Billboard JAPAN


Special Contents

ヴィクター・ウッテン来日記念特集~代表作10枚から紐解くカリスマ・ベーシストの軌跡

top

 世界最高水準のテクニックを持ち、音楽をグルーヴさせるカリスマ・ベーシストのヴィクター・ウッテン。1964年に米国で生まれ、3歳からエレクトリック・ベースを弾き始めたというこの天才は、目まぐるしく弾きまくるスラップ奏法を武器に、数々のセッションを渡り歩いてきた。ここでは彼の代表作を10枚ピックアップ。ディスコグラフィーからその輝かしい軌跡を辿っていきたい。

『The Wootens』The Wootens

(1985年)


 米国バージニア州で生まれたヴィクターは、5人兄弟の末っ子だった。兄たちに音楽の基礎を叩き込まれ、兄弟バンドのザ・ウッテンズでメジャー・デビュー。当時のブラック・コンテポラリーらしいモダンなサウンドとメロディはなかなかのものだが、基本的にシンセ・ベースを使用しているのでヴィクターのプレイを聴く作品ではない。ただ、2曲に作曲クレジットが入っており、彼の歌心あるベースの原点という意味では非常に貴重だ。






『Bela Fleck And The Flecktones』Bela Fleck And The Flecktones

(1990年)


 ヴィクターがベーシストとして高く評価されたのは、1988年にベラ・フレック・アンド・ザ・フレックトーンズに参加してからだろう。バンジョー奏者のベラ・フレックによるブルーグラスとフュージョンのコラボレーションというユニークなコンセプトに、ヴィクターのベースは不可欠だった。このデビュー作では、すでにジャンルを超越した強烈な演奏を聞かせてくれる。彼らは今も活動継続中だ。






『A Show Of Hands』Victor Wooten

(1996年)


 初のソロ名義のアルバムであり、彼のテクニックを存分に味わえる記念碑的作品。一部にヴォーカルが入っているが、基本的には全編ペース・プレイのみで他の楽器は一切聞こえてこない。ファンクやジャズ、ヒップホップなどをベースにしたオリジナル曲のほか、スティーヴィー・ワンダーからジャズのスタンダードまで選曲も幅広い。どこから切り取っても、メロディアスなセンスを併せ持つ超絶技巧をたっぷり堪能できる。






『Cook Book』Bass Extremes

(1998年)


 主にジャズやフュージョンのシーンで活躍していたベーシストのスティーヴ・ベイリーと意気投合したヴィクターは、ベースをメインにしたインストゥルメンタル・ユニット、ベース・エクストリームスを結成。ヴィクターは4弦、スティーヴは6弦と使い分けることで、それぞれの個性を表出。ウィル・リーを加えた「Bassically Yours」や、ヴィクターがチェロを弾く「Acoustic Brew」などバラエティに富んでいる。






『Vital Tech Tones』Vital Tech Tones

(1998年)


 ベース・エクストリームスと時期を同じくして結成したのが、ヴァイタル・テック・トーンズ。チック・コリア・エレクトリック・バンドやザヴィヌル・シンジケートに参加していたギタリストのスコット・ヘンダーソンと、ジャーニーのドラマーだったスティーヴ・スミスとの3人編成。全体的にロック色が強く、とにかくパワーで押しまくるという印象。ヴィクターのプレイもアグレッシヴで、そのテクニックも一層際立っている。






『Extraction』Greg Howe / Victor Wooten / Dennis Chambers

(2003年)


 ヴィクターの超絶技巧の到達点を知る作品といえば、本作に尽きるだろう。ハードロックからバカテク・フュージョンを行き来するギタリストのグレッグ・ハウと、ファンクからラテンまで何でもこなせるスーパー・ドラマーのデニス・チェンバース。3人がひたすら自我を出して弾きまくるアンサンブルは、パワー・フュージョンの極北。とはいえ、サウンドにしっかりとグルーヴをもたせているのがさすがだ。



『Thunder』S.M.V.

(2015年)


 スタンリー・クラーク、マーカス・ミラー、そしてヴィクターという、当代きってのベーシスト3人が夢の共演を果たした記念碑的作品。ヴィクターはあくまでも先輩2人の胸を借りるという立ち位置ではあるが、それでも作曲やアレンジなどで対等に立ち回っている。テクニックを重視するというよりも、ベース3本のアンサンブルに主眼をおいているため、余裕のあるプレイが披露されており聴きやすい。







『Trypnotyx』Victor Wooten / Dennis Chambers / Bob Franceschini

(2017年)


 現時点での最新作は、何度も共演を重ねてきたドラマーのデニス・チェンバースと、ウィリー・コローンのバンドなどラテン・ジャズ・シーンで活躍してきたサックス奏者ボブ・フランチェスチーニを率いたリーダー作。SF風の導入から疾走感溢れるフュージョン・サウンドが繰り広げられる。ヒップホップやファンクからスロー・ナンバーまで様々なタイプの楽曲、であますことなくヴィクターのプレイを楽しめる。




 さて、今回の来日は、キーボードのジョセフ・ウッテン、ギターのレジー・ウッテンという2人の兄と、実力派ドラマーのデリコ・ワトソンというお馴染みの布陣によるバンド編成。当然、主役はヴィクターのベースであり、過去の名演も再現されるはず。ベースという楽器の可能性を広げ続けるヴィクター・ウッテンの世界をぜひ体感していただきたい。

 

 

関連キーワード

TAG

関連商品

トリップ
マイク・スターン デニス・チェンバース ヴィクター・ウッテン デイヴ・ウェックル ランディ・ブレッカー レニー・ホワイト ジム・ビアード ビル・エヴァンス「トリップ」

2017/09/13

[CD]

¥2,808(税込)

サンダー
S.M.V. スタンリー・クラーク マーカス・ミラー ヴィクター・ウッテン プージー・ベル パッチェス・スチュワート スティーヴ・バクスター ジョージ・デューク「サンダー」

2008/08/20

[CD]

¥2,592(税込)

パルミステリー
ヴィクター・ウッテン マイク・スターン JDブレア デニス・チェンバース ウィル・ケネディ ニール・エヴァンス リチャード・ボナ Derico Watson「パルミステリー」

2008/04/23

[CD]

¥2,571(税込)

ソウル・サーカス
ヴィクター・ウッテン スピーチ ブーツィー・コリンズ ウィル・リー クリスチャン・マクブライド デニス・チェンバース アダム・ウッテン Joseph Wooten「ソウル・サーカス」

2005/07/21

[CD]

¥2,600(税込)

Live in America
ヴィクター・ウッテン「Live in America」

2003/08/25

[CD]

¥3,024(税込)

Yin Yang
ヴィクター・ウッテン「Yin Yang」

2003/08/25

[CD]

¥3,024(税込)

What did he say?
ヴィクター・ウッテン「What did he say?」

2003/08/25

[CD]

¥2,484(税込)

A show of hands
ヴィクター・ウッテン「A show of hands」

2003/08/25

[CD]

¥2,484(税込)

トリップ
マイク・スターン デニス・チェンバース ヴィクター・ウッテン デイヴ・ウェックル ランディ・ブレッカー レニー・ホワイト ジム・ビアード ビル・エヴァンス「トリップ」

2017/09/13

[CD]

¥2,808(税込)

サンダー
S.M.V. スタンリー・クラーク マーカス・ミラー ヴィクター・ウッテン プージー・ベル パッチェス・スチュワート スティーヴ・バクスター ジョージ・デューク「サンダー」

2008/08/20

[CD]

¥2,592(税込)

パルミステリー
ヴィクター・ウッテン マイク・スターン JDブレア デニス・チェンバース ウィル・ケネディ ニール・エヴァンス リチャード・ボナ Derico Watson「パルミステリー」

2008/04/23

[CD]

¥2,571(税込)

ソウル・サーカス
ヴィクター・ウッテン スピーチ ブーツィー・コリンズ ウィル・リー クリスチャン・マクブライド デニス・チェンバース アダム・ウッテン Joseph Wooten「ソウル・サーカス」

2005/07/21

[CD]

¥2,600(税込)

Live in America
ヴィクター・ウッテン「Live in America」

2003/08/25

[CD]

¥3,024(税込)

Yin Yang
ヴィクター・ウッテン「Yin Yang」

2003/08/25

[CD]

¥3,024(税込)

What did he say?
ヴィクター・ウッテン「What did he say?」

2003/08/25

[CD]

¥2,484(税込)

A show of hands
ヴィクター・ウッテン「A show of hands」

2003/08/25

[CD]

¥2,484(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ビルボードライブの新店舗が2020年春に横浜でオープン 歴史建造物をリノベーション

  2. 2

    BTS (防弾少年団)、『ザ・シンプソンズ』に登場

  3. 3

    【ビルボード】Sexy Zone『PAGES』が12.4万枚を売り上げ首位 10周年のエビ中が2位に続く

  4. 4

    King & Prince 新CMで30種のきせかえに挑戦

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

HOT IMAGES

注目の画像