Billboard JAPAN


Special Contents

高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』インタビュー



高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー

「続けてきた者のみが分かる感覚なんじゃないですかね」

 高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)単独インタビュー再び!ソロ25周年記念ベストアルバム『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』についてはもちろん、THE ALFEEの通算ライブ本数日本バンド最多記録更新や、小説家デビュー、新たなライフワークになりつつある【INNOVATION CLASSICS】、還暦を迎えてから始まる表現者の生き様などTakamiy節全開で語ってくれた。

伝説の日本初単独オールナイトコンサートから30年「30年後に会いましょう」

--今年7月29日と30日の2日間、横浜アリーナで【31st Summer Best Hit Alfee2017夏フェスタ】を開催。この公演をもってTHE ALFEEは“通算本数2639本”という日本のバンドとしては最多となる記録を更新しました。

高見沢俊彦-「Night of Rouge」プロモーション映像
高見沢俊彦-「Night of Rouge」プロモーション映像

高見沢俊彦:そこを目標に活動してきた訳ではないのですが、もうこれは積み重ねですからね、そこまで続けられるだけ皆さんが観に来てくれたということに感謝ですね。やっぱり現役である為にコンサートをやっていく訳ですが、そこで僕らを応援してくれる方たちがいないと成り立たない。“ただやっていればいい”ということじゃないからね。だから本当に感謝しています。

--その日の公演で「今日の日を遠い夏の忘れられない思い出としたい。30年後に会いましょう。アルフィーは永遠です」と高見沢さんは語りましたが、30年後はデビュー73年目になりますから、もうギネスどころじゃない記録になります。

高見沢俊彦:ギネスどころじゃないですよね(笑)。1987年に日本初となる単独オールナイトコンサートをやっているんですけど、今年がそこからちょうど30年後だったんです。それがあったから「30年後に会いましょう」という言い方をしたんですよ。「30年前に来た人?」と聞いたら結構いたんで「そっか、30年間も来てくれてるんだ!」と思って、だったら「30年後も来て」みたいな! そういう想いもちょっとありましたどね、桜井は「こっちがもつかどうか分からない」と言ってましたが(笑)。

--(笑)。ちなみに、30年前に日本初となる単独オールナイトコンサートに挑戦することになった背景には、どんな経緯があったんですか?

高見沢俊彦:その前年の1986年に【TOKYO BAY AREA】(※後のお台場となる埋立地で開催された10万人コンサート)をやって、その年のクリスマスイヴにですね、実は横浜スタジアムの特設テントでオールナイトコンサートをやろうとしていたんですよ。でもオールナイトと言うと四六時中、一晩中ずっと音を出している訳じゃないですか。騒音問題で中止命令が出ちゃったんですよ。途中で。それで「朝までは無理だ」ということがあったもんですから、「来年やろう、どっかでオールナイトやりきろうぜ」という……若かったねぇ(笑)。

--意地みたいなものもあったんですかね?

高見沢俊彦:そうなんですよね。だから「来年やろう」と言ってしまったんですよ。クリスマスイヴに朝までやりきれなかったので、その悔しい想いを翌年1987年の日本平で晴らしたというか、落とし前をつけたと言うんですかね。前年にオールナイトコンサートの最後に歌おうと思っていた曲をやったりして。「夜明けのLANDING BAHN」という曲なんですけど。そういった歴史もあり、どんどん繋がっていった結果が今のTHE ALFEEなんだろうね。

--歴史と言えば、高見沢俊彦ソロの歴史も25周年を迎えました。

高見沢俊彦:そうですね。1991年から始めてそれぐらい経っちゃいましたね。

--今から約25年前、高見沢さんがソロ活動を開始した理由は何だったんでしょう?

THE ALFEE - 「あなたに贈る愛の歌」プロモーション映像
THE ALFEE - 「あなたに贈る愛の歌」プロモーション映像

高見沢俊彦:僕はTHE ALFEEでは制作部と言いますか、曲を作ったり詞を書いたりクリエイターの仕事をしているんですけど、そのクリエイターマインドをいつでも刺激したい訳ですよ。その為にはバンドから飛び出してソロで何かやったほうが、またいろんな人との出逢いがあるし、新たな刺激を受けることが出来るし、それを持ち帰ってTHE ALFEEで活用できる。常に僕は“For THE ALFEE”なんですよね。その精神でソロ活動もやってきました。だからソロでやったGSをThe KanLeKeeZに昇華したりとか、西本智実さんとの【INNOVATION CLASSICS】で得たものをTHE ALFEEの最新シングル「あなたに贈る愛の歌」に生かしたりとか、すべて結びついているんです。そういう意味では、THE ALFEEを長持ちさせる為のソロ活動ですかね。だから休まないんですよ。普通はソロ活動って本体を休んでやるじゃない?

--バンド活動がお休みの期間にやったりしますよね。

高見沢俊彦:そうでしょ? でも僕は両方やってますから、忙しいは忙しい(笑)。でも自分の場合はそれだけTHE ALFEEへの想いが強いからソロ活動もしている感覚ですね。

--そんな高見沢さんのソロ25周年を飾るベストアルバム『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』がリリース。こうして改めてソロ曲を聴くと非常に自由度が高いですよね。例えば「騒音おばさん VS 高音おじさん」とか。

高見沢俊彦:凄いよね。これはクドカン(宮藤官九郎)の作詞ですけどね、この詞が先に僕のものとへ届いて、そこから「どういう曲にしようか?」というところで思いっきりヘヴィメタルになったんですけど、この曲に入ってるセリフパートは阿部サダヲくんですし、グループ魂も参加してますからめちゃくちゃですよ(笑)。でもソロは自由にというか、誰かとコラボするなら僕に興味を持ってくれている人とやりたいんですよね。2007年のアルバム『Kaleidoscope』(※つんく♂、みうらじゅん、綾小路翔、向井秀徳、浦沢直樹らが参加したコラボ色全開の作品)のときは「どんな詞が出てくるか楽しみだな」ということで他のアーティストに作詞を頼んだんですけど、そうすると僕に向かって書く訳ですから、みんながどのように僕を捉えているのかが分かるし、客観的に見ることが出来る。だから「宮藤官九郎の場合は、俺のことを“高音おじさん”だと思ってるんだな」と(笑)。で、リリー・フランキーさんの場合は“スーパースター”だった訳ですよ。そういうのって面白いよね。

NEXT PAGE
  1. 還暦は「終わり」だと人は言うけど、僕は「始まり」だと思っているから
  2. Next >
アーティスト写真

高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー 高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー


還暦は「終わり」だと人は言うけど、僕は「始まり」だと思っているから

--相手によってそれだけ印象が変わるのは高見沢俊彦ならではですよね。ひとつのジャンルやイメージに捕われずに発信してきた結果というか。

高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー

高見沢俊彦:そうかもね。音楽というひとつのことをやってきた訳だけど、その中にもいろんなジャンルがあるし、いろんな人間がいる訳ですから。

--今回のベストアルバム『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』、自身ではどんな作品になったなと感じていますか?

高見沢俊彦:今回、全曲歌い直してみたんですよね。それは何故かと言うと、2014年に喉を壊しちゃって、それから歌い方を変えてみたんですよ。あんまりがなったりシャウトしたりしないようにしたんです。で、昔はそうやって歌っている曲が多かったので、今歌い直したい楽曲を集めて今回の『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』にしたんですけど、そうするとシャウトしていた音源では聴こえて来なかったメロディーが際立つようになって。だから今の声で、今の歌い方で、今のベストなTakamiyでお届けする、そんなイメージのアルバムですね。

--過去の楽曲にリテイクやリアレンジやリレコーディングを施した作品って大体シブい方向に進んでいくじゃないですか? でも高見沢さんの場合は決してそうじゃない。

高見沢俊彦:逆によりアグレッシブになる(笑)。それは現役でやってるからかなぁ……楽曲のバラエティさは増えますけどね、シブくはならないですね。

--今作『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』、往年のファンはもちろん手に取ると思うんですが、どんな人たちにどんな風に楽しんでほしいと思ったりしますか?

高見沢俊彦:最近、THE ALFEEのファンになってくれた方に「こういう世界もあるよ?」みたいな。実際に聴いたら面白いと感じてもらえるんじゃないかと思いますけどね。THE ALFEEにちょっとでも興味を持ってくれた方がいたら「こっちも聴いてみ?」みたいな感じです(笑)。

--また、ソロワークスと言えば、今年も西本智実×高見沢俊彦【INNOVATION CLASSICS 2017】が開催されました。昨年の【INNOVATION CLASSICS】については前回のソロインタビューで語って頂きましたが(http://bit.ly/2atIp1Y)、2度目の今回はいかがでした?

高見沢俊彦 - INNOVATION CLASSICS 2017 TOMOMI NISHIMOTO x TOSHIHIKO TAKAMIZAWA
高見沢俊彦 - INNOVATION CLASSICS 2017 TOMOMI NISHIMOTO x TOSHIHIKO TAKAMIZAWA

高見沢俊彦:まず前回と今回でオーケストラが違うんですよね。あと、今回はTHE ALFEEの楽曲もやったりしましたから、そういう意味では進化した【INNOVATION CLASSICS】になったと思います。“そこで立ち止まらず、次のステップに上がった”みたいな。だからオーケストレーションの素晴らしさはすごく感じましたし、これは自分の中でひとつのライフワークになるかもしれないですね。誰もやっていないことだからこそ、余計に面白味を感じますし、ギタリストとしても幅が広がるし、クラシックは音楽の原点ですから。その中でギターを弾いている、という【INNOVATION CLASSICS】は自分にとって大きいものになっています。THE ALFEEの楽曲もやる中で「もしこのオーケストレーションの中で歌うことができたら気持ち良いだろうなぁ」と思って作った曲が「あなたに贈る愛の歌」だったりするので。やり続けることで新たな扉を開いて、それをまたTHE ALFEEのものにしていくことが出来る。

--前回の【INNOVATION CLASSICS】は、譜面ひとつ読むにしても新しいことだらけで“試練”でもあったと仰っていましたが……

高見沢俊彦:いや、毎回試練だよ! 今回2度目と言っても1年ぶりだしね、コンサートツアーのように何十本もやる訳じゃないし、その中でも前回とはまた違う世界に行かなきゃいかない。そういうプレッシャーが今回はありましたね。

--新鮮な衝撃を与えなくちゃいけないし「前回と同じじゃん」と思われてもいけないし。

高見沢俊彦:そうだね。でもね、同じ曲でもやっぱり違うものになるんだよね。ムソルグスキーの「展覧会の絵」も去年と違ったもん。オーケストラが変わったのもあるし、自分も自分なりに精一杯やりましたし。ただ、やっぱりクラシックは扉を開けても開けても次があるんですよね。改めて「奥が深いもの」だと感じました。

--その終わりが見えないものにこのタイミングで踏み出せた。これは高見沢さんの音楽人生において大きなターニングポイントですよね、きっと。

高見沢俊彦:これは還暦過ぎてから感じたことなんだけど、還暦は「終わり」だと人は言うけど、僕は「始まり」だと思っているから。ここからまた頑張っていけば、まだまだ人生は続いていく。そうやって僕ら発でメッセージしていって、高齢化社会にもエネルギーを与えていければと思いますけどね(笑)。だから【INNOVATION CLASSICS】もライフワークにしていきたいし、これからもまだまだ新しいことに挑戦していきたいと思っているんです。

--その感覚は自然と湧き上がってきたものなんですか?

高見沢俊彦:現役感があるからこそだと思うんですけど、自分が望まなくてもそういう扉が目の前に現れてくるんですよ。それは音楽の世界だけじゃなく、新たに書き始めた小説もそうですけど、あれも自分が望んだというよりは「やりませんか?」と望まれて始まったものなんです。

--高見沢俊彦が「表現したい」と思って形にしていくものもある一方で、高見沢俊彦に「表現してもらいたい」と思って形になっていくものがある。高見沢さんの表現者としての人生にはこのふたつのラインがあるんですね。

高見沢俊彦:そうですね。でも自分が興味を持てるものじゃないとやれないですね。僕は子供の頃からクラシックも大好きだったし、小説も大好きだったし、どちらも伏線があったからやりたいと思えたけど、突然「ミュージカルをやりましょう」と言われてもそれは出来ない(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 日本の国民全員に観てもらいたい。何なら国民の義務にしてもらいたい(笑)
  3. Next >
アーティスト写真

高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー 高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー


日本の国民全員に観てもらいたい。何なら国民の義務にしてもらいたい(笑)

--執筆名「髙見澤俊彦」として小説を書くことになった経緯を教えてもらえますか?

高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー

高見沢俊彦:過去にエッセイを書いたことがあって、それを編集者の方に気に入って頂いたみたいで、その方とお会いしたときに「小説、書きませんか?」と言われたんです。もちろん小説は大好きだし、子供の頃から読んでいましたけど、自分で書けるとは思っていなかったんですよね。フィールドがあまりにも違うから。でもそうやって背中を押されたということもありますし、自分がやってきた音楽のフィールドだけでは表現できないこともあるのではないかと思い始めて……「なら、書いてみようかな?」みたいな。もちろん悩みましたけど、編集者の方との「書けるのか?」「書けます」といった感じのキャッチボールもあったりして、それで今回書き始めたんです。

--実際に書き始めてみていかがですか?

高見沢俊彦:今回載るものはまだ第一章ですからね、これから第二章、三章、四章……と書いていかなくちゃいけない。でも変な言い方だけど……楽しいね(笑)!「あ、俺、こういうのもアリなんだ?」と思えて、今は書くのが面白いです。だからツアー中の楽屋でも思い付いたら書いていたしね、新幹線の中とか移動中にも書くし、今はパソコン1台あればどこでも書けますからね。だから“動きながら書いてる”って感じ。それは僕流なのかもしれないけど、どこかに留まってゆっくり書くんじゃなくて、動きながらアクティヴな感覚でどこでも書きたいときに書いている。

--あらすじによると“グッド・スメル”というバンドの物語でもあるんですよね?

高見沢俊彦:でもこれは自分の自伝でもないし、実話でもなく全くのフィクション。1970年代をメインにしているんですけど、学生運動もそうだし、その時代背景にはいろんなことがあった訳ですよ。その中での青春群青ですかね。ちなみに“グッド・スメル”ってバンド名としておかしいでしょ? だから主人公は気に入ってないんですよ。そういうところから始まる青春群青。

--THE ALFEEの歌詞でもその時代背景は描いてきてますよね。高見沢さんの中でそれだけ1970年代は鮮烈な時代だったんでしょうか?

高見沢俊彦:学生運動とかは僕らより上の世代でしたけどね。自分たちが直接関わった訳ではないんですけど、いろいろあったから。ニュースがすごく面白かった。自分はまだ子供だったけど、そういう感覚を今回の小説にも取り入れつつね、ひとつのバンドの話を考えているところです。だからまだこれからどうなっていくのか自分にも分からない(笑)。

--クラシックとの融合や若手プロデュース、さらには小説まで、どこまでも活動の幅を広げ続ける高見沢俊彦の今。ご自身ではどう捉えていたりしますか?

高見沢俊彦:常に“ING”でやってきたでしょ? だからツアーも始まれば終わるけど、でも僕の場合は“終わり”が“始まり”なんでね。やっぱりその気持ちがすごく強いかな。もちろん時間の軸で考えたら“永遠”ではないし、いつかステージを下りなきゃいけないときが来ると思うんだけど、それまでは“永遠”だと思っているんですよ。始まり続ける。イベントをやればみんなが全国各地から集まってきてくれる訳で、そこにはもちろん感謝しかないんだけれども、自分たちも続けていく喜びを感じているからこれだけ出来てる訳だし、みんなといつまでもいろんなものを共有し続けられる。これはね、続けてきた者のみが分かる感覚なんじゃないですかね。僕らは再結成したりしている訳じゃないから(笑)。

--一度も解散してませんからね(笑)。

高見沢俊彦:続けてきたからこそ僕らの歴史は立ち止まらなかった訳だし、その立ち止まらない歴史を僕は守りたいと思っているんです。その為にクラシックもやれば小説もやる。そういうことですね。

--そんな高見沢さんから見た現在の音楽シーンはどう映っていたりしますか?

高見沢俊彦:音楽シーンね……例えばさ「CDが売れない」とか「レコード会社の元気がなくなっている」とかさ、そういうマイナスな状況は現実としてあるかもしれないけど、逆にコンサートをやる人間が増えている。それはコンサートに来てくれる人口が増えてるから出来る訳で、決して悪いことだけじゃないんだよね。これだけ情報が溢れ出ている世界で「音楽だけがすべて」と思っている人は少ないと思うし、いろんなものに目が行っていると思うけど、コンサートだけは残っている。というのは、僕たちみたいなライブバンドからしたら小さな光明というかさ、確実に光だよね。そこでずーっとやってきた訳だから。そういう面では「自分たちが守ってきたものは間違っていなかったんだな」と最近感じます。あと、ダウンロードなんてデジタルの最たるものだけど、コンサートはアナログの最たるものじゃない? 今の時代、そこに光が射しているというのは面白いよね。

--これだけ何でもデジタル化されて、その場に人がいなくても成り立つシステムが増えている時代ですけど、THE ALFEEのコンサートにはどれだけの人間が携わっているんだ?って話ですからね。そこにさらに無数の人たちが集まって熱狂しているという。

高見沢俊彦:いまだにたくさんのスタッフが携わってくれているし、いまだに11tトラック5台も連ねて全国回ってるわけだし、それでステージを作って、また解体して次の街へ行く。ファンのみんなはみんなでチケットを買って、開催される日までずっと待って、ようやく当日を迎えて会場まで足を運ぶ……めちゃくちゃアナログですよ。でもこれはもうずーっと変わってないですからね。そこに今逆に光が射しているというのは……ましてや僕らは休まずコンサートをやり続けてきたバンドですからね。そうやって自分たちが信じてきたものが「間違っていなかった」という証明にもなる訳で、それはとても嬉しいこと。僕はデジタル否定派じゃないし、音楽にもたくさん取り入れているんですけど、だからこそアナログの極みであるコンサートの素晴らしさは今後も発信してきたいと思っています。

--今後のツアーやコンサートでの目標って何かありますか?

高見沢俊彦:ずっとツアーをやっているんだけど、毎回初めて行く場所って必ずあるわけ。そして初めて行く場所には初めて来るお客さんがいる。そこでの「待ってたよ!」というムードは毎回感じてきているんですけど……これはオーヴァーな話だけど、もう日本の国民全員に観てもらいたい。何なら国民の義務にしてもらいたい(笑)。

--日本人は必ずTHE ALFEEのコンサートを観るという義務(笑)。

高見沢俊彦:最低1回は観る(笑)! それは冗談にしても、そうやって初めて来てくれる人も楽しめるコンサートを今後もやり続けていきたい。その気持ちは変わらずにずっと持っていたいですね。

Interviewer:平賀哲雄

高見沢俊彦-「Night of Rouge」プロモーション映像
アーティスト写真

高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー 高見沢俊彦(Takamiy/THE ALFEE)『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』 インタビュー

Takamiy「美旋律 ~Best Tune Takamiy~」

美旋律 ~Best Tune Takamiy~

2017/08/30 RELEASE
TYCT-69117/8 ¥ 4,104(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Fantasia ~蒼穹の彼方
  2. 02.騒音おばさん VS 高音おじさん
  3. 03.エデンの君
  4. 04.Thanks for Your Love ~PartⅡ
  5. 05.月姫
  6. 06.へびめたバケーション! ~筋トレ編
  7. 07.青空を信じているか?
  8. 08.VAMPIRE ~誘惑のBlood~
  9. 09.雷神の如く
  10. 10.禁断の果て
  11. 11.ULTRA STEEL
  12. 12.Super Star
  13. 13.誘惑の太陽
Disc02
  1. 01.Night of Rouge <未発表曲集> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  2. 02.東京ロンリー・ナイト <未発表曲集> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  3. 03.ULTRA BURN <未発表曲集> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  4. 04.2時間だけのHoneymoon <LIVE TAKE> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  5. 05.赤い糸 <LIVE TAKE> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  6. 06.Tokyo Lonely Night <LIVE TAKE> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  7. 07.ヤマトより愛をこめて <LIVE TAKE> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  8. 08.千年ロマンス <LIVE TAKE> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  9. 09.17のときに逢いたかった <LIVE TAKE> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  10. 10.ゴジラのテーマ <LIVE TAKE> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
  11. 11.Fiance <LIVE TAKE> (未発表曲集&真夏の夜の夢 Billboard Live TOKYO 2016 ベストセレクション)
三位一体
THE ALFEE「三位一体」
2015/12/23
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
三位一体
THE ALFEE「三位一体」
2015/12/23
[CD]
¥3,996(税込)
購入画面へ
三位一体
THE ALFEE「三位一体」
2015/12/23
[CD]
¥3,996(税込)
購入画面へ
GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」
2013/11/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」
2013/11/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」
2013/11/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
雷神
Takamiy(高見沢俊彦)「雷神」
2013/07/31
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
雷神
Takamiy(高見沢俊彦)「雷神」
2013/07/31
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
雷神
Takamiy(高見沢俊彦)「雷神」
2013/07/31
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
雷神
Takamiy(高見沢俊彦)「雷神」
2013/07/31
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
雷神
Takamiy(高見沢俊彦)「雷神」
2013/07/31
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
雷神
Takamiy(高見沢俊彦)「雷神」
2013/07/31
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
ULTRA STEEL
TAKAMIY「ULTRA STEEL」
2012/07/04
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
ULTRA STEEL
TAKAMIY「ULTRA STEEL」
2012/07/04
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
ULTRA STEEL
TAKAMIY「ULTRA STEEL」
2012/07/04
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Takamiy Classics
(クラシック) Takamiy(高見沢俊彦) ヴォルフガング・サヴァリッシュ フィラデルフィア管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 サー・ネヴィル・マリナー アカデミー室内管弦楽団「Takamiy Classics」
2011/08/10
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
Takamiy Classics
(クラシック) Takamiy(高見沢俊彦) ヴォルフガング・サヴァリッシュ フィラデルフィア管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 サー・ネヴィル・マリナー アカデミー室内管弦楽団「Takamiy Classics」
2011/08/10
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
黄金龍王
Takamiy(高見沢俊彦)「黄金龍王」
2011/07/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
黄金龍王
Takamiy(高見沢俊彦)「黄金龍王」
2011/07/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
黄金龍王
Takamiy(高見沢俊彦)「黄金龍王」
2011/07/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
黄金龍王
Takamiy(高見沢俊彦)「黄金龍王」
2011/07/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
黄金龍王
Takamiy(高見沢俊彦)「黄金龍王」
2011/07/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
黄金龍王
Takamiy(高見沢俊彦)「黄金龍王」
2011/07/13
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」
2011/05/03
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」
2011/05/03
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」
2011/05/03
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」
2011/05/03
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」
2011/05/03
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」
2011/05/03
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
青空を信じているか?
Takamiy(高見沢俊彦)「青空を信じているか?」
2010/09/15
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
青空を信じているか?
Takamiy(高見沢俊彦)「青空を信じているか?」
2010/09/15
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
青空を信じているか?
Takamiy(高見沢俊彦)「青空を信じているか?」
2010/09/15
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
青空を信じているか?
Takamiy(高見沢俊彦)「青空を信じているか?」
2010/09/15
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
青空を信じているか?
Takamiy(高見沢俊彦)「青空を信じているか?」
2010/09/15
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
青空を信じているか?
Takamiy(高見沢俊彦)「青空を信じているか?」
2010/09/15
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
Fantasia
Takamiy(高見沢俊彦)「Fantasia」
2010/08/25
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ

Chartsmore