Billboard JAPAN


Special Contents

ガブリエル・アプリン来日記念インタビュー&プレイリストとビデオメッセージも到着!



 2017年6月28日に最新EP『ミス・ユー』をリリースするガブリエル・アプリン。7月には待望の来日公演を控えている彼女にインタビューを実施。前作と楽曲やビジュアル・イメージが異なった理由や、彼女を一躍有名にしたカバー曲への思いまで、24歳という若き歌姫の“今”を感じる内容となった。さらに、プレイリストとガブリエル本人からのビデオ・メッセージが到着!

今はいろんな音楽に影響されて、その影響の結果がその時々の作品を通して現れていると思うわ


▲『ミス・ユー』

――EP『ミス・ユー』が日本特別リリースされますね、おめでとうございます。海外では2016年に配信リリースされていますが、タイトル曲「ミス・ユー」の制作経緯やコンセプトを教えて下さい。

ガブリエル・アプリン:ありがとう! この曲は友人と一緒に書いた曲で、もとの自分に戻る途中で少し道を見失ってしまうことを歌った曲なの。

――「ミス・ユー」は、デビュー・アルバム『イングリッシュ・レイン』や前作『ライト・アップ・ザ・ダーク』とは異なり、ダンサンブルな楽曲に仕上がっていますが、楽曲制作に変化はあったのでしょうか?また、MVやビジュアル・イメージ、自身のファッションや髪型なども今までのイメージとは異なりますが、その理由もあれば教えて下さい。

ガブリエル:私にとっては、それほど大きな変化はないわ。というのも、私はただ曲を書いて、それがありのままの姿で表現されているだけだから。こういう音楽性に持って行こうと意図的にトライしているわけでもない。今はいろんな音楽に影響されて、その影響の結果がその時々の作品を通して現れていると思うわ。髪の毛に関して言うと、あれは飽きちゃったから、ちょっとカラーを入れて遊んでみたくなったのよ!


Gabrielle Aplin - Miss You (Official video)


――2016年にEP『ミス・ユー』を海外でリリースされましたが、メジャー・レーベルのパーロフォンからではなく、自身のレーベルNEVER FADE RECORDSからリリースされたのには理由があったのでしょうか?

ガブリエル:自分の力でどこまで出来るのか知りたかったし、自分一人でやってみたかった。今がその絶好のチャンスだと思ったし、まさにベストな選択だとも思ったのよ。制作面において自由があることも良かったし、自分が作るもの全てが、結果的に全部ファンと自分自身のための作品なんだって思えるのも最高によかったわ。日本では私はワーナーと契約しているけど、彼らは素晴らしい最高のチームよ!

――今後アルバム・リリースの予定はありますか?

ガブリエル:イエス!今たくさんの曲を書いているところで、早くリリースしたくてたまらないわ。インディーズの一番いいところは、ファンにとって一番手に取ってもらいやすい方法やリリース形態を選べることね。出来上がった楽曲はそのうちにすぐ発表されると思うだろうけど、今はまだどういった形でリリース形態にしようか迷っているところなの。


Gabrielle Aplin - Beauty and The Beast (cover)


――これまでにケイティ・ペリー「ティーンエイジ・ドリーム」、シーロー・グリーン「フォーゲット・ユー」などをカバーし、先日も「美女と野獣」のカバー動画をFacebook上にアップされていましたが、自身にとってカバー曲を披露するの意味は何でしょうか?

ガブリエル:私はカバーするのが大好きなのよ。音楽作りに没頭していると、ただ楽しむために自分のお気に入りの曲をプレイすると気分がいいの。好きなバンドやアーティストが彼ら流にアレンジしたカバーを聴くのも好きよ。

――これまでに、絢香やAnlyなど日本の女性シンガー・ソングライターとコラボレーションを果たしていますが、日本のアーティストとの共演はどのように感じますか?

ガブリエル:日本人アーティストとのコラボレーションは楽しいわね。Anlyがロンドンを訪れた時に、1日一緒にスタジオに入ってお互いの曲を少しだけレコーディングしたの。私は日本や日本のカルチャーが大好きだし、日本人のアーティストと一緒に仕事すると日本を知るいい機会になるわ。いつかきゃりーぱみゅぱみゅとコラボできたら嬉しいな!

――フェスやジャパン・ツアーなど、何度もこれまでに5度来日をしていますが、日本の好きなところを教えて下さい。

ガブリエル:私本当に日本が大好き。ニホン、アイシテマス!日本では毎回、最高に楽しい時間を過ごしているし、友達にも会ったり、いつもいい思い出が出来るの。自分はファンやメディアからサポートされたアーティストだって常に感じるわ!日本のファッションも好きで、前回京都に行って楽しかったから、今回もまた行けたらなって思ってる。あと東京の代々木公園も好きよ。


主題歌「Through the ages」(ガブリエル・アプリン) PV


――2014年にビルボードライブで来日公演を行っていますが、その時の印象や思い出はありますか?

ガブリエル:ビルボードライブでのショーはすごく良かったってことを覚えているわ。ビルボードライブ東京は特に素晴らしかったわ。ステージのバックには高層ビルが並ぶ都会の景色がそびえ立っていて、最高の会場よね!

――今回の来日公演は、どのような内容になる予定ですか?

ガブリエル:昔と最近の曲を混ぜたショーにするつもり。アコースティックプレイもあれば、ちょっとしたサプライズ演奏もあるわよ!

――最後に、日本のファンにメッセージをお願いします。

ガブリエル:日本のファンのみんな、こんにちは!またみんなの前で演奏するのを楽しみにしています。早くみんなに会いたいわ!近いうちに会いましょう!

Photo: jun2 (2014.5.28@Billboard Live TOKYO)

ガブリエル・アプリン、お気に入りの曲プレイリスト

 さらに、ガブリエル・アプリンに最近聴いているお気に入りの楽曲を選んでもらいました。「今はいろんな音楽に影響されて、その影響の結果がその時々の作品を通して現れている」と話しているガブリエル。このプレイリストが、彼女の次の作品のヒントになるかも!?

Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

Gabrielle Aplin Video Message for Billboard Live Tour 2017


ガブリエル・アプリン「ミス・ユー」

ミス・ユー

2017/06/28 RELEASE
WPCR-17807 ¥ 1,512(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ミス・ユー
  2. 02.ナイト・バス
  3. 03.ラン・フォー・カヴァー
  4. 04.ミス・ユー (ピアノ・ヴァージョン)
  5. 05.ユースト・トゥ・ドゥー (日本盤ボーナス・トラック)
  6. 06.ミス・ユー (マーク・マッケイブ・リミックス) (日本盤ボーナス・トラック)

Chartsmore