Billboard JAPAN


Special Contents

山中千尋『ユートピア』インタビュー



山中千尋『ユートピア』インタビュー

 ニューヨークを拠点に活動し、現在は米バークリー音楽大学助教授として後進の指導も行うなど世界で活躍し続けているジャズ・ピアニスト、山中千尋が、アルバム『ユートピア』を6月20日にリリースした。今回はアルバムや収録曲について話を訊いたのだが、音楽のスタンダードとも言えるクラシックを素材にしたことでジャズをもっと知ってほしいという想いや、自身が表現の幅を広げ多様性を拓いていくことで、ジャズを演奏することと聴くことの楽しさを若い世代に伝えようとする、山中千尋が持つジャズの未来への希望がひしひしと伝わるインタビューとなった。

クラシックを素材として全く別なものを再構築したオリジナル・アルバム

――『モルト・カンタービレ』以来のクラシックを題材としたアルバム『ユートピア』ですが、なぜ今回クラシックを再びアレンジしようと思われたんですか?

山中千尋:ジャズとクラシックは、別のジャンルだと捉えられがちですが、ジャズはもともと、ミュージカルの曲を元にしたアドリブが広まり、 “スタンダード”と呼ばれるようになりました。ミュージカルには、クラシックの作曲家が手掛けた素晴らしい作品が数多くあります。なので、クラシックは、ミュージカルよりもジャズのアドリブ素材として、よりスタンダードなものではないかと思いました。

−−選曲の面で、前回との違いはどういうところでしょう。

山中:今年は、ジョージ・ガーシュウィンが生誕120周年、レナード・バーンスタインが100周年を迎えます。音楽史の中ではクラシックの作曲家として有名ですが、ジャズにも非常にゆかりの深い2人なので彼らを軸に取り上げつつ、クラシックからポピュラー音楽ともなりつつある有名曲を集めました。

−−山中さんは、ピアノを始めてからバークリー大学に入学するまでクラシックを勉強されていましたよね。ジャズの経験をたくさん積まれて、クラシックへの視点の変化などはありましたか?

山中:そうですね。昔は音楽室にあるバッハやシューベルトの肖像画に対して怖いなと感じていました。とても崇高で偉い作曲家たちだと。でも、一度ジャズを経験してからクラシック音楽と向き合うと、彼らも同じような…と言うとおこがましいですが、身近なミュージシャンとしてすごく近いと思えたんです。バッハたちは、当時は譜面としてしか残す手段がなかったため楽譜として残されていますが、もしかしたら毎日ピアノに向かって即興で演奏したり、実際はもっと違う風に弾いていたかもしれないですよね。

−−今、楽譜として残されているのは1つの完成形であって、その作品が出来上がるまでには、様々な試行錯誤があったのでしょうね。

山中:本当にその通りなんです。作曲家が作った最初の音は残っていないし、彼らは思いつくメロディを弾いて、記譜して、何度も書き直していたんだと思うんですよね。なので、私たちの解釈と表現を重ねて弾くことは悪いことではないと思います。今回の場合は変えすぎてしまったと思うんですけど、自分自身のものにしていく面白さがありました。なのでどうしてもクラシック・トリビュートと思われてしまうんですが、私の中では曲を素材として全く別なものを再構築してオリジナルのアルバムにしたつもりです。

−−なるほど。

山中:学校では、(クラシックだと)譜面に忠実にと教えられることが多いですが、歴史を紐解いていくと、いくつもあったアイデアの中の一つを、譜面として私たちが見ているのかなと思うんですよね。なのでアレンジするときには、この曲の中で大事だったものは何だろう、この作曲家が言いたかったことは何だろうと考えて弾いています。

−−クラシックの楽譜とまた向き合った上で、その曲の一部分にある情景や感情を切り取ってジャズで表現するということですか。

山中:そうです。私が激しく揺さぶられた部分をクローズアップしてます。クラシックって、色んな音楽的なレイヤーが複雑にできているので、アドリブの素材としてとても面白いんです。クラシックの作曲家同士でも同じようなコード進行の上で違うメロディをつけているので、色んなものを引用できるし、ブロードウェイだと曲の中でメロディと伴奏が2層になっていることが多いんですが、他のクラシックの作曲家は、工夫を凝らして様々な対位法や和声を使っているので、そのあたりを拾い出す楽しみもありました。

−−映画などを観ていても、怒りや悲しみの大きな感情が主題となるシーンでクラシック音楽が使われることが多いですよね。山中さんのピアノを聴いていると、美しいメロディの中にある感情の部分がより引き立っている気がします。

山中:ジャズでクラシックを題材にすることはよくあるんですが、昔はスウィング、4ビートなどシンプルなものが多くて。ですが今の現代ジャズはビートを複雑にしたり同じメロディでも展開の違うハーモニーをつけることで、また違ったストーリーを重ねていける所が楽しいです。映画で印象的なクラシックのメロディは、ジャズのスタンダードよりもさらにインパクトがあるかもしれないですね。

−−クラシックの楽曲とジャズとの相性などはありますか?

山中:どの曲もアレンジのし甲斐がありますが、相性もありますね。私はなるべく誰もが知っている曲をアレンジするようにしているんですが、「乙女の祈り」なんかは新幹線の発着時に使われているのでよく耳にしますよね。小さなお子さんから年配の方まで「あ、あの曲がこんな風になるんだ」と曲の変化を多くの方に分かって頂ける方が面白いかなと思っています。また、ラヴェルやワーグナーのように原曲が作りこまれている楽曲はアレンジが簡単ではないですし、色んな音が聞こえてくるのでオーケストラの曲はアレンジは難しいです。

−−今回の収録曲だとレナード・バーンスタインの「マンボ」はオーケストラの楽曲ですよね?

山中:そうなんです。オーケストラの楽曲は難しいんですが、バーンスタイン自身がジャズやラテンのビート感やリズムというものを非常に理解している作家さんなので、今回は是非演奏したいと思っていたんです。

−−アメリカ出身のガーシュウィンやバーンスタインは、クラシックで高い評価を受けながら、同時にジャズやポピュラー音楽にも精通していました。今回の選曲はそういった時代背景も意識されたのでしょうか?

山中:アメリカの古典と言えばジャズですし、それまで色んな地域で発生していた様々なジャズをブロードウェイミュージカルやオペラという一つの形に落とし込んだのはガーシュウィンなんです。そのガーシュウィンの系譜を受け継いだのがバーンスタインで、『ウエスト・サイド・ストーリー』なんてまさに映画音楽ですよね。彼は作曲の面でも非常に優れていますが、元々の曲はブロードウェイ歌曲になるように一段の楽譜とコードになるようなシンプルな部分もあったんです。そういったアメリカの方法論や歴史も踏まえてポピュラーミュージックをクラシックの域まで発展させていたバーンスタインには音楽学者のような側面もあって、色んなレクチャーが残っているんです。どのようにリズムができていて、そこにどうやって音を乗せると、かっこいい音楽ができるかということを知り尽くしていて。クラシックというのはハーモニーやヨーロッパのダンスが基礎になっていますが、アメリカはやっぱりジャズが基礎になっている部分が多いので、ガーシュウィンやバーンスタインが受けた影響もきっとあると思います。

<
NEXT PAGE
  1. ジャズにも多様性がある方が豊かになるので色んな表現があっていいと思います
  2. Next >
NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ジャズにも多様性がある方が豊かになるので色んな表現があっていいと思います
  3. Next >

ジャズにも多様性がある方が豊かになるので色んな表現があっていいと思います

――収録曲で、ご自身の中で一番気に入っているアレンジはありますか?

山中:どの曲もそれぞれ面白かったんですが、「乙女の祈り」なんかはピアノを弾く方は発表会でよく演奏する曲なんですけど、同じテーマを繰り返すんですよ。一つ一つ完結して文章が終わっている感じが強い曲なんですが、私はそこで終わらずにどんどん次の調、キーにいくという転調を繰り返しています。

−−すごくアグレッシブな印象ですよね。

山中:「乙女の祈り」はとても優しい曲ですが、今の時代は女の子もすごく元気ですから、溌溂と次に向かっていくようなイメージで作りました。あとは、「白鳥」も原曲とはかなり変えましたね。


▲山中千尋「乙女の祈り」Music Video(short version)

−−確かに「白鳥」も原曲とは全然違って衝撃的でした。

山中:白鳥って、湖で浮かんで優雅で、綺麗なイメージじゃないですか。だけど私が知っている白鳥は、子どもの時に母の実家がある福島に遊びに行くと、近くに阿武隈川という川が流れていて、そこに来る白鳥はものすごく食いしん坊で餌を持っていると子どもをつつきに来るし、太っていたんです。怖くて自分が逃げた思い出もある危険な鳥だったんですね。ヨーロッパの公演に行って見かけたときも、他の鳥の餌を取ったりしていたし、(白鳥は)自分が綺麗だということを知っていて特別に扱われるのも分かっているようで、私は…苦手なんです(笑)

−−(笑)

山中:なので、そういうふてぶてしい白鳥をイメージして、曲は5拍子でずんずん進んでいくような白鳥を描きたくて。だけどその図々しさを表現するのに、本来はもっと小節ごとにメロディが変わる曲なのですが、そのメロディを長くしてわざとずらしました。これが、私の見た白鳥のイメージですね。もちろん、サン=サーンスの原曲は大好きですが、違う印象を持ってもらえると嬉しいです。

−−クラシックの楽曲は、作曲家やアレンジしているジャズ奏者の方もやはり男性が多いですよね。なので、山中さんのように女性がアレンジすると楽曲の新たな一面が見えてくる気がします。

山中:一概には言えませんが、男性の方が、テーマに対してシンボルや抽象的なものを捉えがちという一面はあるかもしれませんね。女性はもう少し現実的というか、自分の体や五感で感じたものを忠実に描く人が多いですし、私もそういう表現が好きです。それに、ジャズってまだまだ弾く方も聴く方も男性が多くて、「ジャズはこうあるべき」という男性的な価値観がぼんやりとあって、そこに従わなければいけない空気もあります。だけど私はもっと色んな女性の感覚が出てきて良いと思っていて。若い子がジャズの先輩にあーだこーだ言われたと相談される時には「そんなの聞き流しておきなさい」と言っています(笑)

−−山中さんに言われると心強いですね。

山中:言われたことは役に立つかもしれないし、知ることはもちろん大事ですが、だからといっていつもそれに照らし合わせて同じようなものを作ることはしなくていいし、私自身も先輩の女性ミュージシャンから学んだことで「こうあるべき」だという価値観をどんどん壊していけたんだと思います。

−−具体的にはどういった方でしょうか?

山中:つい先日、リンカーンセンターで女性ジャズピアニストの草分け的存在であるメアリー・ルー・ウィリアムズの作品を12曲ほど演奏しました(2018年3月・米リンカーンセンター【Who is Mary Lou Williams?】)。改めて譜面を見ると、「こんなに面白いことをあの時代にやっていたんだ」と思いました。彼女は本当にワンアンドオンリーだったんですが、その後に様々な女性ミュージシャンが出てきたことで変わったこともありますし、多様性がある方が絶対豊かになるので色んな表現があっていいと思うんですよね。男性にも新たなことに挑戦するミュージシャンはたくさんいますが、従来のジャズな価値観だけでなくオープンな感性で表現していきたいですね。


▲Mary Lou Williams - Solo Blues Piano.

−−「死んだ男の残したものは」と「わが母の教え給いし歌」は、こちらも“女性”がテーマになっている気がしています。また、これらは平和や命を繋げていくことへの想いが強い曲ですが、“平和への祈り”も山中さんのテーマとしてあったんでしょうか。

山中:あまり作品にメッセージを込めるつもりはないですが、誰もが自分らしい生活を送れる環境は必要です。海外でライブすると、シリアやアメリカから来た人が同じ会場に、音楽を聴きに来てくれるんですよね。そうすると世の中で起こっていることって何なんだろう、と不思議に思います。戦争なんて本当に不必要で、起こってほしくないことですから。「戦争反対」と言うのは一番シンプルで大事なことですが、でもそれだけを声高に言うと背を向けてしまう人もいます。私はまた違った形で平和への想いを表現できればいいなと思っています。

−−前作『モンク・スタディーズ』についてインタビューさせて頂いた際、アメリカの世相が不穏な空気になっているのを打ち破りたいと仰っていました。そこから現在まで日本の空気も変わってきているからか、今作では山中さんがピアノにぶつけるエネルギーの強さを、より身近に感じました。

山中:そう思って頂けると嬉しいです。私が教えている学生たちは、音楽にしか興味がなくて、とても素直な子たちなので、何でも言うことを聞いてしまうんじゃないかと心配になってしまうことがあって…(笑)

−−生徒さんたちを含め若い子たちの背中を押すメッセージも込められているんですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 音楽の中に住み続けるのだろうなと思っています
  3. Next >
NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「どこに住みたいですか?」と聞かれるとやっぱり、いつでも音楽の中に住み続けるのだろうなと思っています
  3. Next >

音楽の中に住み続けるのだろうなと思っています

――今回のアルバムは全体的にリズミカルで、中でも特に「マンボ」と「ハンガリー舞曲」がその印象を引き立てている気がしました。

山中:「マンボ」はラテン音楽で、下町などのダンスシーンから来ているんです。アメリカだとラテン音楽がジャズに及ぼした影響というのは計り知れないし、この曲もお祭りのような賑やかな感じがしますよね。グルーヴありきの音楽で疾走感があってかっこいいので、ニューイヤーコンサートでよく演奏するんです。バーンスタインが指揮したオーケストラの作品もありますが、グスターボ・ドゥダメルというラテンの指揮者の作品がとても格好良くて、クラシックのコンサートなのに皆踊っているんです。

山中:「ハンガリー舞曲」は、ヴァイオリンでどれだけ早く弾けるかというのをジプシーの方たちが競い合う曲なんですけど、それがすごく面白くて、私はストライドピアノを演奏したんですけれど、半分冗談で弾いています(笑)運動会じゃないけど、鍵盤の上を指がどのぐらい早く弾けるかという楽しさもあって、そこに途中からメアリー・ルー・ウィリアムズが弾いた「ナイト・トレイン」のフレーズをクォートしています。ストライドやブギウギというのは、ジャズのピアニストがどれぐらいできるのかをやる典型的なフォーマットの伴奏の形なので、私もやってみました。

−−アレンジ作品はバリエーションが豊かですが、1曲目のオリジナル曲「ユートピア」にはどんな思いが込められているんでしょうか。

山中:私がとても好きなフリードリヒ・グルダというクラシックのピアニストがいて、彼は元々モーツァルトとかバッハが得意なピアニストなんです。だけど、ウェザーリポートにもいたことのあるジョー・ザヴィヌルというジャズのマルチキーボーディストと同じ先生に師事していたことがあって、友達だったザヴィヌルの影響でフリードリヒもジャズを始めたそうで、たくさんジャズの作品を残しているんですね。彼の作品はクラシックでもジャズでもないようなユニークな作品でよく聴くのですが、生き生きして瑞々しくて、どこでもない場所に行ける感じがするんです。

−−どこでもない場所、ですか。

山中:「ユートピア」は、そんな風に感じさせてくれる音楽家やミュージシャンに向けて書いた曲です。色んな場所を移動しているからか「どこに住みたいですか?」とよく聞かれるますが、どこも素敵で選べなくて。やっぱり、いつでも音楽の中に住み続けるのだろうなと思っています。

−−まさにそうですね。曲中の変則的なテンポも印象的でした。

山中:この曲すごく難しくて。小節数も半端で、速いんですよ。7拍子なんですがウォーキングしているのですぐどこにいるのか分からなくなってしまって(笑)なので自分がしっかりしていないとロストしてしまうような曲なので、大変でしたけど面白かったですね。

−−今回、ジョン・デイヴィス(ds)と脇義典さん(b)とのトリオということでしたが、「ユートピア」はお2人とスタジオに入られてから書かれたんですか?

山中:はい。あの2人なので何でもやってくれるだろうと思って(笑)撮る前の日にレコーディングしたんですが、元々は少し違うアレンジで書いていて、それがあまり上手くワークしなかったので、何度かテイクを重ねて落とし込みました。最後にジョンがソロを取るんですが、1人でやってもらうより何かコード進行があった方が面白いと思ってキーボードも一緒に入っています。

−−デビュー15周年の際にはオリジナル・アルバムの『ギルティ・プレジャー』、2017年にはセロニアス・モンクを題材にした『モンク・スタディーズ』、そして今回クラシックを再構築する『ユートピア』に至りますが、そのあたりの流れは、何か意識されていましたか?

山中:特に『ギルティ・プレジャー』から意識をし出したということはないんですが、それまでは自分自身をどう表現したいかだけにフォーカスすることが多かったんです。だけど『ギルティ・プレジャー』のあたりから、大学で教え始めたこともあって若い人に携わることが多くなったので、次の世代の人たちへの希望や、表現することで何かその先に自分の経験をシェアするような、自分の表現にプラスして伝えたいことが少しずつ出てきたのかなと思います。

−−アルバム『ユートピア』を録音されたのは、3月~4月とのことですが4月の後半からライブも多数出演されていますよね。

山中:録音を終えた直後からイタリアの10か所で公演を行って、飛行機を降りてすぐ日本に移動して、という感じでした。それに録音する直前の3月にリンカーンセンターでメアリー・ルー・ウィリアムズのトリビュート・ライブが2日間あったんですが、その1週間前まで譜面が来なくて、届いた譜面を見たら音がたくさん書いてあって「私レコーディングもあるし、できないかも…」と心が折れそうになりました(笑)

−−1週間ですか! 10曲以上演奏されたと仰ってましたもんね…。コンサートはいかがでしたか?

山中:メアリー・ルー・ウィリアムズもそうだし、ジェームス・P・ジョンソンのトリビュート・ライブも以前同じくリンカーンセンターで弾かせて頂いたんです。ジャズピアノのルーツになるようなピアニストの演奏を自分が弾いて、その人をトリビュートする機会が何度かあったものですから、ジャズのルーツにも興味が出てきました。ただ、3月のコンサートはカオスの中で進んでいったので、自分でもレコーディングの方はどうなっちゃうんだろうという感じでした(笑)

−−そんな大変な状況を乗り越えての録音だったんですね。

山中:だけどその点で、クラシックのメロディや楽曲はどんな風に自分でアレンジしても大丈夫という強靭さがあるので楽しくできました。実は『モルト・カンタービレ』の後から、もう一度クラシックを素材に取り組みたいという構想はずっとあったんです。できれば、クラシックは今後もシリーズとしてやっていきたいなと思っています。『モンク・スタディーズ』の時のようなエクスペリメンタルなこともやりたいですし、さらに色んな楽曲を取り上げてアレンジしていきたいですね。

−−近年、ジャズ・フェスティバルが日本でも増えていて、若い人が音楽そのものに触れる機会が多くなりました。ジャズライブの会場にも足を運ぶ方が増えたと思うんですがいかがでしょうか。

山中:そうですね。私はたまに“Tokyo TUC”という老舗の小さなジャズクラブで演奏する機会があるんです。今まではジャズが好きな方はやはり年配の方が多い印象でしたが、最近は高校生の方も女性も来てくださったりして、とても嬉しいです。ジャズもどんどん変わっていってるので、今の音楽を楽しむ方たちにも聴きやすくて、きっと心を揺さぶられるような音楽に出会えると思います。あと、ジャズはライブで聴いていただくと全然違うと思います。今回『ユートピア』のツアーでヨーロッパやアメリカなどを回っていて、CDのアレンジから毎回変化していますので(笑)ライブに来ていただいて、「生で聴くジャズってこんなに面白いんだ」という感覚を体感して頂ければ、嬉しいです。11月に「ユートピア」の録音オリジナルメンバーでの日本ツアーがありますので、ぜひお近くの会場に足を御運び賜れば幸いです。

NEXT PAGE
  1. < Prev

山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ユートピア」

ユートピア

2018/06/20 RELEASE
UCCJ-9215 ¥ 3,996(税込)

詳細・購入はこちら

関連商品

ユートピア
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ユートピア」

2018/06/20

[CD]

¥3,996(税込)

ユートピア
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ユートピア」

2018/06/20

[CD]

¥3,240(税込)

モンク・スタディーズ
山中千尋 マーク・ケリー ディーントニ・パークス「モンク・スタディーズ」

2017/06/21

[CD]

¥3,132(税込)

モンク・スタディーズ
山中千尋 マーク・ケリー ディーントニ・パークス「モンク・スタディーズ」

2017/06/21

[CD]

¥3,996(税込)

ジャズ・ナウ2017
(V.A.) キャンディス・スプリングス 山中千尋 ケニー・バロン・トリオ ジョン・スコフィールド ルイ・アームストロング キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス チェット・ベイカー「ジャズ・ナウ2017」

2016/12/28

[CD]

¥2,160(税込)

ギルティ・プレジャー
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ギルティ・プレジャー」

2016/07/13

[CD]

¥3,024(税込)

ギルティ・プレジャー
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ギルティ・プレジャー」

2016/07/13

[CD]

¥3,780(税込)

ライヴ・イン大阪
ザ・スフィアーズ 山中千尋 ダナ・ロス カレン・テパーバーグ「ライヴ・イン大阪」

2015/10/14

[CD]

¥3,024(税込)

ベスト 2005-2015
山中千尋「ベスト 2005-2015」

2015/10/14

[CD]

¥3,456(税込)

シンコペーション・ハザード
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「シンコペーション・ハザード」

2015/07/15

[CD]

¥3,024(税込)

シンコペーション・ハザード
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「シンコペーション・ハザード」

2015/07/15

[CD]

¥3,780(税込)

ライヴ・アット・ブルーノート東京
山中千尋 サムシン・ブルー・クインテット ベニー・ベナック3世 ジェリール・ショウ 脇義典 ケンドリック・スコット「ライヴ・アット・ブルーノート東京」

2014/12/17

[Blu-ray Disc]

¥5,400(税込)

ライヴ・アット・ブルーノート東京
山中千尋 サムシン・ブルー・クインテット ベニー・ベナック3世 ジェリール・ショウ 脇義典 ケンドリック・スコット「ライヴ・アット・ブルーノート東京」

2014/12/17

[DVD]

¥4,320(税込)

ジャズ・ナウ2015
(V.A.) 山中千尋 クオシモード ファブリッツィオ・ボッソ メリッサ・アルダナ アル・ジャロウ 黒田卓也 ヘレン・メリル「ジャズ・ナウ2015」

2014/12/17

[CD]

¥2,160(税込)

サムシン・ブルー
山中千尋 ベニー・ベナック3世 ジェリール・ショウ ラゲ・ルンド 中村恭士 ケンドリック・スコット マーク・ホイットフィールドJr.「サムシン・ブルー」

2014/07/16

[CD]

¥3,024(税込)

サムシン・ブルー
山中千尋 ベニー・ベナック3世 ジェリール・ショウ ラゲ・ルンド 中村恭士 ケンドリック・スコット マーク・ホイットフィールドJr.「サムシン・ブルー」

2014/07/16

[CD]

¥3,780(税込)

モルト・カンタービレ
山中千尋 ベン・ウィリアムス ジョン・デイヴィス「モルト・カンタービレ」

2013/08/14

[CD]

¥3,703(税込)

アフター・アワーズ2
山中千尋 アヴィ・ロスバード 中村恭士 脇義典「アフター・アワーズ2」

2012/12/05

[CD]

¥3,909(税込)

ブラヴォーグ
山中千尋 ヴィセンテ・アーチャー ジーン・ジャクソン「ブラヴォーグ」

2012/07/18

[CD]

¥2,571(税込)

アビス
山中千尋 ビセンテ・アーチャー ケンドリック・スコット「アビス」

2012/07/18

[CD]

¥2,571(税込)

ラッハ・ドッホ・マール
山中千尋 ラリー・グレナディア ジェフ・バラード ジョン・カーリーニ「ラッハ・ドッホ・マール」

2012/07/18

[CD]

¥2,571(税込)

ブラヴォーグ
山中千尋 ヴィセンテ・アーチャー ジーン・ジャクソン「ブラヴォーグ」

2008/09/24

[CD]

¥3,600(税込)

ブラヴォーグ
山中千尋 ヴィセンテ・アーチャー ジーン・ジャクソン「ブラヴォーグ」

2008/09/24

[CD]

¥3,086(税込)

アビス
山中千尋 ヴィセンテ・アーチャー ケンドリック・スコット「アビス」

2007/08/22

[CD]

¥3,086(税込)

ラッハ・ドッホ・マール
山中千尋 ラリー・グレナディア ジェフ・バラード ジョン・カーリーニ「ラッハ・ドッホ・マール」

2006/09/13

[CD]

¥3,292(税込)

ユートピア
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ユートピア」

2018/06/20

[CD]

¥3,996(税込)

ユートピア
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ユートピア」

2018/06/20

[CD]

¥3,240(税込)

モンク・スタディーズ
山中千尋 マーク・ケリー ディーントニ・パークス「モンク・スタディーズ」

2017/06/21

[CD]

¥3,132(税込)

モンク・スタディーズ
山中千尋 マーク・ケリー ディーントニ・パークス「モンク・スタディーズ」

2017/06/21

[CD]

¥3,996(税込)

ジャズ・ナウ2017
(V.A.) キャンディス・スプリングス 山中千尋 ケニー・バロン・トリオ ジョン・スコフィールド ルイ・アームストロング キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス チェット・ベイカー「ジャズ・ナウ2017」

2016/12/28

[CD]

¥2,160(税込)

ギルティ・プレジャー
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ギルティ・プレジャー」

2016/07/13

[CD]

¥3,024(税込)

ギルティ・プレジャー
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「ギルティ・プレジャー」

2016/07/13

[CD]

¥3,780(税込)

ライヴ・イン大阪
ザ・スフィアーズ 山中千尋 ダナ・ロス カレン・テパーバーグ「ライヴ・イン大阪」

2015/10/14

[CD]

¥3,024(税込)

ベスト 2005-2015
山中千尋「ベスト 2005-2015」

2015/10/14

[CD]

¥3,456(税込)

シンコペーション・ハザード
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「シンコペーション・ハザード」

2015/07/15

[CD]

¥3,024(税込)

シンコペーション・ハザード
山中千尋 脇義典 ジョン・デイヴィス「シンコペーション・ハザード」

2015/07/15

[CD]

¥3,780(税込)

ライヴ・アット・ブルーノート東京
山中千尋 サムシン・ブルー・クインテット ベニー・ベナック3世 ジェリール・ショウ 脇義典 ケンドリック・スコット「ライヴ・アット・ブルーノート東京」

2014/12/17

[Blu-ray Disc]

¥5,400(税込)

ライヴ・アット・ブルーノート東京
山中千尋 サムシン・ブルー・クインテット ベニー・ベナック3世 ジェリール・ショウ 脇義典 ケンドリック・スコット「ライヴ・アット・ブルーノート東京」

2014/12/17

[DVD]

¥4,320(税込)

ジャズ・ナウ2015
(V.A.) 山中千尋 クオシモード ファブリッツィオ・ボッソ メリッサ・アルダナ アル・ジャロウ 黒田卓也 ヘレン・メリル「ジャズ・ナウ2015」

2014/12/17

[CD]

¥2,160(税込)

サムシン・ブルー
山中千尋 ベニー・ベナック3世 ジェリール・ショウ ラゲ・ルンド 中村恭士 ケンドリック・スコット マーク・ホイットフィールドJr.「サムシン・ブルー」

2014/07/16

[CD]

¥3,024(税込)

モルト・カンタービレ
山中千尋 ベン・ウィリアムス ジョン・デイヴィス「モルト・カンタービレ」

2013/08/14

[CD]

¥2,880(税込)

ライヴ・イン・ニューヨーク
山中千尋 中村恭士 バーナード・“プリティ”・パーディー ベン・ウィリアムス ジョン・デイヴィス「ライヴ・イン・ニューヨーク」

2013/06/19

[DVD]

¥3,024(税込)

ザ・ジャズ2013
(V.A.) 山中千尋 ジャッキー・テラソン ブッゲ・ヴェッセルトフト メロディ・ガルドー 村上“ポンタ”秀一 ダイアナ・クラール 小曽根真トリオ「ザ・ジャズ2013」

2013/02/27

[CD]

¥2,037(税込)

アフター・アワーズ2
山中千尋 アヴィ・ロスバード 中村恭士 脇義典「アフター・アワーズ2」

2012/12/05

[CD]

¥3,909(税込)

ブラヴォーグ
山中千尋 ヴィセンテ・アーチャー ジーン・ジャクソン「ブラヴォーグ」

2012/07/18

[CD]

¥2,571(税込)

アビス
山中千尋 ビセンテ・アーチャー ケンドリック・スコット「アビス」

2012/07/18

[CD]

¥2,571(税込)

ラッハ・ドッホ・マール
山中千尋 ラリー・グレナディア ジェフ・バラード ジョン・カーリーニ「ラッハ・ドッホ・マール」

2012/07/18

[CD]

¥2,571(税込)

スティル・ワーキング
山中千尋 脇義典 ラリー・グレナディア ジョン・デイヴィス バーナード“プリティ”パーディー「スティル・ワーキング」

2012/05/23

[CD]

¥1,851(税込)

ザ・ジャズ2012
(V.A.) 山中千尋 ジョージ・ベンソン ハクエイ・キム アマンダ・ブレッカー ビル・エヴァンス ルイ・アームストロング サラ・ヴォーン「ザ・ジャズ2012」

2012/04/11

[CD]

¥2,037(税込)

ライヴ・イン・ニューヨーク
山中千尋 中村恭士 バーナード・“プリティ”・パーディー ベン・ウィリアムス ジョン・デイヴィス「ライヴ・イン・ニューヨーク」

2011/10/19

[DVD]

¥5,122(税込)

Reminiscence[レミニセンス]
山中千尋 feat.Bernard Purdie,Larry Grenadier 脇義典 ジョン・デイヴィス「Reminiscence[レミニセンス]」

2011/08/24

[スーパーオーディオCD]

¥4,629(税込)

ブラヴォーグ
山中千尋 ヴィセンテ・アーチャー ジーン・ジャクソン「ブラヴォーグ」

2008/09/24

[CD]

¥3,600(税込)

ブラヴォーグ
山中千尋 ヴィセンテ・アーチャー ジーン・ジャクソン「ブラヴォーグ」

2008/09/24

[CD]

¥3,086(税込)

アビス
山中千尋 ヴィセンテ・アーチャー ケンドリック・スコット「アビス」

2007/08/22

[CD]

¥3,086(税込)

ラッハ・ドッホ・マール
山中千尋 ラリー・グレナディア ジェフ・バラード ジョン・カーリーニ「ラッハ・ドッホ・マール」

2006/09/13

[CD]

¥3,292(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Flamingo」が2週連続の1位、back number「オールドファッション」が続く

  2. 2

    BiS1st(ゴ・ジーラ/アヤ・エイトプリンス/パン・ルナリーフィ/トリアエズ・ハナ)『アゲンストザペイン』インタビュー

  3. 3

    BTS(防弾少年団)総合SG首位、RAD新譜にワンオクTakaら参加、HYDE×YOSHIKI再共演:今週の邦楽まとめニュース

  4. 4

    【深ヨミ】UVERworld、UNISON SQUARE GARDEN等 実店舗での売上が大きいアーティストの地域別売上を検証

  5. 5

    東方神起、チケット入手困難となった最新ツアーの模様が放送されることに

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像