Billboard JAPAN


Special Contents

萩原健一インタビュー「新曲は自分にとっての原点回帰」



萩原健一インタビュー

 2018年5月と6月、萩原健一が昨年に続いて再びビルボードライブに登場する。東京・大阪の後は、名古屋、横浜でも公演を行なう。公演タイトルは「Time Flies」。直訳すると「光陰矢の如し」となり、現在の萩原の心境がそこからうかがえるというものだ。

 また今回の公演のために、シングルとしては22年ぶりとなる「Time Flies」を録音。収録された3曲は初めて自身が作詞作曲を手掛けたもので、その生々しいサウンドと迫力あるヴォーカルからは、いまも唯一無二のロッカーとして動き続けんとする意志がダイレクトに伝わってくる。因みにこのシングルは新たに立ち上げた〈Shoken Records〉からリリースされるものだ。

 ザ・テンプターズ、PYG、DONJUAN ROCK’N ROLL BAND、ANDREE MARLRAU BANDなど、その時代その時代で常に強度の高いパフォーマンスを印象付けてきた萩原健一に、今回のシングルと公演への思いを聞いた。萩原が音楽活動についてここまでじっくり語ってくれる機会はそうそうないだろう。

今回の新曲は自分にとっての原点回帰なんです。光陰矢の如し。一瞬だったなってことで

――僕が初めて萩原さんのライブを観たのは1979年7月の渋谷公会堂。柳ジョージ&レイニーウッドがバックバンドを務め、後にライブアルバム『熱狂雷舞』になったあの公演だったんです。以来約40年近く、萩原さんのライブは毎回観に行ってました。

萩原健一:そうですか。ありがとうございます。

――その頃のこととかって覚えてらっしゃいますか?

萩原:そうですね。でも期待に応えられるような答えが出ないので(笑)。だからいまの話をするとね、今回の新曲は自分にとっての原点回帰なんです。光陰矢の如し。一瞬だったなってことで。それでタイトルを「Time Flies」とつけまして。ビルボードさんのほうにも許可を得て、シングルを出すんです。ライブで新曲発表をしたいなと。

――なるほど。

萩原:去年、(芸能生活50周年ということで)「50年祭り」をやりました。その3年前だったかな、僕はモルディブで脚本を書いていたんですよ。そのときに「あと3年で50年になるな、50年になったら50年祭りをやろうかな」とふと思ったんですが、まあ演歌歌手でもないし、自分から言い出すのはやめようと思って。それでシナリオに没頭していたら、プロモーターさんのほうからビルボードさんの話があり、「50年祭りをやろうじゃないか」と。

――それが昨年の「Last Dance」と題された公演だったわけですね。

萩原:そう。その50年祭りの後に「僕とやりたいメンバーはいないかな」ということで、いちおう面接をし、セッションをして、いまのメンバーが集まったんです。そして、シングルも同じメンバーでレコーディングしました。51年目の公演をするにあたって、前回の公演の恩返しのつもりでもあるんですけど。

――久しぶりにスタジオ・レコーディングをし、そのシングルを携えてツアーも行なう。昨年のライブ「Last Dance」に始まり、このところ音楽活動をかなり精力的にされてますよね。

萩原:いや、音楽だけじゃないですよ。このあいだもテレ朝でオンエアになりましたけど、ドラマ(*自ら原案を手掛けて主演した『明日への誓い』)のほうも。それから映画のほうもね。ただ、そういうのはライブのようにピッチが早くいかないだけで。仕込みが違うんですよ。時間がかかるんです。いつでもできるような感じに思われるでしょうけど、そうじゃない。例えばこういったレストランにしても、仕込みがあって、いいお食事が出せるわけじゃないですか。そこにはちょっと時間がかかるんですよ。

――ライブで言うと、やはりシンガーとして声を強く出せるように喉や身体を整えることであるとか、バンドと息を合わせるべく入念なリハーサルを行うとか、そういうことでしょうか。

萩原:いや、リハーサル自体は、バンド・リハーサルにしても芝居のリハーサルにしても、そんなに時間はかからないですよ。そうじゃなくて、何をもってリハーサルをするのか。そういうことのほうが時間かかるわけです。みなさんは本番を観て楽しんでくれればいいですけど、そこまでもっていくにはたいへんな辛抱と準備が必要なんです。

――ここにきてまたライブ活動を精力的にやられるようになったという印象がありますが、萩原さんのなかで、いままたライブをやるのが面白くなってきたとか、そういう気持ちの変化はありましたか。

萩原:面白いからやるってことはしないですね。仕事の準備ができ次第、ものごとをやってます。ただ、51年目にまたビルボード公演をやらせていただけることになって、じゃあどうやるかというところで、「Time Flies」というタイトルをつけた。「Time Flies」、光陰矢の如し。それはどこから来てるかというと、原点回帰ということです。原点回帰って言っても、あなたが知ってる柳ジョージとやってた頃ではないですよ。あのときはもう僕も熟していたからね。そうじゃなくて、もっと前。14才~15才の頃への原点回帰なんですよ。そのときにもう、ブルースが鳴っていたんです。そこに回帰してリリースしてみようというのが、この「Time Flies」というシングルです。

――すごくブルースの匂いのするロックナンバーで、力強く、そして生々しい。ライブ感の伝わる曲ですよね。機械で加工して作られる音楽ばかりが溢れる昨今、こんなにも生々しい曲はそうそうないと思いました。このシングルの3曲全てがそうですね。

萩原:ありがとうございます。

――そこはやはり意識されて作られたんですか?

萩原:ただこれはスタジオライブではなく、レコーディングですから。時間はかけてませんけど、丁寧に作ったんですよ。だから、実作業をやる際には時間はかからないんですけど、その前の作業に時間がかかりました。さらに言うと、インディーズでやるほうがビルボードさんにも応援してもらえるし、公演にも間に合う。だから自分のレーベルを立ち上げたわけです。

――それがご自身のレーベルを立ち上げた動機なんですね。

萩原:そうです。51年目の新しいチャレンジです。

――この〈Shoken Records〉は萩原さんの作品だけをリリースしていくレーベルなんですか? それとも萩原さんの気に入ったアーティストの作品をリリースしたりもするんですか?

萩原:いや、この先はまだわかりません。いまはとにかくビルボード公演に間に合わせるということでいろいろ準備しているわけでね。ただ、むやみやたらに作って出してもしょうがないですから(笑)。今回の公演をやるにあたって、お客さんたちに聴いてもらうのがいいだろうと思ったんです。初心に帰って、51年目に対しての新しい一歩としてリリースするのが、私はいいと思ったんですよ。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. メソメソメソメソしてないでさ。孤独ぶるのはやめて、アクションを起こそうよ
  3. Next >

メソメソメソメソしてないでさ。孤独ぶるのはやめて、アクションを起こそうよ

――今回の3曲は作詞作曲もご自身で手掛けられてますね。

萩原:はい。

――これは、ご自身の言葉で発信したいという思いが高まってきたからということなんでしょうか?

萩原:簡単に言うとね、例えば、あなたに仕事を頼むときに、あなたが「はい、いいですよ」と言ったとする。それはあなたのなかに何か貯めていたものがあるから、すぐに返事ができるんだと思うんです。僕は曲にしても脚本にしてもね、まだ日は浴びてなくても、用意はしているんですよ。だから間に合うわけです。

――萩原さんが俳優活動をされているとき、または日常生活を送られているときにも、言いたいこと、表現したいことを、常々蓄えているということですね。

萩原:書きおいておきます。

――あ、実際に文字にしておくわけですね。

萩原:紙に書かなくても(PCに)打っておけばいい。掃除しながらでも何かしながらでも浮かぶことがあるじゃないですか。それを書きおいておくんです。で、メロディができて、それからプロモーターに話をし、「51年目にもし公演ができるんであれば、ウェルカムですよ」と。じゃあ、それにあたって新曲も出しましょうと。そういう流れ。そういうのは昨日今日始まってできてることじゃないんですよ。みんな「22年ぶりのシングル・リリースですね」とか、すぐに何年ぶりとか言うけど、それまで怠けていたわけじゃないんです(笑)。話が来たときにいつでも答えを返せるような状態にしておくのが大事なんです、僕たちの仕事は。

――そうすると、言葉が初めにあって、そこからのインスピレーションでメロディが生まれるという順番なんですか?

萩原:いや、そういう方法論はないです。バラバラ。組み合わせるだけ。面と向かって「はい、曲を作ります!」って言ってギターを持ち出したりはしないですね。日常生活のなかで何回かは湧き出てくるものがあるはずなんですよ。それをボイスレコーダーにとっておく。僕の場合はね。

――歌詞に関しては、いろいろ書きおいておいたなかから、“いま一番言いたいこと”がこの3曲になったと考えていいですか?

萩原:そう。(2曲目の)「Dejavu」であれば、要するに“無限”ってことです。(3曲目の)「Good Action」であれば、“善行”。いい行いですね。東日本の大震災からもう7年経って、あと3年で10年ですよ。その前にオリンピックもある。だからメソメソメソメソしてないでさ。孤独ぶるのはやめて、アクションを起こそうよ、っていうことですよ。

――すごくポジティブな歌詞ですよね、「Good Action」は。作り笑いの人生にサヨナラして、自分からアクションを起こすんだ!という。

萩原:ええ。

――聴く人々を鼓舞する歌詞。であると同時に、「オレもまだまだ尖って前に進んでいくぞ」という萩原さん自身の意思表明のようにも感じました。

萩原:というより、あなたが仮に病んでいたとしても、メソメソするなってことですよ。それが言いたいんです。どういう状況であるにしても、前を向いたら? そういうことです。だって、メソメソしたって、何が起こるかわかんないじゃない。あなただって「お疲れ様」って言ってここを出て行ってから、自動車に轢かれちゃうかも知れない。

――(笑)そうですね。

萩原:そうでしょ? わかんないじゃない、それは。だから40年前ですか、そのくらいから御贔屓にしていただいてるっておっしゃってもらったけど、でももう40年も前のことだからね。その間に次々に旅立ってるわけですよ、ジョージにしても誰にしても。だけどメソメソはしてないよ、僕は。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 僕自身が持ってるブルース感が出たんじゃないかな
  3. Next >

僕自身が持ってるブルース感が出たんじゃないかな

――今回のシングルのサウンドに関しては、萩原さんの拘りをミュージシャンたちにどう伝えたのでしょうか。

萩原:「全部の曲に“その楽器を使わなくてはいけない”という拘りを持つのはやめてください」ということは伝えました。例えば、テナーサックスであれば、「3曲ともテナーサックスが入っているというのはやめたらどうですか」と言った。

――ここぞという肝心なところでだけ、その音が鳴っていればいいということですね。

萩原:うん。それと、気分ではやってない。とかく僕は気分屋と思われるんですけど、そうじゃないんですよ。サウンドに関してもきちんと計算して作ってるわけです。

――この生々しいサウンドも計算の上でそうしている。

萩原:そう。ちゃんと計算して作ってる。それでミキシングの技術者が、「これはストレートに仕上げましょう」というようなことを言うんでね、「ちょっと待ってください」と。「これはスタジオライブじゃないんだから、“ストレートに録ったのかもしれない”というふうに聴いてもらって、なおかつ“確認してもう一度聴いてみよう”というぐらいの気持ちを起こさせるのが技術者なんじゃないですか?」って言いました。

――実際、僕も一発録りなのかと思ってました。

萩原:そうじゃないんです。

――ヴォーカルの拘りについても伺いたいんですが、1曲目の「Time Flies」に関しては、萩原さんは低いところでずっと歌ってますよね。ファルセットをほとんど使っていない。

萩原:うん。ファルセットに関してはね、PYGの時代にしても、ジョーちゃんとやってた時代にしても、DONJUANの時代にしても、ANDREE MARLRAUの時代にしても、ファルセットを出す人がほかにいなかったんですよ。

――確かにそうですね。

萩原:そうでしょ? だから僕がそれをやったわけです。まぁ、そのときにファルセットで歌えるコーラスを雇うだけのお金があればよかったんですけどね(笑)。だから僕が自分でファルセットをやってたら、裏声出すところに肉がついちゃったんですよ。だけど、それを調律して、ちゃんとボイストレーニングをやってますから。だからこのシングルも、ファルセットがほしいところだけで出してます。

――「Dejavu」と「Good Action」に関しては数箇所でファルセットも使ってますが、「Time Flies」に関してはほとんど使ってなくて、ずっと低いところで歌われている。そこが僕はすごくいいなと思ったんです。低い声の迫力、強さを感じたんですよ。

萩原:うん。それは狙いでもありましたからね。

――それから「Dejavu」も曲全体から怖いくらいの迫力が伝わる曲ですね。曲調や醸し出す雰囲気はダークに感じられる。けれども歌詞は「心配いらないさ 俺がいるからね」「嵐の向こうは ブルースカイ」というふうにポジティブだし、希望の感じられるものだと思うんです。

萩原:うん。

――希望の感じられる歌詞だけど、ムードはダーク。そのバランスがユニークだなと思ったんですが、それに関しては萩原さんなりの拘りがあったんですか?

萩原:僕自身が持ってるブルース感が出たんじゃないかな。

――ああ、なるほど。

萩原:僕が好んでいたのは黒人の音楽が多かったんです。ブルースとかね。だから今回の原点回帰というのは、グループサウンズよりもっと前なんです。

――萩原さんが純粋に好きで音楽を聴いていた時代、好きでブルースを聴いていた時代ということですね。

萩原:そうです。

――10代の初め頃からブルースを聴いていたというのは、早熟ですよね。FENとかのラジオで聴かれていたんですか?

萩原:当時、横浜の山下町にゼブラ・クラブというのがありましてね。要するにG.I.(米兵)専用のクラブなんだけど、気がついたらそこにいて、ブルースが自然に入ってきたんですよ。で、そこの前にホテルがあってね。山下公園に。そこのペントハウスがモダンで、どうモダンだったかというと、淡谷のり子がそこから見た景色を「窓を~開ければ~、港が見える~」(「別れのブルース」)って歌ったっていう。そういう時代の流れのなかに僕はいたわけですよ。

――そういった環境のなかにいたから、ブルースが身体に沁みついている。

萩原:そう。ただね、僕がブルースを表現することに関しては、グループサウンズの時代はプロダクションが嫌がってましたね。歌謡曲ポピュラーみたいなものにしたいという流れがあったんです。だから僕がブルースをやりたいと言うと、すごく嫌がられました。

――萩原さんはブルースをやりたい。でも抑えられてしまったと。

萩原:いまで言えば、“パワハラ”なんだろうけど。でも、パワハラも何もないんですよ。パワハラされてるって気がつかないんだから(笑)

――じゃあ、その頃に抑えられた分も含めて、今回のシングルでは好きなブルースの世界を思いきり表現しようという思いがあったんですか?

萩原:いや、これでも遠慮してます。やっぱり自分の思いだけでやるわけじゃないですからね。これは私の“仕事”だから。ただ自由にやってるってわけじゃないんですよ。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. (ライブとは)実にナマ物ですね。そして初々しいもの。清潔なもの
  3. Next >

(ライブとは)実にナマ物ですね。そして初々しいもの。清潔なもの

――最後に改めて今回の公演に関するお話を聞きたいのですが、セットリストはもうできているんですか?

萩原:はい、できてます。できてますけど、まだ研究中です。今日もこの仕事が終わったらまたアレンジ面に関して研究しようかと思っています。

――セットリストを考える際には、過去のアルバムを改めて聴き返したりもするんですか?

萩原:しますよ。

――昨年のビルボードライブの公演では、数十年ぶりに「もう一度抱いて」を歌ってらっしゃいました。あのように、しばらくライブで取り上げてなかった曲を入れたりも……。

萩原:ええ、するつもりです。セットリストは、リクエスト投票こそしてませんけど、なんとなくみなさんがどういうものを希望しているかは感じてますから。やってない曲もいっぱいありますしね。だから、みんな新曲だと思ってやります。ただ、今回のシングルの3曲を入れて、なおかつ去年と違うセットリストにするというのは至難の業なんですよ。まあ、どうぞご覧になってください。

――はい。楽しみにしてます。最後にもうひとつだけ。抽象的な質問になってしまいますが、萩原さんにとって、ライブとはなんですか?

萩原:実にナマ物ですね。そして初々しいもの。清潔なもの。作られてないものですね。

――その場限りのもの。

萩原:うん。だから毎回違うと思うよ。セットリストは一緒でも、毎回違うと思う。

――わかりました。本当に楽しみにしてます。今日はありがとうございました。

萩原:はい、ありがとうございました。

KENICHI HAGIWARA「Time Flies」

Time Flies

2018/05/09 RELEASE
KHSR-1801 ¥ 1,620(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Time Flies
  2. 02.Dejavu
  3. 03.Good Action

関連キーワード

TAG

関連商品

DONJUAN LIVE
萩原健一「DONJUAN LIVE」

2015/07/15

[CD]

¥3,280(税込)

熱狂雷舞
萩原健一「熱狂雷舞」

2015/07/15

[CD]

¥3,280(税込)

D’ERLANGER +1
萩原健一「D’ERLANGER +1」

2015/06/17

[CD]

¥2,980(税込)

アンドレ・マルロー・ライブ
萩原健一「アンドレ・マルロー・ライブ」

2007/11/07

[CD]

¥2,571(税込)

DONJUAN LIVE
萩原健一「DONJUAN LIVE」

2007/11/07

[CD]

¥2,571(税込)

熱狂雷舞
萩原健一「熱狂雷舞」

2007/11/07

[CD]

¥2,571(税込)

FREE with PYG
PYG「FREE with PYG」

2007/06/08

[CD]

¥3,086(税込)

ゴールデン☆ベスト PYG
PYG「ゴールデン☆ベスト PYG」

2004/02/25

[CD]

¥2,037(税込)

エンター・ザ・パンサー
萩原健一「エンター・ザ・パンサー」

2003/10/29

[CD]

¥2,365(税込)

エンター・ザ・パンサー
萩原健一「エンター・ザ・パンサー」

2003/10/22

[CD]

¥2,365(税込)

アンドレ・マルロー・ライブ
萩原健一「アンドレ・マルロー・ライブ」

2003/10/22

[DVD]

¥4,011(税込)

萩原健一の世界
萩原健一「萩原健一の世界」

2000/12/05

[CD]

¥1,851(税込)

GSウルトラ・レア・トラックス
(オムニバス) ザ・テンプターズ ザ・フィンガーズ ザ・ヴァン・ドッグス ザ・テリーズ ザ・ユニコンズ ザ・ボルテイジ ザ・ワンダース「GSウルトラ・レア・トラックス」

2000/05/24

[CD]

¥2,571(税込)

愚か者よ
萩原健一「愚か者よ」

1996/05/20

[CD]

¥3,146(税込)

GREATEST HITS 20
萩原健一「GREATEST HITS 20」

1995/12/21

[CD]

¥3,146(税込)

熱狂・雷舞(2枚組)
萩原健一「熱狂・雷舞(2枚組)」

1994/11/25

[CD]

¥2,935(税込)

ディランジェ
萩原健一「ディランジェ」

1994/11/25

[CD]

¥1,572(税込)

ドンファン
萩原健一「ドンファン」

1994/11/25

[CD]

¥1,572(税込)

NadjaⅡ-男と女-
萩原健一「NadjaⅡ-男と女-」

1994/11/25

[CD]

¥1,572(税込)

Nadja-愛の世界-
萩原健一「Nadja-愛の世界-」

1994/11/25

[CD]

¥1,572(税込)

惚れた
萩原健一「惚れた」

1994/10/25

[CD]

¥1,572(税込)

FREE WITH PYG
PYG「FREE WITH PYG」

1994/06/01

[CD]

¥3,146(税込)

PYG!
PYG「PYG!」

1994/06/01

[CD]

¥1,572(税込)

萩原健一 ベストセレクション
萩原健一「萩原健一 ベストセレクション」

1990/12/21

[CD]

¥2,097(税込)

Shining With You
萩原健一「Shining With You」

2017/09/13

[CD]

¥1,620(税込)

Straight Light
萩原健一「Straight Light」

2017/09/13

[CD]

¥1,620(税込)

惚れた
萩原健一「惚れた」

2017/09/13

[CD]

¥1,620(税込)

Shining With You
萩原健一「Shining With You」

2017/09/13

[CD]

¥1,620(税込)

Straight Light
萩原健一「Straight Light」

2017/09/13

[CD]

¥1,620(税込)

惚れた
萩原健一「惚れた」

2017/09/13

[CD]

¥1,620(税込)

熱狂雷舞
萩原健一「熱狂雷舞」

2015/07/15

[CD]

¥3,280(税込)

D’ERLANGER +1
萩原健一「D’ERLANGER +1」

2015/06/17

[CD]

¥2,980(税込)

DONJUAN +1
萩原健一「DONJUAN +1」

2015/06/17

[CD]

¥2,980(税込)

NadjaⅡ-男と女- +1
萩原健一「NadjaⅡ-男と女- +1」

2015/06/17

[CD]

¥2,980(税込)

萩原健一 ベストセレクション
萩原健一「萩原健一 ベストセレクション」

2010/02/03

[CD]

¥2,057(税込)

GSセレクション
(オムニバス) ザ・スパイダース ザ・テンプターズ ザ・カーナビーツ ザ・ジャガーズ ザ・サベージ パープル・シャドウズ ザ・スウィング・ウエスト「GSセレクション」

2009/09/23

[CD]

¥2,057(税込)

D’ERLANGER+1
萩原健一「D’ERLANGER+1」

2007/12/05

[CD]

¥2,057(税込)

DONJUAN+1
萩原健一「DONJUAN+1」

2007/12/05

[CD]

¥2,057(税込)

アンドレ・マルロー・ライブ
萩原健一「アンドレ・マルロー・ライブ」

2007/11/07

[CD]

¥2,571(税込)

DONJUAN LIVE
萩原健一「DONJUAN LIVE」

2007/11/07

[CD]

¥2,571(税込)

熱狂雷舞
萩原健一「熱狂雷舞」

2007/11/07

[CD]

¥2,571(税込)

FREE with PYG
PYG「FREE with PYG」

2007/06/08

[CD]

¥3,086(税込)

ゴールデン☆ベスト PYG
PYG「ゴールデン☆ベスト PYG」

2004/02/25

[CD]

¥2,037(税込)

エンター・ザ・パンサー
萩原健一「エンター・ザ・パンサー」

2003/10/29

[CD]

¥2,365(税込)

エンター・ザ・パンサー
萩原健一「エンター・ザ・パンサー」

2003/10/22

[CD]

¥2,365(税込)

アンドレ・マルロー・ライブ
萩原健一「アンドレ・マルロー・ライブ」

2003/10/22

[DVD]

¥4,011(税込)

萩原健一の世界
萩原健一「萩原健一の世界」

2000/12/05

[CD]

¥1,851(税込)

GSウルトラ・レア・トラックス
(オムニバス) ザ・テンプターズ ザ・フィンガーズ ザ・ヴァン・ドッグス ザ・テリーズ ザ・ユニコンズ ザ・ボルテイジ ザ・ワンダース「GSウルトラ・レア・トラックス」

2000/05/24

[CD]

¥2,571(税込)

愚か者よ
萩原健一「愚か者よ」

1996/05/20

[CD]

¥3,146(税込)

GREATEST HITS 20
萩原健一「GREATEST HITS 20」

1995/12/21

[CD]

¥3,146(税込)

アンドレマルロ-LIVE
萩原健一「アンドレマルロ-LIVE」

1994/11/25

[CD]

¥2,935(税込)

熱狂・雷舞(2枚組)
萩原健一「熱狂・雷舞(2枚組)」

1994/11/25

[CD]

¥2,935(税込)

ディランジェ
萩原健一「ディランジェ」

1994/11/25

[CD]

¥1,572(税込)

ドンファン
萩原健一「ドンファン」

1994/11/25

[CD]

¥1,572(税込)

NadjaⅡ-男と女-
萩原健一「NadjaⅡ-男と女-」

1994/11/25

[CD]

¥1,572(税込)

Nadja-愛の世界-
萩原健一「Nadja-愛の世界-」

1994/11/25

[CD]

¥1,572(税込)

惚れた
萩原健一「惚れた」

1994/10/25

[CD]

¥1,572(税込)

FREE WITH PYG
PYG「FREE WITH PYG」

1994/06/01

[CD]

¥3,146(税込)

PYG!
PYG「PYG!」

1994/06/01

[CD]

¥1,572(税込)

萩原健一 ベストセレクション
萩原健一「萩原健一 ベストセレクション」

1990/12/21

[CD]

¥2,097(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    miwa、ショートカットの新ビジュアル&サブスクリプション解禁

  2. 2

    【先ヨミ】東方神起『TOMORROW』が10万枚超でアルバム・セールス首位独走中

  3. 3

    ASKAの新しい挑戦、" PRIDE "公演が明日チケット一般販売スタート

  4. 4

    B'z、30年間の歩み&功績を紹介する特設ページがオープン

  5. 5

    BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

HOT IMAGES

注目の画像