Billboard JAPAN


Special Contents

マシュー・モリソン来日記念特集~『glee/グリー』をはじめ、映画やミュージカル・スターとして活躍するマルチな才能

top

 親しみやすいキャラクターと、圧倒的な歌唱力。マシュー・モリソンは、ブロードウェイのトップ・ミュージカル俳優であり、映画やテレビでも引っ張りだこのビッグ・スターだ。『glee/グリー』の出演によって、本国だけでなく日本でも人気急上昇。しかも、シンガーとしてもスタイリッシュなステージを展開する。まもなく昨年に引き続き再来日公演が行われる彼の足跡を辿っておこう。

 マシュー・モリソンは、1978年生まれ、米国カリフォルニア州のフォートオード出身。幼い頃から演技に興味を持ち、アート系のハイスクールに進学。ニューヨーク大学を卒業後、1998年にミュージカル版の『フットルース』でブロードウェイ・デビューを飾った。また、2002年には『ロッキー・ホラー・ショー』の再演にも参加するなど徐々に俳優としての実力をつけていく。

 しかし、本格的に彼が名声を獲得したのは、ジョン・ウォーターズ監督のカルト・ムービー『ヘアスプレー』をミュージカル化した際のオリジナル・キャストに抜擢されてから。奇妙なストーリーの中で独自の存在感を見せつけ、高く評価された。こうして舞台俳優として確固たる地位を築いたマシューは、続々と話題作に登場するようになる。特に2005年の『ライト・イン・ザ・ピアッツア』では、トニー賞を始めいくつかの賞にノミネートされるなど、名実ともにトップ・スターの座を駆け上っていった。

 主に舞台を主な活躍場所としていたマシューだが、キャリアを決定的にした作品は、なんといっても2005年にフォックス放送でスタートしたドラマ『glee/グリー』だ。ハイスクールのグリークラブを舞台にしたストーリーにおいて、非常に重要な顧問の先生ウィル・シュースター役に抜擢。数々のロックやポップスの名曲カヴァーとともに、彼の知名度も一気に上昇した。また、本作での演技が認められ、全米映画俳優組合賞やサテライト賞などを獲得したことも、彼の経歴位置いて非常に重要なことといえるだろう。



▲ 「You Can't Stop the Beat OBC」


▲ 「Matthew Morrison's Five Favorite 'Glee' Performances」


 俳優業と同時に、マシューはシンガーとしての活動も活発化させていく。2011年には初めてのアルバム『Matthew Morrison』を発表し、歌手デビューを実現。しかも、マシュー自身のソングライターとしての才能も開花し、自作曲である「Summer Rain」がビルボードのアダルト・コンテンポラリー・チャートで16位まで上昇するヒットとなった。また、スティング、エルトン・ジョン、グウィネス・パルトロウがゲスト参加するという贅沢な内容もあって、アルバムはヒット。ミュージカル俳優としての歌の上手さはもちろん、シンガー・ソングライター、エンターテイナーとしての魅力も開花した。



▲ 「It Don't Mean A Thing」


 俳優業の傍らではあるが、本格派シンガーとしての活動は忘れることなく続けてきく。その集大成といえるのが、2013年に発表した2作目のオリジナル・アルバム『Where It All Began』だ。巨匠フィル・ラモーンをプロデューサーに迎え、ジャジーでゴージャスなオーケストラ・サウンドをバックに、「Singin' In The Rain」や「Younger Than Springtime」、そして「West Side Story」といった往年のミュージカルの名曲カヴァーを中心としたレパートリーを歌っている。古き良きジャズの薫りを漂わせつつも、新しい感性を入れようとしているのはさすがだし、本作を聴けばマシューがジーン・ケリーやフレッド・アステアといったミュージカル・スターを継承する大きな存在であることがわかるはずだ。




 これらの音楽活動は、俳優としての仕事のかたわらではあるが充実し、コンサート・ツアーも定期的に行ってきた。2018年初頭には初来日し、大喝采を浴びたのも記憶に新しい。そして、好評に応えて2019年2月に再来日が決定。ホール・コンサートだけでなく、ビルボードライブ東京でのパフォーマンスも実現する。世界中で大ブレイクしたトップ・スターを、親密な空間で堪能できる機会はめったにないこと。ぜひ、本場プロードウェイの薫りをたたえたパフォーマンスをお楽しみいただきつつ、マシューのシンガーとしての可能性を感じていただきたい。



▲ 「On The Street Where You Live」


 

 

(オリジナル・サウンドトラック) Lea Michele & Cory Monteith コリー・モンテース マシュー・モリソン リー・ミッシェル アンバー・ライリー Matthew Morrison,Kristen Chenoweth Lea Michele,Cory Monteith,Amber Riley,Kevin McHale「glee/グリー 踊る♪合唱部!?<シーズン1>Vol.1」

glee/グリー 踊る♪合唱部!?<シーズン1>Vol.1

2016/12/21 RELEASE
SICP-5206 ¥ 1,080(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ドント・ストップ・ビリーヴィン
  2. 02.涙のフィーリング
  3. 03.ゴールド・ディガー
  4. 04.テイク・ア・バウ
  5. 05.バスト・ユア・ウィンドウズ
  6. 06.テイキング・チャンセズ
  7. 07.アローン
  8. 08.今度こそきっと
  9. 09.愛にすべてを
  10. 10.ヘイト・オン・ミー
  11. 11.ノー・エア
  12. 12.ユー・キープ・ミー・ハンギン・オン
  13. 13.キープ・ホールディング・オン
  14. 14.バスト・ア・ムーブ
  15. 15.スイート・キャロライン
  16. 16.ダンシング・ウィズ・マイセルフ
  17. 17.自由を求めて [ミュージカル『ウィキッド』より]
  18. 18.テイク・ア・バウ (カラオケ ver.) (ボーナス・トラック)
  19. 19.ゴールド・ディガー (カラオケ ver.) (ボーナス・トラック)
  20. 20.愛にすべてを (カラオケ ver.) (ボーナス・トラック)

関連商品

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    back number、アリーナツアー【back number NO MAGIC TOUR 2019】開幕

  2. 2

    TM NETWORK、Zeppで全曲ノーカット『TMN final live LAST GROOVE 1994』ライブハウス上映

  3. 3

    【ビルボード】ラストアイドル『大人サバイバー』が8.8万枚売り上げてSGセールス首位獲得 日向坂46『キュン』がTOP5返り咲き

  4. 4

    BTS (防弾少年団)、最新ALで3度目の全米1位獲得 1年以内での達成はグループとしてザ・ビートルズ以来

  5. 5

    BTS (防弾少年団)、エド・シーラン参加の新曲を初パフォーマンス

HOT IMAGES

注目の画像