザ・ファンク
パーラメント「ギヴ・アップ・ザ・ファンク」

1993/07/25

[CD]

¥4,194(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>平井 堅【Ken’s Bar】20周年が遂にファイナル、亀田誠治とあいみょんも駆けつける

  2. 2

    【先ヨミ】Hey! Say! JUMP / 山田涼介『Lucky-Unlucky / Oh! my darling』が14.3万枚を売り上げ首位独走中

  3. 3

    BTS (防弾少年団)、米ビルボード・アーティスト・チャートで5週No.1を獲得した史上初のグループに

  4. 4

    TWICE、爽やかな夏の昼『HAPPY HAPPY』&クールな夏の夜『Breakthrough』ジャケット写真を公開

  5. 5

    椎名林檎『SONGS』に登場、エレカシ宮本もその意外な素顔&才能を語る

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像