Billboard JAPAN


Special Contents

そらる『ユーリカ』10th ANNIVERSARY YEARインタビュー



そらる『ユーリカ』10th ANNIVERSAY YEARインタビュー

 2018年7月22日にソロ活動10周年を迎え、同年11月にリリースしたシングル『銀の祈誓』はセールスランキング2位を獲得するほどのヒットを記録。今年3月にはMBS/TBSドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』オープニングテーマ『ユーリカ』をシングルリリースし、初の単独公演となる幕張メッセ2day含む全国6大都市ツアーを開催するほどの存在となり、ここからの活動を「挑戦」と自ら語る。そんなそらるの10年間とこれから。まだ彼のことをよく知らないリスナーにもぜひご覧頂きたい。

「楽しくなくなったら辞めよう」と思ってずっと活動してきた

--10th ANNIVERSARY YEARを迎えるほどのキャリアを積んできた今、そらるはどんな表現者になっていると自身では感じていますか?

そらる-アウトサイダー【歌ってみた】
そらる-アウトサイダー【歌ってみた】

そらる:ネットシーンから出てくる人の特徴でもあると思うんですけど、自分は距離の近いタイプの人間だなと思っていて、当初から出来るだけスタンスを変えずに活動してきているんですね。これからもそれは変わらないと思いますし、自分の内面的な部分はもちろん少しずつ変化していくと思うんですけど、飾り過ぎないようにしているというか、変わり過ぎないように意識はしています。

--その意識の根本にあるのはどんな想いだったりするんでしょう?

そらる:自分自身があんまり難しく考えたりとか、取り繕うのがすごく苦手なんです。それをすると「嘘くさくなっちゃうな」と感じるんですよね。自分の意思とは別に、例えば「活動にプラスになるから」という形で、やりたくない事をやり出してしまったときに、それをずっとやり続けられないというか、突き通し続けられないんですよ。不器用なんだと思うんですけど。だから出来るだけ「嘘のない形で活動する」のが自分にとっていちばんストレスがなくて、それでも「良い」と思ってくれる人が聴いてくれたらそれでいいかなって。

--そのスタンスにそぐわないモノをリクエストされる瞬間も、この10年間の中であったりしたんでしょうか?

そらる:そうですね。スタンスだけじゃなくて、歌い方ひとつ取ってもいろいろ言われることはあって。活動の浅い時期はソレに悩んだりもしたんですけど、でもソレは結局自分のことを気に入らない人からの声であることが多くて、ソレを聞いて角(かど)を取っていくと何も面白くないモノが出来ちゃう。それはキャラクター的にもそうだし、音楽的にもそうだし。結局、尖っている部分があると「面白くない」と感じる人って絶対にいて、だから気にしないようにしました。

--でも最初はそういう声に翻弄されることがあった訳ですね。

そらる:それがどういう立場の人であれ、目立ってくると「気に入らない」と言ってくる人は一定数いますよね。それがネットの特徴でもありますけど。

--そうした批判が結果的にそらるの方向性を定める要因になったところはある?

そらる:そうですね。そういう声を聞き過ぎちゃっている自分が批判的な意見を作品に反映させてしまうと、自分が面白くない作品と感じるようになって、それで「結局、自分が良いと思ったモノでいいんだな」って。自分が面白くなくなったら、そもそもやる意味なくなっちゃいますし、「楽しくなくなったら辞めよう」と思ってずっと活動してきたので、トータルで良いことも悪いこともあるけど、プラスマイナスで少しでもプラスだったら続けられるなと自分では思っていて。でもそういう意見を聞いて何か変えるというのは、プラスを削る作業になっちゃうので、そうなってくると「自分には合わないな」と思いましたし。結果、それに気付けたということで「必要な過程ではあったのかな」とは思いますね。

NEXT PAGE
  1. アーティストなんてモノはひとりでは存在できなくて、支持してくれる人がいてやっと何者かになっている
  2. Next >

アーティストなんてモノはひとりでは存在できなくて、支持してくれる人がいてやっと何者かになっている

--そもそも「自分で音楽を作って、それを動画投稿サイトで発信したい」という衝動や欲求は何がきっかけで芽生えたんですか?

銀の祈誓 / そらる
銀の祈誓 / そらる

そらる:元々は自分もひとりのリスナーで、オリジナルの曲や映像が投稿されるのを見て楽しんでました。当時の自分は、音楽はプロのアーティストが曲を作って、歌って、エンジニアさんとかいろんな大人が関わって完成するモノだと思っていたんですけど、個人で曲を作って、好きに歌って、それを投稿している人たちを見て「録音とかも個人で出来るんだ?」と知ったんです。大人がたくさん関わらないと作れないと思っていたけど、実はそうではなかった。しかもそれを遊びに近い形で楽しんでいる人がいる。というのがすごく衝撃で「自分も同じことをしてみたい」と思ったんですよね。

--なるほど。

そらる:当時やっていた音楽は本格的なモノではない、お遊びで友達とバンドを組んで、ギターボーカルで弾き語りとかを楽しむぐらいのモノだったので、そもそもソレを「公開しよう」という頭がなかったんですけど、でもネットでそういうことが出来るんだと知ったことによって「自分もあの輪の中に飛び込んでみたい」と思ったんです。

--自分の音楽への反響を受け取ったときはどんな気持ちになりました?

そらる:気付いたら徐々に聴いてもらえるようになって、今では多くの人に聴いて頂けるようになったことは、有り難いなとは思っているんですけど、急にたくさんの人が聴いてくれるようになったかと言うと、長く続けていく過程でそうなっていったので、自分が何者かになれた実感は薄いんですよね。だから下手に天狗にならず、特に変わらずにやれているというのもあります。

--では、いわゆるスターみたいな存在を目指して、大きいステージに立つとか、有名なテレビ番組に出るとか、そういう野心のもとに活動してきた訳ではない?

そらる:そうですね。本当に「こうなりたい」みたいな憧れどころか、そもそも音楽で生きていくつもりもなくて。でも気付いたらそうなっていて。どこかで「あ、自分は音楽で生きていくんだ」と実感したタイミングはあったし、それから「やれることはもっともっとやらないとな」という風には思ったんですけど、元々「こうなりたい」という想いみたいなものは全然なくて。目の前にあることや、そのとき出来る事をただやっていただけで、それは「目標があって」というよりは「自己満足の為」というほうが近いですね。

--そうなると、さいたまスーパーアリーナでコンサートが出来たり、3月からは幕張メッセ2day含む全国6大都市ツアーも開催したり、活動の規模が大きくなっていくことに対して翻弄されそうですけど、そこはどうだったんでしょう?

そらる:最初は小さいところからライブを始めて、100人もいないような会場でやっていた時期もありましたし、それが少しずつ大きくなっていって、Zeppになって、アリーナになって。そういう段階があったので、大きいところに立てばワクワクはしますけど、気分はそんなに変わらないですね。「やっとここまで来たか」みたいな感覚もあまりなくて、「おー、凄いな。頑張んないと」ぐらい。でもだんだん現実ではない景色になっていって、それはすごく楽しいです。「こんなに大勢の前に立つことがあるんだ?」って(笑)。

--そこに集いしファンの皆さんは、自分にとってどんな存在になっていますか?

そらる:すごく有り難いなと思っていますね、常日頃から。その人たちがいなかったら今の自分はいないので。結局、アーティストなんてモノはひとりでは存在できなくて、支持してくれる人がいてやっと何者かになっている。同じことをやっていても全く注目されない人はたくさんいて、だから自分がそこに至ったのは自分の実力だとは思っていないし、偶然多くの人に聴いてもらえて今の自分は出来たので、ファンだと言ってくれる方にはすごく感謝しています。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 昔より「知られたい、認められたい」と思うことが増えてきた
  3. Next >

昔より「知られたい、認められたい」と思うことが増えてきた

--そんなファンの支えもあって、10th ANNIVERSARY YEARを迎えられたこと自体にはどんな感慨を持たれていますか?

そらる:気付いたら10年経っていた……という感覚ではありますね。「音楽を仕事にしてアーティストになろう」と思ってデビューして経った10年間というよりは、「楽しそうだからやってみよう」という遊びの延長線上にあった10年間なので。それをただただ続けて楽しんでいたら経っていた10年間。でもそれも聴いてくれる人がいなかったら絶対続いていなかったと思うし、聴いてくれる人が増えて、知り合いが増えて、友達が増えて、それによって気付いたら10年間経っていた、という感じです。

--その10年間、そらるが届けたかった音楽はどんなものだったと思います?

そらる:届けたかったモノは、最初は特になくて。本当にただ歌って、それを聴いてもらいたかっただけで、それこそカラオケとかの延長線上というか、ただそれが楽しかっただけだったんですけど、だんだん「自分のことをもっと知ってもらいたいな」という風に思うようになりましたね。昔より「知られたい、認められたい」と思うことが増えてきたなと思います。

--それは「自分の音楽を広めたい」ということでもある?

そらる:「音楽を広めたい」と言うのもありますし、「自分のことを知ってもらう術として広がっていったらいいな」と思ってます。せっかく挑戦できる立場に居るなら、挑戦するべきと思って、やれるときにやれるだけやったほうが有意義だなと思うし、人生は一度しかない訳ですから。

--実際、前作はTVアニメ『ゴブリンスレイヤー』エンディングテーマ、今作「ユーリカ」はドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』オープニングテーマに起用される等、まだ見ぬリスナーにそらるの音楽を広める機会は増えていて、挑戦は始まっていますよね。

そらる:まだ種を蒔いている最中という感覚なんですけど、でもやっぱり去年から今年にかけて「初めてライブに行きます」みたいな人も結構増えていて、何がきっかけなのかハッキリと自分は分かっていないんですけど、これからもっと広まってくれたらいいなとは思っています。

--新作『ユーリカ』は、そこが絶妙なバランスの作品になっているなと感じたんですけど、自身ではどんな印象を持たれていますか?

【MV】ユーリカ /そらる(ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」OP曲)
【MV】ユーリカ /そらる(ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」OP曲)

そらる:自分らしい曲だなと思っています。メロディーもそうですし、元々自分はゲームが好きで、ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』に書いた曲なんですけど、このドラマの原作も『ドラゴンクエスト』がテーマになっていて、自分は『ドラゴンクエスト』も好きなゲームだし、今作はすごく書きやすいタイアップだったんですよね。この作品以前にもゲームをテーマにした曲を書いたことがあるぐらい、馴染みの深いテーマだったし、だから自分らしい曲を作れたなって。あと、原作のマンガを何度も読み込むぐらい好きなんですけど、とにかく幸せな気持ちになる作品なので、曲もそういうモノにしたいなと思っていましたね。

--リスナーにとってどんな楽曲になってほしいと思いますか?

そらる:自由に楽しんでもらえたらと思いますけど、でも聴いてて幸せになれる作品になったらいいなと思って作ったので、少しでもイヤなことが薄れたらいいなというか、幸せな気持ちになってくれたらいいなと思います。MV(ゆうたろう×加藤小夏によるドラマ仕立てのMV)も「観てて幸せになれる、ハッピーになれるような映像にしてください」とお願いしていて、そういう作品になったんじゃないかなと思いますね。

--そんな『ユーリカ』もリリースされる3月~初の単独公演となる幕張メッセ2day含む全国6大都市ツアーが開催されます。どんなライブにしたいですか?

そらる:10周年の記念ライブみたいなところもあるので、曲のリクエストを受け付けて、それをセットリストに結構組み込んだりもしていて。なので、集大成的なライブになるんじゃないかなと思います。今回のドラマタイアップもそうですけど、今新しい動きがある中で、そういう曲を聴いて来てくれる人もいてほしいなと思うし、今まで自分を応援してくれた人、新たに応援してくれる人、そういう人たちに自分のことをさらに知ってもらうキッカケに出来たらと思いますね。

--今「集大成的な」という言葉もありましたけど、このツアーの先のフェーズに今から期待しているところもある?

そらる:正直、まだ見えていないところもあって。今までこういう風に大きく動いたことってなかったので、自分にとって初めての経験なんですよね。今もどんどんどんどん状況は変わり続けているので、これからどうなっていくかは運次第じゃないですけど(笑)、どういうレスポンスがあるかによって全然変わってくるので、やれるだけやってみて出来るだけ良い結果を出していけたらいいなっていう。今言えるのはそれぐらいですかね。でもまだまだこれからだなって思っています。

--大きなうねりが生まれてくると、冒頭の「変わらない」在り方を貫く上でのハードルが高くなっていくと思うんですけど、そこはどう思われていますか?

そらる:厳密に言うと、人が絶対に変わらないって不可能じゃないですか。少しずつ変わっていくし、10年という長い歳月で見たらきっと物凄く変わっていると思うんです。なので、急に何かを曲げることなく、少しずつ悩んで少しずつ変わっていく。ギャップのないように、嘘のないように少しずつ変わっていく。ということが出来たらきっと大丈夫なんじゃないかなって。結局、自分が納得できていればそれで大丈夫なので。なので、そのときそのときに悩んで、ちゃんと答えをちゃんと出していけたらいいなと思います。

Interviewer:平賀哲雄

【MV】ユーリカ /そらる(ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」OP曲)

そらる「ユーリカ」

ユーリカ

2019/03/06 RELEASE
TYCT-30087 ¥ 1,080(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ユーリカ
  2. 02.群青のムジカ
  3. 03.長い坂道

関連キーワード

TAG

関連商品

ワンダー
そらる「ワンダー」

2019/07/17

[CD]

¥2,160(税込)

ワンダー
そらる「ワンダー」

2019/07/17

[CD]

¥2,700(税込)

ワンダー
そらる「ワンダー」

2019/07/17

[CD]

¥2,700(税込)

ユーリカ
そらる「ユーリカ」

2019/03/06

[CD]

¥1,080(税込)

ユーリカ
そらる「ユーリカ」

2019/03/06

[CD]

¥1,728(税込)

ユーリカ
そらる「ユーリカ」

2019/03/06

[CD]

¥1,728(税込)

夢見るたまごの育て方
そらる「夢見るたまごの育て方」

2018/11/28

[CD]

¥1,620(税込)

リバース・イン・ワンダーランド
そらる×YASUHIRO(康寛)「リバース・イン・ワンダーランド」

2018/11/28

[CD]

¥1,620(税込)

ビー玉の中の宇宙
そらる「ビー玉の中の宇宙」

2018/11/28

[CD]

¥1,620(税込)

銀の祈誓
そらる「銀の祈誓」

2018/11/28

[CD]

¥1,728(税込)

銀の祈誓
そらる「銀の祈誓」

2018/11/28

[CD]

¥1,080(税込)

銀の祈誓
そらる「銀の祈誓」

2018/11/28

[CD]

¥1,728(税込)

銀の祈誓
そらる「銀の祈誓」

2018/11/28

[CD]

¥1,728(税込)

イザナワレトラベラー
After the Rain「イザナワレトラベラー」

2018/09/05

[CD]

¥2,160(税込)

イザナワレトラベラー
After the Rain「イザナワレトラベラー」

2018/09/05

[CD]

¥2,700(税込)

イザナワレトラベラー
After the Rain「イザナワレトラベラー」

2018/09/05

[CD]

¥2,700(税込)

アンチクロックワイズ
After the Rain「アンチクロックワイズ」

2017/04/12

[CD]

¥1,080(税込)

アンチクロックワイズ
After the Rain「アンチクロックワイズ」

2017/04/12

[CD]

¥1,728(税込)

解読不能
After the Rain「解読不能」

2017/04/12

[CD]

¥1,080(税込)

解読不能
After the Rain「解読不能」

2017/04/12

[CD]

¥1,728(税込)

クロクレストストーリー
After the Rain「クロクレストストーリー」

2016/04/13

[CD]

¥2,700(税込)

クロクレストストーリー
After the Rain「クロクレストストーリー」

2016/04/13

[CD]

¥2,700(税込)

クロクレストストーリー
After the Rain「クロクレストストーリー」

2016/04/13

[CD]

¥2,160(税込)

夕溜まりのしおり
SORARU「夕溜まりのしおり」

2015/04/22

[CD]

¥2,484(税込)

夕溜まりのしおり
SORARU「夕溜まりのしおり」

2015/04/22

[CD]

¥2,484(税込)

絶望性:ヒーロー治療薬
スズム feat.そらる「絶望性:ヒーロー治療薬」

2013/09/04

[CD]

¥1,080(税込)

絶望性:ヒーロー治療薬
スズム feat.そらる「絶望性:ヒーロー治療薬」

2013/09/04

[CD]

¥1,728(税込)

そらあい
そらる「そらあい」

2012/06/06

[CD]

¥2,057(税込)

ワンダー
そらる「ワンダー」

2019/07/17

[CD]

¥2,160(税込)

ワンダー
そらる「ワンダー」

2019/07/17

[CD]

¥2,700(税込)

ワンダー
そらる「ワンダー」

2019/07/17

[CD]

¥2,700(税込)

ユーリカ
そらる「ユーリカ」

2019/03/06

[CD]

¥1,080(税込)

ユーリカ
そらる「ユーリカ」

2019/03/06

[CD]

¥1,728(税込)

ユーリカ
そらる「ユーリカ」

2019/03/06

[CD]

¥1,728(税込)

夢見るたまごの育て方
そらる「夢見るたまごの育て方」

2018/11/28

[CD]

¥1,620(税込)

リバース・イン・ワンダーランド
そらる×YASUHIRO(康寛)「リバース・イン・ワンダーランド」

2018/11/28

[CD]

¥1,620(税込)

ビー玉の中の宇宙
そらる「ビー玉の中の宇宙」

2018/11/28

[CD]

¥1,620(税込)

銀の祈誓
そらる「銀の祈誓」

2018/11/28

[CD]

¥1,728(税込)

銀の祈誓
そらる「銀の祈誓」

2018/11/28

[CD]

¥1,080(税込)

銀の祈誓
そらる「銀の祈誓」

2018/11/28

[CD]

¥1,728(税込)

銀の祈誓
そらる「銀の祈誓」

2018/11/28

[CD]

¥1,728(税込)

イザナワレトラベラー
After the Rain「イザナワレトラベラー」

2018/09/05

[CD]

¥2,160(税込)

イザナワレトラベラー
After the Rain「イザナワレトラベラー」

2018/09/05

[CD]

¥2,700(税込)

イザナワレトラベラー
After the Rain「イザナワレトラベラー」

2018/09/05

[CD]

¥2,700(税込)

アンチクロックワイズ
After the Rain「アンチクロックワイズ」

2017/04/12

[CD]

¥1,080(税込)

アンチクロックワイズ
After the Rain「アンチクロックワイズ」

2017/04/12

[CD]

¥1,728(税込)

解読不能
After the Rain「解読不能」

2017/04/12

[CD]

¥1,080(税込)

解読不能
After the Rain「解読不能」

2017/04/12

[CD]

¥1,728(税込)

クロクレストストーリー
After the Rain「クロクレストストーリー」

2016/04/13

[CD]

¥2,700(税込)

クロクレストストーリー
After the Rain「クロクレストストーリー」

2016/04/13

[CD]

¥2,700(税込)

クロクレストストーリー
After the Rain「クロクレストストーリー」

2016/04/13

[CD]

¥2,160(税込)

夕溜まりのしおり
SORARU「夕溜まりのしおり」

2015/04/22

[CD]

¥2,484(税込)

夕溜まりのしおり
SORARU「夕溜まりのしおり」

2015/04/22

[CD]

¥2,484(税込)

絶望性:ヒーロー治療薬
スズム feat.そらる「絶望性:ヒーロー治療薬」

2013/09/04

[CD]

¥1,080(税込)

絶望性:ヒーロー治療薬
スズム feat.そらる「絶望性:ヒーロー治療薬」

2013/09/04

[CD]

¥1,728(税込)

そらあい
そらる「そらあい」

2012/06/06

[CD]

¥2,057(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】亀梨和也「Rain」が14.2万枚を売り上げて3冠、総合首位も獲得 菅田将暉「まちがいさがし」は11.4万ダウンロードで初登場2位に

  2. 2

    椎名林檎、ニューアルバムの音像を可視化した「鶏と蛇と豚」MV公開

  3. 3

    超特急×earth music&ecology×『Ray』コラボワンピが発売

  4. 4

    【ビルボード】赤西仁『THANK YOU』が2,015DLでダウンロードAL初登場1位、miletの2ndEP『Wonderland 』が僅差で追う

  5. 5

    乃木坂46、フレッシュ感満載の4期生初MV「4番目の光」公開

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像