Billboard JAPAN


Special Contents

八神純子×尾崎裕哉 スペシャル対談



八神純子×尾崎裕哉 スペシャル対談

2018年3月に行われた“billboard classics festival”にて初共演を果たした、八神純子と尾崎裕哉。パシフィコ横浜 国立大ホールのステージ袖で尾崎のパフォーマンスを観ていた八神がその歌声に惚れ、自身のラジオ番組『八神純子MUSIC TOWN』に出演をオファー。念願の出演が決まったという事で、収録スタジオに潜入させてもらった。 同じマエストロが指揮するbillboard Classicsのステージに立つという共通点以外にも、長い海外生活で得た欧米の感覚や、尾崎と同世代の子供を持つ八神、ということで打ち合わせの時点から和気あいあい。O.A.に入りきらなかった貴重なトークもぜひお楽しみいただきたい。

出会いはbillboard classicsのステージ

八神純子:尾崎さんとは、先日行われた“billboard classics festival”で初めてお会いすることになったんですけれども・・

尾崎裕哉:お世話になりました!

八神純子:いえいえこちらこそ!私、尾崎さんが歌ってらっしゃるのをずっと舞台の袖で見ていて。

尾崎裕哉:あ、ほんとですか。ずっとですか?

八神純子:いい声してるなと思って!そしてその後、素敵でしたってひとこと言いたくて、舞台の袖で「背が高い方だなあ。」って思いつつずっと待ってて。

尾崎裕哉:ありがとうございます。照れますね。

八神純子:素晴らしいパフォーマンスでした、みたいなことを私が言ったら、真っ直ぐ私の方をご覧になって「どうもありがとうございます」って。目をそらさないでお話になる方で、すごく素敵だなと思ったので、ぜひまたお話ししたいなと思いました。

尾崎裕哉:良かった!目を見て!

八神純子:(笑)っていう風に言われませんか?

尾崎裕哉:たまに、目をしっかり見て話すよね、っていうのは言われますね。

アメリカで過ごした幼少期 ~ 父【尾崎豊】の音楽との出会い

八神純子:みなさん同じところから話が始まるとは思うんですが、尾崎さんは【尾崎豊さんの息子さん】ですよね。私はこのあいだ声を聴かせていただ時に、上手な歌を歌う人は世の中に今いっぱいますけれど、あの時、尾崎さんの歌は心に届く歌っていう風にすごく感じたんですね。心に届くうまい歌を歌える人ってなかなかいないので、私は同じ心に届く歌を届けようと思っているシンガーとして、とても感動したんです。

尾崎裕哉:嬉しいです。

八神純子:なので、どういうところからこの歌ができてきたのかなあという話をお聞きしたいんですけれども、子供のころはどんな子供だったんですか?

尾崎裕哉:僕は5歳くらいからボストンに母親と二人で暮らし始めて。アメリカの学校の子供たちって、しゃべりたくてしゃべりたくてしょうがない人たちがいっぱいいるんですよ。

八神純子:その通りですね。

尾崎裕哉:クラスで輪読とかする時もすぐ意見を言ったり手を挙げたりとか。僕はどっちかというと何もしゃべらない、誰も俺には絶対指ささないでみたいな、常に陰に居たいタイプだったんですよ。誰も見向きもしないような少年でした。

八神純子:人に歌を聴かせるのも嫌だった?

尾崎裕哉:そもそも人前に立つのがすごく嫌だったんです。ただ、僕の父親が尾崎豊で、あるいはミュージシャンで。彼の音楽は毎年日本に帰国してお墓参りに行っていたときに、車の中でCDが流れてたんですよ。良い歌だなって毎回思っていて、それを何年か繰り返し聴いてるうちに自然に覚えていって、12歳くらいの時に、初めて自分でCDを録って聴いてみようと。当時あったSONY CLIEっていう電子手帳にアルバム二枚分くらいを入れられて、夏休みずーっとそれだけを聴くみたいな。そうすると、不思議なもので体の中に記憶があるから、脳内で再生できるんですよ。鮮明に流れる。

八神純子:なるほどね。

尾崎裕哉:それをやってるうちに、じゃあちょっと自分も一緒に歌ってみようかなって歌った時に、ヘルツ単位、というか息遣いまで全部、合わせることができたんです。人間って面白いもので、うまくできたという成功体験があると、ものすごくいい気持ちになるじゃないですか。やりたいことかどうかは分からない、でもこれはできることだ、しかも上手くできることなんだっていうのがすごいあって。

八神純子:自分の自信に繋がったということですか。嬉しいですよね、そういう時って。

尾崎裕哉:そうなんです。それがすごい嬉しくて、いつか僕も音楽にかかわる仕事をしたいと思っていたんですが、いかんせん人前に出るのが嫌いなので、ずーっと、コピーする事で満足してたんです。

八神純子:そこが自分のゴールだったというか。

尾崎裕哉:そうなんですよ、もうそれだけで満足で。ただアルバムを全部聞き終えて、71曲全部歌えます、脳内再生もできますって言った時からが、自分の本当の音楽のスタートだったのかな、と思います。

八神純子:そうなのね。その殻から出てきた、友達の前で歌ってみようかなとか、ちょっと披露したいなって思い始めたのは、いつ頃だったんですか?

尾崎裕哉:それが結構長くて。二十歳の時にようやく曲を書き始めようと思ってつたないながら書いてたんですけど、その時ラジオのパーソナリティをやるきっかけを頂いて、フジロックフェスティバルで自分の番組の公開収録をやると。そこで、人前で歌ってみないかっていうディレクターの一押しもあって、父親の曲のカバーとジョン・メイヤーのカバーを・・・

八神純子:ジョン・メイヤーも素晴らしいアーティストですよね。

尾崎裕哉:「Neon」って曲がすごい好きだったので、まあギターもそんなにうまくないんですけど、どうせだったらチャレンジしてやりたいって言ってやったのが、初めての機会でした。

▲ John Mayer - Neon (legendado) [Live in LA]

NEXT PAGE
  1. one of themからone to oneのシンガーへ
  2. Next >

one of themからone to oneのシンガーへ

八神純子:ああそう。じゃあそれまでは学園祭とか・・?

尾崎裕哉:僕コーラス部に入っていてそういうところでは一応歌ってはいたんですけど、one of themなので、プレッシャーもなく。

八神純子:自分だけが注目を浴びるわけでもないですよね。そんな時代もあり、フジロックに出て、初めて公の場所で自分の歌を聴いてもらった、その時の気持ちはどんな?

尾崎裕哉:みんな笑顔で聴いてくれたんですよね。そして「良かったよ」って言ってくれたのが、つたないっていうのは自分でもよくわかってるし、もっとよくできたなっていうのもあったんですけど、意外に人間って優しいんだなって思ったんですよね。

八神純子:(笑)そうなんですか。正直な気持ちですね。

尾崎裕哉:僕の歌っている後ろでノエル・ギャラガーがグリーンステージで歌っていて。「え、ノエル見に行かなくていいの?」みたいな。でも「いや、君を見に来たんだよ」って言ってくれたのが嬉しくて、そんなに肩肘張らなくていいんじゃないかなと。音を楽しむ音楽にもっと向き合ってみようかなと思ったきっかけでした。

八神純子:じゃあその初めてのステージの時に、お父様のこと考えました?

尾崎裕哉:正直そんな余裕全くなくて。歌詞を間違えないようにとか、そういうことでいっぱいでしたね。

八神純子:そうだったんですね(笑)。じゃあきっとそのステージが終わった後に、何か考えられたことがあるんじゃないですか?

尾崎裕哉:ライブが終わった後に思ったのは、もちろん父親がきっかけで観に来てくれてるかもしれないですけど、結局、歌い手と歌を聴く人って常に一対一の関係だと思って。

八神純子:その通りですよね。

尾崎裕哉:父親がどうとかって、歌ってる瞬間は全く関係ないんですよね。歌っているあなたが、うまいのかうまくないのか、心に響くのか響かないのか、それだけしかないと思うんですよ。

八神純子:確かに。一対一っていうのは、前に三人いようが、千人いようが、五千人いようが一対一なんですもんね。

尾崎裕哉:そうなんですよ。聴いてくれているあなた、そして僕。もちろんみんな集まってるかもしれないけど、やっぱり楽しんでるのは、それぞれの主人公なので。

八神純子:そうですね。それぞれの人生と、自分の人生と。どこか歌でつながる部分ができるわけですからね。

デビュー曲「始まりの街」について

八神純子:デビュー曲を作ったころは、他に曲がいっぱいあって、選んだんですか?

尾崎裕哉:いえ、全然そんなではなくて。僕一応大学院まででているんですけど、卒業のタイミングで母親に、「お母さんこれまで育ててくれてありがとうパ―ティー」っていうのを、サプライズで企画したんですよ。

八神純子:涙が出そう!ほんとに?

尾崎裕哉:母親がね、一人で育ててくれて、大学院まで行かせてくれて、お金も時間もたくさんかけてもらったので、母親の友達100人くらい集めてイベントをやって、そこで初めて母親に曲を書くっていうのをやったんですよ。それでできたのが「始まりの街」で。

八神純子:そうだったんですか。

尾崎裕哉:それで、TBSさんの特番で歌わないかっていうお話があった時に、じゃあ自分の曲もやらせてくださいっていうことで「始まりの街」を歌って、思いのほか反響があったので、レコード会社とか決まった時に、それを出したっていう。

▲ 尾崎裕哉「始まりの街 (Soul Feeling Mix)」Official Audio

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ビルボードクラシックス公演を間近に控えて
  3. Next >

billboard classics公演を間近に控えて

八神純子:この間のステージでの尾崎さんを観て、ステージアピュアランスとても素敵だったのですが、とっても楽しみなステージがあるということですね。

尾崎裕哉:一緒に出演させていただいたビルボードクラシックスの、僕の単独公演がありまして。

八神純子:尾崎さんと、マエストロの栁澤寿男さん。このコラボレーションは初めてだということなんですね。

尾崎裕哉:そうなんです。まだお会いしたことはないのですが、いろんな人から良いお話を耳にします。

八神純子:はい。とても素敵なマエストロなので、とっても合うと思います!今まではクラシックフェスティバルという事で2、3曲だったのが、今回はワンマンのステージですよね。全部で何曲くらい歌う予定ですか?

尾崎裕哉:一応14~15曲くらいの予定ですね。

八神純子:そう。どんな気持ちですか?

尾崎裕哉:ずっとフルオーケストラでのライブはやってみたかったんですよね。で、まだまだ実はいろんな構想はあって、例えばバンドとフルオーケストラを両立させるようなコンサートとか、追々やっていきたいんですけど、まずはそこに自分が居るっていうのを噛み締めたいなと、思います。

八神純子:かなり大きなステージですよね。私、正直言って最初スタコラサッサ、って逃げ出したかった(笑)。そういう風に全然見えなかったって言われるんだけど、後ろに70数名の鍛え抜かれたが耳があるわけでしょ。すごいスリルですよね。

尾崎裕哉:確かに。僕はもう、そこまで考えないようにします(笑)。

八神純子:あはは!Just do it!って感じで!

尾崎裕哉:はい、Just do it!

尾崎裕哉の今後は?

八神純子:ではこのコンサートが終わり尾崎さんの今後、3年とか5年後の尾崎さんのビジョンはどんなものなんですか?

尾崎裕哉:まずはたくさんのお客さんに聴いてもらうっていう所はやっていきたいですね。より大きなステージを目指すっていうのはありますし、自分の代表曲となるような曲を増やしていくことが作家としての喜びだと思います。

八神純子:やはり自分を表現するという作品があるという事は、喜びとなっているんですか?

尾崎裕哉:自分を言葉だったり音楽だったり、トライアルできるというのがすごく楽しいですね。僕は、アメリカもいいんですけどアジアの方に注目していて。同じ東洋民族の方がわかり合える事が多いんじゃないかと思っているんですけど。

八神純子:そうなんですか!確かに、メロディラインとか全然違いますよね。音楽の作り方とかね。

尾崎裕哉:基本僕の中にあるのは洋楽もあるんですけど、J-POPだったりするんですよね。やっぱり14歳くらいまで基本的に尾崎豊しか聴かずに育っていたので、分脈としてJ-POPがあって。その中にどういう洋楽の今のフレーバーを入れていくか、みたいな。

八神純子:そうですね。J-POPも世界に飛び出していく、そんな時代になりましたもんね。

尾崎裕哉:特に70’sのシティポップ、山下達郎さんとかの曲って、スペインのバーで流れてたりするんですよ。ブレッド&バターとか、わざわざアナログ盤を日本に買い付けに来て。僕も最近あの時代の音楽を聞き始めて、色んなそういうテイストも自分の作品に活かせればな、と思っています。

八神純子:これからの尾崎君の音楽シーンを切り開いていく姿を、みんなで楽しく見させて頂こうと思います。期待しています!

尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

SEIZE THE DAY

2017/10/04 RELEASE
TFCC-89636 ¥ 1,500(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Glory Days
  2. 02.シアワセカイ
  3. 03.愛か恋なんて(どうでもいいや)
  4. 04.君と見た通り雨

関連キーワード

TAG

関連商品

コミュニケーション
八神純子「コミュニケーション」

2012/08/08

[CD]

¥2,469(税込)

ゴールデン☆ベスト 八神純子
八神純子「ゴールデン☆ベスト 八神純子」

2012/08/08

[CD]

¥2,057(税込)

さくら証書
八神純子「さくら証書」

2012/01/25

[CD]

¥1,028(税込)

JUNKO THE BEST
八神純子「JUNKO THE BEST」

2010/06/16

[CD]

¥2,160(税込)

Mr.メトロポリス
八神純子「Mr.メトロポリス」

2010/06/16

[CD]

¥2,160(税込)

素顔の私
八神純子「素顔の私」

2010/06/16

[CD]

¥2,160(税込)

思い出は美しすぎて
八神純子「思い出は美しすぎて」

2010/06/16

[CD]

¥2,160(税込)

夢みる頃を過ぎても
八神純子「夢みる頃を過ぎても」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

JUNKO THE BEST
八神純子「JUNKO THE BEST」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

Mr.メトロポリス
八神純子「Mr.メトロポリス」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

素顔の私
八神純子「素顔の私」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

思い出は美しすぎて
八神純子「思い出は美しすぎて」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

FULL MOON
八神純子「FULL MOON」

2003/10/22

[CD]

¥2,000(税込)

LONELY GIRL
八神純子「LONELY GIRL」

2003/10/22

[CD]

¥2,000(税込)

八神純子 ベスト
八神純子「八神純子 ベスト」

2003/03/26

[CD]

¥2,057(税込)

思い出は美しすぎて
八神純子「思い出は美しすぎて」

2001/12/19

[CD]

¥1,620(税込)

八神純子 ベストコレクション
八神純子「八神純子 ベストコレクション」

1999/03/25

[CD]

¥2,571(税込)

思い出は美しすぎて
八神純子「思い出は美しすぎて」

1996/03/21

[CD]

¥1,572(税込)

BEST COLLECTION
八神純子「BEST COLLECTION」

1994/05/25

[CD]

¥1,572(税込)

This is the ヤガ祭り
八神純子「This is the ヤガ祭り」

2018/04/25

[CD]

¥4,000(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,500(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,800(税込)

思い出は美しすぎて
八神純子「思い出は美しすぎて」

2016/07/20

[CD]

¥1,620(税込)

There you are
八神純子「There you are」

2016/01/13

[CD]

¥3,500(税込)

ヤガマニア
八神純子「ヤガマニア」

2012/08/08

[CD]

¥2,469(税込)

八神純子「純」

2012/08/08

[CD]

¥2,469(税込)

コミュニケーション
八神純子「コミュニケーション」

2012/08/08

[CD]

¥2,469(税込)

ゴールデン☆ベスト 八神純子
八神純子「ゴールデン☆ベスト 八神純子」

2012/08/08

[CD]

¥2,057(税込)

JUNKO THE LIVE
八神純子「JUNKO THE LIVE」

2010/06/16

[CD]

¥2,777(税込)

夢みる頃を過ぎても
八神純子「夢みる頃を過ぎても」

2010/06/16

[CD]

¥2,160(税込)

JUNKO THE BEST
八神純子「JUNKO THE BEST」

2010/06/16

[CD]

¥2,160(税込)

Mr.メトロポリス
八神純子「Mr.メトロポリス」

2010/06/16

[CD]

¥2,160(税込)

素顔の私
八神純子「素顔の私」

2010/06/16

[CD]

¥2,160(税込)

FULL MOON
八神純子「FULL MOON」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

ロンリー・ガール
八神純子「ロンリー・ガール」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

夢みる頃を過ぎても
八神純子「夢みる頃を過ぎても」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

JUNKO THE BEST
八神純子「JUNKO THE BEST」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

Mr.メトロポリス
八神純子「Mr.メトロポリス」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

素顔の私
八神純子「素顔の私」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

思い出は美しすぎて
八神純子「思い出は美しすぎて」

2008/10/22

[CD]

¥2,571(税込)

八神純子 バラード
八神純子「八神純子 バラード」

2006/12/21

[CD]

¥2,057(税込)

八神純子 ポップ・ヒッツ
八神純子「八神純子 ポップ・ヒッツ」

2006/12/21

[CD]

¥2,057(税込)

FULL MOON
八神純子「FULL MOON」

2003/10/22

[CD]

¥2,000(税込)

LONELY GIRL
八神純子「LONELY GIRL」

2003/10/22

[CD]

¥2,000(税込)

八神純子 ベスト
八神純子「八神純子 ベスト」

2003/03/26

[CD]

¥2,057(税込)

思い出は美しすぎて
八神純子「思い出は美しすぎて」

2001/12/19

[CD]

¥1,620(税込)

八神純子 ベストコレクション
八神純子「八神純子 ベストコレクション」

1999/03/25

[CD]

¥2,571(税込)

思い出は美しすぎて
八神純子「思い出は美しすぎて」

1996/03/21

[CD]

¥1,572(税込)

BEST COLLECTION
八神純子「BEST COLLECTION」

1994/05/25

[CD]

¥1,572(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】Mr.Children『重力と呼吸』がリリース3週目前半も首位走行中 僅差で『うたプリ』2作が後を追う

  2. 2

    カミラ・カベロの曲を起用したSpotifyのCMが「怖すぎる」という理由でUKで放送禁止に

  3. 3

    BTS (防弾少年団)、所属事務所Big Hitエンターテインメントと7年間契約延長

  4. 4

    【ビルボード】DA PUMP「U.S.A.」がストリーミング16週目の首位獲得 Nissy「トリコ」が2位に浮上

  5. 5

    AAA、福岡ヤフオク!ドーム公演のライブ・ビューイングが決定

HOT IMAGES

注目の画像