Billboard JAPAN


Special Contents

NELL 来日直前インタビュー



インタビュー

壮大なバラードから激しいロック・チューンに至る幅広い音楽性とヴォーカルのキム・ジョンワンの憂いを帯びた歌声で唯一無二の存在感を放ち、コールドプレイのクリス・マーティンが「Grey Zone」をフェイバリット・ソングに挙げたことも広く知られる韓国のバンド、NELL。11月14日にアコースティックアルバム『Let's Part』をリリースし、間もなくビルボードライブ東京で来日公演を開催する彼らにインタビューを実施。公演に向けた意気込みを語ってもらった。

「お客さんたちが現実や日常を忘れて完全に音楽の中で幸せになると良いなと強く思っています。」

――改めて、NELLというバンドについて、日本の音楽リスナーに自己紹介をお願い致します。

NELL:Billboard JAPANをご覧のみなさん、こんにちは!韓国から来たバンドNELLです。ご挨拶できてうれしいです!

――日本では初となる「NELL’S SEASON 2018 」について、どのようなステージにしたいですか? また、今回はアコースティックライブになりますが、どのような編成でのライブになりますか?

NELL:以前会場の下見をさせていただきましたが、その時の会場のイメージが落ち着いていて美しいという印象でした。私たちの今回の公演も、お客さんにそう感じていただける公演になることを願っています。典型的なアコースティックアレンジというより、既存の曲を違う方向で再解釈した編曲と思っていただければ良いと思います。11月14日に韓国で発売されたアルバム『Let's Part』の収録曲を披露する予定で、そこに何曲かアルバムに収録されていない楽曲が加わると思います。

――今年は7月にも日本でライブ「NELL’S SEASON 2018 」が開催されましたが、日本でのライブの印象はどうでしたか?

NELL:一番印象的な部分はライブハウスの音響で、大規模な会場でなくてもすごく気を遣っていることが感じられました。そしてファンのみなさんに関しても、ライブへの集中力がとても高いように感じられました。なんか音楽をすごく熱心に聴いてくれているような姿に見えて、素晴らしかったです。

――前回の【THE COLORS】と今回の【HOME】について、それぞれのライブの違いや魅力を教えてください。

NELL:何よりも音楽のスタイルが最も大きな違いです。【THE COLORS】の場合はROCK的な要素が多かったのですが、今回の【HOME】はより静的なサウンドのライブになるでしょう。しかし、そのサウンドから感じられる感動は他のどのライブよりも大きくなるように準備をしないといけないと思っています。

――ビルボードライブという会場について、どのような印象ですか?また、通常のライブとは違う空間だと思いますが、どう楽しんで欲しいですか?

NELL:まだはっきりとは言えないのですが、NELLとしては初めて経験する形態の会場なのでとても楽しみです。それが何であろうと、新しいことに触れることは面白いですからね。そしてこれは、他の公演を準備する時にもいつも思うことなのですが、ライブの会場にいる瞬間だけはお客さんたちが現実や日常を忘れて完全に音楽の中で幸せになると良いなと強く思っています。それぞれの好きなスタイルで充実してライブを楽しんでいただければ嬉しいです。



▲[Teaser] NELL'S SEASON 2018 'HOME' in Tokyo


――11/14に韓国でリリースされたアコースティックアルバム『Let`s Part』はどのような作品になっていますか?

NELL:私たちと私たちの音楽を大切にしてくれている方々に良い思い出になれば、という思いでこれまでの楽曲を新しい感性でリアレンジしたアルバムです。来年のリリースを目標にオリジナルアルバムを準備していて、その前に今までの約3年間をまとめる意味の作品でもあります。 なので、このアルバムで日本での公演をすることができて本当に嬉しいし、日本でのオフィシャルなサイン会も今回が初めてなので、ファンのみなさんに会えることがとても楽しみです。



▲NELL - Let`s Part


――12月22日、23日、24日に韓国で開催される、ここ数年では恒例となったクリスマスコンサートは、どのようなコンサートになりそうですか?

NELL:【Christmas in Nell’ s Room】というタイトルのこの公演は、1年間のうち一番神経を使う公演です。それぞれの公演ごとに違う魅力がありますが、この公演はステージや映像、照明など全てに一番多くの時間と努力を注いで作るので、準備する時は大変ですが、無事に終わればそれだけやりがいも大きいです。多くの方々にNELLの代表的公演だと言っていただいていますが、私たちもやはりそういうふうに感じています。

――ライブ以外に日本で楽しみにしていることはありますか?

NELL:生ビールと食べ物。理由はよく分かりませんが、ビールがとてもおいしいです。スゴイ!

――日本のファンに向けて一言お願いします。

NELL:たくさんの期待を込めて今回の公演を準備しているので、みなさんもたくさん楽しみにしてください! 寒くなってきているので、風邪には気をつけてくださいね。すぐ会いましょう。See you soon!



▲NELL Video Message for Billboard Live TOKYO 2018


関連キーワード

TAG

関連商品

Slip Away
Nell「Slip Away」

2013/01/23

[CD]

¥2,571(税込)

Slip Away
Nell「Slip Away」

2013/01/23

[CD]

¥2,571(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    TM NETWORK「Get Wild」、映画『劇場版シティーハンター』エンディング・テーマに

  2. 2

    超特急、BTS (防弾少年団)ら出演の音楽アワード【2018 MAMA】出演へ

  3. 3

    【ビルボード】16.7万枚を売り上げたSexy Zone「カラクリだらけのテンダネス」がシングル、ルックアップ、Twitterの3冠で総合首位獲得(※12/12訂正)

  4. 4

    【ビルボード】米津玄師「Flamingo」が35,509DLで1位返り咲き、通算2週目の首位に

  5. 5

    SKY-HI、MIYAVI/金子ノブアキ/sleepyhead(ex.SuG武瑠)ら招いたツアーファイナル初日

HOT IMAGES

注目の画像