Billboard JAPAN


Special Contents

ABC来日記念プレイリスト ~『The Lexicon Of Love』制作時に聴いていた曲15選~



インタビュー

 「ルック・オブ・ラヴ」や「ポイズン・アロウ」など数々のヒット曲で世界中のリスナーを虜にした英ニュー・ロマンティック・バンド、ABCが2018年10月中旬に来日する。トレヴァー・ホーンのプロデュースによるデビュー・アルバム『The Lexicon Of Love』が、いきなりの全英1位を獲得したバンドのフロントマンであるマーティン・フライにインタビューし、当時聞いていた楽曲を当時の思い出とともに選んでもらった。

The Playlist of "The Lexicon of Love" Era by Martin Fry

01. Good Times -Chic

この世で一番“フィーリング・グッド”な楽曲だ。この1曲の中で人生哲学のすべてが詰まっている。


02. Lost In Music - Sister Sledge

私がロックの世界に足を踏み入れた時のあの感覚を表現している。音楽が私の運命だと感じたあの感覚をね。


03. Pyjamarama - Roxy Music

ロキシーはすべてを手にしていた。アート・ミュージックであり、ミュージック・アートでもある。


04. Family Affair - Sly and the Family Stone

いつの時代も人々はザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズを称えるが、私に画期的なインスピレーションを与えてくれた真の源はスライ&ザ・ファミリー・ストーンとマーヴィン・ゲイなんだ。


05. Stay - David Bowie

ボウイの作品はどれも愛さずにはいられない。人々をあっと言わせる不変の才能の持ち主。(英ラジオ・パーソナリティーの)ジョン・ピールの番組でこの曲を聴いたんだが、そのサウンドの素晴らしさに最初は耳を疑った。私のキャリアはすべて、この曲をモデルに築いた。


06. September - Earth Wind and Fire

この曲がかかれば、どんなダンスフロアもキラキラ輝く。このレコードに針を落とすたびに、導火線に火を点けるような気持ちになるよ。


07. Contort Yourself - James White and the Blacks

ジェームス・ホワイト、またの名をジェームス・チャンスは、明らかに時代の先端を行っていた。ジャズ・パンクとファンクを見事に融合させている。ZEレコード(米ニューヨークのレーベル)から発表されたものは、ほぼ全部大好きだ。


08. King Heroin - James Brown

帝王からの詩的なメッセージがこちら。ジェームス・ブラウンはいつだって素晴らしい作詞家だ。感情を揺さぶられるよ。


09. Don’t Stop Till You Get Enough - Michael Jackson

クインシー・ジョーンズの傑作を味わえる最高のひと時。完璧の一言に尽きる。正真正銘の情熱がここにある。


10. Ceremony - New Order

素晴らしい。8小節を使ったベスト・オープニング曲。「In A Lonely Place」もいいよね。


11. One Nation Under A Groove - Funkadelic

英シェフィールドにあるPenny’sというディスコクラブで、DJでもあったジョン(・ピール)が水曜日の夜にこの曲を頻繁にかけていた。


12. Love Will Tear Us Apart - Joy Division

イアン・カーティスが亡くなった時は本当に悲しくて涙を流したよ。


13. Hand Held In Black And White - Dollar

誰もがトレヴァー・ホーンをもっと知りたいと思うきっかけになった偉大な作品。


14. Positively 4th Street - Bob Dylan

作詞は、彼を目標にするべき。


15. She Is Beyond Good And Evil - The Pop Group

革新的な曲だ。彼らは1980年代の先頭を行っていたことは明らか。



Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>


▲ABC - The Look Of Love

ABC「ルック・オブ・ラブ <デラックス・エディション>」

ルック・オブ・ラブ <デラックス・エディション>

2013/05/29 RELEASE
UICY-75607/8 ¥ 3,909(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ショウ・ミー (パート1:オリジナル・アルバム)
  2. 02.ポイズン・アロウ (パート1:オリジナル・アルバム)
  3. 03.メニー・ハッピー・リターンズ (パート1:オリジナル・アルバム)
  4. 04.涙まだまだ (パート1:オリジナル・アルバム)
  5. 05.バレンタイン・デイ (パート1:オリジナル・アルバム)
  6. 06.ルック・オブ・ラブ!! (パート1) (パート1:オリジナル・アルバム)
  7. 07.デイト・スタンプ (パート1:オリジナル・アルバム)
  8. 08.我が心のすべてを (パート1:オリジナル・アルバム)
  9. 09.4エバー2ギャザー (パート1:オリジナル・アルバム)
  10. 10.ルック・オブ・ラブ!! (パート4) (パート1:オリジナル・アルバム)
  11. 11.オーヴァーチュア (パート2:オリジナル・シングルズ)
  12. 12.涙まだまだ (7インチ・ヴァージョン) (パート2:オリジナル・シングルズ)
  13. 13.アルファベット・スープ (12インチ・ミックス) (パート2:オリジナル・シングルズ)
  14. 14.マントラップのテーマ (パート2:オリジナル・シングルズ)
  15. 15.ポイズン・アロウ (ジャズ・ミックス) (パート2:オリジナル・シングルズ)
  16. 16.イントゥ・ザ・ヴァレー・オブ・ザ・ヒーザン・ゴー (パート3:アウトテイク&未発表ヴァージョン)
  17. 17.アルファベット・スープ (BBCスワップショップ・ヴァージョン) (パート3:アウトテイク&未発表ヴァージョン)

関連キーワード

TAG

関連商品

エンカレッジ・ザ・ピープル
ロビン・ケニヤッタ ラルフ・マクドナルド アンディ・ニューマーク ウィリアム・ソルター リチャード・ティー アーサー・ジェンキンス キース・ラヴィング ヒュー・マックラケイン「エンカレッジ・ザ・ピープル」

2017/01/25

[CD]

¥1,500(税込)

ブラック・ウィドウ
ラロ・シフリン アンソニー・ジャクソン アンディ・ニューマーク カーター・コリンズ スー・エヴァンス エリック・ゲイル ジョン・トロペイ ジョー・ファレル「ブラック・ウィドウ」

2016/09/07

[CD]

¥1,080(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

2015/11/04

[CD]

¥1,296(税込)

ABC
ABC「ABC」

2006/03/22

[DVD]

¥2,057(税込)

ABC
ABC「ABC」

2005/06/25

[CD]

¥1,234(税込)

ABC
ABC「ABC」

2000/06/01

[CD]

¥1,888(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

1997/09/26

[CD]

¥1,296(税込)

エンカレッジ・ザ・ピープル
ロビン・ケニヤッタ ラルフ・マクドナルド アンディ・ニューマーク ウィリアム・ソルター リチャード・ティー アーサー・ジェンキンス キース・ラヴィング ヒュー・マックラケイン「エンカレッジ・ザ・ピープル」

2017/01/25

[CD]

¥1,500(税込)

ブラック・ウィドウ
ラロ・シフリン アンソニー・ジャクソン アンディ・ニューマーク カーター・コリンズ スー・エヴァンス エリック・ゲイル ジョン・トロペイ ジョー・ファレル「ブラック・ウィドウ」

2016/09/07

[CD]

¥1,080(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

2015/11/04

[CD]

¥1,296(税込)

トラフィック
ABC「トラフィック」

2009/01/21

[CD]

¥2,621(税込)

ABC
ABC「ABC」

2007/06/06

[CD]

¥1,028(税込)

ABC
ABC「ABC」

2006/03/22

[DVD]

¥2,057(税込)

ABC
ABC「ABC」

2005/06/25

[CD]

¥1,234(税込)

ABC
ABC「ABC」

2000/06/01

[CD]

¥1,888(税込)

ルック・オブ・ラヴ
ABC「ルック・オブ・ラヴ」

1997/09/26

[CD]

¥1,296(税込)

スカイスクレイピング
ABC「スカイスクレイピング」

1997/05/21

[CD]

¥2,621(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    LiSA、ニューシングル発売記念トークイベント開催 楽曲制作陣の田淵智也・堀江晶太・カヨコが登壇

  2. 2

    【深ヨミ】ジャニーズWEST 新作ALが最も支持されているのは近畿?過去2作も検証

  3. 3

    ミーゴスのオフセット、カーディ・Bにステージで復縁を迫るも失敗「謝罪も公の場でするのが正しいと思った」

  4. 4

    THE RAMPAGE初のドラマタイアップ!新曲「Starlight」が本田翼×岡山天音W主演ドラマ主題歌に決定

  5. 5

    アリアナ・グランデ、カニエ&ドレイクのビーフに関するツイートを巡り謝罪

HOT IMAGES

注目の画像