Billboard JAPAN


Special Contents

AOR CITY 2017 スペシャル企画 永井博インタビュー



AOR CITY 1000

 昨年、AOR誕生40周年を記念してリリースされたAOR CITYシリーズが今年も登場する。 70~80年代のAOR名盤・レア盤が「千円」で手に入る大好評企画の再登場を記念して、今回もアートワークを手がけたイラストレーターの永井博にインタビューを敢行。 不朽の名盤『A LONG VACATION』のジャケットを始め、数々のレコード・ジャケットや広告などで、70年代から活躍を続けるイラストレーターの永井 博。色鮮やかでクリアな永遠のヴァケーションを夢想させる唯一無二の作風は、今なお多くのファンを魅了している。近年、CDのアートワークや展示会、ブランドとのコラボ企画などで今再び大きな注目を集めている永井博に話を聞いた。

“ベンチャーズとともにやってくるイラストレーター”

―まず最近の近況からお伺いできますか?

永井博:最近はルミネのイベントのポスターを描いたり、大磯ロングビーチの案件があったり、昔に戻ったような仕事の内容になってきましたね、大きい仕事も入ってくるようになったし(笑)。イラストレーターは周りを見ていても、色んな仕事をやってるなって思います。

―今年はKASHIFさんの初のソロアルバム『Blue Songs』のジャケットを描き下ろしが新鮮でした。

CD
▲KASHIF『Blue Songs』

永井博:KASHIFくんの肖像画を描きました。彼とはTwitterで知り合って、「アルバムを作るのなら、(イラストを)描かせて」って、僕から言ったのが始まりだったかな。それ以来僕の展覧会に来てくれたりして、仲良くなっていったんだけど、最初は肖像画ではなくて、僕のいつものテイストでジャケットを描くもんだと思っていたんですよね。

―アーティストの肖像画を描かれるのは珍しいですよね?

永井博:そうですね。たまたま展覧会の時に人物の絵が飾ってあって、彼はそれを見て、気に入ってくれたみたいですね。以前からロンバケ(大滝詠一『A LONG VACATION』)の絵本の中に収録されているような日焼けした白人のハンサムガイの絵も描いていたんですけどね。KASHIFくんには「ホントに風景じゃなくていいの?」って聞いたんですけど(笑)、彼は「肖像画がいい」って。

―KASHIFさんたっての希望だったんですね。

永井博:風景の方が僕の絵だって誰にでも分かってもらえそうだと思ったんですけどね。レコード屋さんにも「アートワークは永井博」って書かれるじゃないですか。だったら風景の方が目を引くかなぁと(笑)。

―描き下ろしではありませんが、永井さんのイラストを使用したサニーデイ・サービスの『DANCE TO YOU』も様々なところでベスト・アルバムに選ばれ、注目を集めました。

CD
▲サニーデイ・サービス
『DANCE TO YOU』

永井博:曽我部恵一くんとはDJを一緒にしたことがあって、彼はそこで弾き語りもやっていたんですけど、彼はほんとに歌が上手いですね。声の通りがすごくいいし。僕の展覧会のオープニングの時も、サニーデイ・サービスのジャケットをずっと手がけているADの小田島等くんと3人で鼎談をして、その時も弾き語りで歌ってくれたんです。

―『A LONG VACATION』がリリースされた頃は生まれていなかったような若い世代からも支持を集めていらっしゃる。

永井博:僕の展覧会にも若いお客さんがとっても多く来てくれてね。もちろんオヤジたちもいるんですけど(笑)、それは意外な反響でしたね。この前の代官山蔦屋書店の展覧会でも、外国人の女の子に声をかけられました。

―永井さんのお顔を知っていた?

永井博:そうなんです。展示してあった僕の絵を見て声をかけてきて。「何で僕の顔を知ってるの?!」って聞いたら、「SNSで見た」って。アメリカの娘とシンガポールの娘でしたけど、ビックリしましたよ。

―展覧会の時期は夏が多いですか?

永井博:やっぱり夏が多いですね。僕は夏で暮らしているようなもんですから(笑)。その昔は雑誌で、“ベンチャーズとともにやってくるイラストレーター”なんて紹介されてたくらい(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. レコードだと90年代はすごくいい時代でしたね。
  3. Next >

レコードだと90年代はすごくいい時代でしたね。

―今また80年代や90年代のカルチャーが再評価されてますが、永井さんはそういう雰囲気を感じることはありますか?

永井博:関係ないと思いますけどね。そういう事って誰かが言いたがるんですよね。僕は音楽でもいちばん好きなのは70年代ですしね。フィリー・サウンズが大好きだから。

―レコードをいちばん多く買っていたのは80年代ですか?

永井博:そうですね、六本木のWAVEいちばんレコードを買っていたのは僕じゃないかと噂されたこともあるくらい大量に買ってましたけど、その時も60年代や70年代のソウルのレコードが中心でしたね。あと、あの時は日本で通販やっている人がいて、値段も今よりずっと安かったです。

―80年代からDJもされていたそうですが、その頃はどんな音楽かけていらっしゃったんですか?

永井博:西麻布のトゥールズバーとかでね。あの時で38歳ぐらいだから、31年前かな。主に、7インチでレア・グル―ヴをかけていました。

―80年代後半からは、伝説のクラブ芝浦のGOLDでもまわしていたそうですね。

永井博:ヒップホップの新譜もかけていたんですがあんまりウケなくて、もっぱらダンスクラシックをかけていましたね。レイ・パーカーやKC&サンシャインバンドとかあの辺は好きだったし。あの頃は、新譜をかけようとしても、みんながもうダンクラの定番曲を待っているような感じでした。

―芝浦GOLDの時代はまだバブル景気の余韻がありましたね。

永井博:その後、芝浦にジュリアナができたら、みんなそっちに行っちゃいましたけどね。ジュリアナが早く閉まるから、その後GOLDに流れてくる人はいましたけど。その頃、僕はポルシェに乗っていたんですけど、辺鄙な場所にあるクラブもたくさんあって、狭いところでクルマが傷つけられたりして腹立ったなぁ(笑)。その後、ジュリアナも潰れて、跡地にサーフショップができたんだけど、そこで僕は嘱託をやってたんですよ(笑)。

―そうだったんですか?

永井博:まぁ、ご縁もあって、その店にマンハッタンレコードを紹介して、レコード売り場を作ったんです。サーフードとスケート・ボードとレコードが置いてあるようなお店になりました。90年代の東京のレコード屋は凄かったね。ものによっては、発売日に並んじゃうぐらいでしたからね。宇多田ヒカルやMISIAのアナログとかね。DJブームの影響もあって、アナログ好きには90年代はすごくいい時代でしたね。

―永井さんはレコードどのくらいお持ちなんですか?

永井博:うーん…わからないぐらい持ってるなぁ(笑)。この前引っ越したんだけど、全然片付かなくて。一応、ソロシンガーとグループに分けています。ABC順に細かく分けていたんだけど、引っ越しでもう何が何だか分からなくなっちゃって(笑)。今でも暇ができるとアメリカのセット・セールみたいなところで毎回かなりの量を買ってしまいますね。クリックして購入できる時代になっちゃったからねー(笑)。

―最近は7インチレコードも再燃していますね。

CD
▲サザンオールスターズ
『いなせなロコモーション』

永井博:再ブームですよね。7インチがあまりでていなかった80~90年代の珍しいレコードを持っている若者がいたりして、一体どこで見つけてくるんだろうなって思いますよ。

―7インチのジャケットに描いたイラストで思い出深いものはありますか?

永井博:サザンオールスターズのシングル「いなせなロコモーション」(1980)は描き下ろしですね。ピーマンの絵を描きました。あれはインパクトあったんじゃないかと思いますね。

Interview: 佐野郷子



NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 『AOR CITY 2017』 PICK UP
  3. Next >
『AOR CITY 2017』 PICK UP

CD

ビリー・ジョエル『ストレンジャー』


NYに生きる市井の人々の姿を優しい視点で切り取り、メロウな旋律で綴った5作目。グラミー賞で『最優秀レコード』と『最優秀楽曲』の2部門を獲得した「素顔のままで(Just the Way You Are)」(全米2位)、「ムーヴィン・アウト」などヒット曲を収録。全米アルバム・チャート2位を記録し、現在ではセールス1000万枚以上のダイヤモンド・ディスクに認定されている。


CD

エア・サプライ『シーサイド・ラヴ』


『ロスト・イン・ラヴ』を超える大ヒットを記録した名盤。清涼感溢れるハーモニーは"ペパーミント・サウンド"とまで称された。本作は初の全米ナンバーワンに輝いた「シーサイド・ラヴ」をはじめ、「ヒア・アイ。アム」(全米5位)、「スウィート・ドリームス」(全米5位)を収録

◎エア・サプライ来日公演
12月1日(金)~2日(土)ビルボードライブ東京
12月4日(月)ビルボードライブ大阪


CD

【世界初CD化】ポール・アンカ『愛の旋律』


1950年代から「ダイアナ」「マイ・ウェイ」などで知られるシンガーにして、ニール・セダカらと共にポップス黄金期を代表する名ソングライターのポール・アンカ。本作はメリサ・マンチェスター作品でおなじみのデヴィッド・ウルファートがプロデュース。レコーディングには、エド・グリーン(ds)、ジェイ・グレイドン(g)、ニール・ラーセン(key)、ルーファスのデニス・ベルフィールド(b)らが参加。名手シド・シャープのストリングスが彩りを添えている。


CD

ボズ・スキャッグス『アザー・ロード』


前作『ミドル・マン』から8年ものブランクを経た本作でも、バラードからロックンロールまで変わらぬ渋いヴォーカルが光っている。シングル・カットされた「ハート・オブ・マイン」はボビー・コールドウェルとの共作でも話題となり、久しぶりのヒットを記録した。ジェフ・ポーカロ(ds)、スティーヴ・ルカサー(gt)らtTOTOの面々をはじめ、マーカス・ミラー(ba)など多彩なミュージシャンが参加している。


CD

レイ・パーカー・Jr『ジ・アザー・ウーマン』


『ウーマン・ニーズ・ラヴ』に続く5作目。本作からソロ名義に変わり、レコーディングではほとんどの楽器を自ら演奏した。タイトル曲がシングル・カットされ、全米シングル4位を記録。アルバムとしてもR&BチャートでNo.1(全米アルバム11位)を獲得したヒット作。


CD

シャーデー『プロミス』


デビュー作『ダイアモンド・ライフ』の成功を経て、そのジャジーでクールな世界観を完成させたセカンド・アルバム。全英、全米ともにアルバム・チャートで1位を記録したた大ヒット作。EBTGやウィークエンド、ビッグ・カントリーなどを手掛け、英国音楽シーンをリードしていたロビン・ミラーがプロデュースし、現在はマックスウェルなどを手掛けるマイク・ペラがエンジニアを務めている。

関連キーワード

TAG

アブラカダブラ
スティーヴ・ミラー・バンド「アブラカダブラ」
2017/04/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
愛の神話
スティーヴ・ミラー・バンド「愛の神話」
2017/04/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
ペガサスの祈り
スティーヴ・ミラー・バンド「ペガサスの祈り」
2017/04/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
鷲の爪
スティーヴ・ミラー・バンド「鷲の爪」
2017/04/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
ジョーカー
スティーヴ・ミラー・バンド「ジョーカー」
2017/04/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
エデンからの旅
スティーヴ・ミラー・バンド「エデンからの旅」
2017/04/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
ロック・ラヴ
スティーヴ・ミラー・バンド「ロック・ラヴ」
2017/04/26
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
ボズ・ザ・バラード
ボズ・スキャッグス「ボズ・ザ・バラード」
2016/12/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
TOKYO AOR
(V.A.) DJ OSSHY ボズ・スキャッグス レイ・パーカーJr.&レイディオ TOTO エリック・カルメン アース・ウインド&ファイアー エアプレイ「TOKYO AOR」
2016/08/24
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
ミドル・マン
ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」
2016/07/27
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ダウン・トゥーゼン・レフト
ボズ・スキャッグス「ダウン・トゥーゼン・レフト」
2016/07/27
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
シルク・ディグリーズ
ボズ・スキャッグス「シルク・ディグリーズ」
2016/07/27
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ペガサスの祈り
スティーヴ・ミラー・バンド「ペガサスの祈り」
2016/06/22
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
鷲の爪
スティーヴ・ミラー・バンド「鷲の爪」
2016/06/22
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ
スティーヴ・ルカサー セッション・ワークス
(V.A.) アース・ウインド&ファイアー ボズ・スキャッグス エリック・カルメン クインシー・ジョーンズ ブラザーズ・ジョンソン スティーヴ・ルカサー ポール・アンカ「スティーヴ・ルカサー セッション・ワークス」
2016/03/02
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン
ボズ・スキャッグス「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン」
2016/02/17
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
ヒッツ!
ボズ・スキャッグス「ヒッツ!」
2015/12/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ア・フール・トゥ・ケア
ボズ・スキャッグス「ア・フール・トゥ・ケア」
2015/03/25
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ボズ
ボズ・スキャッグス「ボズ」
2014/11/12
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
ヒッツ!(エクスパンデッド・エディション)
ボズ・スキャッグス「ヒッツ!(エクスパンデッド・エディション)」
2014/06/25
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ライトメロウ レガシー
(V.A.) ボズ・スキャッグス エアプレイ ジミー・メッシーナ ネッド・ドヒニー トト ケニー・ロギンス ダリル・ホール&ジョン・オーツ「ライトメロウ レガシー」
2014/06/25
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
鷲の爪
スティーヴ・ミラー・バンド「鷲の爪」
2014/05/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・リンカーン・センター
ザ・デュークス・オブ・セプテンバー「ライヴ・アット・リンカーン・センター」
2014/05/14
[DVD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・リンカーン・センター
ザ・デュークス・オブ・セプテンバー「ライヴ・アット・リンカーン・センター」
2014/05/14
[Blu-ray Disc]
¥5,184(税込)
購入画面へ
FM
(オリジナル・サウンドトラック) スティーリー・ダン ボズ・スキャッグス ビリー・ジョエル イーグルス ドゥービー・ブラザーズ ジェイムス・テイラー フォリナー「FM」
2014/01/15
[CD]
¥3,564(税込)
購入画面へ
ライト・メロウ シティ・ウォーキン
(V.A.) ボズ・スキャッグス レス・デューデック ヴァレリー・カーター ネッド・ドヒニー トト エリック・カルメン ロバート・クラフト「ライト・メロウ シティ・ウォーキン」
2013/07/10
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
メンフィス
ボズ・スキャッグス「メンフィス」
2013/03/06
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ミドル・マン
ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ダウン・トゥー・ゼン・レフト
ボズ・スキャッグス「ダウン・トゥー・ゼン・レフト」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
シルク・ディグリーズ
ボズ・スキャッグス「シルク・ディグリーズ」
2013/03/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
セイラー
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「セイラー」
2011/06/08
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
未来の子供達
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「未来の子供達」
2011/06/08
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
鷲の爪
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「鷲の爪」
2011/06/08
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
ジョーカー
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「ジョーカー」
2011/06/08
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
セイラー
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「セイラー」
2011/06/08
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
未来の子供達
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「未来の子供達」
2011/06/08
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
HITS!
ボズ・スキャッグス「HITS!」
2011/04/27
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
メモライズ -AOR ベスト・セレクション
(オムニバス) ダリル・ホール&ジョン・オーツ ボズ・スキャッグス ネッド・ドヒニー ジノ・ヴァネリ ケニー・ロギンス メリサ・マンチェスター J.D.サウザー「メモライズ -AOR ベスト・セレクション」
2010/09/08
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
ビンゴ!
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「ビンゴ!」
2010/07/21
[CD]
-
購入画面へ
ビンゴ!
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「ビンゴ!」
2010/07/21
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
ヒッツ!
ボズ・スキャッグス「ヒッツ!」
2009/03/25
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
スピーク・ロウ
ボズ・スキャッグス「スピーク・ロウ」
2009/01/14
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
ペガサスの祈り
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「ペガサスの祈り」
2007/10/03
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
ナンバー 5
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「ナンバー 5」
2007/09/05
[CD]
¥2,674(税込)
購入画面へ
ユア・セイヴィング・グレイス
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「ユア・セイヴィング・グレイス」
2007/09/05
[CD]
¥2,674(税込)
購入画面へ
すばらしき新世界
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「すばらしき新世界」
2007/09/05
[CD]
¥2,674(税込)
購入画面へ
セイラー
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「セイラー」
2007/09/05
[CD]
¥2,674(税込)
購入画面へ
未来の子供達
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「未来の子供達」
2007/09/05
[CD]
¥2,674(税込)
購入画面へ
ナンバー 5
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「ナンバー 5」
2007/09/05
[CD]
¥2,674(税込)
購入画面へ
ユア・セイヴィング・グレイス
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「ユア・セイヴィング・グレイス」
2007/09/05
[CD]
¥2,674(税込)
購入画面へ
すばらしき新世界
ザ・スティーヴ・ミラー・バンド「すばらしき新世界」
2007/09/05
[CD]
¥2,674(税込)
購入画面へ
シルク・ディグリーズ(エクスパンディッド・エディション)
ボズ・スキャッグス「シルク・ディグリーズ(エクスパンディッド・エディション)」
2007/04/04
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
ヒッツ!
ボズ・スキャッグス「ヒッツ!」
2006/11/22
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
アザー・ロード
ボズ・スキャッグス「アザー・ロード」
2005/12/28
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
スロー・ダンサー
ボズ・スキャッグス「スロー・ダンサー」
2005/12/28
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
マイ・タイム
ボズ・スキャッグス「マイ・タイム」
2005/12/28
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ボズ・スキャッグス&バンド
ボズ・スキャッグス「ボズ・スキャッグス&バンド」
2005/12/28
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
モーメンツ
ボズ・スキャッグス「モーメンツ」
2005/12/28
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
シルク・ディグリーズ
ボズ・スキャッグス「シルク・ディグリーズ」
2005/11/23
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ダウン・トゥー・ゼン・レフト
ボズ・スキャッグス「ダウン・トゥー・ゼン・レフト」
2005/11/23
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ミドル・マン
ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」
2005/11/23
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ベスト・オブ ボズ・スキャッグス
ボズ・スキャッグス「ベスト・オブ ボズ・スキャッグス」
2005/11/23
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ナチュラル★セブンティーズ
(オムニバス) ザ・スティーヴ・ミラー・バンド アメリカ レオ・セイヤー ルッキング・グラス アルバート・ハモンド キャプテン&テニール ドン・マクリーン「ナチュラル★セブンティーズ」
2005/08/24
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
スロー・ダンサー
ボズ・スキャッグス「スロー・ダンサー」
2004/12/22
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
ボズ・スキャッグス&バンド
ボズ・スキャッグス「ボズ・スキャッグス&バンド」
2004/12/22
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
アザー・ロード
ボズ・スキャッグス「アザー・ロード」
2004/12/22
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
モーメンツ
ボズ・スキャッグス「モーメンツ」
2004/12/22
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
ミドル・マン
ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」
2004/12/22
[CD]
¥1,836(税込)
購入画面へ
ボズ・スキャッグス・グレイテスト・ヒッツ・ライヴ
ボズ・スキャッグス「ボズ・スキャッグス・グレイテスト・ヒッツ・ライヴ」
2004/09/22
[DVD]
¥4,937(税込)
購入画面へ
マイ・タイム
ボズ・スキャッグス「マイ・タイム」
1997/09/01
[CD]
¥1,677(税込)
購入画面へ
ボズ・スキャッグス&バンド
ボズ・スキャッグス「ボズ・スキャッグス&バンド」
1997/09/01
[CD]
¥1,677(税込)
購入画面へ
モーメンツ
ボズ・スキャッグス「モーメンツ」
1997/09/01
[CD]
¥1,677(税込)
購入画面へ
シルク・ディグリーズ
ボズ・スキャッグス「シルク・ディグリーズ」
1997/01/22
[CD]
¥1,677(税込)
購入画面へ
ボズ・ザ・バラード
ボズ・スキャッグス「ボズ・ザ・バラード」
1992/02/21
[CD]
¥2,412(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore