Billboard JAPAN


Special Contents

カノエラナ、ファンと一緒に楽曲を制作! ~プロデューサー佐橋佳幸を迎えた制作過程から秘話まで~



 アーティストが作りたいもの、ファンがアーティストとやりたいことを実現させるプラットフォームWIZY。そんなWIZYで今回実施されたのが、「ファンが体験したエピソードをもとに、カノエラナが楽曲を制作する」というプロジェクトだ。エピソード投稿の他に、リターンとして制作レポート、楽曲収録CD、グッズ、ライブや特別イベントまで揃ったクラウドファンディングの企画に582人ものファンが参加した。今回、どのようにしてエピソードが選ばれたのか、このプロジェクトを通じて気付いたことなどを、カノエラナにインタビュー。特集の後半には、本楽曲のプロデュースを手掛けた佐橋佳幸氏との対談や、エピソードが歌詞に採用されたファンからのメッセージも。

カノエラナ インタビュー

―今回、WIZYを通じて実現した「勇者(ファン)のみんなと力を合わせて最強な曲を作りたい」というプロジェクトですが、きっかけは何だったのでしょうか?


カノエラナ:昨年、6月30日から9月2日まで、全国20都市20公演の弾き語りツアーをやっていたんですが、デビュー以降、自分が今なにをやっているのか分からないような状態が続いていて。なので、そのツアーのあと、新しいことが見つかれば良いなと思ってこの企画にチャレンジすることにしました。私は、普段あまり出歩かないので、暗い曲が多かったんですよね。でも、たまに出歩いた時に色んなところに落ちているエピソードを拾って帰ってきて、家で曲を作るっていうことをやっていたら、だんだん誰かのエピソードをきっかけに曲を作るのが上手になってきて。友達と会ったときに、「この間、こんなことがあったんだよね」って言われたことを、どんどん想像して膨らませて曲を作ったりとか。そういうこともあって、今回こういったテーマで企画をすることになりました。

―今回は582人ものファンが参加したそうですね。


カノエラナ:そうなんです。特に、最後の追い込みがすごくって。私のことを応援してくださっている皆さんが、「カノエが頑張っているから、みんなやろうぜ!」って、このプロジェクトをどんどん広めてくださって、結果的に582人も集まりました。皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。

―最終的に3人のエピソードを使って曲を作られましたが、選ぶ時から3つにしようと思っていたんですか?


カノエラナ:いえ、もともとは決めていませんでした。ライブの箸休めになるような明るい曲が作りたいなっていうことだけは決めていました。なので、いただいたエピソードをプリントして1枚ずつ部屋中に広げて、「これは明るいエピソード」、「これは暗いかな?」って分けていきました。そうしたら私は、ライブでも暗い曲が多いので、8割方暗いエピソードでした(笑)。なので、残りの2割の明るいエピソードの中から、歌詞にしやすいものはどれかなって、さらに絞っていきました。そうやって絞っていくうちに、これだけたくさんエピソードをいただいたんだから、3番まで作りたいなって思ったんです。普段聴いている曲だと、1番、2番の次は大サビで終わる曲が多くて、3番まである曲って少ないですよね?なるべくたくさん歌詞を書くために、3番まで作りたいなと思いながら、ストーリーの流れとか、文字数のバランスを見ながら絞っていったら、ちょうど3つエピソードが残ったので、これに決めました。

―1番から3番まで、それぞれ素敵なエピソードですが、2番の歌詞は、カノエさんのライブにいく道中のエピソードですよね?


カノエラナ:そうですね。もともと、いただいたエピソードは何時に何をしたとか、すごく細かく描写されていて。私は、普段から細かいところまで歌詞にすることが多いので、もしかしたらファンの皆さんは、そのあたりも気遣って書いてくださったのかなって思うと、とても嬉しかったですね。「そうそう、こういう情報が欲しかったんだよ」って思いながら読ませていただきました。この方以外にも、私のライブをきっかけに付き合う人がめちゃくちゃ多いんです。そもそも出会ったのが私のライブで、そこから付き合ったって方もいたりして。すごいですよね。

―カノエラナさんのライブは、とても縁起が良いんですね(笑)。あと、最後の歌詞はカノエラナさんに対してのエピソードですね。


カノエラナ:そうだと思います。なので、このエピソードを最初に選びました。そのあとに、エピソードに対する私なりのアンサーを追加して、起承転結のようなストーリーにしたいなって。3番の歌詞と辻褄が合うようにするには、1番と2番をどの順番にすれば良いかなとか、試行錯誤しながら組み立てました。

―普段の歌詞では使わないような言葉遣いもあったのでしょうか?


カノエラナ:いただいたエピソードをそのまま取り入れたので、たくさん入っていますね。例えば、「愛でる」とか「なんだこの変な娘は」とか、あとサビの冒頭で「押し売りセールスなんですか」って歌うとか、普段はやらないことばかりです。なので実際に歌う時にも、皆さんが使ってらっしゃる言葉遣いを自分の中に落とし込んで、「この人は、きっとこんな感じで喋るんだろうな」って想像しながら歌うのが、楽しかったです。このプロジェクトを通じてしか、できない体験ができました。

―ちなみに今回、採用しなかったけれど、面白かったエピソードはありましたか?


カノエラナ:ありました。なので、「文章力ありすぎで賞」、「もっと怒っていいで賞」、「素直につらいで賞」として、サイトでも発表させていただきました。歌詞にはできなかったんですけど、思わず「ふふっ」って笑っちゃって2回以上読んだのが、この3つです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 皆さん、よく知ってくれてるんだな
  3. Next >


皆さん、よく知ってくれてるんだな

―今回のプロジェクトは、エピソードを投稿する以外に色んな特典があり、カノエさんデザインのグッズも作られましたね。


カノエラナ:お守りと、絵馬と、キャップを作ったんですが、どれも初めて作ったものばかりです。キャップは、男の子も女の子も使ってもらえるようなもので、普段使いできるようなデザインにしたいなと思って、色や形を相談しながら作りました。お守りは、昔からずーっと作ってみたいなと思っていて。あと、ピックも作ったことがなかったので、お守りの中にはピックを入れました。デザイナーさんにお願いして作ってもらうグッズも素敵ですが、やっぱり自分が考えたデザインを身に着けてもらえるって嬉しいですよね。

―CDが出来上がるのは3月頃ですが、先駆けて12月13日には完成した楽曲をお披露目するWIZY限定ヒット祈願ライブが開催されました。


カノエラナ:皆さんに書いていただいた絵馬をステージに飾ったり、提灯を飾ったり、和風にこだわったステージにしました。普段のライブでは、あまり装飾に凝ることはなくて、これも今回初挑戦することができたことの1つです。ライブの導入の曲も普段とは違うゆっくりした曲にして神聖な空気を意識して始めたので、皆さんザワザワしていて。ステージ上から、「しめしめ」って思っていましたね(笑)。でも、レコーディングした曲は、また全然違う雰囲気になっています。ライブは弾き語りだったので、我が道をいくというような作り方になっていますが、レコーディングは私だけではないので、その勢いだとちょっと違うなと思って。最初に音合わせをしたときは、「なるほど、こんな感じになるのか」って驚きました。参加してくださったミュージシャンは先輩ばかりなのではじめはどうすれば良いか分かりませんでしたが、そんな中で自分の音を出すために、2~3テイク目くらいから思い切って弾けるようになって。みんなで作り上げたレコーディングになったと思います。なので、ライブを見た方はその違いを楽しんでいただきたいですし、初めて聴く方にとっても、今までにないライブ感のある音源になったので、普段との違いを楽しんでいただければなと思います。

―12月15日には、ファンの方とカラオケボックスでカラオケパーティーもされたんですよね。


カノエラナ:そうなんです。10人限定でカラオケボックスに来ていただいて、リクエストいただいた曲を歌いました。皆さんの目の前で、カラオケで歌うのは初めてでしたが、ファンミーティングみたいな感じで楽しかったです。1人3曲ずつリクエストを聞いて、その中から1曲ずつ歌ったので10曲と、アンコールと、あとお誕生日の方がいらっしゃったのでバースデーソングで、合計12曲歌いました。みんな私が今まで、カバーした音源をSNSに投稿したことがある曲とか、「この曲好きなんだよね」ってどこかで言ったことがある曲をリクエストしてくださっていて。皆さん、よく知ってくれてるんだなって思うと嬉しかったですね。

―例えば、どんな曲を歌ったんですか?


カノエラナ:アニソンが多かったですね。「魂のルフラン」とか、アニメ『マクロスF』の曲とか。あとプリンセスプリンセスとか。

―今回のWIZYの企画は、「エピソードを募集して曲を作る」という初挑戦でしたが、グッズやカラオケでのイベントなど他にも初挑戦が盛りだくさんだったんですね。今後、WIZYで実現したら面白そうな企画はありますか。


カノエラナ:たしかにライブもありグッズもあり、盛り沢山のプロジェクトでしたが、一緒の空間にいたことが形に残るようなこともできたらなって思います。ミュージックビデオに一緒に出演していただくとか、レコーディングを一緒にするとか。今回制作した「ヨクアルオハナシ」にはクラップが入っていますが、そのクラップに参加してもらって、それを音源として残せたら面白そうだなって思います。

―好きなアーティストのレコーディングに参加できるというのは、ファンにとっては夢のような企画ですね。最後に、カノエラナさんがこれから叶えていきたい夢はなんですか。


カノエラナ:今、修行の意味も込めて色々な場所でライブをさせていただいているので、それを積み重ねた結果、もっと大きな舞台に立ちたいという思いはあります。ただ、今回のプロジェクトの中で開催した12月13日のライブのように、コンセプトづくりや環境づくりにも、もっとこだわっていきたいなと思います。今回のように「和風」でも良いですし、来てくださった方にも想像してもらいやすいコンセプトを作って、そのコンセプトに合った曲を選んで、その空気を私自身も纏ってステージに立てるようなライブづくりを、もっともっとやっていきたいですね。



NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. カノエラナ×佐橋佳幸
  3. Next >

カノエラナ×佐橋佳幸

―お2人の出会いは、いつですか?


佐橋佳幸:実は、けっこう前なんですよ。

カノエラナ:2~3年前ですよね。

佐橋:以前、TOKYO FMで『レコチョク選曲大学』っていう番組のパーソナリティをしていたことがあるんですが、番組の中に新人のアーティストの方に出ていただくコーナーがあって。カノエとは、そこで出会いました。でも、その時は彼女の曲を番組の中で紹介するだけだったので、一緒に曲を作ったのは今回が初めてですね。

―その時のことは覚えてらっしゃいましたか?


佐橋:もちろん。今回のお話を聞いて、「あー! あの時の!」って思い出しました。

―今回、生まれた「ヨクアルオハナシ」ですが、佐橋さんとカノエラナさんとで、どのように作り上げていかれたのでしょうか。


佐橋:もともと彼女から聴かせてもらった音源には、彼女の歌とギターしか入っていませんでした。なので途中までできた音源を持って、うちの仕事場に来てもらって一緒にフルコーラス作っていきました。そのあと年が明けてから、まずカノエの仮歌とギターを録音させてもらって、そこから打ち込みベースのデモ音源を作って、レコーディングメンバーの皆さんに送って…。という感じですね。

カノエラナ:コードを1つとってみても、自分だけで作っている時とは違って、佐橋さんのアイディアで1つ変えると、こんなにも響きが変わるんだなっていう驚きの連続でした。曲の雰囲気がどんどん変わっていく様子を一緒に考えることができたので、すごく良い経験でした。

佐橋:そういえば最後に入れたハンドクラップのパートとかも、デモ音源にはなかったもんね。

カノエラナ:どこかに展開の場所を入れたいとは思っていましたが、こういう形は想像していなかったですね。普段、1人で作っているとどうしても自分の内側からしか生まれないし、自分の得意なことをやりがちなんですよね。でも今回は年も違う、性別も違う、環境が全然違う佐橋さんと同じ曲を一緒に仕上げることができて、驚くことばかりでした。同じメロディを追っているのに、「コードをこうすれば?」って、自分では思いつかなかったことを言ってもらえたり。今日コーラスも録音しましたが、私では絶対思いつかなかったコーラスだったし。もちろん、佐橋さんと私では経験が全然違いますが、誰かと一緒に共作して一緒に作る、しかも今回のように自分以外の人のエピソードで作るというのは、新しい発見がいっぱいありましたね。

―レコーディングには有賀啓推(B)、屋敷豪太(Dr.)、斎藤有太(Key.)が参加されています。


佐橋:藤井フミヤ君のプロジェクトで顔を合わせて以来だから10年以上になるかな…。ずいぶん長い付き合いなんです。手練れの寄せ集め的なセッションではないメンバーでやりたいなと思って。気心が知れているというか、あうんの呼吸で演奏できる人たちに集まってもらいました。

―オルガンのパートもありますが、カノエラナさんにとってオルガンと一緒に演奏するのは初めてだったんですよね。


カノエラナ:まず、見た目がかっこよかったですね。

佐橋:ハモンドオルガンって、家具調だし格調高いよね(笑)。

カノエラナ:オルガンも初めてでしたが、いつも1人なので、そもそもこうやって全員で一緒にレコーディングするのも初体験でした。みんなで一斉に音を鳴らして、少しずつ詰めていくという作業が初めてだったので、レコーディングの日まで「大丈夫かな…。めっちゃ練習しなきゃな」ってドキドキしていました。

佐橋:昨今は打ち込みベースで作られた音楽がほとんどですが、今回はできる限り「せーので」同時に録音したいと思ったんですよね。カノエの仮歌をみんなで聴きながら、カノエも一緒にアコギのパートだけ弾いてもらって。やっぱり、一体感が全然違いますから。僕が作ったデモテープは、あくまでこういうパターンでって提示するためのものであって、実際に演奏してもらうと強弱も表現も全然変わってきますし。

カノエラナ:そうですね。

佐橋:打ち込みだと、どうしても箱庭っぽいというかジオラマ的なサウンドになってしまうんですよね。それが良い効果を生むこともありますが、この曲は特に向かないなと思ったので、同録してすごく良いものができたと思っています。

カノエラナ:レコーディングなのにライブをやっているような感じで、皆さんに負けないように弾くのに必死でした。すごく緊張しましたが、その分 今すごく解放された気分です(笑)。

―そもそも、この「ヨクアルオハナシ」はファンの皆さんのエピソードで曲を作るというプロジェクトです。初めてプロジェクト内容を聞いた時、どう思いましたか?


佐橋:面白いなと思いましたけど、すごい難しいことに挑戦するなって思いました。だって、シンガーソングライターって、自分が好きなことを書いて歌いたいんだっていう人の方が多いですよね?

カノエラナ:でも、私こういうの意外と得意なんですよ。自分のことを書くより、誰かのエピソードをもとに書く方が。

佐橋:本当?僕が、「こういうエピソードで書いてみたら?」って言うのは嫌じゃない?

カノエラナ:全然、嫌じゃないです。

佐橋:じゃあ、向いてたんだね。でも、こういうプロジェクトをシリーズ化していくのも面白そうですよね。カノエのように歌詞を作っても面白いでしょうし、インストでもジャズでも面白いんじゃないかな?「こういうシーンで聴きたい曲」っていうプレイリストってありますよね。そういうテーマを募って曲を作っても面白いし。というのも、僕はカノエと一緒に曲を作ったのは今回が初めてなので、彼女のアルバムを改めて聴いたんですよね。そうしたら、こういうキャラクターの曲って、彼女のアルバムには今までなかったんですよ。

カノエラナ:ないですね。

佐橋:彼女はコンセプトに沿って曲を作った結果、いつもと違う曲が生まれたわけですよね。その結果、振れ幅が大きくなったというか、新しい引き出しができたのかなって思うと、他のアーティストもこういう企画に挑戦してみたら、面白そうだなって思います。


▲カノエラナ「ヨクアルオハナシ」




NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 今回、エピソードが歌詞に採用された3名のファンからメッセージが到着!
  3. Next >

今回、エピソードが歌詞に採用された3名のファンからメッセージが到着!

写真

ニックネーム:クロさん

エピソードが選ばれたと、メールが来たとき天に召されるぐらい嬉しくて、家族はもちろん、恋人ともその話題で持ちきりになりました。自分たちの日常が歌になるなんてねぇ…なんて言いながら、お互い嬉しくなって、にやにやしながら曲の完成を楽しみに待っていました!そして「ヨクアルオハナシ」を初めて聞いたとき、1番全部私のエピソードが書かれていて、また天に召されそうになりました(笑) 今回のプロジェクトで出来た曲は、カノエくんと勇者(ファン)が一緒に曲を作り上げた大切な曲です。カノエくんの力になれて、勇者としてとても嬉しく思います。そもそもアーティストとファンが一緒に曲を作るというのを、私自身聞いたことがなかったので、本当に貴重でかつ、大切な思い出になりました。 ありがとうございました!そしてこれからもカノエくんを応援していきます!!

写真

ニックネーム:しまてぃさん

「カノエちゃんが関わっていて、かつカノエちゃんが萌えそうなエピソード」にしようとして、恥ずかしさを抑えつつリア充エピソードを投稿しました。 採用されたと知った時は、「カノエちゃん!ありがとう!神様!ありがとう!」と思わず叫んでしまいました。大好きなカノエちゃんにとても大切な思い出の1つを歌にして残して貰えるなんて、勇者としてはこれ以上無い幸せです! ヒット祈願ライブには仕事で泣く泣く行けず、ツイキャスとCDを聴くだけでしたが感無量です。歌詞はそのまま、曲調は好み、カノエちゃんは可愛い、これは一生ついて行くしかないと思いました。 彼と一緒に聴いた時は恥ずかしい気持ちにはなりましたが、とても幸せです! 早くライブで生歌を聴きたくて仕方がないです!! 初めは自分が投稿したエピソードを読んでくれるだけでも嬉しいと思って参加しました。いつもは手紙を書いてライブで渡して、次のライブやツイキャスで元気を貰うばかりでしたが、今回は曲として返事を貰えたと思ってます! 今回のプロジェクトは、カノエちゃんをより身近に感じられる素敵な機会でした。また、同じような機会があれば積極的に参加していきたいです!

写真

ニックネーム:歳長さん

大好きなアーティストに自分のエピソードをネタにした曲を作ってもらえるなんて、大げさでなく一生ものの経験です。しかも、抽選とかでなくカノエくんが選んでくれただなんて、これはもうお姫さまのキスを頂いたようなものです。男っていう馬鹿な生き物は、こうやって惚れた女のために命を掛けてしまうのだろうなぁ。 …リア充って、リアルが充実しているということだから、別に恋愛に限ったことではないだろうな、というのがあのエピソードの考えの発端です。今後も、リアルを充実させてくれた、あのちょっと変な娘を追っかけて行くつもりですので。ヨロシクね、カノエくん(笑)。

JM_G


関連キーワード

TAG

関連商品

ダンストゥダンス
カノエラナ「ダンストゥダンス」

2019/03/13

[CD]

¥1,620(税込)

みいつけた! チャオ
(V.A.) サボさん&コッシー&スイちゃん コッシー&カノエラナ オフロスキー コッシー&スイちゃん&サボさん&オフロスキー 三宅弘城&内田慈 チョビさん レグ&コッシー&サボさん「みいつけた! チャオ」

2019/02/20

[CD]

¥2,052(税込)

ぼっち2りみっくす
カノエラナ「ぼっち2りみっくす」

2018/11/14

[CD]

¥2,700(税込)

「キョウカイセン」
カノエラナ「「キョウカイセン」」

2018/02/07

[CD]

¥3,456(税込)

「キョウカイセン」
カノエラナ「「キョウカイセン」」

2018/02/07

[CD]

¥2,700(税込)

カノエ暴走。
カノエラナ「カノエ暴走。」

2017/07/19

[CD]

¥1,620(税込)

カノエ暴走。
カノエラナ「カノエ暴走。」

2017/07/19

[CD]

¥2,160(税込)

カノエ暴走。
カノエラナ「カノエ暴走。」

2017/07/19

[CD]

¥1,620(税込)

30秒~カノエの楽しい歌日記~
カノエラナ「30秒~カノエの楽しい歌日記~」

2017/02/15

[CD]

¥540(税込)

カノエ上等。
カノエラナ「カノエ上等。」

2017/02/15

[CD]

¥2,160(税込)

カノエ上等。
カノエラナ「カノエ上等。」

2017/02/15

[CD]

¥1,620(税込)

「カノエ参上。」
カノエラナ「「カノエ参上。」」

2016/08/31

[CD]

¥1,620(税込)

「ヒトミシリ。」
カノエラナ「「ヒトミシリ。」」

2016/03/09

[CD]

¥1,080(税込)

「カノエラナです。」
カノエラナ「「カノエラナです。」」

2015/07/01

[CD]

¥1,080(税込)

ダンストゥダンス
カノエラナ「ダンストゥダンス」

2019/03/13

[CD]

¥1,620(税込)

みいつけた! チャオ
(V.A.) サボさん&コッシー&スイちゃん コッシー&カノエラナ オフロスキー コッシー&スイちゃん&サボさん&オフロスキー 三宅弘城&内田慈 チョビさん レグ&コッシー&サボさん「みいつけた! チャオ」

2019/02/20

[CD]

¥2,052(税込)

ぼっち2りみっくす
カノエラナ「ぼっち2りみっくす」

2018/11/14

[CD]

¥2,700(税込)

「キョウカイセン」
カノエラナ「「キョウカイセン」」

2018/02/07

[CD]

¥3,456(税込)

「キョウカイセン」
カノエラナ「「キョウカイセン」」

2018/02/07

[CD]

¥2,700(税込)

カノエ暴走。
カノエラナ「カノエ暴走。」

2017/07/19

[CD]

¥1,620(税込)

カノエ暴走。
カノエラナ「カノエ暴走。」

2017/07/19

[CD]

¥2,160(税込)

カノエ暴走。
カノエラナ「カノエ暴走。」

2017/07/19

[CD]

¥1,620(税込)

30秒~カノエの楽しい歌日記~
カノエラナ「30秒~カノエの楽しい歌日記~」

2017/02/15

[CD]

¥540(税込)

カノエ上等。
カノエラナ「カノエ上等。」

2017/02/15

[CD]

¥2,160(税込)

カノエ上等。
カノエラナ「カノエ上等。」

2017/02/15

[CD]

¥1,620(税込)

「カノエ参上。」
カノエラナ「「カノエ参上。」」

2016/08/31

[CD]

¥1,620(税込)

「ヒトミシリ。」
カノエラナ「「ヒトミシリ。」」

2016/03/09

[CD]

¥1,080(税込)

「カノエラナです。」
カノエラナ「「カノエラナです。」」

2015/07/01

[CD]

¥1,080(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ビルボードライブの新店舗が2020年春に横浜でオープン 歴史建造物をリノベーション

  2. 2

    BTS (防弾少年団)、『ザ・シンプソンズ』に登場

  3. 3

    【ビルボード】Sexy Zone『PAGES』が12.4万枚を売り上げ首位 10周年のエビ中が2位に続く

  4. 4

    King & Prince 新CMで30種のきせかえに挑戦

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

HOT IMAGES

注目の画像