Billboard JAPAN


Special Contents

吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー



吉澤嘉代子 『残ってる』 インタビュー

「……こんなインタビュー、初めてです(笑)」

 メジャーデビュータイミング以来3年ぶりに再会インタビュー敢行。朝から日本の上空をミサイルが飛んでいくという不安定な日、なんとなく気持ちの落としどころのないアレコレが起きる現実の中で音楽を届けていく理由について語ってもらった。今日に至るまでの表現に対する気持ちの変遷や、現代における女性シンガーソングライターというイメージとの乖離、朝帰りの女の子の物語「残ってる」についても。ぜひご覧下さい。

自分が子供だった頃みたいな子供に知ってほしくって、どうしても私を。

吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー

--吉澤さんにこうしてインタビューさせて頂くのは、2014年5月『変身少女』でのメジャーデビュータイミング(http://bit.ly/1p7MNR0)以来、約3年ぶりになります。この間、心折れたり病んだりすることもなく活動できていた感じですか?

吉澤嘉代子:いや、いっぱいありますよ。それはいっぱいありますね。「もうダメかも」と思うことはあんまりないですけど、メンタルはそんなに強いほうじゃないんで……。メンヘラって訳でもないですけど。

--今日は朝から日本の上空をミサイルが飛んでいくという、こんな不安定な日に吉澤嘉代子と再会するんだなと思いながら……

吉澤嘉代子:ほんと、寝てるあいだに死んじゃうんじゃないかと思いましたね。

--新曲「残ってる」を聴かせて頂いたんですけど。こういう歌に切なくなったり嬉しくなったり背中押されたりする日常。どうにかこうにかいつまでも続いて欲しいなと思ったりしました。良い曲ですね、「残ってる」。

吉澤嘉代子「残ってる」MUSIC VIDEO
吉澤嘉代子「残ってる」MUSIC VIDEO

吉澤嘉代子:ありがとうございます。

--なんとなく気持ちの落としどころのないアレコレが起きる現実の中で、音楽を作ったり、歌をうたったりしていく理由について考えたりすることってありますか?

吉澤嘉代子:あー、そうですね。人それぞれ傾向ってあると思うんですけど、どうしようもない気持ちっていうのが……おそらく外に出さないと耐えられないぐらいあるほうの人間で。でも歌をうたうことでバランスが取れている実感はあるので、歌は自分にとって必要なものだなと思いますね。

--例えばどんな事柄に対して「外に出さないと耐えられない」状態になってしまうのでしょう?

吉澤嘉代子:そうだなぁー……、電車乗っただけでも傷ついたりします。電車ってなんか「上司だったら良い人なんだろうな」とか「友達だったら良い人なんだろうな」とか「親戚だったら良い人なんだろうな」っていう人が凄い顔を見せたりするじゃないですか。そういうことでなんかモヤモヤする、みたいな。あと、最近、夜中によくおなかをマッサージするんですけど、おなかを触ると「あ、私、すごく緊張していたかも」とか「疲れてるかも」とか思うんですよね。なんの話しているんだろう?

--どうぞ、続けてください。

吉澤嘉代子:それぐらい気付かないレベルでも蓄積されちゃうものだと思うので、外に出すのが苦手な人とか溜まりやすい人は……何とか出さないと病気になっちゃうんじゃないですかね。

--でも吉澤嘉代子の場合はソレを音楽で放出することができると。

吉澤嘉代子:だから音楽をやってるんだと思うんですけど……

--では、音楽を続けている理由はどちらかと言うと自分の為?

吉澤嘉代子:音楽を歌っていくのだったら自分の為なんですけど、仕事にするってなるとまた違うと思いますね。私は自分が子供だった頃みたいな子供に知ってほしくって、どうしても私を。その為にはたぶん自分の趣味の範囲では伝わらないから……仕事にしたいんです。

--そもそもはどんな経緯で音楽を始めた人なんですか?

吉澤嘉代子:よくきっかけを聞かれるんですよね。でもなんて言ったらいいのか分かんなくって。おしゃべりをしようと思うとなんか言葉が上手く出てこなくて、泣いちゃうような子供だったので……その頃から歌をうたうのと、文章を書いたり物語を作ったりするってことだけはずっと続けてて。それが組み合わさったのがシンガーソングライターという職業というか……。だからいちばんの理由としては、喋るのが苦手だったから。

--コミュニケーションツールでもあった訳ですね。

吉澤嘉代子:そうですね、まさに。

--そこから人前に立って歌っていくようになる訳じゃないですか。そのときはまだ「仕事にする」という感覚ではなかった訳ですよね?

吉澤嘉代子:高校生になって、軽音楽部に入ってバンドをやったんですね。そのときにとある人のコピーをして歌ったんですけど、自分の言葉じゃないことに違和感があるなと思って、それで曲を作るようになったんですけど、初めて曲が出来たときに物凄くクラクラして。「これで世の中と繋がれるかもしれない」みたいな。「やっと見つけた」って感じでした。だからそれが自分には出来るっていうので……お仕事というか、それぐらいしか出来なかったという感覚。

--音楽だけが世の中と繋がれるツールだったんですね。先程仰った「仕事にする」というのは具体的にはどういうことなんでしょう?

吉澤嘉代子:お茶の間……と言っても、今はみんなテレビ見たり見なかったりだと思うんですけど、そういうところまで規模を広げていかないと、子供っていちばん最後に情報を得るから。幼稚園で流行るものって少し前に流行っていたものだったりするじゃないですか。そこまで行きたいと思うと……「お仕事にしたい」と思いました。

--3年前のインタビューでも「私はお茶の間に行きたいんですよね」と仰っていました。そして「なので、音楽性のバランスも考えなきゃいけないし、キャラクターとかも大事なのかもしれないんですけど……万人ウケするところと、マニアックなところ。その大きな輪の中の小さい輪を狙っていけたらなとは思っていて」とも。その考えは今も変わりなく?

吉澤嘉代子「美少女」MV
吉澤嘉代子「美少女」MV

吉澤嘉代子:うーん……

--というか、ソレを試してみたこの3年間だったんですかね?

吉澤嘉代子:そうですね。2年目ぐらいまでそうだったんですけど、アルバムによって変わっていってますかね。前回のアルバム『屋根裏獣』とかは「もう自分が好きなことしかやらない!」と思って作っていて、どんどんと自分の好きなことをやっていく形になってきちゃってますね。デビューした頃に言われたんですよね。好きなことというより「今はがんばろう」みたいな。でもそれやってたら若い時間というものが……そう思ったら「それは自分がやんなくてもいいかな」って。だから今は自分が「良い」と思うほうを選ぼうと思っています。変わったかもしれない。

NEXT PAGE
  1. 逃げた先に出口があったんですね。それで世の中と繋がることが出来て。
  2. Next >
インタビュー写真

吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー


逃げた先に出口があったんですね。それで世の中と繋がることが出来て。

吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー

--それと同時に「子供に知ってほしい」という想いもある訳ですよね。

吉澤嘉代子:そうなんですよね。とは言え、私も子供のときに子供向けの曲を聴いていた訳ではないので、子供向けの曲が作りたいとかじゃなくて。届くべき子供に聴いてほしいという想いがあるんですよ。例えば、学校に行けない子供とか。私はいろいろなものから逃げて、本当にいろいろなものから逃げてきて。だけど、逃げた先に……今に繋がる、制作というか曲作りがあった。逃げた先に出口があったんですね。それで世の中と繋がることが出来て。みんなこう「絶対に向かっていかなきゃいけない」っていうことがあるじゃないですか。だけど、適さない子って絶対にいるんですよね。集団とか。出来たらみんなで仲良く過ごせたらいいなと思うんですけど、もしか適さない子がいたとき……「学校に行けてない」ということがその子にとっては“非国民”みたいな状態になっていると思うんです。でもそうじゃない……ってことが伝わったらなって思っています。

--それは音楽のみならず、吉澤嘉代子の「こうやって生きている人もいるよ」といった在り方でも伝えたい?

吉澤嘉代子:そうですね。だけど「自分はこうやって生きてるよ!」みたいなことをすごく主張したい訳ではなくて、私は子供の頃に“物語”というものにすごく救われたんですよ。ひとときのあいだ、誰かの人生にトリップする。それでバランスが取れていたというか。で、今やってる音楽も主人公がいて物語があって……っていうフィクションなんですけど、そこに聴いている人が自分を投影して疑似体験してもらえたらいちばん良い。小説の機能を持った音楽というものが出来たらと思っていて、そういうひとつの箱になっていたらいいなと。その先で私自身のことを知ってもらってもいいんですけど……

--自分も「ひとときのあいだ、誰かの人生にトリップする」音楽を届けたいと。

吉澤嘉代子:何かになりきってうっとりする時間。それを少しだけ楽しんでもらえたらなと思ってる。自分も小説だったり自分の作った物語の主人公になりきって、そこに浸っているみたいな時間があって、子供の頃の私にはそれが必要だったんです。だから私にもそういう時間を作ることが出来たらなって。「みんな、元気になって頑張ろう」とか言う気は毛頭ないんですけど、ちょっとのあいだ、うっとりしてもらえたらいいなって。

--音楽や物語の世界に入り込んで「うっとりする」時間。僕とかこういう仕事をしている人の多くはソレの中毒みたいになっていると思うんですけど、今現在の吉澤さんもソレを求めて音楽と接しているところはあるんでしょうか?

吉澤嘉代子:音楽で何をしたいか。その答えは今お話した通りなんですけど、音楽を作っているときはまた全然別で、如何に主人公の物語をその曲の中に詰め込めるかというか……感情の部分はいつでも本物じゃないと曲が輝かないと思っているんですけど、フィクションの、作り物の部分というところは「どう主人公が生きてくるか」みたいなことを考えていて、その瞬間というのは……なんか本当に誰のものでもない。だから自分自身がうっとりしている時間だと思うんですけど、そういう意味では子供の頃と変わっていないと思います。

--吉澤さんは「どうひとつの物語を完成させて届けるか」というところに重きを置いている。それは自分が子供の頃に“物語”というものに救われていたからだと思うんですけど、世のシンガーソングライターの多くはパーソナルな部分=自分について歌っていますよね。そうしたスタイルで歌っていこうとは全く思わなかったんですか?

吉澤嘉代子:自分を切り売りしていく芸風だと、作った曲がぜんぶそのときの自分の抜け殻になる。ということですよね。確実に差が開けてくるから「あー、あの歌はもう今はちょっと歌えないわ」みたいなことになると思うんです。私自身にもそういう曲はあるんですけど、やりたいこととしては……フィクションであれば、その中にノンフィクションを封じ込める形であれば曲が生き続けるんですよね。昔のその人の歌というところに限定されず、みんなが入り込める曲になる。だから自分を切り売りする曲というのは、私はなるべく書きたくないなと思いますね。

--誰にでも分かる例えを出すと『桃太郎』や『浦島太郎』に対して「これ、古いな」と言う人はいないじゃないですか。

吉澤嘉代子:まさにそれですね(笑)。

--極端に言うと、そういうものが作りたいと。

吉澤嘉代子:そうですね。例えば『3年B組金八先生』だと時代背景が見えるじゃないですか。「あ、この時代ってこうだったよね」とか「今、こんなツッパリいないよね」みたいなことになる。そうなるとちょっと違う。

--新作『残ってる』はどんな物語をイメージして手掛けたものなんでしょう?

吉澤嘉代子「残ってる」MUSIC VIDEO
吉澤嘉代子「残ってる」MUSIC VIDEO

吉澤嘉代子:朝帰りがテーマの曲なんですけど、友達が「この前、駅にいかにも朝帰りっぽい女の子がいた」と言ってて、どうして朝帰りだと思ったかと言うと、その日は急に気温が下がった日だったんですけど、その女の子は薄着だったらしいんです。それを聞いたとき、街の人たちが長袖や上着を着たりしている中で、ひとり夏のままの女の子が浮かんで、その子の曲を書こうと思ったんです。色っぽさと品というものをどう両立させようかなと思いながら。

--その成り立ち方があってこそだと思いますし、先程のシンガーソングライターの話にも繋がるんですけど、この曲は吉澤嘉代子のことを知らなくても「良い曲だな」と染み入る力がありますよね。吉澤さん自身はこの曲をどう評価されているんでしょう?

吉澤嘉代子:好きな曲ですね。ただ、今、女性シンガーソングライターという枠が……自分を切り売りすることが前提となっているので。……大変ですね(笑)。

--でもそもそもは女性シンガーソングライターってそういう人ばかりじゃないですからね。一昔前は吉澤さんのような発想の人が半分、自分のことを歌う人が半分ぐらいの割合だった気もするんですけど、たしかにだんだんバランスは変わっていきました。

吉澤嘉代子:そこからどうなっていくのか分からない。

--そういう意味では、女性シンガーソングライターという言葉が足枷になるケースもある訳ですよね。「あ、女性シンガーソングライターね。ギター持って自分のこと歌ってるんでしょ?」というイメージが邪魔になる人もいるというか。

吉澤嘉代子:「メンヘラなんでしょ?」とか。でも作詞家だったらそういうイメージはない訳じゃないですか。

--女性シンガーソングライターと名乗るのをやめればいいんじゃないですか?

吉澤嘉代子:あ、なるほど。そうしたいですね。でもついて回りますよね? 紹介されるときに。でも男性シンガーソングライターになると偏ったイメージってないですよね。等身大で歌っているというイメージからちょっと遠い感じがするんですよね。秦 基博さんとか。秦さんの曲を聴いて「秦さん、最近こういうこと思ってるんだ?」とは思わないですよね?

--たしかに思わないです。不思議ですね。

吉澤嘉代子:不思議ですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. たったひとりの好きな人と結婚して、ずっと歌って、死んでいきたいです。
  3. Next >
インタビュー写真

吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー


たったひとりの好きな人と結婚して、ずっと歌って、死んでいきたいです。

吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー

--でも肩書きは何であれ、吉澤嘉代子がお茶の間や子供のもとへ歌を届けていきたいのであれば、今回の「残ってる」の手法が正しいんじゃないかなと思います。

吉澤嘉代子:本当ですか?

--今はありとあらゆる手段でもってデカいスピーカーを作り上げていくことが主流だとは思うんですけど……

吉澤嘉代子:火を起こして「ここで火事が起きてるぞー」みたいな。

--でもこの曲はきっと火を起こして聴かせる感じのものでもない。

吉澤嘉代子:そうですね。

--たんぽぽの種みたいに飛んで行ってどこかで花開く。そういう形が理想的な曲ではありますよね。もしくは絵本を画く。

吉澤嘉代子:絵本ですか? 私、絵が下手なんで誰かに書いてもらわないと(笑)。

--もうちょっと女性シンガーソングライターよりは作家さんというか、物語を描いて歌っている人なんですよ。というイメージが伝わりやすいアプローチがあって、今回の「残ってる」のような曲を聴いてもらえると理想的ですよね? 女性シンガーソングライターという枠組みで聴かれると「あ、吉澤嘉代子、朝帰りしたのか」という印象になってしまうかもしれない。

吉澤嘉代子:そうなんですよ。じゃあ、もう「書いている人は別の人だ」という体(てい)にしましょうか? 逆ゴーストライターみたいな(笑)。

--新しいパターンですね(笑)。

吉澤嘉代子:で、20年後ぐらいに「実は私が書いたんです」

--まぁでも歌い手と作り手の名前を変えちゃうとかアリですよね?

吉澤嘉代子:なるほど。……こんなインタビュー、初めてです(笑)。

--吉澤嘉代子の音楽人生はここからどうなっていくんでしょうね?

吉澤嘉代子:ここからですか?「こういうアルバムを作りたい」とか「誰々とご一緒したい」とかはあるんですけど。うーん……ずっと歌いたいと思ってます。それが生半可なことじゃないということも分かってるんですけど。場所を選ばず勝手に歌いたかったらスナックでもどこででも歌い続ければいいんですけど、仕事にするというのはそうじゃないということですもんね。

--スナックではなかなか子供に届けられない。

吉澤嘉代子:たしかにそうですよね(笑)。でもずっと歌いたいと思っています。そしたら自分の精神も保てそうだし。ただ、どっちか分かんないんですよね。歌ってるから精神が揺れやすいのか、歌ってるからまだ保てているのか。まぁどっちもどっちだとは思うんですけど……

--そうでしょうね。ここまで来たらもう一蓮托生というか、曲を作っていなければ、歌っていなければ、もう吉澤嘉代子ではない訳で……

吉澤嘉代子:みんなどうしてるんですかね?

--みんな悩んでますね(笑)。

吉澤嘉代子:そうなんですね! 元気がいちばんとは思うんですけど……

--でもみんな元気になる為にも音楽を使うじゃないですか。音楽を人生とした人たちは、音楽で苦しんだら、音楽で救われるしかないところはありますよね。

吉澤嘉代子:そうですね。曲にするしかないんですよね。

--今、吉澤さんの精神状態というか、気持ちの置きどころはどんなところにあるんでしょう?

吉澤嘉代子「地獄タクシー」Music Video
吉澤嘉代子「地獄タクシー」Music Video

吉澤嘉代子:いや、なんか、前回のアルバムでちょっとぶっ壊れちゃって。それからふわふわしてるんですよね(笑)。

--どうぶっ壊れちゃったんですか?

吉澤嘉代子:まともに生活するのが難しくなっちゃったので、今は「なるべく心を荒立てないようにしたい、平和に暮らしたい」という感じなんです。それが音楽を作るには良いも悪いもないから……自分的には悪いんですけど、あんまり気持ちがわぁー!ってなんないように気をつけてます。だからちょっとふわっとしてる。まぁでももうちょっとしたら、来年あたりには変わってると思います 。

--ただ、壊れちゃったりもしたけど、歌い続けたいと思った訳ですよね?

吉澤嘉代子:はい!

--なんで歌い続けたいと思ったんですかね?

吉澤嘉代子:やっぱり元気になるからです。なんかすごい「ダメだ、ダメだぁー!」となってて、でも久しぶりにライブをしたときに元気になったんですよ。歌うことって生かしも殺しもされるんです。でも「生かされるほうが強いな」と思って。

--なるほど。

安藤裕子 / 世界をかえるつもりはない
安藤裕子 / 世界をかえるつもりはない

吉澤嘉代子:ただ、自己実現を繰り返ししている仕事じゃないですか。それってかなり危険だなとは思っていて。人間の欲望の一覧を見たときに、最初は食べるとか生きる為のことなんですけど、承認欲求がてっぺんにあるとして、そのてっぺんをめちゃくちゃやってる職業なんで……「こりゃみんな変になるよな」とか思います(笑)。てっぺんのことをずっと繰り返すとおかしくなる。でもこのあいだ安藤裕子さんとお話したときに、最終的に「全部、曲にするんだよ」と言われて「やっぱそうなんだな」って。

--実現できるかどうかは度外視して、吉澤嘉代子が表に出て行く人間としてやれるならやってしまいたいこと。そういう野望みたいなものってあったりします?

吉澤嘉代子:やりたかったこととして、アイドルに曲を書くことは出来たし、松本隆さんが好きなんですけど、このあいだ共作することも叶ったので…………、井上陽水さんとデュエットしてみたいです。あとは、完全にイメージなんですけど、シャンソン歌手みたいな死に方したいと思っていて、たったひとりの好きな人と結婚して、ずっと歌って、死んでいきたいです。

Interviewer:平賀哲雄
Photo:Jumpei Yamada

吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー

吉澤嘉代子「残ってる」初回盤LIVE DVDダイジェスト
インタビュー写真

吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー 吉澤嘉代子『残ってる』インタビュー

吉澤嘉代子「残ってる」

残ってる

2017/10/04 RELEASE
CRCP-10386 ¥ 3,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.残ってる
  2. 02.残ってる -ピアノと歌-
  3. 03.怪盗メタモルフォーゼ -CM Version-
Disc02
  1. 01.ユートピア
  2. 02.ラブラブ
  3. 03.ねえ中学生
  4. 04.らりるれりん
  5. 05.えらばれし子供たちの密話
  6. 06.屋根裏
  7. 07.人魚
  8. 08.綺麗
  9. 09.地獄タクシー
  10. 10.麻婆
  11. 11.カフェテリア
  12. 12.ぶらんこ乗り
  13. 13.一角獣
  14. 14.月曜日戦争 -ENCORE-
  15. 15.フレフレフラレ -ENCORE-

関連キーワード

TAG

残ってる
吉澤嘉代子「残ってる」
2017/10/04
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
残ってる
吉澤嘉代子「残ってる」
2017/10/04
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
月曜日戦争
吉澤嘉代子「月曜日戦争」
2017/05/24
[CD]
¥1,200(税込)
購入画面へ
月曜日戦争
吉澤嘉代子「月曜日戦争」
2017/05/24
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
屋根裏獣
吉澤嘉代子「屋根裏獣」
2017/03/15
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
屋根裏獣
吉澤嘉代子「屋根裏獣」
2017/03/15
[CD]
¥3,500(税込)
購入画面へ
吉澤嘉代子とうつくしい人たち
吉澤嘉代子「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」
2016/08/03
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
吉澤嘉代子とうつくしい人たち
吉澤嘉代子「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」
2016/08/03
[CD]
¥2,500(税込)
購入画面へ
東京絶景
吉澤嘉代子「東京絶景」
2016/02/17
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
東京絶景
吉澤嘉代子「東京絶景」
2016/02/17
[CD]
¥3,500(税込)
購入画面へ
秘密公園
吉澤嘉代子「秘密公園」
2015/10/07
[CD]
¥1,800(税込)
購入画面へ
箒星図鑑
吉澤嘉代子「箒星図鑑」
2015/03/04
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
幻倶楽部
吉澤嘉代子「幻倶楽部」
2014/10/22
[CD]
¥1,800(税込)
購入画面へ
変身少女
吉澤嘉代子「変身少女」
2014/05/14
[CD]
¥1,800(税込)
購入画面へ
魔女図鑑
吉澤嘉代子「魔女図鑑」
2013/06/05
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore