Billboard JAPAN


Special Contents

シャカタク来日直前、ビル・シャープが選ぶ夏のプレイリスト&ビデオメッセージを公開

top

 「ナイト・バーズ」や「インヴィテーション」などの大ヒットで知られるUKフュージョン・バンド、シャカタク。今回の来日公演で、シャカタクはビルボードライブ東京、大阪、そして今は無き福岡店を合わせると、通算で106回もの公演を行うこととなる。今回、来日を間近に控えるキーボードのビル・シャープに、この夏ぴったりの「ベスト・サマーソング」を15曲ピックアップしてもらった。アル・ジャロウやハービー・ハンコック、マイケル・ジャクソンなど、リズミカルでカラッと爽やかなプレイリストに仕上がっている。長年愛され続けている彼らから、ビデオ・メッセージも届いているので、そちらもチェックしてほしい。

ビル・シャープが選ぶ“夏のベストソング”

01. Al Jarreau - Mornin'

 僕らが共演したアーティストの一人で、彼の死を偲ぶ意味でも、アルの曲を一曲はこのプレイリストに入れなきゃね。彼は唯一無二の存在だ。

02. George Duke - Brazilian Love Affair

 僕は彼の大ファンで、この曲が大好きなんだ。ちょっと昔に、僕たちのアルバム『Full Circle』で、この曲をカバーしたこともあるよ。

03. Herbie Hancock - I Thought It Was You

 ハービーは私がこれまでずっと愛してきたアーティストの一人だ。これまでの作品よりも商業的な意図が見えるが、中間パートが実にカッコいい!

04. Stevie Wonder - You Are The Sunshine Of My Life

 この才能豊かなシンガー/ミュージシャンに文句が言える奴がどこにいる? 一曲だけ選ぶのは至難の業だったけど、この曲は明らかに彼の最高傑作だと言える。

05. Ivan Lins - Dinorah, Dinorah (Live Ver.)

 彼の曲を聴き始めたのはつい最近なんだ。このライブ・ヴァージョンも好きだけど、アルバム『Give Me The Night』に収録されているジョージ・ベンソンのヴァージョンも実に気に入っている。

06. George Benson - Breezin’

 この曲を聴いたのは1977年のことで、その時に「なんていい曲なんだ」と思ったのを今でも覚えている。それ以降、ずっと彼の音楽は大好きだよ。これまでに何回か彼と同じステージに立つことが出来て、僕たちはとてもラッキーだと思うし、彼は本当に完璧なミュージシャンであり、ギタリストであり、そしてジェントルマンでもあるんだ。

07. The Beach Boys - Surf's Up

 僕の他のチョイスとは少し違ったテイストの曲だが、この曲が最も独創的で美しい曲の内のひとつだと常に感じているよ。クラシック音楽にかなり近いよね。タイムレス!

08. Bruce Hornsby and the Range - The Way It Is

 この曲がリリースされたのが1986年で、当時は流行っていた音楽と少し違っていたことがすごく頭に残っている。ノリのいいグルーヴとメロディがいいんだけど、何よりも、ポップスとジャズとカントリーを融合させ、新たなスタイルを確立させたブルースの演奏が素晴らしいよね。

09. Michael Jackson - Don't Stop 'Til You Get Enough

 1979年の夏のこと、オンボロのバンに乗ってラジオを付けたら、この曲がラジオから流れてきた。ワオ!! 全身が震えるくらい感動して、あの古いバンでさえも時速10マイル速く走ったよ。最高のダンスナンバーだ!

10. Mezzoforte - Garden Party

 僕はこのアイスランド出身バンドのギタリスト、フリッシー(フレデリック・カールソン)とこれまで何度も一緒に活動をしてきた。90年代には僕らと一緒に日本でツアーを廻ったこともある。このバンドは素晴らしいミュージシャンたちの塊で、この曲が一番有名な曲じゃないかな。

11. Boz Scaggs - Lowdown

 後にTOTOを結成したバックバンドたちをフィーチャーしているこの曲は、グルーヴが最高だね。太陽がさんさんと輝くドライブ・ウェイで、この曲を大音量で聴く。これが最高の聴き方。

12. The Weeknd - I Feel It Coming Feat. Daft Punk

 これは最近の曲だけど、マイケル・ジャクソンっぽいザ・ウィークエンドの歌声が、どこか懐かしい雰囲気を醸し出しているね。ダフト・パンクは彼らの大ヒット曲の内の一曲(注釈「Around The World」)で僕らの「Easier Said Than Done」をサンプリングしているんだけど、あれはとってもナイスなトリビュートだったね。

13. Shakatak - Summer Of Love

 この曲は特別僕たちの有名な曲ではないけど、暑い夏に持って来いの曲だ。この曲をレコーディングしたのが2003年だなんて…。時が経つのはなんて早いんだ!

14. Bill Withers - Lovely Day

 ずっとこの曲が好きで、たぶんこの曲は最も長い伸びを持つポップソングなんじゃないかな。君も息継ぎなしで出来るかやってごらんよ。

15. The Isley Brothers - Summer Breeze

 シールズ&クロフツのオリジナルに負けない、いい曲だ。いまだ“jasmine in my mind”を探しているよ。

Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

シャカタクからビデオ・メッセージが到着!

シャカタク「タイムス・アンド・プレイセス」

タイムス・アンド・プレイセス

2016/07/20 RELEASE
VICP-75159 ¥ 2,916(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.アイ・ウィル・ビー・ゼア
  2. 02.タイム・アンド・プレイス
  3. 03.チェック・イン
  4. 04.ヘッズ・トゥ・ザ・スカイ
  5. 05.ホーンティング
  6. 06.キャリー・オン
  7. 07.コラリー
  8. 08.ケープ・タウン
  9. 09.グッバイ・トゥ・ザ・シティ
  10. 10.ワンダフル
  11. 11.サンド・アンド・ザ・シー
  12. 12.オープン・スカイズ
  13. 13.ハウ・ドゥ・ユー・スリープ・アット・ナイト (ボーナス・トラック)
  14. 14.ミスター・ファナティカル (ボーナス・トラック)
  15. 15.ムーヴィン・オン (ボーナス・トラック)

関連キーワード

TAG

ナイト・バーズ +1
シャカタク ビル・シャープ ナイジェル・ライト キース・ウィンター ジョージ・アンダーソン ロジャー・オデル ジル・セイワード ジャッキー・ロウ「ナイト・バーズ +1」
2011/07/20
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
アクロス・ザ・ワールド
シャカタク ビル・シャープ ジル・セイワード ロジャー・オデル ジョージ・アンダーソン アラン・ワーマルド ジャッキー・ヒックス Debby Bracknell「アクロス・ザ・ワールド」
2011/04/20
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
シャカタク・ベスト
シャカタク ビル・シャープ Jill Sward ロジャー・オデル ジョージ・アンダーソン「シャカタク・ベスト」
2009/09/16
[CD]
¥2,469(税込)
購入画面へ
シャカタク/ライヴ・アット・ザ・プレイハウス
シャカタク「シャカタク/ライヴ・アット・ザ・プレイハウス」
2008/09/24
[DVD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
R!45
(オムニバス) クインシー・ジョーンズ シャカタク ルパート・ホームズ ザ・クルセイダーズ ボズ・スキャッグス ジノ・ヴァネリ 10cc「R!45」
2008/07/09
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
フル・サークル+1
シャカタク ビル・シャープ ロジャー・オデル ジル・セイワード ジョージ・アンダーソン キース・ウィンター ロニー・ロウズ ドン・グルーシン「フル・サークル+1」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ターン・ザ・ミュージック・アップ+3
シャカタク ビル・シャープ キース・ウィンター ジル・セイワード ジョージ・アンダーソン ロジャー・オデル Tracy Ackerman ジャッキー・ロウ「ターン・ザ・ミュージック・アップ+3」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
マニック&クール+3
シャカタク ビル・シャープ ジル・セイワード ロジャー・オデル ジョージ・アンダーソン キース・ウィンター Tracy Ackerman ジャッキー・ロウ「マニック&クール+3」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
シティ・リズム+4
シャカタク ビル・シャープ ロジャー・オデル ジル・セイワード キース・ウィンター ジョージ・アンダーソン Simon Morton Tracy Ackerman「シティ・リズム+4」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ライヴ!+3
シャカタク ジョージ・アンダーソン ビル・シャープ ロジャー・オデル ジル・セイワード キース・ウィンター「ライヴ!+3」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ダウン・オン・ザ・ストリート+2
シャカタク ロジャー・オデル ジル・セイワード ディック・モリシー「ダウン・オン・ザ・ストリート+2」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
アウト・オブ・ディス・ワールド+2
シャカタク ビル・シャープ キース・ウィンター ジョージ・アンダーソンJr. ロジャー・オデル ジル・セイワード ノーマ・ルイス Tracy Ackerman「アウト・オブ・ディス・ワールド+2」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
インヴィテイションズ
シャカタク ビル・シャープ キース・ウィンター ジョージ・アンダーソンJr. ロジャー・オデル ナイジェル・ライト ジル・セイワード ジャッキー・ロウ「インヴィテイションズ」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ナイト・バーズ+1
シャカタク ビル・シャープ ナイジェル・ライト キース・ウィンター ジョージ・アンダーソン ロジャー・オデル ジル・セイワード ジャッキー・ロウ「ナイト・バーズ+1」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ドライヴィン・ハード+2
シャカタク ビル・シャープ スティーヴ・アンダーウッド ロジャー・オデル キース・ウィンター ナイジェル・ライト「ドライヴィン・ハード+2」
2008/06/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ビューティフル・デイ
シャカタク「ビューティフル・デイ」
2005/02/23
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ブルー・サヴァンナ
シャカタク「ブルー・サヴァンナ」
2003/07/23
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
シャカタク・グレイテスト・ヒッツ
シャカタク「シャカタク・グレイテスト・ヒッツ」
2002/06/21
[CD]
¥2,307(税込)
購入画面へ
シャカタク・ベスト・ヒッツ
シャカタク「シャカタク・ベスト・ヒッツ」
2001/06/21
[CD]
¥2,307(税込)
購入画面へ
アンダー・ユア・スペル
シャカタク ビル・シャープ ジル・セイワード ロジャー・オデル ジョージ・アンダーソン「アンダー・ユア・スペル」
2001/06/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ジャズ・イン・ザ・ナイト
シャカタク&フレンズ「ジャズ・イン・ザ・ナイト」
2000/04/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ナイトフライト
シャカタク「ナイトフライト」
1991/06/25
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ
インヴィテーション
シャカタク「インヴィテーション」
1991/06/25
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ
ナイト・バーズ
シャカタク「ナイト・バーズ」
1991/06/25
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore