Billboard JAPAN


Special Contents

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー



大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

 悩んだときに、彼女でもない、彼氏でもない、家族でもない、「大城美友に会いたい」と思ってもらえる存在になる。それが夢です――― 沖縄からまたひとり、歌の可能性を純粋無垢に信じる女の子。現る。

「歩こう 歩こう 私は元気♪」みたいな感じでどこでも歌いながら歩いて

--安室奈美恵引退直後に沖縄から大型新人がデビューするということで、メジャーデビューミニアルバム『MI-POSITION』や「オレンジバタフライ」のミュージックビデオをチェックさせて頂いたのですが、ここまで楽しそうに全力で歌うニューカマーと久しく出逢っていなかったなと感じました。

大城美友「オレンジバタフライ」MUSIC VIDEO
大城美友「オレンジバタフライ」MUSIC VIDEO

大城美友:わー、嬉しい……。あのMVは地元PR動画みたいになってるんですけど(笑)。

--ロケーションは沖縄ですよね。

大城美友:沖縄の名護です!

--歌うことが本当に好きなんだなと感じました。

大城美友:大好きです!

--では、そのルーツを辿っていきたいのですが、歌に目覚めたきっかけは?

大城美友:目覚めたきっかけ? カラオケとかで歌っていたら友達や母から「美友、歌うまいね」「あんた、歌えるじゃない」と言われて、「あ、私は歌えるんだ」と自覚したのがきっかけですかね。でも歌うこと自体はちっちゃい頃から好きで、中学生になってから学校に行かなくなっちゃったんですけど、その時期も家でよくキーボードを弾きながら歌っていたんです。で、16歳のときに「よし、自分の曲を書いてみよう」と思って作ってみて、そこで「あれ? 大城美友、曲作れるじゃん。よし、プロになろう!」と決意しました。

--「オレンジバタフライ」のMVで歌っている姿を見て、おそらく幼い頃のままの気持ちで大人になった人なんだろうなと思いまして……

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友:まさしくです(笑)。

--歌声や表情に童心が残っている。幼い頃はどんな女の子だったんですか?

大城美友:普通の子供でしたよ? ひとりで「歩こう 歩こう 私は元気♪」みたいな感じでどこでも歌いながら歩いてました。

--普通ですかね(笑)?

大城美友:結構ね、ひとり行動が好きだったんですよ。友達と居てもなんか居心地が悪くて、ひとりになると「はぁ~、落ち着く」みたいな。

--誰とでも仲良くなれそうな印象ですけど、ひとりが好きだったんですね。

大城美友:ひとりが好き。

--なんで子供の頃からひとりが好きだったんですかね?

大城美友:ワガママだったんでしょうね、きっと(笑)。人に合わせるのがねぇ……ちょっと苦手だったんですよ。

--マイペースに歌いながら歩いていたいから?

大城美友:そう! だからひとりが好きだったんでしょうね。

--ひとりで寂しくならないんですか?

大城美友:寂しくない。……けど、寂しいときもある。

--ひとりでいるときは、歌う以外にどんなことをして遊んでいたんですか?

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友:積み木をやってましたね。母に積み木をやらされていました。今、私、ガレージバンドで曲を作るんですけど、ガレージバンドって音を組み合わせていく作業になるじゃないですか。それは小さい頃に積み木をやっていたから出来るようになったんだと思うんですよね。感覚でやるんで、ガレージバンドも。

--親御さんはそういう感性を育てようと思って積み木をやらせていたんですかね?

大城美友:そう言ってました。「お母さんのおかげだね」って(笑)。

--幼い頃からそういう道に進ませてあげようと?

大城美友:もしかしたらそう思っていたのかも。母も歌が好きだから、子供に夢を託したのかもしれない。最近、電話で母と話していてそう思いました。

--その結果、音楽の道を歩んでいくことになった訳ですが、自分では大城美友をどんなアーティストやシンガーだなと感じていますか?

大城美友:元気! 元気しかないんじゃないかな、逆に。

--元気しかないアーティスト(笑)。

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友:だけど、バラードを歌ったらめっちゃ悲哀が溢れたりして。だからどっちもあるんですよ。超元気かと思えば……「はぁー、あしたのジョーです」みたいな。

--燃え尽きちゃうんですね(笑)。その落差は激しいんですか?

大城美友:激しいと思います。誰とも会いたくなくて、とりあえずiPhoneの電源切ったりします。そういうモードに入っちゃったら。昨日も唐突に凄く悲しくなっちゃって。でもその理由が分からないんですよ。たぶん、寒いからだと思うんですけど。

--そんな理由(笑)? まぁでも沖縄で生まれ育っているんですもんね。東京に出てくるとどんなことを感じたりします?

大城美友:東京のことは好きですよ。こっちに永住している訳じゃないので、沖縄、東京、沖縄、東京と行ったり来たりしているからどっちの良さも感じられる。でも東京でずっと暮らすことになったらまた違うかも。

NEXT PAGE
  1. 「あいつ、ヤバい」と思われるような存在だったのかも
  2. Next >
インタビュー写真

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー


「あいつ、ヤバい」と思われるような存在だったのかも

--ちなみに、歌を歌っていく上で影響を受けたアーティストはいますか?

清水 翔太『HOME』
清水 翔太『HOME』

大城美友:加藤ミリヤさんと清水翔太さん! ドンピシャの世代なんですよ。特に翔太さんの声には心掴まれました。中学生の頃は、いちばん荒れていた時期だったから、それはもう翔太さんの声が沁みたんですよ。「え、この人からこんな声が出るの?」というギャップにもやられましたね。彼氏からの着信音も翔太さんだったし……。曲作りにおいても翔太さんの影響は大きいです。コード感とか。で、嬉しいことに翔太さんと同じ事務所に偶然入れて、先輩がミリヤさんと翔太さんなんですよ! 有難いですね。何回もライブに伺わせて頂いているんですけど、終演後にご挨拶しに行ったりすると「神様だな」と思います。近くに居ても「すごく遠い存在だな」と憧れますね。

--その事務所からデビューすることになったきっかけは?

大城美友:流れを話すと、沖縄でとあるオーディションを受けたんですけど、その直前まで私は「音楽辞めてやる」と思っていたんです。だからひとりで沖縄からぷらっと福岡に行ったりして、自分の気持ちと向き合う時間をつくって。それで「最後にこのオーディションを受けよう。優勝できなかったら辞めよう」と思って受けたら、結果はTOP6だったんですけど、家帰っていっぱい泣いた次の日には「音楽辞めない」と思えていたんです。そのオーディションでの経験を無駄にしたくなかったんですよね。ファンも付いてくれていたし。で、そこから2年間、沖縄で自主活動をしたんですよ。CDも自主制作でリリースして。そういう動きをしているうちに今の事務所のマネージャーとか社長さんが私を見つけてくれたのかな? X Factorの動画で。それからクラウンさんと出逢って、今回のメジャーデビューに至る。

--運命のオーディションを受ける直前まで「音楽辞めてやる」と思っていた理由は何だったんですか?

大城美友:曲が出来なくなってしまって、なんか「私、このままでいいのかな?」と考え出しちゃったんです。上手くいく要素も見つけられなかったし……いろいろ迷っていたんですよね。気持ちも荒れていたし。それでもうライブとかも上手くいかないし、成長できている実感もないし、もうダメだと思って。

--なんでそうなっちゃったんですかね? 分かりやすい目標を見出せなかったから?

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友:どうなんだろう?

--曲を作り続けて、ライブをやり続けても、開かれる未来がイメージ出来なかった……

大城美友:出来なかった!

--そのうちにだんだん歌っていても楽しくなくなっちゃった。

大城美友:あと、不安にもなってきたし。

--プロを目指してから、その時点でどれぐらいの時間が経っていたんでしょう?

大城美友:3年。お弁当屋さんとスタジオが一緒なお弁当屋さんがあるんですよ。

--ん? スタジオ付きのお弁当屋さんってこと(笑)?

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友:そうです! それが沖縄の本部町にあって、そこに3年間通っていたんですよ。朝、お弁当屋さんで働いて、2時からスタジオに入って練習……っていう生活をずっと送っていたんです。お弁当屋さんの給料は気持ち程度だったんですけど(笑)、スタジオが無料で使えたから。お弁当屋さんだから食事には困らないし。

--食費がいちばんかかりますから、そこは重要ですよね。

大城美友:からあげ食べて、バイトして、スタジオ入って、それが日課。

--それを3年?

大城美友:そうです。それで「なんか違う」と思い始めて。一応やりきってはいたんですよ。毎日練習して、ライブもして、曲も作って……「これ以上、何をすればいいんだ?」と思うぐらいまではやりきったんですけど、道が開かれなかった。どうしていいか分からなかったんですよね。だから「音楽辞めてやる」とまで思っちゃったんですけど、そこでオーディションがあったんですよ!

--やっと勝負できる場に出逢えた訳ですね。高校球児における甲子園のような舞台に。

大城美友:そうなんです! 分かりやすい目標が出来たんです。「勝ちに行く」っていう。

--初めてのオーディションを受けてみて、どんなことを感じました?

大城美友「スタンディングオベーション」 Miyu Oshiro sings
大城美友「スタンディングオベーション」 Miyu Oshiro sings "Standing Ovation" - TOP 9 LIVE SHOW

大城美友:歌で戦っちゃいけないとは思うんですけど、オーディションは戦いじゃないですか。課題曲があって、ロック調の曲が多かったんですけど、そういう慣れていないジャンルも歌わなきゃいけないじゃないですか。だから自分でも分かるぐらい戦闘モードだったし、凄いパワーが漲っていて。自分の知らなかった自分に出逢えたし、とにかく燃え盛っていた。もうオオカミ!

--オオカミ?

大城美友:みんなライバルだから! みんな「あなたのライバルは誰ですか?」と聞かれるんですけど、「大城美友ちゃんです」って答える人たちも結構いて。それだけ「あいつ、ヤバい」と思われるような存在だったのかもしれない。一匹狼だったから。みんな、これから戦うのに超仲良しだったんですよ。だから「バカじゃないの? 戦うんだよ?」とひとりで思ってました(笑)。私ひとりだけ、すっごいメラメラ。なので、ある意味、一目置かれていたと思う。

--でも結果TOP6だった。

大城美友:苦しい!

一同:(笑)

--いちばん注目されていたのに(笑)。

大城美友:いろいろあって私だけちょっと違ったんですよ。みんなは好きな曲を歌っていたんですけど、私は好きな曲が歌えなかったんです。自分の歌いたい歌で負けていたら「よし、これでおしまい」と思えたんですけど……だから初めて人前でビックリするぐらい泣きました。膝から崩れ落ちました。人生でいちばん悔しかった瞬間でしたね。忘れない。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 沖縄の人はみんな安室奈美恵さんのことを誇りに思っている
  3. Next >
インタビュー写真

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー


沖縄の人はみんな安室奈美恵さんのことを誇りに思っている

--ただ、オーディションの審査基準としてはTOP6だったかもしれないけど、衝撃度がいちばん大きかったから今回のデビューやお声掛けがあったのかもしれないですよね。

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友:そうかもしれない!

--「なんだこいつ」感みたいなモノが……

大城美友:あったと思います(笑)。

--あと、それだけ悔しい想いをしたから自身も「まだ歌いたい」と思えた。

大城美友:思った! いっぱいいっぱい泣いて、やっぱり泣けば泣くほど悔しいから「音楽辞めるもんか!」と思いましたね。

--では、そこが本当のスタートだったのかもしれないですね。音楽を諦めない、音楽を続けていく理由がしっかりと生まれた。

大城美友:そうですね。あと、二十歳までロックバンドを聴かなかったんですよ。でもそのオーディションを経て、X Factorに出逢ってから聴くようになって、今では、超ロックではないですけど、ソフトロックというジャンルを歌わせてもらっている。なので、やっとそこで自分のジャンルに気付けたんですよね。「あ、自分に合ってるな」と思えたんです。

--それまではどんなジャンルの曲を歌っていたんですか?

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友:彷徨ってました。西野カナさんが好きだったんですよ。だから「会いたくて♪」みたいな曲を歌っていたんですけど、私が歌うと「キャラじゃないな」と思っていて(笑)。だから「なんか違うな」と思いながらそういう曲を歌い続けていた。

--面白いですね。世代的に加藤ミリヤさんや西野カナさんがポップアイコンになるから、自分もそういうアーティストに憧れて「会いたくて♪」と歌っていたけれども、ロックと出逢って「私はこれじゃなかった」と気付いたストーリー。

大城美友:時間がかかりました(笑)。

--では、今回のメジャーデビューミニアルバム『MI-POSITION』では、自分を100%生かせる曲が歌えている?

大城美友:そうですね! あと、今作『MI-POSITION』は「一発目!」って感じがします。そういうメジャーデビュー作にしたかったんですよ。さっきも話した「大城美友、元気です!」がテーマ。自分が落ち込んでいるときに自分を励ます為に歌っていた曲もあったりするんです。「オレンジバタフライ」も、過去の言いたくても言えないことがたくさんあった自分を迎えに行って「不器用でも羽根ばたつかせて頑張っていこう!」という、自分と自分が手を繋いで羽ばたいていくイメージの曲だし。なので、悩んでいる人たちにこのアルバムを聴いて元気になってもらいたい。たぶん、同じような経験をしている人はいっぱいいると思うから、このアルバムが励みになってほしいなと思います。

--実際に元気をもらえる音楽だと感じました。歌い手がこれだけ楽しそうに歌っていると、自ずと聴き手も元気になる。

大城美友:大城美友にとっての褒め言葉は「楽しそうに歌っている」と「元気になる」なんですよ! いやー、2個も頂いて……

--(笑)

大城美友:ありがとうございます!

--ちなみに、奇しくも同じ沖縄出身の安室奈美恵引退直後にデビューすることになった訳ですが、大城さんにとっても、彼女は絶大な存在だったんでしょうか?

【FULL】Baby Don't Cry / 安室奈美恵 (Amuro Namie)
【FULL】Baby Don't Cry / 安室奈美恵 (Amuro Namie)

大城美友:安室奈美恵さんは沖縄の枠を飛び越えて世界に羽ばたいていった存在だから、手の届かない方ですし、沖縄の人はみんな安室奈美恵さんのことを誇りに思っている。それこそ神様みたいな存在ですよね。お母さんも大好きだったし、ずっと私の家でも流れていたし……見た目もバービー人形みたいじゃないですか! すっごい可愛いし……もう何にも言えないです。でも引退する前に「会いたかったなぁ」と思う。

--ちょうど入れ替わりのデビューですもんね。では、最後に、大城美友の夢や目標を聞かせてもらえますか?

大城美友:悩んだときに、彼女でもない、彼氏でもない、家族でもない、「大城美友に会いたい」と思ってもらえる存在になる。それが夢です。自分が悩んだときに、あんまり人に相談しないタイプだったんですよ。自分で解決する。時間が解決する。でも寂しかったから、そういう想いをしている人がいたら抱き締めに行きたい。それが出来る格好良い人になりたいなぁ。富士山ばりに大きな心を持って、いつでも「来いよ」って構えていられる存在になりたいですね。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友「MI-POSITION」全曲試聴トレーラー
インタビュー写真

大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー 大城美友『MI-POSITION』沖縄出身大型新人メジャーデビュー記念インタビュー

大城美友「MI-POSITION」

MI-POSITION

2018/10/10 RELEASE
CRCP-40562 ¥ 2,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.MI-POSITION
  2. 02.オレンジバタフライ
  3. 03.一帆風順
  4. 04.声が枯れるまで
  5. 05.飛べ!ヘイ!
  6. 06.ニャン・ドン・ゴン
  7. 07.この空

関連キーワード

TAG

関連商品

MI-POSITION
大城美友「MI-POSITION」

2018/10/10

[CD]

¥2,000(税込)

MI-POSITION
大城美友「MI-POSITION」

2018/10/10

[CD]

¥2,000(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    テミン(SHINee)、自身のメッセージを込めた新曲「Under My Skin」MV公開 予約購入特典のデザインも

  2. 2

    和楽器バンドのメンバー、特別ゲスト出演した吟剣詩舞道大会で観客を釘づけに

  3. 3

    【ビルボード】BTS (防弾少年団)『FAKE LOVE/Airplane pt.2』が526,274枚を売り上げ週間シングル・セールス首位獲得

  4. 4

    中島美嘉の名曲映画『雪の華』予告編公開、三代目JSB登坂広臣×中条あやみによる涙必至の恋

  5. 5

    モーニング娘。'18 、初のメキシコ公演で現地ファン大熱狂&赤十字社を訪問して寄付

HOT IMAGES

注目の画像