Billboard JAPAN


Special Contents

THE ALFEE『Last Run!』高見沢俊彦単独インタビュー



THE ALFEE『Last Run!』高見沢俊彦単独インタビュー

歳を重ねることは決してネガティブに捉えるようなことじゃない

 10月にコンサート通算2700本達成!(日本グループ史上最多記録更新) そんな2018年のクライマックスに大阪国際女子マラソン イメージソングコンプリートアルバム『Last Run!』をリリースするTHE ALFEE。いよいよ来年デビュー45周年を迎えるタイミングで、高見沢俊彦に現在の心境、そして、あらゆる読者へのエールと成り得るメッセージをたくさん頂戴してきた。ぜひご覧頂きたい。

音楽と小説の、大谷選手のように二刀流で活動していくことが現実に

--THE ALFEE及び高見沢俊彦の2018年はどんな1年でしたか?

THE ALFEE『Last Run!』高見沢俊彦単独インタビュー

高見沢俊彦:これからデビュー45周年を迎えるタイミングで、10月にTHE ALFEEがコンサート通算2700本達成(日本グループ史上最多記録更新)という節目を迎えた。これは大きいですね。あと、今年もソロでシングル『薔薇と月と太陽~The Legend of Versailles』を出したし、小説家としてデビューしたことも大きかったかな。また新たな扉を開いて、音楽と小説の、大谷選手のように二刀流で活動していくことが現実になったので。

--小説第2弾『秘める恋、守る愛』も書いているんですよね。早速、2作目に踏み出せた要因は何だったのでしょう?

高見沢俊彦:1作書いて、それから間隔が開いちゃうと「なんだ、フロックじゃねぇか」とか「1作だから書けたんじゃないか」とか言われたくないですからね。まぁでも、ひとつ書き出したら「こういうテーマはどうだろう」とか「こういうテーマも面白いかも」とか頭の中でプロットがいくつも浮かび上がるようになりましたね。今までそんなことなかったんだけど。で、1作目のような『音叉』と同じ音楽モノを書いてもつまらないし、次は違う物語にしようと思って恋愛モノにしました。恋愛と言ってもロマンティックな恋愛じゃないんですけどね(笑)。

--そうなんですね。

高見沢俊彦:二刀流を掲げたからには、両方やっていないと嘘になりますからね。音楽はやり続けてきたホームみたいなものですが、小説は突然生まれた新境地。で、新たに2作目の話をしたら、編集部も乗り気になってくれたので、またこうして連載に踏み切りました。

--1作書いて「夢を叶えた、以上」ではなく、小説家としての人生を本格的にスタートさせたというか、書きたいモノがある限りは続けていくつもりなんですね?

高見沢俊彦:そうですね。書きたいモノがある限りは、生まれる限りはやり続けたいと思っています。歴史的な小説も書きたいし、サスペンス的な小説もいつかトライしたい。今音楽と同じぐらいワクワクしてますよ。だから、この2作目がある意味勝負ですね。

--高見沢さんの場合は、音楽だけでも「こんな歴史を歩んだ人は他にいない」的なエピソードがいくらでもある訳ですけど、これだけ長く音楽活動をしてきたミュージシャンがこのタイミングで小説家としてのキャリアを本格始動させる。そんな人……

高見沢俊彦:ここにいるよ(笑)。

--世界的に他に探してもいないかもしれないです。

高見沢俊彦:この年齢からはね(笑)。だから難しさもありますね。THE ALFEEが長い分、高見沢俊彦の認知度もそれなりにある。その男が書く小説となると、特に1作目『音叉』なんて音楽モノだったから、どうしても僕を重ねてしまうらしい。いくら創作と言い切っても、そこは限界があるみたいですね。本当に自分ではないんですけどね。

--パブリックイメージが弊害になる?

高見沢俊彦:弊害とまでは言わないけど、そこは小説の世界では払拭していきたいと思っているし、そういう意味ではいくつも書いていきたいですね。

--ちなみに、本格的に小説家人生を歩み出せたのは、各書店1位で重版にもなった1作目『音叉』に手応えを感じたからでもある?

高見沢俊彦:自分の中でも思うところはたくさんあって、要するにまだまだ未完成ですからね。未完成であるゆえに次を書きたい。音楽もいっしょで、45年やってもまだ未完成なんだから、小説なんてまだ1年ぐらいなんで未完成で当然ですよ。

--音楽で例えると『音叉』は1stアルバムで『秘める恋、守る愛』は2ndアルバムになると思うんですが、小説を書く上での1stと2ndの心持ちの違いとかあったりしますか?

高見沢俊彦:ビートルズで言うと『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の次に『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』みたいな、全く違うイメージ。そういう感じですね。キャラクターも設定も内容も全然違う訳ですから。前作は70年代の青春群像劇でバンドマンの物語だったけど、今作は家族を通したひとつの……恋の形と言うのかな? 愛の形と言うのかな? そういったモノを描いてみたいなと思っているので。でもこれがなかなか難しい(笑)。

--どんなところが難しいですか?

高見沢俊彦:恋愛小説と言っても、素敵な男性と女性が出てきて……みたいなモノではないので。家族を通して「人は何を秘め、何を守るのか」みたいなね、答えはないのかもしれないけど、そういったモノを探りながら書いていこうと思っているので、簡単ではないですね。

NEXT PAGE
  1. 規模は全然違うけど【ライヴエイド】におけるクイーンみたいなもんじゃない?
  2. Next >

規模は全然違うけど【ライヴエイド】におけるクイーンみたいなもんじゃない?

--THE ALFEEのアルバムを出していく流れと根本的に違いますね。「THE ALFEEのイメージがあった上で」みたいなこととは別モノじゃないですか。

高見沢俊彦:全然違う。THE ALFEEの場合はエンターテインメントというか、常にステージを意識して楽曲を創ってきたけれど、小説の場合は本当に個だから。自分がこれまで感じてきたモノ、今まで読んできたモノ、自分の中にあるモノを小説として書いていきたい。そう思っているんですけどね! なかなか進まなくて困ってる(笑)。やっぱり使う脳が違うよね。曲の場合はいくら歌詞が稚拙であろうとメロディーが補ってくれるし、そもそも歌で聴くモノと読んで頭に入れるモノは全く違うからね。

--歌詞は稚拙なワードのほうがハマりやすかったりしますし。

高見沢俊彦:そういう場合もある。あまり難しい言葉をメロディーに乗せても逆に入ってこないから。その辺のバランスというか、さじ加減は音楽と小説は全く違いますね。創るという行為はいっしょだけど。

--同じくソロワークスとしては、9月に【Takamiy 2018 Metal of Renaissance】が開催されました。自分の中ではどんなソロコンサートになったと感じていますか?

高見沢俊彦:去年に比べてかなりハードにしましたが、自分の中ではユーライア・ヒープのカバーが出来たことは……「長年の落とし前をつけたぜ?」みたいな。あれ、高校のときに1回カバーして大失敗した曲だったんだよね(笑)。やっぱり高校生ではああいうシャッフルでハードな曲は難しかったからね。なので、このタイミングでユーライア・ヒープの「対自核」が出来たのは嬉しかった。あと、今年はソロシングル『薔薇と月と太陽~The Legend of Versailles』のカップリングでウォーカー・ブラザーズ「太陽はもう輝かない」をカバーできたことも感慨深くて。みんなからは「なんで? もっとハードな曲をカバーすれば?」と言われたんだけど……

--ユーライア・ヒープに比べると意外に感じる人も多いかもしれませんね。

高見沢俊彦:でも僕はスコット・ウォーカーも好きだったからさ。イメージ的にウォーカー・ブラザーズと高見沢俊彦はあんまり合わないようだけど、曲がすごく好きでね。歌ったことはなかったけど、あのウォーカー・ブラザーズの生み出す世界観がGSブームと相まって子供心に結構インパクトがあったから、このタイミングでカバーできたのは意味がある……まぁスコット・ウォーカーとは全然違うけどね(笑)、僕なりの「太陽はもう輝かない」を形に出来たのも大きかったね。

--自身に影響を与えたレジェンドたちへの想いをカバーで結実させていく。すごく有意義なことですが、高見沢さんの場合はそれを叶えたい対象がまだまだいますよね?

高見沢俊彦:いるね! ピンク・フロイドも高校のときにカバーして物凄い大失敗をしているんだよ(笑)。それも『原子心母』だよ?

--果敢に挑戦したんですね(笑)。

高見沢俊彦:バカだよ! もうめちゃくちゃになっちゃってさ……「なんだこれ?」みたいな(笑)。

--そんな偉人達の影響を受けたTHE ALFEEも「コンサート通算2700本(日本グループ史上最多記録更新)」という偉業を達成しました。ここまでの本数を重ねて来れた事実にどんな感慨を持たれていますか?

高見沢俊彦:自分たちは事前に気付いていなかったんだけど、2700本目がちょうどツアーの東京公演だったんだよね。THE ALFEEは東京で生まれたバンドですから、そこで2700本目を迎えられたというのは、自分的にも次へ向かっていく弾みにはなりますね。40周年からあっという間に5年経っちゃったでしょ? 来年で45周年を迎える訳だから。ということは、50周年までの5年も速いと思うんだよ。でもそのときは3000本目を迎えているだろうし、そのタイミングで俺たちは古希(70歳)を迎える訳だから、これはバンドのストーリーとしてはちょっとドラマティックかなって。

--壮大なるドラマです。

高見沢俊彦:しかも僕らの場合は途中で辞めてないからね。活動停止をしていない。やむなく活動を停止しなきゃいけないバンドもあるし、そして再結成するのも全然問題ないと僕は思っているんですけど、THE ALFEEはずっと継続できている。これはひとえに「ラッキーだったんだな」と思う。だからこのまま三人で古希を迎えたいなと思いますね。

--ここに来て「古希でも現役」とか「ROAD TO 3000」的なミッションが自然と立ち上がってくるのも面白いですよね。

高見沢俊彦:そうなんだよね! やっぱり長くやっていると、ずーっと上昇気流という訳にはいかないじゃない? もちろん落ちてくる時期もある。でも僕らは毎年毎年のツアーを全力でやり続けてきた。そうしたら40周年超えたあたりから……自然にALFEEが新たな波に乗ってきた(笑)。ツアーも全国各地でソールドアウトになったりとか、それは80年代ではあたりまえのことだったんだけど、今またそういう状況は、正直嬉しいですね。例えば、佐世保での公演は30年ぶりでしたが、それでもソールドアウトになった。そういう意味では、どんなにキツイときもツアーをやってきたことは間違いじゃなかったんだなと思うし、それも含めて「やり続ける」というのはそういうことかなって。

--それゆえの今ですもんね。

高見沢俊彦:あと、これだけ長くやってるとさ、かつて「THE ALFEEなんて」みたいな感じで認めなかった人も、少しは認めてくれるようになったのかな?(笑)。

--毛嫌いしていた人も「THE ALFEE、凄いじゃん」となる。

高見沢俊彦:「これだけやってんだから」みたいなね。で、今年、綾小路翔から【氣志團万博】に誘われて野外フェスに初めて出て、フェスって当然ながら僕らのファンだけじゃないから、ある意味アウェイだったんだけど、初めてTHE ALFEEのステージを観た人たちの反応が素晴らしく良くて! それは素直に嬉しかったし、今後の励みになりましたね。それもまた「やり続ける」ことの大切なのかも。

--THE ALFEEのことを知ってはいても、コンサートに足を運ぶほどのファンではない。そうした人たちが「こんなに面白いんだ」とか「こんなに凄いんだ」と体感する。とても有意義なことですよね。

高見沢俊彦:それは嬉しいよね。規模は全然違うけど【ライヴエイド】におけるクイーンみたいなもんじゃない?

--本当にそうですね。

高見沢俊彦:クイーンだってさ、あのとき急に出演することが決まった訳だから、そこにいるのはファンだけじゃないもんね。映画観てもU2の旗振ってる人とかいたじゃない? それでも「クイーンは凄い」ということになった。それは長年活動してきた彼らの実力だと思うんだよね。僕らと比較はしていないけど、アウェイに出るということはそういうことも含まれるのかなと思いますね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 勝者を讃える歌より、敗者の背中を押すような楽曲にしたかった
  3. Next >

勝者を讃える歌より、敗者の背中を押すような楽曲にしたかった

--45年経ってまだ母数が広がる可能性を秘めている。それは凄いことですよね。

高見沢俊彦:まだ観てない人もたくさんいる訳だからね。あと、長年応援してくれているファンの人たちに対しても責任を持っているから、まだまだやり続けなきゃいけないなと思っているし。そういう意味では、昔の曲も今の曲もひっくるめて「THE ALFEE」というモノをこれからも表現していきたいですよね。

--THE ALFEEにとってライブは作品を生み出す源泉でもあったりしますか?

高見沢俊彦:あるね。ツアーをやるようになって、ライブハウスから小ホール、中ホール、武道館、アリーナ……と規模が大きくなっていく中で「みんなに浸透する楽曲」というモノを考えるようになったし、ツアーをやる毎に感じてきたモノをアルバムにしてきたから、ツアーを続けないとアルバムは出来ない。45周年を迎えるタイミングで、通算2700本を達成できたことは自分の中で本当に大きかったので、このイメージも来年オリジナルアルバムに活かしたいと思っているんですよ。もう制作には取り掛かっています。

--そんな2018年のクライマックスに大阪国際女子マラソン イメージソングコンプリートアルバム『Last Run!』をリリース。そもそも今作を制作することになった経緯はどんなものだったのでしょう?

高見沢俊彦:今年で大阪国際女子マラソン イメージソングを卒業ということがありましたので、区切りを付けたいという部分もあったし、31年、同じプログラムの楽曲を同じアーティストが務めるということは世界でも例を見ないらしく、今のところTHE ALFEEぐらいらしい。まぁそれだけ続くバンドが珍しいからね。

--そもそも31年間続かない。

高見沢俊彦:そういう意味でも、マラソンの歴史をまとめてみようと思ったんです。『Last Run!』の曲順は古い順じゃなく新しい順でカウントダウンしていく流れにして。これは何故かと言うと、自分がそうやって聴きたいからです(笑)。いちばん新しい曲から聴いていきたいなと。

--歴史を遡って聴きたかったんですね。

高見沢俊彦:そうやって聴いていると途中で「あ、バラードもあるんだ」とか「アコースティックな曲もあるんだな」とか改めて気付くことがあって、いわゆるベストアルバムではあるんですけど、1枚目、2枚目、3枚目と聴いていくと意外とストーリー性があって面白かったですね。

--結果的に各時代のTHE ALFEEが感じられるストーリーになっていますよね。

高見沢俊彦:そうですね。テーマも大会ごとに違っていたから、そういうことを踏まえて聴くとなかなか感慨深い。マラソンというのは長い距離を走る競技なので、THE ALFEEとの歴史ともリンクするんだよね。僕らも長い道を走ってきたわけだから、当然自分たちに通じるものはあります。最初は「ランナーの背中を押すような楽曲を」とは思っていたけど、いつからか「勝者の為」じゃなく「敗者の為」の楽曲を創るようになりましたね。世の中、圧倒的に敗者のほうが多い訳だから、勝者を讃える歌より、敗者の背中を押すような楽曲にしたかった。

--エール的な要素は全曲にある訳ですけど、そのエールの在り方がキャリアを積んでいく中で自然と変わっていったんですね。

高見沢俊彦:変わっていきましたね。バンドライフもマラソンみたいなものですからね。途中挫けそうになったりとか、そこでもう一度奮起したりとか、色々ありましたからね。まさにマラソンのレースと同じです。

--例えば、1987年、最初のイメージソング「夢よ急げ」。2018年、最新のイメージソング「勇気凛々」。この2曲を比較したときにどう変化を遂げたなと感じますか?

高見沢俊彦:そうだなぁ……音が良くなってるよね(笑)。そりゃそうだよね、30年以上前だからね! あと、コーラスも進化しているよね。今のほうがソリッドで研ぎ澄まされている感じがするなぁ。でもスピリッツは変わってないね。「勇気凛々」も「夢よ急げ」も同じモノがある感じがするな。あ! 演奏は巧くなったかもね!

一同:(笑)

高見沢俊彦:そりゃそうだよな。これだけツアーやってきて下手になる訳がない(笑)。

--今作『Last Run!』はどんな風に世に響いてほしいと思いますか?

高見沢俊彦:THE ALFEEを聴いたことがない方でも入りやすいアルバムだと思うから、今の時期だったら受験生に聴いてほしいよね。マラソンのイメージソングとして創った曲たちではあるんだけど、悩んでいる人とか、挑戦しようとしている人とか、夢に向かっている人とか、そういう方には良いのかなと思いますね。どれかは引っかかると思う。

--今作のリリース後、2019年にはデビュー45周年も迎える訳ですが、どんな1年にしたいと思っていますか?

高見沢俊彦:デビュー45周年なんで、あと5年で50周年ですから、そこからの5年を走り出すスタートの年にしたい。いろんな意味でね。オリジナルアルバムもそうだし、僕の小説もそうですけど、節目というモノを大事に作っていきたい。僕らは僕らのやり方で活動してきたので、時代がどう変わろうとTHE ALFEEは変わらないので、これからも何が流行ろうと僕らは僕らのやり方でツアーを続けていくし、新しい曲を創っていく。その姿勢はずっと変わらないですけど、来年はデビュー45周年なので、特に強く打ち出していきたい。

--人間は年齢を重ねると責任も不安も増えていくし、ネガティブな感情に襲われることも多くなると思うんですけど、近年のTHE ALFEEや高見沢さんの活動を追っていると「年を重ねることにワクワクする」イメージが湧き上がってくるんですよね。自分も「来年はもっと面白い何かが待っているかもしれない」と期待できるようになる。この力は凄いなと。

高見沢俊彦:そう思ってもらえるのは嬉しいですね。自分も還暦を超えてから小説が書けるなんてことは想いもしなかったから。だから歳を重ねることは決してネガティブに捉えるようなことじゃないなって。THE ALFEEは3人ともそういう感覚だと思う。その為には体力つけないといけないけどさ(笑)。

Interviewer:平賀哲雄

The Alfee「Last Run!」

Last Run!

2018/12/19 RELEASE
TYCT-60130/2 ¥ 4,860(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.勇気凛々
  2. 02.創造への楔
  3. 03.風の翼
  4. 04.One Step ~再始動
  5. 05.LOVES FOR ONE
  6. 06.もう一度ここから始めよう
  7. 07.生きよう
  8. 08.Let It Go
  9. 09.GET YOUR CHANCE
  10. 10.Shining Run~輝く道に向かって~

関連キーワード

TAG

関連商品

Last Run!
The Alfee「Last Run!」

2018/12/19

[CD]

¥4,860(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,080(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,080(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,080(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,080(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,996(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,240(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,996(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,996(税込)

青春の記憶 +2
アルフィー「青春の記憶 +2」

2014/12/17

[CD]

¥2,592(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,080(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,080(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,080(税込)

Going My Way
THE ALFEE「Going My Way」

2014/08/06

[CD]

¥3,000(税込)

GLINT BEAT
THE ALFEE「GLINT BEAT」

2014/08/06

[CD]

¥3,000(税込)

orb
THE ALFEE「orb」

2014/08/06

[CD]

¥3,000(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

この愛を捧げて
THE ALFEE「この愛を捧げて」

2009/12/16

[CD]

¥1,028(税込)

この愛を捧げて
THE ALFEE「この愛を捧げて」

2009/12/16

[CD]

¥1,028(税込)

この愛を捧げて
THE ALFEE「この愛を捧げて」

2009/12/16

[CD]

¥1,028(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,080(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,080(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,080(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,080(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,080(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,080(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,080(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,080(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,240(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,996(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,996(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,080(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,080(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,080(税込)

Going My Way
THE ALFEE「Going My Way」

2014/08/06

[CD]

¥3,000(税込)

GLINT BEAT
THE ALFEE「GLINT BEAT」

2014/08/06

[CD]

¥3,000(税込)

orb
THE ALFEE「orb」

2014/08/06

[CD]

¥3,000(税込)

GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」

2013/11/13

[CD]

¥1,028(税込)

GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」

2013/11/13

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,028(税込)

この愛を捧げて
THE ALFEE「この愛を捧げて」

2009/12/16

[CD]

¥1,028(税込)

この愛を捧げて
THE ALFEE「この愛を捧げて」

2009/12/16

[CD]

¥1,028(税込)

この愛を捧げて
THE ALFEE「この愛を捧げて」

2009/12/16

[CD]

¥1,028(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】Sexy Zone『PAGES』が12.4万枚を売り上げ首位 10周年のエビ中が2位に続く

  2. 2

    BTS (防弾少年団)、『ザ・シンプソンズ』に登場

  3. 3

    ビルボードライブの新店舗が2020年春に横浜でオープン 歴史建造物をリノベーション

  4. 4

    MONSTA X、新SGカップリング曲「FLASH BACK」ティザー映像公開

  5. 5

    星野源『POP VIRUS』、折坂悠太『平成』がCDショップ大賞を受賞

HOT IMAGES

注目の画像