Billboard JAPAN


Special Contents

日食なつこ ツアー【クラブ・イクリプス2】インタビュー



インタビュー

 繊細なピアノの旋律と聴くものを鼓舞する力強い歌声が評価されている岩手県出身シンガー・ソングライター、日食なつこ。2017年のワンマンツアー【マニアたちの親睦会】では、東京キネマ倶楽部2daysを含む8会場の公演がすべてソールドアウトとなり、一方で、各地のカフェを中心に巡るツアー【遊泳喫茶】をこれまでに三度開催するなど、日本全国に幅広く独自のファンベースを築いている。


 そんな日食が、今度はクラブ会場でのショーを開催。【クラブ・イクリプス2】と銘打たれたこのツアーでは、5月27日に愛知・名古屋ブルーノート、6月2日に神奈川・Motion Blue YOKOHAMA、そして千秋楽となる6月9日には大阪・Billboard Live OSAKAのステージに立つ。これに伴いBillboard JAPANではインタビューを実施。このツアーに懸ける想いや、会場限定シングルに収録される楽曲について、様々な話を訊いた。

ライブハウスやカフェでのショーとは一線を画す

――5月27日から名古屋、横浜、大阪と巡るクラブツアーがスタートします。会場では限定シングル『空中裁判』も販売されますが、収録曲はこのツアーのために書き下ろされたものですか?

日食なつこ:新曲がいくつか貯まっていたので、そろそろ何かの形で出したいなとは思ってたんです。そこにちょうどクラブツアーが決まって、せっかくだから新曲も一緒に出せたらいいなって。タイミングですね。

――聴かせていただきましたが、たしかにクラブ会場を意識した作風でもないですよね。カバーを抜いた3曲に関しては、なんというか太陽の恵みを感じるような。歌詞も曲調も爽やかで、どちらかといえば解放感のある外向きな楽曲だなぁという印象でした。野外フェスとかで聴いたら気持ちよさそうです。この作品にコンセプトがあるとしたら何でしょう?

日食:今おっしゃっていただいた通りの解放感、爽やかさみたいなものはテーマの一つでしたね。というのも、リリース時期が春の終わりくらい、これから夏に向かっていく、そんな季節なので。1曲目の「空中裁判」は新しい曲なんですけど、「タイヨウモルフォ」は古い曲です。新旧問わず季節感に合った曲を選曲して、“さわやか盤”みたいなコンセプトで作りました。

――表題曲の「空中裁判」はまさにシングルのコンセプト性を体現してるような、グルーヴの軽やかな疾走感のある曲ですけど、これは意識的にこの路線で作られたものなんですか?

日食:この曲はすごく意識的に作りましたね。

――何かインスピレーションがあって?

日食:単純に書きたい欲がすごくあったんです。なんだか最近は爽やかで軽い曲を書かずに、重たい曲ばかり書いていたなと。後者の曲はたぶん日食なつこが一番得意とするところではあるんですけど。



日食なつこ「ログマロープ」Music Video


――なるほど。一方で「タイヨウモルフォ」は昔からある曲とのことで。

日食:曲調はそんなに爽やかではないんですけど、歌詞を見てもらえば分かる通り、夜明け前から朝に向かっていくような世界観になっていて、新しい生活が始まる春に相応しいかなと思って。

――資料に書いてある「浮ついた春にぴったりの曲」ってキャッチコピーがズバリ表しているように感じます。会場限定シングルということで、収録曲はこのクラブツアーでも披露されると思うんですけど、他にこれまでのライブハウスでのショーやカフェツアーとの違いがあるとしたら何でしょうか?

日食:座席に座って美味しいご飯を食べながら、落ち着いて音楽を聴ける質の良い空間という意味では、ライブハウスやカフェでのショーとは一線を画すのかなと思ってます。ちょっと敷居が高い、クオリティの高い空間で鳴らせる音というか。他の場所のクオリティが低いという意味では全然ないんですけど、ライブハウスはひたすら音を楽しむ場所だし、カフェツアーではカフェそのものの空間を楽しんでいただきつつ、リラックスして音楽を楽しんでいただきたいので。

――その違いはセットリストにも表れそうですか?

日食:そうですね。その予定です。

――今回のクラブツアーのバンド編成って…

日食:ピアノとドラムのWロン毛で。

――komakiさんですね(笑)。ビルボードやブルーノートのようなヴェニューでは、その日仕様としてアコースティック編成で臨んだり、ゲストにホーンやストリングスを招いたりするバンドも多いんですけど、今回日食さんはお馴染みの編成でやられるということで、ならばどんなところでいつもと違った日食さんが見られるのか、ということはお客さんも気になっているところかと思います。

日食:それは我々も意識してます。ライブハウスだとやっぱりガツンと刺さる曲を優先して選びがちなんですよね。でもそうじゃなくても良い曲はたくさんあって、そのあたりはライブでもあまり披露されずに残ってるので、今回はそれらをうまく拾ってやっていけたらなと。

――そもそもクラブツアーをやろうと思ったきっかけは?

日食:もともとビルボードみたいな場所でやってみたらいいんじゃないのって話をいろんな人から貰ってて、私もすごく気になってはいたんです。ただ、縁がなかったりタイミングが合わなかったりでやれていなかったので、もう呼ばれるのを待つんじゃなく、自分たちから意欲的にやらせてくださいって感じでツアーを組もうと。何かきっかけがあったというより、自分たちの活動のタイミングとかテンション感で決めた感じですね。

――お客さんとしてこういった場所でライブをご覧になることは?

日食:あまりないですね…。ただ気になっているアーティストがビルボードさんに出ていたりするので、行ってみたいとはずっと思ってたんですけど。

――【クラブ・イクリプス】というタイトルにはどんな想いが?

日食:イクリプスって“日食”っていう意味なんですけど。

――クラブでの日食さんっていう。

日食:はい。“クラブなんとか”ってかっこいい名前にしたいなと思ってて、すごく安直なつけ方なんですけど(笑)。

――【クラブ・イクリプス】は今回が“2”で、“1”は昨年8月に名古屋ブルーノートにて行われました。振り返ってみていかがですか?

日食:高級感溢れる会場で、自分たちの背中もピっと真っすぐになるというか。すごくいい空気感でしたね。

――相方のkomakiさんの反応はいかがでした?

日食:喜んでました(笑)。komakiさんって今ではロック・バンドのサポートをたくさんやったりしてますけど、もともとはジャズ箱で修業を積んでた方なので、一種の憧れだったらしいですよ。

――そういえば昨年の全国ツアー【マニアたちの親睦会】の千秋楽、東京キネマ倶楽部公演の時に、Black Bottom Brass Bandとの共演をkomakiさんがすごく喜んでいたのが印象的でした。

日食:なのでジャズ結構詳しいんですよ。「この曲のこういうのを今度使ってみようよ」とかって話をしてきて、逆に全然私が分からないっていう…。

――では日食さん自身を振り返ってみていかがですか?

日食:私も正直、名古屋ブルーノートさんでの単発の時は、かねてから憧れだったところに立てたって気持ちだけでノってたので、冷静にいつもと違う風にどうこうする、とかはなかったと思います。

――その時の経験は今回のツアーに生かされると思いますか?

日食:大いに生かされると思います。その空間の雰囲気を見てセットリストを決めたり、プレイスタイルを変えてみたり、ちょっとアレンジを入れてみたり、今回は余裕を持ってそういった遊びを試してみようかなと思ってます。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. EXILEで始まって、中学でBUMP OF CHICKENに出会って…
  3. Next >

EXILEで始まって、中学でBUMP OF CHICKENに出会って…

――会場限定シングルの話に戻りますが、イーグルスのカバーが1曲収録されています。この選曲の意図は?

日食:単純に私が昔からすごく好きな曲で、ただやりたかったから入れたっていう、それだけなんですけど。ただ、今までカバーをあまりきちんとやってこなかったので、自分の音楽の幅がある程度固まってきたこのタイミングで、次のステップにいくよっていう意思表示、こういった昔の曲とか海外の曲とかも勉強して、もう一歩幅を広げる作業をしてますよ、みたいな意思表示も込めて。

――今、制作面ではインプットの期間?

日食:そうですね。もちろんレコーディングとかライブとか、アウトプットもしてはいるんですけど、いつもより意識してインプットしてる時期かなぁと思います。

――具体的な手段としてはやはり、他のアーティストさんの曲を聴いたりする?

日食:そうですね

――最近特に聴いているアーティストがいれば教えてください。

日食:見た目がすごく似てるからって人に勧められて聴き始めたんですけど、ジュディ・シルっていうアメリカ出身のシンガー・ソングライター。ロン毛でピアノも弾いてて自分でも似てるなって思いました。

――言われてみれば…。

日食:音楽的にも似てるんですよ。私よりもやってるレベルは遥かに上なんですけど。クラシックにも造詣が深くて、すごく奥深いし引き出しも多くて、この人の音楽には私がやってなかった部分がまだまだありそうだなと思って、最近もっぱら聴いてますね。



▲Judee Sill - The Kiss


――日食さんの音楽のルーツって難しいなと思っていて、ご自身では自分の音楽性のルーツになったアーティストって誰だと思いますか?

日食:自己分析の結果だと、EXILEだと思います。

――あ、そうなんですね。

日食:この話、最近どこでもしてるんですよ。ラジオとか。絶対みんな同じ反応しますね(笑)。

――世代的に清木場さん時代?

日食:そうです。SHUNがすごく大好きで、SHUNがいなくなったと同時にちょっと離れる、みたいな完全なるミーハーファン(笑)。

――EXILEのどんな部分が自分の音楽に還元されてると思います?

日食:全部還元されてると私は思ってるんですけど。作詞とか。かなりEXILEの曲から入ったつもりです。

――でも清木場イズムはちょっとあるかもしれない。男気というか、泥臭さの中にある気高さというか、日食さんのロック気質と通じるものを感じます。

日食:EXILEの曲って打ち込みでバキバキに仕上げられてますけど、あの原曲を例えばピアノ一本で弾いてみたりすると、結構おしゃれなコードとか入っててかっこいいんですよ。この間ラジオで弾き語りしたんですけど。

――それにしても意外なスタート地点です。

日食:そういった作業をしていたのが小学校6年生くらいで、その時にセブンスコードってものに初めて出会ったんです。こんなおしゃれな響きのコードがこの世にはあるんだ、っていうのが入り口でした。

――以降も愛聴していたのはJ-POP?

日食:そうですね。EXILEで始まって、中学でBUMP OF CHICKENに出会って…。BUMPの歌詞観はわりと勉強してたので、作詞の面では影響受けてると思います。

――そんなルーツから現在のピアノ&ドラム編成に至るまで、どんな道筋を辿ってきたのでしょう?

日食:最初はピアノ弾き語りで始めて、一時期ガツンとバンドを入れた時期があったんですけど、ピアノとの共生がすごく難しくて…。ピアノって88コ音があるんです。その音域の広さで、他の楽器を殺さずピアノも殺さずっていうのが私にはできなくて、ちょっとそこで悩んだんです。だったらいっそのこと音程楽器を全部なくして、最後に残ったドラムのビートだけと一緒にやったらどうだろうってなって、結局そこに落ち着いてます。

――それだけ日食さんのピアノとヴォーカルにパワーがあるということなんでしょうけど。

日食:欲張りなだけで(笑)。

――ただカフェツアーはピアノ弾き語り形式で行ってますよね。カフェツアー【遊泳喫茶】はこれまでに三度開催されていて、最新の【遊泳喫茶3】ではサブタイトルに“布石編”とありますが、これはつまり新たなカフェツアーを企画中だよ、ということですか?

日食:実はカフェではないんです。【遊泳喫茶3】は17会場で開催したんですけど、その内のいくつかにお寺が入ってるんですよ。お寺でのワンマンってずっと憧れで、今回のカフェツアーの会場にも何か所かお寺を紛れ込ませて、もし上手くいって今後さらに広げられそうな可能性があれば、お寺のみのツアーができるんじゃないかと思って。

――“寺院ツアー”みたいな?

日食:そうです。そのための布石ということで“布石編”。まだ個人的に思ってるだけですけど。

――実際に何か所かやってみていかがでしたか?

日食:すごく面白かったです。というのも、お寺って敷居が高かったり、建物が重要文化財だったりとかで、そもそもライブをさせてもらえるところって多くないんですけど、その中でOKを出してくださった今回のお寺さんは、むしろライブ会場として貸すことに前向きなところばかりだったんです。他にもイベントをいろいろやってたり、中には住職さんがPAをやってるところとか(笑)。

――すごい…。

日食:岡山の蔭涼寺はものすごく設備が整ってまして、スピーカーが3種類くらい(笑)。ウーハーと天井から吊り下げるのと、あともう1種類。PA卓なんてライブハウスにあるような、チャンネルが何十個もあるようなものをお寺の方が全部いじってるという。

――住職さんが?

日食:そうです。作務衣着て裸足で「ちょっとコンプかけときましたから」って。住職さんの言うコンプやばい(笑)。

――いろいろなお寺があるんですね…。

日食:福岡の永明寺の方もイベント大好きらしく、お寺でDJイベントとかやってるようで。

――お寺でDJイベント。

日食:やばいんですよ。そういう面白いことをやろうとしてる方がたくさんいるということが分かったので、今後そういう方を全国でさらに見つけていけたらいいなと思います。

――お客さんのリアクションはいかがでしたか?

日食:良かったですね。お客さん的にも発見がいっぱいあるみたいで。基本的に会場が本堂なので、靴脱いであがるんですよ。みんな座布団の上にあぐらをかいて見てるっていう。我々からしてもすごく斬新な光景で。

――まさかお寺で音楽のライブを見る日が来るとは…

日食:思ってなかったでしょうね。説法受けてるみたいだったって感想も結構あって(笑)。

――それこそ今回のクラブツアーも含めて、常識に囚われずライブができる場所を開拓していくことは、今の日食さんの活動のテーマだったり?

日食:まさにその通りです。ただライブハウスでのツアーをやるだけでなく、自分たちの意思でコンセプトを考えて会場も選んで、カフェツアーとかクラブツアーとかどんどんやっていきたい。例えばバンドをつければ強い音が出せるし、ピアノ弾き語りだったらやさしい音も出せるし、ツアーもそれに付随していろんな場所でやっていけたらいいなと思ってます。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 風景を自分の中に落とし込みながら曲を作る
  3. Next >

風景を自分の中に落とし込みながら曲を作る

――他に何かこんな場所でライブしてみたいってところはありますか?

日食:いっぱいありますね。プラネタリウムツアーとかやってみたくて。普段は音楽ライブなんてやらなそうな場所にどんどん出て行きたいです。

――そういったフットワークの軽さも、小規模編成の理由の一つだったりするのでしょうか?

日食:そうですね。カフェツアーもマネージャーと二人だけで回りました。ライブの合間に車じゃないと行けないようなB級スポットに行って、「ここすごいね」みたいな瞬間を経てから会場に。そういうフットワークの軽さで得るものもあると思います。

――カフェツアーで札幌に行かれてる時も楽しまれていたようで。

日食:レンタカーで。

――:お一人でですか?

日食:一人で。ライブ終わった後にマネージャーに「じゃっ!」って(笑)。北海道って、ライブで行くとしたらやっぱり札幌ばかりなんですよ。だから今回はもう行ったれと思って。

――そうやって各地を巡ることは、自分の創作活動に影響していると思いますか?

日食:思いますね。ずっと東京にいて作るのと、全国の空気をちゃんと均一に吸いながら作るので、できる音楽も違ってくるなと思います。北海道でも帯広のあたりを車でずーっと走ってたんですけど、正直、東京とまったく違う国のような空気があって。東京で良しとされるものが、この土地では果たしてどう受け入れられるんだろう、みたいなことをずっと考えながら、車を600kmくらい走らせてたんですよ。で、こういう風景を自分の中に落とし込みながら曲を作ることって、今後すごく必要になってくるだろうなって思いました。東京でしか受け入れられないものじゃなく、どこに住んでる方にもちゃんと刺さる音楽を作らなきゃいけない。旅はそのための確認作業というか。

――でも、これまでも日食さんの音楽からは土着性みたいなのをすごく感じてました。例えば今作にも収録されている「土佐野菜の歌」だったり、『逆鱗マニア』の「あのデパート」だったり、ああいった土地柄を反映した曲が、日食さんの親しみやすさにも繋がってるんだろうなぁと。旅をすることでの確認作業って、先ほど話にも出たインプットの一環でもあると思うのですが、現時点での次作の展望が何かあれば教えてください。

日食:そうですね。いろんな新曲が貯まってきているので、言ってしまえばなんでも作れる状態にはなってるんですよ。ひとまず『空中裁判』をリリースして、クラブツアーを終えてみてから考えようかなと。

――前作『鸚鵡』でひとしきりやりきった感もある?

日食:どうですかね。『鸚鵡』は葛藤が多い作品になりましたね。すごく良い作品にはなったんですけど、「まだこういうことやれたかもしれないな」みたいな部分がすごく多かったんですよ。なので今はそれをいろいろ試したいなって段階です。



『鸚鵡』収録曲「レーテンシー」Music Video


――ライブの話に戻りますが、昨年4月のツアーファイナル公演の会場となった東京キネマ倶楽部って、昔はグランドキャバレーを営業していたところで、雰囲気が少しクラブに似ているじゃないですか。今回のクラブツアーのインスピレーションにもなったのかなと思うのですが。

日食:お客さん側にインスピレーションがあったんじゃないかな。ああいうクラブっぽい空間でライブをすることってなかったので、あのキネマ公演の感じを見て「あぁ、日食さんってこういうところの空気感も合うんだ」みたいなことを思ってくれたお客さんも多かったみたいで。

――ライブ会場について、お客さん側からの要望って多いですか?

日食:来ますね。昔そういう統計を思い切って取ったことがあるんですけど、その中で特に要望が多かったものをここ2、3年で叶えてる感じはありますね。クラブもカフェもすごく多かったし、お寺も。

――他に面白い場所ありました?

日食:水族館とか(笑)。未知なんですけど。会場どうやって借りるんだろ。

――イルカとのコラボが期待されますね。

日食:防水のピアノ用意しないと(笑)。そういうのをいろいろ考えてます。

――カフェツアー第3弾が終わり、まもなくクラブツアーがスタート、夏にはフェスなどもあるかと思いますが、改めて今後の活動の展望を教えてください。

日食:活動の規模は広げていきつつ、今年ひそかに活動10周年なんですけど、だからといって何かする予定もなくて。10周年ってだけで何かするのも安直で面白くないなと。なのであえて何もやらないでおこうと思う(笑)。

――ただアニバーサリーにかこつけて何かやるくらいなら、いっそ何もやらんと(笑)。

日食:ですね。何かあるまで取っておこうと思います。今年はそうですね、生まれ育った岩手での10年間の中でどんな感性を培ってきたのかを振り返って、地に足をつけて、でもきちんと前を向いて、活動の域を広げていく。それが今の展望ですね。



Interview by Takuto Ueda

日食なつこ「鸚鵡」

鸚鵡

2017/09/27 RELEASE
281-LDKCD ¥ 2,160(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ギャングギャング
  2. 02.レーテンシー
  3. 03.座礁人魚
  4. 04.2099年
  5. 05.廊下を走るな
  6. 06.LAO
  7. 07.ハッカシロップ

関連キーワード

TAG

関連商品

鸚鵡
日食なつこ「鸚鵡」

2017/09/27

[CD]

¥2,160(税込)

鸚鵡
日食なつこ「鸚鵡」

2017/09/27

[CD]

¥2,160(税込)

逆鱗マニア
日食なつこ「逆鱗マニア」

2017/01/11

[CD]

¥2,160(税込)

逆鱗マニア
日食なつこ「逆鱗マニア」

2017/01/11

[CD]

¥2,160(税込)

逆光で見えない
日食なつこ「逆光で見えない」

2015/12/09

[CD]

¥2,700(税込)

逆光で見えない
日食なつこ「逆光で見えない」

2015/12/09

[CD]

¥2,700(税込)

瞼瞼
日食なつこ「瞼瞼」

2014/08/20

[CD]

¥1,944(税込)

オオカミの二言
日食なつこ「オオカミの二言」

2013/01/22

[CD]

¥2,160(税込)

オオカミの二言
日食なつこ「オオカミの二言」

2013/01/22

[CD]

¥2,160(税込)

異常透明
日食なつこ「異常透明」

2012/06/26

[CD]

¥2,160(税込)

異常透明
日食なつこ「異常透明」

2012/06/26

[CD]

¥2,160(税込)

FESTOON
日食なつこ「FESTOON」

2011/12/06

[CD]

¥1,028(税込)

鸚鵡
日食なつこ「鸚鵡」

2017/09/27

[CD]

¥2,160(税込)

鸚鵡
日食なつこ「鸚鵡」

2017/09/27

[CD]

¥2,160(税込)

逆鱗マニア
日食なつこ「逆鱗マニア」

2017/01/11

[CD]

¥2,160(税込)

逆鱗マニア
日食なつこ「逆鱗マニア」

2017/01/11

[CD]

¥2,160(税込)

逆光で見えない
日食なつこ「逆光で見えない」

2015/12/09

[CD]

¥2,700(税込)

逆光で見えない
日食なつこ「逆光で見えない」

2015/12/09

[CD]

¥2,700(税込)

瞼瞼
日食なつこ「瞼瞼」

2014/08/20

[CD]

¥1,944(税込)

オオカミの二言
日食なつこ「オオカミの二言」

2013/01/22

[CD]

¥2,160(税込)

オオカミの二言
日食なつこ「オオカミの二言」

2013/01/22

[CD]

¥2,160(税込)

異常透明
日食なつこ「異常透明」

2012/06/26

[CD]

¥2,160(税込)

異常透明
日食なつこ「異常透明」

2012/06/26

[CD]

¥2,160(税込)

FESTOON
日食なつこ「FESTOON」

2011/12/06

[CD]

¥1,028(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ジャスティン・ビーバー、カツラ&髭で変装しNYの街に

  2. 2

    【先ヨミ速報】欅坂46『アンビバレント』が621,074枚を売り上げハーフ・ミリオン突破 ジャニーズWESTが続く

  3. 3

    【先ヨミ】欅坂46『アンビバレント』が70.7万枚を売り上げて首位独走中 2週目集計の乃木坂46『ジコチューで行こう!』は4.2万枚

  4. 4

    BTS (防弾少年団)の「FAKE LOVE」が米国でゴールド認定

  5. 5

    レディー・ガガ、ミステリアスな写真をインスタグラムで公開

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像