Billboard JAPAN


Special Contents

オースティン・マホーン 来日インタビュー



ZEDD インタビュー

 昨年、「ダーティ・ワーク」がここ日本で大ヒットとなり、Billboard JAPANの洋楽チャート“Hot Overseas”の年間チャートで、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」に次ぐ2位を獲得したオースティン・マホーン。そんなオースティンが2018年の第一弾シングルとなる中毒性の高い、トロピカル・ハウス風の新曲「ソー・グッド」を発表。この曲のプロモーションとミュージック・ビデオの撮影を行うために来日した彼に、新曲をはじめ、現在制作中のニュー・アルバム2作品や今年5月~6月にかけて行われるジャパン・ツアーについて話を訊いた。

Photo: Getty Images Entertainment

来日するといつもホテルでアイディア、詞、思い浮かんだメロディを書き留めている

――昨年からニュー・アルバムの制作に取り掛かっているそうですが、進捗を教えてください。

オースティン・マホーン:いい具合に進んでいるよ。もうすぐ日本での2ndアルバムがリリースされる予定なんだ。音楽はほとんど完成していて、あとはそれをアルバムにするだけ。本国アメリカで発売されるアルバムの制作にも取り掛かり始めたばかりなんだ。両方とも、年内にはリリースできたらと思っているよ。

――アルバムのサウンドやヴァイブについて詳しく教えてください。

オースティン:日本のためのアルバムは、エレクトロニック/ダンスっぽい感じで、アップビートな思わず体が動いてしまうようなものを目指していて、アメリカでリリースするアルバムはディスコっぽいフィーリングを意識している。

――へぇ~、ディスコですか。どんな部分に惹かれたんですか?

オースティン:今、あまり注目されていないから興味があって。だって、ディスコ・ナンバーがかかると、体を動かさざるを得ないでしょ?マイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』は鉄板で、作品のインスピレーション源でもある。ビージーズも大好きで、特に「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」がお気に入りなんだ。


Starting from scratch 🎻

Austin Mahoneさん(@austinmahone)がシェアした投稿 -



――マイアミの自宅にはスタジオがあるそうですが、ソングライティングのプロセスについて教えてください。

オースティン:そう、マイアミには自分のスタジオがあって、LAで作業する時は行きつけのスタジオがあるんだ。大体の場合、スタジオ入りして、一から曲に取り掛かる。ギターを弾きながらコード進行を考えて、キーボードやベースを加えてみたりして形にしていく。出来上がっているトラックがある場合は、それに合わせて詞を書くんだ。毎回やり方は違って、フィーリングを確かめながら進めていく感じだね。そして取り掛かっている曲が何らかの理由で上手くいかない時は、新しい曲を書き始めるんだ。

――新曲と言えば、最新シングル「ソー・グッド」はどのように形になったのですか?

オースティン:この曲は完成したばかりなんだ。僕がLAに居たときに日本レーベルが「聴いてみて」って送ってきたから、聴いてみたらクールだったし、詞などを少し変えればいけるかな、と思って1か月半前ぐらいにLAで作業に取り掛かったんだ。それを日本のレーベルに送り、ミキシングとマスタリングが施されて、完成したんだ。

――現在制作している曲の中に、日本にインスパイアされたものはありますか?

オースティン:過去にも、日本にインスパイアされた曲をいくつかリリースしているけれど、日本にはものすごく影響を受けているよ。来る度に美しい場所だと再確認するし、必ず何か新しいことを学ぶんだ。クールだよね。来日するといつもホテルでアイディア、詞、思い浮かんだメロディを書き留めていて、アメリカに戻ったらそれらを読み返して曲にしているんだ。



▲ 「So Good」(Selfie Music Video)


――20歳を過ぎて、自身のサウンドやソングライティングに成長を感じますか?

オースティン:曲を書く度に成長していると思う。常に曲を書き続けているから。

――お手本にしているソングライターはいますか?

オースティン:ジャーメイン・デュプリ、R. シティのティロン…彼とはよく一緒に仕事をしてるし、他にも大勢いるよ。

――一緒に曲作りをしたいソングライターやプロデューサーは?

オースティン:マックス・マーティンのチームと仕事がしてみたいね。彼らは本当に天才的だから。

――彼のチームが作る音楽が、幼いオースティンがポップ・ミュージックに目覚めるきっかけにも?

オースティン:彼がプロデュースしていた大ヒット曲の数々は知っていたけれど、僕は主にカントリー・ミュージックを聴いて育ったんだ。元々はテキサス州の出身だから。生まれたばかりの時から13、14歳ごろまでずっとカントリーばかり聴いていた。そのあと、徐々にR&Bやヒップホップを聴くようになったんだ。

――そういった音楽に惹かれた理由は?

オースティン:う~ん、そうだな。僕はとてもソウルフルなアーティストで、カントリーはソウルに溢れている。R&Bを聴き始めた時も、ものすごくソウルフルな音楽だな、と感じたから…とても心に響いたんだ。それが理由かな。

――近年では、数多くのラッパーやエレクトロニック・アーティストがマイアミを拠点にしていますが、アーティストにとっていい制作環境だと感じますか?

オースティン:もちろんだよ。マイアミの音楽シーンは、10年ぐらい前にものすごく流行って、そのあとやや下火になったけれど、また活気が戻ってきているんだ。マイアミに引っ越したのは、数年後にまた流行ると予想していたから。そしてそうなったからには、もうどこにも引っ越したくないね。住み始めて、もうすぐで7年になるよ。

――オースティンが様々なラテン・アーティストとコラボをしているのも、マイアミならではですよね。

オースティン:そう、マイアミはラテン・ミュージックが盛んで、著名なラテン・アーティストはみんなマイアミを拠点にしている。そういったアーティストたちと頻繁にコネクションを作るようにしているんだ。

――ラテン系の血を引き、同じくマイアミを拠点としているカミラ・カベロもソロとして大ブレイクを果たしましたね。

オースティン:本当に最高だよ。彼女のことを心から誇りに思うし、ものすごく嬉しい。スター性があって、それが見事開花した。彼女の音楽は大好きで、デビュー・アルバムの内容もアメイジングだった。



▲ 「Lady ft. Pitbull」MV


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 抱えている問題や悩みは会場の外に置いて、存分にショーを楽しんでほしい
  3. Next >

抱えている問題や悩みは会場の外に置いて、存分にショーを楽しんでほしい

――米フロリダ州の高校で起こった銃乱射事件の被害者や遺族のために行われたチャリティ・イベントに先月出演していましたが、彼らの前でライブを披露した感想は?

オースティン:愛するものを亡くした家族の人々と過ごすのは、胸が張り裂けるような思いだった。フォートローダーデールのレヴォルーションという会場で行われたんだけど、たくさん寄付を募ることができたのは素晴らしかった。ジャック&ジャックや地元のアーティストも何人か参加してくれたんだ。

――ちょうど今週末、この事件をきっかけに銃規制を訴える【March For Our Lives】がアメリカ各地で開催されています。たくさんの若いファンやフォロワーがいるオースティンにとって、自分が信じる運動やチャリティについて発信していくことは重要だと感じますか?

オースティン:もちろん、そのためにSNSのプラットフォームを設けている。特にこのムーヴメントは、僕のファン層と同じぐらいの年齢の若者たちが中心になっていて、僕は彼らの代弁者だと思っているから、利用できる資源は賢明に使っていきたいと思っているよ。




――SNSと言えば、度々日本語でツイートしていますよね。あれは自分で調べて投稿しているのですか?

オースティン:そう、Google翻訳で調べて投稿してるんだ。

――たまにちょっと不思議な日本語があるな、と思ってて(笑)。

オースティン:(笑)。え、ヘンテコな感じになってる?

――伝えたいことは何となく分かるので大丈夫ですよ。

オースティン:会話で使う言葉やフレーズはいくつか知ってるけど、それを打つとなるとやっぱりGoogleに頼らないとダメなんだよね。日本語の文字は自分の名前ですら、よくわからないから。




――5月~6月にかけて行われるジャパン・ツアーはどんな内容になりますか?

オースティン:新曲も、古い曲もやる予定で、セットリストやステージングも一新する。照明やレーザーなどの演出面も新しくなっている。バンドも一緒に連れていくよ。グッズを含めすべて新しいものになるんだ。会場も大きくなっているから、楽しみだね。

――これまでオースティンのライブを観たことがない人に、自分のショーをどう説明しますか?

オースティン:まるでローラーコースターのような、ハイ・エネルギーなショーになるということ。ショーに来てくれる人々には何かを感じてほしいんだ。抱えている問題や悩みは会場の外に置いて、存分にショーを楽しんでほしい。友達、両親、兄弟、一緒に来た人々にも、自由に楽しんでほしいね。

――では、オースティンにとってライブの醍醐味とは?

オースティン:観客からエネルギーをもらえること。ステージの上にいる時、観客のエネルギーを受け取って、それをパフォーマンスとして彼らに返している。観客が盛り上がって、曲をシングアロングしてくれると、楽しんでくれているというのが分かるから、自分にとってもよりパフォーマンスが楽しいものになるんだ。

――オースティンのダンスもライブの魅力の一つだと思うのですが、憧れのダンサーは?

オースティン:Tペイン、クリス・ブラウン、マイケル・ジャクソンとかかな。

――プライベートでクラブに行く時に披露する得意のダンスはありますか?

オースティン:クラブに行く時は、そんなにダンスしないんだ。ソファでくつろいでいる感じで。飲んだお酒の量によっては、たまにワイルドになる時もあるけど(笑)。1、2杯ぐらいしか飲んでいなかったら大人しくしてるけど、ショットでたくさん飲み始めたらワイルドになって、ダンスしちゃうね。

――そういうシチュエーションで気に入った女の子がいたら、自分から声をかけるタイプ?

オースティン:ふーむ。多分その子の手をとって一緒に踊り始めると思う。



▲ 「Dirty Work」MV


――「ダーティ・ワーク」のヒットもあり、ここ1年の間に日本で大ブレイクを果たしましたが、今振り返ってみてどんな心境でしょう?

オースティン:とても嬉しいよ。「ダーティ・ワーク」でブレイクする前、すでに日本には素晴らしいファンベースがあって、彼らがいてくれたことがとても嬉しかった。そして曲が大ヒットしたことによって、新たな世界な開けたような気がする。だから、とても感謝しているんだ。

――オースティンのように日本の音楽番組のみならず、バラエティ番組にも出演しているアーティストはとても稀だと思います。

オースティン:すごくワイルドで、本当にクレイジーだよ。日本は大好きな国だから嬉しいね。何度も呼んでくれていて、これまでに15回ぐらい来日しているしね。

――日本の文化や仕来りでいまだに不思議だな、変わっているなと思うものはありますか?

オースティン:あまりないかな…。慣れないことはあるけれど、来る度に何か新しいことを学んでいるんだ。

――そんな中でも特に驚いたことは?

オースティン:みんな、あまりハグをするのが好きじゃないということ。それか、僕がみんなをナーヴァスにさせているかもしれない。会った人にハグすると、みんな固まっちゃうんだ(笑)。とはいえ、日本の文化は好きだよ。他に訪れた国と全く文化が違うところが気に入っている。

――ちなみに、今回の来日ではオフの時間がありそうですか?

オースティン:ノー!ミュージック・ビデオの撮影をしてたり、あまり自由な時間がなくて。桜が咲いている時期に来たのは初めてだから、桜は見に行きたいと思ってるし、時間を見つけてショッピングもしたいな。渋谷に行きつけのお店があるんだ。お店の名前は内緒だけどね(笑)。

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    香取慎吾の海外初個展、稲垣吾郎&草なぎ剛も現地に駆けつけエール

  2. 2

    BTS (防弾少年団)、米人気TV番組『GMA』と『ザ・トゥナイト・ショー』でのパフォーマンス決定

  3. 3

    May J.、全国ツアーで『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』『タイタニック』楽曲など披露

  4. 4

    【先ヨミ速報】AKB48『センチメンタルトレイン』が1,551,061枚を売り上げミリオン突破

  5. 5

    BUCK-TICK、30周年イヤー日本武道館公演を収録した“2018映像作品第3弾”のリリースが決定

HOT IMAGES

注目の画像