Billboard JAPAN


Special Contents

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー



セントチヒロ・チッチ / アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫 / きえないで』インタビュー

 今、日本の音楽シーンで最も勢いに乗っている集団と言っても過言ではない、楽器を持たないパンクバンド BiSH。結成時からグループを支えてきた2トップ、セントチヒロ・チッチ&アイナ・ジ・エンドのソロデビューシングル『夜王子と月の姫/きえないで』リリースを記念し、ふたりに単独インタビューを敢行しました。チッチはかつて自身を救ってくれた銀杏BOYZ「夜王子と月の姫」カバーへの覚悟と想いを語りながら涙、アイナも親友の母の死によって鬱々としていた想いを昇華した「きえないで」について切々と語ってくれました。楽曲同様、ふたりの人生の重さもしっかりと乗ったインタビューになっています。

セントチヒロ・チッチ
「夜王子と月の姫」単独インタビュー

銀杏BOYZ名曲カバー「ちょっと今泣きそうになっちゃってるけど……」

--昨年末の【WACK総選挙】で1位と2位を獲得した、BiSHのセントチヒロ・チッチとアイナ・ジ・エンドが両A面シングル『夜王子と月の姫 / きえないで』でソロデビュー。チッチは大好きなGOING STEADY/銀杏BOYZ「夜王子と月の姫」のカバーに挑戦した訳ですが、実際に制作してみていかがでした?

セントチヒロ・チッチ (BiSH) / 夜王子と月の姫 [OFFiCiAL ViDEO]
セントチヒロ・チッチ (BiSH) / 夜王子と月の姫 [OFFiCiAL ViDEO]

チッチ:今回ソロをやるとなったときに、松隈さん(※松隈ケンタ/BiSHサウンドプロデューサー)以外の人にアイナも私もプロデュースしてもらうことになって、エイベックスさんに「誰にプロデュースしてもらいたいか?」聞かれたんですよ。そのときに私は銀杏BOYZの峯田和伸(vo,g)さんしか浮かばなくて、峯田さんがダメだったときのことも考えるように言われたんですけど、無理で。でもすごく忙しい方なのは知っていたから「ダメ元で聞いてみてください」とお願いして。

--他は考えられなかったんですね。

チッチ:銀杏BOYZはカバー自体あんまりないから、そもそもカバー出来るかどうかも分からなかったけど、カバーさせてもらえることになって。……私が高校生のとき、気持ち的に結構孤独な時期があって、そのときに救われた曲が「夜王子と月の姫」だったんですけど、独りで寂しい夜とかにすごく救われていて。で、今回、この曲の頃のGOING STEADY/銀杏BOYZをリアルタイムで追えていなかった私が、この新しくなった時代にカバーして歴史を繋いでいく……いける、そのひとつに関われたような気がして。

--かつて自身を救った楽曲を新しい時代に繋いくでいく役割。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

チッチ:今回のソロデビュー作は私の「好き」をぜんぶ詰め込んでいるから、それで何か伝わるモノがあれば良いなと思いました。原曲は結構ストレートに峯田さんが歌っているイメージがあるんですけど、そこは真似をせずに私らしく歌って、また別の「夜王子と月の姫」として聴いてもらえたらなと思っていて。でもやっぱりカバーだし、私が大好きなバンドのいちばん好きな曲をカバーさせてもらったので、原曲と重ねながら聴いてほしい想いもあって……そういういろんな想いが交差し過ぎて「このカバーについてどう伝えていこう?」と正直悩んでいるところもあるんです。

--思い入れが強すぎるゆえにひとつの想いでは語りきれないし、とは言え大切な曲のカバーだから間違った伝わり方はしてほしくないし。

チッチ:そうなんです。ただ、自分が歌ったモノをまずプリプロの時点で聴いてみて、すごく切ない「夜王子と月の姫」になったなと感じたんですよ。切なさがすごく増して、それが何でなのかは全然分からなかったんですけど、この曲を一緒に作ったリーガルリリーと話していたときに「チッチにしか表現できない切なさというモノがあるんだろう」という結論に至って。「それもちゃんと追求して表現できたらいいね」ってそこから作り上げていきました。

--GOING STEADY/銀杏BOYZ「夜王子と月の姫」に「救われた」と仰っていましたけど、どんな気持ちのときに「夜王子と月の姫」のどんな要素がチッチを孤独から救い出したんだろう?

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

チッチ:ゴイステにハマったきっかけは「BABY BABY」だったんですけど、そこからたくさん聴いていったときに世界観が全然違ったのが「夜王子と月の姫」だったんです。「こんな曲も歌ってるんだ?」と思って。私は中学、高校と人間関係が上手く作れなくて、結構孤独だったんですけど「夜王子と月の姫」を聴いたときに、いつか私にも大切な人が出来て……夜王子と月の姫は平和に終われたのかは分からないけど、私にもそういう存在がどこかにいるのかもしれないと思えたし、そのときは「この曲自体が私にとってそういう存在」みたいな感覚になっていました。峯田さんはその当時すごく遠い存在だったから、峯田さんがそういう存在だと思っていた訳ではなくて、この曲自体が「私にとっての夜王子だ」という感覚だった気がします。「独りじゃないな」と思わせてくれた曲だった。

--それを今歌えるのは嬉しいですね。

チッチ:私にとっては大事件です。ひとりでボソッと歌っているときはたくさんあったけど、この曲をちゃんと、峯田さんが許してくれて、カバーして、世に出して、他の人に聴いてもらうっていう……本当に死んでもないことというか、予想がつかなかったことだから、まさかこんな風に歌わせてもらえるとは思わなかった。ただ、重圧も大きかったし、新しく自分で作る曲じゃないからこそ、重みはいつもの何十倍もあって、怖さもたくさんあって……怖かった。

--GOING STEADY/銀杏BOYZや峯田和伸という人がどんな愛され方をしてきたか、その1曲1曲に対してファンの人たちがどんな受け止め方をしてきたか、チッチはよく知っている訳じゃないですか。それをカバーするのは、いわゆるカバーとは全然違いますよね。

チッチ:全然違う。ちょっと怖……ずっと怖いから、ちょっと今泣きそうになっちゃってるけど……

--涙が溢れてきちゃいましたね。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

チッチ:なんか……この曲をカバーできるって聞いたときは「えっ?」と思って、めっちゃ嬉しくて。でも家に帰って、ひとりになって考えていたときに、嬉しさと、それよりもプレッシャー……というよりも何だろうな? なんかよく分かんない気持ちになって。銀杏BOYZって今平賀さんが言っていたように愛され方が独特だから、私がリスナー側でもたぶんいろんなことを思ったと思うし、だからこそ私がいちばんこの曲を好きになって、いちばん自信をもってやらなきゃと思って。だからすごく自信があるモノを作りたかった。そういう想いがすごく強くなりました。

--最終的に怖さがプラスに働いたということですよね?

チッチ:そうですね。それで落ち込んで良いモノじゃなくなっちゃうぐらいだったら、もっと「やってよかったじゃん」って思わせるぐらいのモノにしたかった。……モードが反骨精神のほうに行った。

--銀杏BOYZの曲は峯田さんが歌ってもファンから「死ね」だの「クソ」だの言われたりして、それに対して峯田さんが「ありがとうございます!」と言い返したりしながら育ててきたモノじゃないですか。だからチッチが今泣き出してしまった気持ちもよく分かるんですけど、すごく有意義なカバーだと感じましたよ。この曲が元々持っている純度を次世代の歌い手が次世代のリスナーに対して表現していくのは、とても良いストーリーだと思うし、いろんな可能性を感じる。かつてのチッチのような人をこの歌が救う、そんな役割を果たすかもしれないじゃないですか?

チッチ:そうであってほしい……と思って歌いました。銀杏BOYZを知らない人もこの曲を聴いて、私がそうだったからこそ「独りじゃない」って思ってほしいし、これを聴いて逆に「こんなに良い曲を歌っているバンドがいるんだ?」って新しく知ってもらえたら、それも私にとってはすごく嬉しいことだし、この曲でいろんな出逢い方をしてほしい。

--チッチがそう本気で思っているなら、今話したことはどれも起こりうると思います。これからライブでもそれが起きることを信じて歌っていくんでしょうし。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

チッチ:他人の賛否両論はたくさんあると思うんですけど、それに一喜一憂して良い歌がうたえなくなっちゃのはすごくイヤで、だからそのときはそのときで自分の歌を歌うしかないから……それこそこの曲にいちばん自信を持って歌っていきたい。私、銀杏BOYZも大好きだし、今回アレンジしてくれたリーガルリリーの楽曲も大好きで、たかはしほのか(vo,g)ちゃんが作る音楽がすごく好きだったんです。その大好きな人たちと自分が思う最高の曲を出来るということはすごく嬉しくて、だから自信をもってやれる。

--だから「私の「好き」をぜんぶ詰め込んでいる」と言ったんですね。

チッチ:そうです。大好きなバンドの大好きな曲を大好きな人たちと作って、衣装も「夜王子と月の姫」のジャケットの裏に載っている女の子の服を見せて「これを作ってください」ってそってぃーさん(※外林健太/BiSH衣装デザイナー兼オフィシャルカメラマン)にお願いして、そってぃーさんなりに作ってくれて、MVもエリザベス宮地さん(※BiSHドキュメンタリー監督)の映像が私は大好きなんで、その人が撮ってくれたということも私にとってはすごく大きかったし、宮地さん自身も銀杏BOYZが大好きだから。そんな銀杏BOYZを大好きな人たちが一緒に作ってくれたことがすごく嬉しくて、だから「私の「好き」をぜんぶ詰め込んでいる」作品なんです。

--気付いたらチッチのまわりに銀杏BOYZフリークが集まっていて、そのメンバーが集結して「夜王子と月の姫」を今一度世の中に発信していくべく一丸となったプロジェクト。そう思うと、すごく奇跡的なストーリーですよね。

チッチ:そうなんです。だから私の中ではすごく奇跡的なんです。

NEXT PAGE
  1. 未知の世界へ「今はまだ山の麓。まだまだこれからなんですよ、BiSHは」
  2. Next >
セントチヒロ・チッチ インタビュー写真

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ・ジ・エンド インタビュー写真

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー


未知の世界へ「今はまだ山の麓。まだまだこれからなんですよ、BiSHは」

--その出逢いも奇跡的だし、あとはこのタイミングも絶妙ですよね。だって、賛否両論に怯えていた初期のチッチではたぶん歌えてないでしょ? そう考えると、チッチがBiSHでデビューしてから今日までのストーリーは、この曲を歌う為にあったとも捉えられるじゃないですか。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

チッチ:怖がりだったんで、私はすごく。人の目ばかり気にしていた。だから、本当にそうですね。昔の私だったらソロデビュー自体も怖がっていただろうし、ましてや銀杏BOYZをカバーするなんて絶対出来なかったし、声が出なくなっちゃったかもしれないし。それでも今自信をもって「やりたい」と思って出来るのは、この4年ぐらいの時間の中で積み上げてきた自分へのいろんな気持ちがあるからこそで、まだ「誇り」とまで言えるか分からないけど、「やってきたことに間違いはなかった」と思える。そりゃ私たちの365日を皆さんは知らないから、いっぱいいろんなことを思うはずなんですよ。「なんでこんな小娘が?」とか「職権乱用すんなよ」とか。そう思う気持ちはすごく分かるし「私が彼女だったらそう思ったかもしれない」と思うんだけど、でもバンドってそうじゃないですか。好きなことを好きな人にちゃんと「好き!」って伝えて、それでいっしょに音楽が出来るってすごく素晴らしいことだし、今私もそれが出来ているっていうのは、職権乱用だとは思っていなくて。すべてが繋がって出来ていることだから、私は今すごく自信をもってやってます。

--「チッチが銀杏BOYZをカバーしました。以上」っていう話じゃないんだよね。そう思えるチッチになれていなければ、そもそも【WACK総選挙】で1位も獲れてないからソロデビューも出来ていなかった訳だし。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

チッチ:そもそも峯田さんがBiSHを知ってくれたのも奇跡的だったし。SET YOU FREEの千葉さんが対談を組んでくれて、サンボマスターの山口さんと4人で話して、そのときが「はじめまして」だったんですよ。私、全然喋れなかったんですけど……あたりまえなんですけど(笑)。そこから私のことを知ってくれて、ライブにも行かせてくれて、たまにお話をさせてもらって。でも私は音楽の話とかそんなに深く出来ないんですよ。「忙しいっすかー?」っていつも聞いてくれて「そんなことないです」みたいな会話しか出来なくて(笑)。でも音霊で一緒になったときにわざわざBiSHのステージを観に来てくれて、袖であの峯田さんがBiSHのことを観てたんですよ? そんなこと……もう意味分かんないじゃないですか! それでわざわざ、峯田さんは早く帰らなきゃいけなかったんだけど、私たちへの伝言を頼んでくれて、伝えてくれたんですよ。「めっちゃ格好良かったです」みたいな。そうわざわざ伝えてくれたことがすごく嬉しくて、そこからBiSHを聴いてくれているという話も聞いたから、それは私にとってはもう奇跡みたいなことで! で、今こういう風になってて……この「夜王子と月の姫」の音源を銀杏BOYZチームの皆さんと峯田さんが聴いて下さったんです。それがきっかけか分かんないけど、そのあとに銀杏BOYZのツアーに誘ってもらって、少なくともBiSHをちょっと好きになってくれたから呼んでくれたのかなと思って……なんか、何が言いたいか分かんないんですけど……

--うれしい?

チッチ:……うれしい。なんかよく分かんないけど、ちゃんと自分が好きなことややりたいことを言葉にするのは大事だなと思いました。

--だから奇跡的なストーリーではあるけど、その想いの強さが導いた今だから決して偶然ではないんですよね。そうなるべくしてなったんだなとすごく感じます。銀杏BOYZや「夜王子と月の姫」への変わらぬ想いがあって、もっと言えば音楽とか歌っていくことに対する想いをずっと貫いてきた結果。どこかでチッチが折れていたらこのカバーは実現していなかった訳で。

チッチ:そっか! そうですよね。

--そう思うと、ここに辿り着いたことに「おめでとう」を言いたくなるようなストーリーでもあるなと思います。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

チッチ:たしかに、いろんなことがあって今に至りますからね。総選挙とかもめちゃめちゃ怖かったですし、自分が1位になると思っていなかったからビックリしたけど、1位になったからには「チッチが1位になってよかった」と思ってもらえる曲が歌いたかったし、それだったら私がやりたいことをやるべきだなと思ったんですよ。私のことを応援してくれる人ってたぶん私がやりたいことをやることに対して一番応援してくれるような気がするんです。あんまり「こうしてほしい」と言ってくる人がいなくて、ありのままを応援してくれる人が多いから。だから「好き」を詰め込みました。誰が何を思うとかそういうことを気にしないでやれた。

--そんなチッチの想いがひとつの結実を今作で迎えた訳ですが、チッチのストーリーはこれからも続いていきます。この先のBiSHというグループをチッチはどういう風に捉えているんですか?

チッチ:昔のBiSHことを考えるときがあったんですけど、全く別の生き物みたいな気もするし、全く変わっていない気もするし、やっぱりBiSHってヘンなんですよ。でも最近のBiSHは個々が自分の好きなこととか自分の伸ばせる部分をすごく見つけてきている気がして、それでひとりでのお仕事もいろいろやれるようになってきているから、私が思い描いていた最強グループみたいなモノに一歩ずつ近づいている気がする。なんとかレンジャー……ってさっきアイナが言ってたんですけど(笑)、たしかにそんな感じ。

--赤、青、黄色、緑、ピンクじゃないけど、いろんなカラーの女の子がいて。

BiSH / HiDE the BLUE[OFFICIAL VIDEO]
BiSH / HiDE the BLUE[OFFICIAL VIDEO]

チッチ:そうそう。前作『Life is beautiful/HiDE the BLUE』で「新しい面を見せられた」と言っていたんですけど、たぶんBiSHってもっと出来ることがたくさんあるグループで、だから「これがBiSHだ」って私は決めつけたくなくて。もちろん「BiSHらしい」とか「BiSHらしくない」とかそれぞれで思うこともあると思うんですけど、そのぜんぶがBiSHで、だからこれからも新しいけど「これがBiSHだ」と思わせられる曲をやっていきたいんですよ。その上でもっと自分たちでも出来ることがあるんじゃないかなと思って、今考えてます。最近、みんな曲を作り出しているっぽいし、私も頑張ろうと思うんですけど、みんな一歩ずつ新しいことをやろうとしているんだなと思うから、なんか中学校に上がったみたいな感じ。

--今までが小学校で。

チッチ:そう、感覚的に。私個人の勝手な感覚なんですけど。

--ちゃんと進学したというか。

チッチ:うん。横浜アリーナ以降でちょっと進学した気持ちになっている。

--その横浜アリーナがあってひとつ突き抜けた感があった中、すごく良いタイミングで【a-nation'18】でのステージを観たんですよ。空席だらけの味の素スタジアム。あんな状況下でライブするのは初めてだったと思うんですけど、まさに小学校から中学校に進学したタイミングであの洗礼を受けたのは有意義だなと感じていて。アウェイや逆境の中でこそBiSHやWACK本来の魅力は爆発するんだなと再認識しましたし、心折れずにパフォーマンスし続ける6人の姿に目頭も熱くなりましたし、BiSHのストーリーはまだまだ続いていくんだなと実感することも出来ました。

BiSH / Life is beautiful [TO THE END @ 横浜アリーナ]
BiSH / Life is beautiful [TO THE END @ 横浜アリーナ]

チッチ:まずスタジアム自体があの日初めてだったんですよ。それで「めっちゃ人入るよ?」って聞いていたんですけど、なんとなく私的には「スカスカだろうな」と思っていたんです。で、みんながステージ袖まで来たときに「ヤバいよ、全然人いないよ」って言ってて。でもここでどんなライブをするかというのは、BiSHにとって試練のひとつなんですよ。で、去年の私たちだったら完全に空気に負けて良いライブが出来なかった。確実に。でも今年に入ってからどんな状況でもBiSHらしいライブを出来るようになってきたので、だから「この状況を逆に楽しんでこよう」と思いました。「ここにいる人たちがみんな好きになってくれればいいじゃん」と思ってライブをしたし、「このスタジアムが満席になったところでワンマン出来るように頑張ろう」という気持ちが芽生えました。ELLEGARDENの復活ライブを観たとき、満席な上に「音漏れ求めている人だけで何万人もいたんじゃないか」と思うぐらい人がたくさんいて、「10年も活動していなかったのにこんなに愛されているロックバンドいないよ」と思って。そういう存在になりたいと言うのも申し訳ないぐらいなんですけど……でもなりたいなと思いました。「悔しい」を通り越して「尊敬」に至った。

--では、なおさらまだまだこんなところでは立ち止まれませんね。

チッチ:横浜アリーナのステージでも言ったんですけど、私は「ここが終わりじゃなくて、ここがスタートだ」という気持ちでいて。横浜アリーナまではBiSHのチームは過去に見てきたじゃないですか。旧BiSの解散までで。だからこれより先は未知の世界なんですよ。チームの人たちも私たちも。なので、ここからがスタート。ファンの人にもそう思ってほしいと思っていたから言葉にしたんですけど、全然終わりとかじゃなくて! むしろここからが戦いかなと思っている。今はまだ山の麓。まだまだこれからなんですよ、BiSHは。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

NEXT PAGE
  1. アイナ・ジ・エンド「きえないで」単独インタビュー
  2. Next >

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

セントチヒロ・チッチ インタビュー写真

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ・ジ・エンド インタビュー写真

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー



アイナ・ジ・エンド
「きえないで」単独インタビュー

【a-nation】の洗礼「久しぶりに心にめっちゃ残ったライブでした」

--先日【a-nation'18】でのステージを観させて頂いて、空席だらけの味の素スタジアムで必死にパフォーマンスするBiSHに涙誘われたりもしたんですが、アイナはどんなことを感じながらあのステージに立っていたんでしょう?

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ:めっちゃ楽しかったです! 久しぶりにお客さんがあんまり入っていない光景の中でライブして、「4年前だったらこれで喜んでたな」とか「これでもめっちゃ多いほうだったな」と思ったときに、なんか自然と「この人たち全員ファンにして帰らなきゃ」という想いがめっちゃ湧いてきて。心の底から楽しかったです! あと、2011年か2012年か忘れちゃったんですけど、【a-nation】のアクトダンサーを務めさせてもらっていて。それはオーディションで受かった子が出れるんですけど、私、2回落ちたのかな? 3回目で初めて大阪の【a-nation】に出れて、初めてのギャラがウイダーinゼリーだったんですよ。

--(笑)

アイナ:自分のダンスで初めてもらったギャラだったんですけど、それがすごく嬉しかったんですよ。「ウイダーinゼリーをもらえた! 踊ったらもらえた!」って本当にむっちゃ嬉しかったんです。それから数年経って、今年のアクトダンサーを観たあとに自分たちが出る。初めて演者として出れる。初めて歌える。そう思ったらお客さんの数とか別にどうでもよかったし、楽しかったんですよね。

--完全にスウィッチ入っている感じがしました。

アイナ:本当ですか? でもそのあとの平賀さんのツイートのほうが面白かった。「渡辺さん(※BiSHプロデューサー/WACK社長)も体を揺らし続けていて、あまりのエモさに涙出た」そこかい!って(笑)。

--いやいや、それも含めてあのBiSHのライブ全体に涙したんですよ。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ:へぇー! あと、私は【a-nation】に向けてライブするというよりは、エイベックスに向けてライブしている感覚が強かったかもです。だから「エイベックスを上げていきまーす!」って叫んだんですよ。

--エイベックス全体を私たちが盛り上げると。

アイナ:アクトダンサーで【a-nation】に出たときも、TRFさんが審査員だったり、そこで倖田來未さんを間近で観たりしたんですけど、めっちゃ格好良くて!「スターや!」みたいな。なので、エイベックスってそういうアーティストをたくさん輩出している格好良い、大きいところというイメージだったので、そこのトップバッターを務めるなら「もう上げるしかない! お客さんが居る居ないはもうどうでもええわ!」と思っていたので、私的には心にめっちゃ残ったライブでした。嬉しかった。

--ああいう境遇でこそ輝く!みたいなところもありますよね。それはWACK全体に言えることかもしれないし、渡辺さんが育てた子供たちだからかもしれないけど、アウェイや逆境でこそ本領を発揮するんだなと思いましたし、まだまだBiSHのストーリーは終わらないんだなとも思いました。

アイナ:終わりを感じたことはないですからね。そもそも人生の中でも終わりを感じたことが一度もないから、何をもって結末とかあんまり分からないんですけど……でも最近よく走馬灯を見るんですよ。

--終わりじゃん。

アイナ:ハハハハ!

--走馬灯は死ぬときに見るやつだから、本当の終焉ですよ(笑)。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ:毎日見るんですよ。歯磨いてたら急に林間学校のことを思い出したり、そういうことが毎日何かしらあるんですよ。初めての交通事故とか。そんな中でふと思ったんです。「肛門を見る専門の医者だったら、その人の走馬灯は肛門ばかりなのかな?」とか走馬灯について考えるようになって。それぐらい毎日走馬灯なんですよ!「私、もうそろそろ死ぬのかな?」と思うぐらい。それで昨日思ったんですけど、人はどのみち死に向かって生きているから、そう考えたら怖いモノなんてないのかなって。どうせ死ぬんだから。そんな風に走馬灯のおかげで思えるようになりました(笑)。そういう意味では、終わりを感じているのかな? だから「明日死んでもまぁ仕方ない」という気持ちで最近生きれてる。

--では、今は何に対しても「死ぬ気でやってやる」みたいなモードなの?

アイナ:…………

--ただ「明日死んでもまぁ仕方ない」と思っただけ?

アイナ:単純にそう思うようになっただけ。自分でも「どうしたんだろう?」と思うんですけど、本当に毎日走馬灯を見るんですよ。

--単純に心配。

アイナ:(爆笑)

--今回「きえないで」のインタビューなので、それに相応しいトークテーマにはなっているんですけど(笑)、アイナの年齢でそこまで死を達観できるのは珍しい。でも「死に向かって生きている」と実感できたことで強くなれる部分もありますよね。どうせいつか死ぬんだから好きに生きようと思えたり。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ:そうですね。死んで骨になってしまえば、大体みんな形は同じじゃないですか。生きているあいだは「個性が大事」だとか「美人だ」とか逆に「顔が良くない」とかいろいろ言われるけど、結局焼いちゃえばみんな一緒みたいな。ってことは、そんなに人と人って大差ないのかなと思えてきて、欲も別にそんな……正直「あれもやりたい、これもやりたい」みたいなモノもなくなったし、すべて受け入れる態勢になってますね。例えば「可愛くなりたい」とみんな言うけど、目ふたつあって、鼻ひとつあって、口ひとつあって、みんなほとんど一緒だから「なんでそこに拘るんだろう?」と思うし。

--そう思うようになったきっかけも走馬灯?

アイナ:ひとりでよく踊るんですけど、それこそ「きえないで」の振りを考えるときもひとりで裸になって踊ったり、誰もいない銭湯でもひとりで裸で踊ったり、そういうときに思いました。「私、これ、肉付いてるけど、焼いちゃえばみんな同じ形だなぁ」みたいな。だからこそ誰かと自分を比べたりしている時間がもったいないというか、それこそ「自分の人生なんだから好きなように生きたほうがいい」と考えるようになったり、他人の意見とか他人の表現を評価するんじゃなくて、すべて受け入れるというか「これはこの人の生き様だ。これで良い」と思えるようになりました。例えば「この人のライブ、今日良くなかった」とか言う人いるけど、「そうじゃなくて、それもその人だし」みたいな。そう思えるようになってからちょっと楽しくなりました。

--どこかのお寺でも入ったんですか?

アイナ:(笑)

--どの宗派?

アイナ・ジ・エンド (BiSH) / きえないで [OFFiCiAL ViDEO]
アイナ・ジ・エンド (BiSH) / きえないで [OFFiCiAL ViDEO]

アイナ:無宗教です(笑)。正直に言うと、今回の「きえないで」タイミングでこういうことを考え出したんですけど……私、親友がいるんです。私が親友と思っているだけの可能性大なんですけど、私からしたら親友のお母さんが3年ぐらい前に亡くなったんですよ。そのときにその子がいちばん最初に私に電話をしてくれて「お母さん、死んじゃったわ」ってヘラヘラしてて。でも明らかに涙声で。私、震えて何も言えなくなっちゃって。東京に来てから唯一の、ずっと一緒にいてくれた友達だったので、だからこそ何も無責任なことを言えなくて。「すぐ行くよ」って言ったんですけど、向こうが黙って、フフッてちょっと笑い声が聞こえて、その何秒後かに「「きえないで」歌って」って。……私、震えすぎて「歌って」と言ってくる意味も「なんで今「きえないで」歌うの?」って分かんなくてなっちゃって、頭が真っ白になっちゃったんです。で、歌えなかったんですよ。それでずっと黙っちゃって。でもその子は「歌ってよ~」って泣きながら笑ってるんですよ。その子的にはちょっと分かってたんです。「そろそろお母さん亡くなるだろうな」と心構えはしていたっぽいんですけど、本当にその日が来るとはその子も私も知らなかったから。で、歌えなくて、電話切って、それから1週間ぐらいずーっと「なんで歌えなかったんだろう?」という気持ちでいっぱいになっちゃって。

--苛まれてしまったんですね。

アイナ:その子のママの火葬の日に家に行って、そのときにベッドで「きえないで」を歌ってあげたんですけど、なんか違くて。その子が求めているモノとは違う気がして。だから「歌えなかった」自分が情けない気持ちが強いままその後も生きていて、今回「きえないで」をリリースするってなったときに、その子に届けたい想いがいちばん最初に出てきて……それぐらいからですかね?「いつかは無くなっちゃう」とか「燃えたらみんないっしょだ」とか、そういう風に考え出しました。だからその子のおかげ。お寺には入ってない(笑)。

--ということは、今回リリースすることになった「きえないで」の音源にはそれだけ強い想いが入っている?

アイナ:そうですね。それぐらい、そのひとりに対して強い気持ちで歌うということは、誰か違う人の心にも刺さると信じているので、こういう形で「きえないで」を世に出せるのは嬉しい。

NEXT PAGE
  1. アイナ開眼「生と死と愛とかめっちゃ興味あります」
  2. Next >
アイナ・ジ・エンド インタビュー写真

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

セントチヒロ・チッチ インタビュー写真

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー


アイナ開眼「生と死と愛とかめっちゃ興味あります」

--また、元々「きえないで」は、BiSHでのデビュー前からSoundCloudに公開されていて、その音源はすごくシンプルなアレンジでしたが、今回は亀田誠治アレンジ&プロデュースということで、超名曲に仕上がりました。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ:夢が叶いました! 5年前に作ったときは、DTMとか使いながらピアノ弾ける友達の家に行ってコード作ってもらったり、ギター弾ける友達といっしょに「ちょっとノリで弾いてみて」みたいな感じで音入れてもらったり、レコーディングする場所もお金も手立てもなかったんで家でやったり、ピッチ修正とか知らなかったんで音程合うまで何十回も歌ったりして(笑)。本当に聴いてられないぐらい拙い楽曲をたまたま友達がレコーディングしてくれることになって、「やったー!」って喜びながらレコーディングブース借りて歌ったっていう……結構ぐちゃぐちゃな状況で作った曲。でもすっごい楽しかったし、その中でも夢があって、「ドラムっていう楽器を入れてみたいなぁ」とか「もしここにベースっていう楽器が入ったらどうなるんだろう?」とか「ピアノにエフェクトかけたら面白くなりそうだけど、やり方分かんないなぁ」とか思っていたので、亀田さんにアレンジしてもらったときに「ベースが入ってる! サビになったらドラムもいっぱい入ってる! ギターもピアノもなんか格好良い! やべぇ! 夢叶った!」みたいな。

--亀田さんが叶えてくれたんですね。

アイナ:家で号泣しました。嬉しすぎて。

--どういう経緯で亀田さんに手掛けてもらえることになったんですか?

アイナ:5月に【VIVA LA ROCK 2018】の企画「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」(※亀田誠治率いる凄腕ミュージシャンたちと豪華なゲストボーカリストが日本のロックアンセムの数々を蘇らせる企画)のボーカルに選んで頂いて、椎名林檎さんの「本能」を歌ったんですけど、そのときに亀田さんが喜んでくれていて。「20年前の曲を「聴いてきました」とオリジナリティを持って歌ってくれる子に出逢えて嬉しい。音楽は繋がってるんだね」って言ってくれていて、それがすごく私の心に残っていて。「音楽はたしかに繋げられる」と思ったし、それを1回でも私が出来たことも嬉しかったし、そういうご縁があって、エイベックスの方が今回「アレンジして頂くんだったら亀田さんじゃないかな?」と提案してくれて、音楽についてそうやって考えさせてくれた方でもあったので「ぜひお願いします!」って。

--それでこの素晴らしい音源が完成したと。今回ソロデビューシングルをリリースする上で「きえないで」以外の選択肢は自分の中でなかったんですか?

アイナ:ソロ曲をリリースすることになって、チッチがカバーだと聞いて、アイナはどうしようかとなったときに「自分で作詞作曲した曲、なんかある?」って聞かれて。BiSHに入ってからも何十曲か自分で作っていたんですよ。「どこにも出さない用」とか「宝物用」とかいろいろあるんですけど、でも私は「「きえないで」しかない」と思って、速攻で「「きえないで」でお願いします」と伝えました。

--そんな「きえないで」の反響も楽しみなアイナ・ジ・エンドなんですが、最近は走馬灯を毎日見るということで、今後の動向もかなり気になります。

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ:どうなっていくんですかね(笑)。生と死と愛とかめっちゃ興味あります。愛と孤独は違くて……とか、難しいな。なんて言ったらいいんですか?

--いや、分かんないですけど(笑)。

アイナ:そういうのに興味があります。

--形のないモノについて考えるのが好き?

アイナ:そうです! そういうモノを表現したときに誰かが共感してくれたり、その私の歌とか踊りを観ている瞬間だけは普段のツラいことから逃れられたり、そういうことに生き甲斐を感じている。

--その為に生きている?

アイナ:そうですね。そこにしか興味がない。

--では、それ以外のモノは何もなくていい?

アイナ:いや、そこまではちょっと。犬と遊びたいし、タイ料理好きだから食べたいし(笑)。でも私が表現者とするならば、そういう感じ。ライブでの「いぇーい! 楽しい! ハッピー!」みたいな時間よりも、生と死と愛とかそういうモノを表現している時間のほうが好きです。

--旧BiSのプー・ルイを取材していたとき、彼女の危うさや儚さみたいなモノをすごく感じていたんです。それこそ死の匂いがするぐらいのギリギリな感じがあって、BiSHはアイナ・ジ・エンドにソレを感じるんです。一瞬にすべてを懸けて歌いたい気持ちと一生歌い続けていきたい気持ちの狭間で葛藤したり、そのギリギリな感じがアイナにはまだ残っていて。で、今回の「きえないで」と今日の話を聞いて確信したんですけど、アイナは未来を見ていないですよね?

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ:見てないですね。

--やっぱり一瞬に生きる人なんだなと思いました。

アイナ:長い目で物事を見れないんですよ。だから常に100%以上の自分で表現しようと思ってる。それは喉が完治したことも大きいんですけど。

--それはよかった。

アイナ:なので、わりといつも「これでもか!」っていうぐらい全力ですね。観てる人にどう映っているかは分からないですけど、自分ではそう思ってライブしてる。

--じゃあ、もう歌い手としての迷いはなくなったんだ?

アイナ:それはよく分かんないんですけど、まだもがいている途中に居る感じはします。全く安定はしていない。でもこのあいだの【a-nation'18】はちょっと晴れた感じはしました! 初期から私を観てくださっている方なら分かったかもしれない。でもまだ答えが分かんなくてずっともがいてるから、安易に言葉に出来ないししたくないから言わないんですけど、たぶん何年か経ったら今のことを語れるんだろうなと思います。まぁその何年後に生きてるか分かんないですけど(笑)。

--でもこの先もBiSHで在ろうという気持ちはあるんですよね?

BiSH / BiSH
BiSH / BiSH "TO THE END" [ダイジェスト映像] @横浜アリーナ

アイナ:BiSHで在ろうという気持ち……どうだろう? BiSHで在ろう……というか、BiSHなんですよね、私は。それは変わらない。でも「きえないで」を出すにあたって感性が結構変わったりはしていて。この曲「きえないで」が喋れるようになってほしいとか、命が宿ってほしいとか、オバケでもいいから存在してほしいとか思うようになって。そんなこと初めてだったんですけど、この曲と親友みたいになりたいんです。そういう感覚が芽生えたときに、今までのBiSHの曲に対しても「あ、「スパーク」って曲は「BiSH-星が瞬く夜に-」の幼馴染みなんだな」とか「「Primitive」はBiSの「primal.」から繋がっている素敵な曲なんだなぁ。「primal.」と喋れるようになってみたいな」とか「「Primitive」の今このメロディーさんは今どんな気持ちで歌ってるだろう?」とか……ちょっと頭おかしいと思われるかもしれないんですけど、そういう感覚になりました。曲に命が宿ってほしい。その為なら別に私の命をちょっとずつ削るのも全然良いと思えるぐらい、初めてそういう感性を宿してもらえたので、この機会に「きえないで」を出せてよかったです。

--その感性はキープできると良いですね。あらゆる楽曲の表現力が確実に増していくと思いますし、表現の仕方そのものも変わってくる。

アイナ:そうですね。だから家で「きえないで」を歌っているときは歌詞も変えちゃってるんですよ。そのときの自分の歌いたい歌詞にしたり。そういうことがBiSHでも出来たりしたら、楽曲と喋っているみたいに歌えるから良いなぁと思って。

--良いんじゃないですか。長渕剛は歌詞なんてどんどん変えていきますからね。何なら5分の曲を30分ぐらいにしますから。

アイナ:それはヤバい!

--それだけ伝えたいことが溢れちゃうからそうなるんですよ。

アイナ:あぁー、そうか。

--『スッキリ』に出演したときもTOKIOへの提供曲を歌ったんですけど、サビの歌詞を思いっきり変えて、TOKIOへの応援歌としても響く歌にしていましたからね。それこそ渡辺さんが好きなヒップホップもそういうジャンルじゃないですか。

アイナ:フリースタイル。いつかそういう表現もしてみたいですね。

--そんな表現者として新たな領域に入ってきたアイナさんですが、BiSHとしての目標みたいなモノはあったりするんですか?

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

アイナ:私は自分がBiSHなんですけど、ちょっとだけ客観的に見れている部分もあって。メンバーひとりひとりがわりと宝物というか……本当に好きなんですよ。気持ち悪いと思うんですけど(笑)。だから例えばモモコが「歌詞書きたい」と言うんだったら私でよければ曲作りたいし、ハシヤスメがソロやるんだったら私が振り付けしたいし、そういう一人一人のやりたいことにもし私が力を添えられるのなら添えたい。チッチが東京ドームに立ちたいんだったら私も全力で立ちたいし、メンバーのやりたいことを一緒にやりたい。その気持ちは強いです。あと、スタッフさんが決めてくれた『ミュージックステーション』では絶対にキメたいとか。スタッフさんも含めてBiSHみたいなところがあるので。そういうことが私の目標かも。

--BiSHのメンバーやスタッフの願いを一緒に形にしていきたい訳ですね。

アイナ:モモコと今遊びで曲作ってるんですけど、その曲をモモコが「すごく好き」って言ってくれて、私もモモコの歌詞がすごく好きで、そういう関係性が良いなと思うんです。なかなかないと思うんですよ、ビジネスパートナーでこういう関係って。モモコに心を開いて、私のオナニーみたいな曲を聴いてもらって、それに歌詞を乗せてくれる。しかもそれをどこにも出さないっていう(笑)。そういう関係をそれぞれと大切にしていきたい。だから自ずと「応えたい」という気持ちになる。それがずっと続いていけばいいなと思っています。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュ

BiSH / Life is beautiful[OFFICIAL VIDEO]
アイナ・ジ・エンド インタビュー写真

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

セントチヒロ・チッチ インタビュー写真

BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

関連商品

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥1,620(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥3,024(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥6,458(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥10,800(税込)

プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」

2017/03/22

[CD]

¥1,080(税込)

プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」

2017/03/22

[CD]

¥4,104(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥1,080(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥1,944(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥5,378(税込)

OTNK
BiSH「OTNK」

2015/09/02

[CD]

¥1,080(税込)

stereo future
BiSH「stereo future」

2018/12/05

[CD]

¥1,080(税込)

stereo future
BiSH「stereo future」

2018/12/05

[CD]

¥4,860(税込)

stereo future
BiSH「stereo future」

2018/12/05

[CD]

¥7,344(税込)

BiSH “TO THE END”
BiSH「BiSH “TO THE END”」

2018/08/29

[Blu-ray Disc]

¥10,800(税込)

NON TiE-UP
BiSH「NON TiE-UP」

2018/06/27

[CD]

¥1,080(税込)

PAiNT it BLACK
BiSH「PAiNT it BLACK」

2018/03/28

[CD]

¥4,320(税込)

PAiNT it BLACK
BiSH「PAiNT it BLACK」

2018/03/28

[CD]

¥1,080(税込)

PAiNT it BLACK
BiSH「PAiNT it BLACK」

2018/03/28

[CD]

¥4,320(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥1,620(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥3,024(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥6,458(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥10,800(税込)

プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」

2017/03/22

[CD]

¥1,080(税込)

プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」

2017/03/22

[CD]

¥4,104(税込)

KiLLER BiSH
BiSH「KiLLER BiSH」

2016/10/05

[CD]

¥6,458(税込)

KiLLER BiSH
BiSH「KiLLER BiSH」

2016/10/05

[CD]

¥3,240(税込)

KiLLER BiSH
BiSH「KiLLER BiSH」

2016/10/05

[CD]

¥6,458(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥1,080(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥1,944(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥5,378(税込)

OTNK
BiSH「OTNK」

2015/09/02

[CD]

¥1,080(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    LiSA、ニューシングル発売記念トークイベント開催 楽曲制作陣の田淵智也・堀江晶太・カヨコが登壇

  2. 2

    【深ヨミ】ジャニーズWEST 新作ALが最も支持されているのは近畿?過去2作も検証

  3. 3

    ミーゴスのオフセット、カーディ・Bにステージで復縁を迫るも失敗「謝罪も公の場でするのが正しいと思った」

  4. 4

    THE RAMPAGE初のドラマタイアップ!新曲「Starlight」が本田翼×岡山天音W主演ドラマ主題歌に決定

  5. 5

    アリアナ・グランデ、カニエ&ドレイクのビーフに関するツイートを巡り謝罪

HOT IMAGES

注目の画像