Billboard JAPAN


Special Contents

Machico アルバム『SOL』特集インタビュー



Machico 『SOL』 インタビュー

『この素晴らしい世界に祝福を!』オープニング主題歌を2期連続で担当、抜群の歌唱力と笑顔を多くの人に届け、今夏開催されるアニソン最高峰のフェス【Animelo Summer Live(アニサマ)】への出演も決定。

いま注目の声優・歌手として活動する Machico が、遂にメジャー1stアルバム『SOL』をリリース。

「太陽みたいな存在になれたら」「心に寄り添えた」といった気持ちをのせて贈る今作の話を、これまでの経験や声優活動と絡めて楽しく語ってくれた。 また“彼女の心に寄り添う音楽”についても紹介する。

番外編「Machicoの心に寄り添う音楽たち」公開!!
※ページ下部より、4Pにジャンプ!!!!

Machicoはみんなのお姉ちゃん!? 「もっともっと開放してライブで歌ってみたい」

--最近、事務所同期の山崎エリイさん、田所あずささんのライブを観てきたとか。

Machico アルバム『SOL』インタビュー

Machico:行ってきました! 山崎エリイちゃんは初めてのワンマンライブで、どんな感じになるのかなと楽しみにしていたんですけど、今までに経験したことのないようなライブ構成でビックリしました! 得意なバレエが組み込まれていたり、客席近くに歌いにいったり、エリイ・ワールドがすごく表れていて、エリイエリイ(=山崎エリイ)の持っている様々な面が見れたライブだったと思いますね。エリイエリイはオーディションの時からその場の空気を自分のものにするのが印象的で、どんどん目つきが良くなるんです!

--というのは?

Machico:目つきがスゴくいいんです!! 目力がスゴいんです! 思わず跪きたくなるような……私はいつも心の中でエリイエリイに跪いているんです(笑)。 ホントいい目をしているなあって思って、「エリイ様…」って(笑)。

--Machicoさんたち(同期メンバー)は、音楽活動でもそれぞれ個性がはっきり出ていて、その違いも楽しいです。

Machico:そうですね。同期と一緒にいてなにがまた落ち着くのかというと、それぞれの得意分野や武器が違うので、時にライバルといえど、変なバチバチ感がないところですね。同期の活躍だったり世界観だったりを安心して見られますし、ライブでも一緒に楽しんじゃいますね。

例えば あずあず(=田所あずさ)だったら、元々ロックが好きで、デビュー時と比べると状況も、あずあず自身もだいぶ変わってきていて……、そうですね……彼女は憑依型! 私以外の(同期の)ホリプロ勢はみんなスイッチの入れ方がホントに上手だなって思います(笑)。

--Machicoさん以外?

Machico:ステージ上の彼女たちを見ていて、ONとOFFがはっきりしているなと思うんです。ライブで入り込んでいく姿に圧倒させられ、ふだん喋っているときにはほっこりさせられて。そんな切り替えができて「みんなスゴいねぇ」って感心させられます!

--すっかりみんなのお姉ちゃん役ですね(笑)。

Machico:勝手にお姉ちゃんしてます(笑)。みんなに“好きなだけいじってくれ”って感じの立ち位置なんですけど(笑)。

--Machicoさんの今だから思う“こういうライブしたいなあ”などは?

Machico:エリイエリイの独自の世界観を表現するライブや、あずあずの生バンドとその場で生まれてくる音楽を一緒に楽しみながら気持ちよさそうに歌う姿を見ていて、もっともっと開放してライブで歌ってみたいなと思いました。

--どんどん開放していくMachicoさんのライブ観たいですね!

Machico:常に自分らしくいたいとは思っているんですが周囲は学校卒業してすぐ事務所に所属したり、在学中に仕事をしていたりする中、私はオーディション受けたのが19歳で、所属に至るまで空白の3ヵ月があったりして、「これからどうしよう」「就職活動しなきゃ」とか、社会での在り方みたいなものを深刻に考えてしまって、他人の意見に引っ張られてしまう節があるんです。

--元々のMachicoさんはどうだったんでしょう?

Machico:実家が自営業ということもあって、小さい頃から仕事で来る大人が家に頻繁に出入りしていましたね。お父さんの仕事の電話をとることもあって、失礼のないようにちゃんと名前と用件とを聞いて対応できるように教育されてきたので、大人の顔色をつい窺っていた気がします。周りの顔色を窺って、自分の思っていることをズバッと言えないようなことが今でもあるのかなと思いますね。

「私は2番手で一線を越えてはいけない女性なんです!」

Machico アルバム『SOL』インタビュー

--大人の話が出てきたので……いきなりメジャー1stアルバム『SOL』の話になるんですが、今作にもそんな大人を感じさせる1曲があるんですよね?

Machico:それはM-7「摩天楼グッバイ」のことですね!(笑)

--これまでの活動ではなかなか表に見せてこなかったMachicoさんの大人っぽさですが、いまの話を聞くと「摩天楼グッバイ」が等身大のMachicoさんにも感じてきます。

Machico:そうですね、元気で笑顔のMachicoを見ていただけるのはすごく嬉しいですが、さっきの話みたいにちょっとシリアスなお話もできますし、なにも隠すことなく見ていただきたいです!

「摩天楼グッバイ」は、このアルバムの中では比較的に大人っぽい、女性の片思いの曲です。大人の恋愛といいますか、この女性の好きな男性には別に好きな方がいて、罪な男性を好きになってしまったがために、自分が一番になれないもどかしさを持った、女性の片思いなんです。90年代風のどこか懐かしいようなメロディで、歌詞から受けた自分は1番手にはなれない、だから出しゃばらないという気持ちを大切に歌っています。切ないですけど、私は2番手で一線を越えてはいけない女性なんです!

--今のお話やセルフレビュー動画でも感じたんですが、楽曲のストーリーを事細かに組み立てていますよね。

Machico:デビュー当時、歌詞の意味とかを考えず自分の歌いやすい歌い方で歌っていた私にマネージャーさんが「抑揚がない」というアドバイスくださって、「抑揚ってなんだ!?」と、その時気づかされたんです。プロとして歌を歌う人にとっては当然のことですけど、その曲のストーリー性を意識して歌わなきゃいけないんだと思って、どうやったらその曲の世界観を自分のイメージした通りに歌えるのか、デビューから1,2年間はずっと研究していて、いまもそれが続いているのかなと思います。

--Machicoさんはそのストーリーの主人公を自分でない誰かに設定している印象もありますが、それは声優としての活動もしているからこそなんでしょうか?

Machico:声優として歌を歌うときや、演じるときの経験はソロでのアーティスト活動にもすごく活きています。物事を考える、作品の世界観を考えるといった癖付けもそうですけど、歌いまわしや表情の付け方も声優活動で見つけたものを活かすこともあるので、すべての活動は繋がっているんだなと改めて思います。“演じる”のも“歌う”のも個人の中身としては一緒なんだなと思います。

--それは声優だから? Machicoさんだから?

Machico:それはどうなんでしょう……? ほかの声優さんや歌手の方にこういったお話をさせていただいたことがあまりなくて。そういった話より他愛もない話をしたり、人生ゲームをやったりしてしまうので(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. Machico流の作詞 &「OVER HEAT」がCMテーマ曲に!?
  3. Next >
インタビュー写真

Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー


「結果的にどうしても物語チックになる!」 Machico流の作詞とは

--セルフレビューが独特で楽しかったのでMachicoさんならではなのかなと感じてしまいました(笑)。話は前後しますが…、本アルバム『SOL』はどんな作品でしょう?

Machico アルバム『SOL』インタビュー
▲Machico『SOL』(初回盤)

Machico:この『SOL』は、聴いてくださる皆さんの“太陽みたいになれたら”って気持ちと、歌で皆さんの“心に寄り添えたら”っていう気持ちを込めて作りました! 収録楽曲それぞれに感じるストーリーが私の中にはあって……あ! 私いま思ったのは、作詞するときに絵でイメージを起こす癖があって、だから曲ごとに主人公をつけたストーリーにしちゃうのかなって思いましたね。うん。ホントそうかもしれない!

--今作『SOL』では新曲でいうと「ココロメロディー」の作詞をしていますね。

Machico:この曲もまず絵起こしをしていて、「ココロメロディー」では最終的にロボットの男の子ってことになったんですけど、自分の描いた子たちに合う言葉やバックボーン、その子がどういう恋をするんだろうとか、そういうストーリーを描いているので、結果的にどうしても物語チックになる! と感じますね。

--では、「ココロメロディー」はどうしてこういった詞になったのでしょう?

Machico:設定は早い段階に決まりましたね。そして、題名は「ココロメロディー」しかなかったんです! 絵を描いた瞬間から「ココロメロディー」という言葉だけは最初に浮かんでいて、これはもうこの曲に対するイメージの言葉なんだなって思って、絶対タイトルにしようって決めました。

作曲/編曲してくださった園田智也さんにまずメロディーをいただいて、絵を描いてタイトルをつけて、寂しさと儚さを覚えたんです。レコーディングの時にはじめて園田さんに歌詞をみていただいて、園田さんは“ふるさと”をイメージした詞をのっけてくるかなと思っていたらしく、私がもってきたのが“ロボットの男の子が人間の女の子に恋をする”SFチックなもので、凄いびっくりしたけど新しいギャップだとおっしゃってくださって、それはすごく嬉しかったですね。

--そのお話には驚かされますし、ちゃんと歌詞の深みを感じさせられます。

Machico:感情がないと言われているロボットですけど、ある日人間の女の子と出会って、あったかい気持ちが芽生えて、これが恋だって気づくんです。機械と人間というのもあって絶対分かり合えないし、この恋が成就することはないって分かっているんですけど、いままでずっと味気ない日々を過ごしてきて、その女の子と出合ったおかげで「あったかい気持ちを知れて、そのことだけでボクは幸せだよ」って。なんか傍から聞いたらすごく切ないんですけど、このロボットの男の子は逆に幸せを思うんです……って、泣きそう!(笑)

--もらったメロディからそこまで物語を紡いでいったんですね!

Machico:うーん、そして泣きそうになるっていう(笑)。 歌詞の中では、ロボットってこともあり、つたない感じも出したかったので、あえて「ボク」や「キミ」をカタカナ表記にしていたり、二人の距離感や孤独さを出したかったので「宇宙(そら)」「星」で例えていたりしています。

--歌う時はどのような思いなんでしょう?

Machico:歌う時は、昔そういう話があったよっていう第三者の立場で、ロボットの男の子の感情をむき出しにするというより、ちょっと一歩違う視点からみている感じです。

--楽曲からも感じたんですが、このストーリーや歌い方をお聞きして、“絵本の読み聞かせ”的な優しい曲だなと改めて思います。

Machico:あーそうだ! はじめに絵を描いた時も、曲のテーマ「絵本」って書いてました!!

『SOL』楽曲と1日。 「OVER HEAT」が日焼け止めCMテーマ曲に抜擢か!?

--そうだったんですね! ではアルバムのテーマのお話に戻りますが……

▲OVER HEAT / Machico
▲OVER HEAT / Machico

Machico:私の中ではさっきの話から全部繋がっていたんですけど……(笑)。でも私、お父さんからよく言われるんですよ「Machicoとしては繋がっている話かもしれないけど、他人は置いていかれてることが多いぞ」って!(笑)

--繋がっていると言えば……『SOL』は“一日の流れを表している”作品なんて紹介もされておりますが。

Machico:そうですね。個々としては色の違う楽曲たちですが、アルバムになったら纏まりのいい曲たちだなと思います。いま無理やり一日の流れに当てはめてみるんでしたら……、

M-1「ワイルドカード」―目覚める、
M-2「OVER HEAT」―準備する、
M-3「fantastic dreamer」―出かける、
M-4「紅花火」―経験する、
M-5「キミコンパス」―経験したことを反省する、
M-6「マケズギライなThank you」―そのことに対してちょっとエールをもらって元気をだす、
M-7「摩天楼グッバイ」―切なくなる、
M-8「勇気のつばさ」―いい人に巡り会えたって感謝する、
M-9「ココロメロディー」―こういう気持ちになれことを再認識する、
M-10「ラブ★スト」―明日が楽しみになる、
M-11「TOMORROW」―早く明日にならないかなあ、
M-12「カーテン」―早く寝よう、明日のために。

--そんな一日の始まりを元気に迎えられそうなM-1「ワイルドカード」は、思わず駆け出していきたくなるロックナンバーですね。

Machico:「ワイルドカード」はサビが高音からはじまり高音で終わるみたいな曲なので、パワーはめちゃくちゃ使うんですけど、その分勢いもあって、この曲をレコーディングした後は早くライブで歌いたいなって思いましたね。

--サビの入りのフレーズとメロディはクセになります。

Machico:視聴動画を公開してから、ファンの方に「この曲好きだ」って言ってもらえることもあってすごく嬉しいです。

--M-2「OVER HEAT」はアルバム『SOL』のテーマにぴったりなリード曲に仕上がっていますね。

Machico:「OVER HEAT」は「ワイルドカード」みたいに歌でグイグイ引っ張って元気をだしてもらうような楽曲ではないんですけど、ホントに『SOL』に込めた“太陽みたいな存在になりたい”“歌で寄り添いたい”って気持ちがすごく詰まっていて、歌っていても聴いていても自然と笑顔になるような曲だなと思います。

歌詞からも足並みを揃えて「そういうこともあるよね。だけど一緒に頑張ろうよ!」って、相手の気持ちを受け入れて 一緒に乗り越えていくような、ホント心に寄り添うイメージが強くて、その分、喜怒哀楽が詰まってる曲だなって感じますね。

--そして、「OVER HEAT」ミュージックビデオでは珍しいお姿も。

Machico:アハハ! 恥ずかしい!!(笑) おデコを出ししていることもそうですけど、素な感じで自分の身体と表情を使って「いま目覚めたよ」「朝だ! まぶしい」みたいな動作を普段から意識して過ごすことがないので撮影の時は恥ずかしかったです。声のお芝居の時は作れるんですけど、感情を顔にだすのは苦手で大変でしたね。

--MVの外に出てシルクがなびくシーンでは、日焼け止めのCM感を受けました。

Machico:わかるー! 日焼け止めCM感!!(笑)

スタッフ:MV撮影しているとき、みんなして言ってましたね(笑)

--もうMVそのまんまでも日焼け止めCMになりそうですし。

Machico:本当、宣伝もかねて使っていただけたら嬉しいです! 歌詞にも「眩しい あの太陽」などもあり、日焼け止めにピッタリのアレだと思うので、(関係者の方)いかがでしょうか!?(笑)

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「一時でも誰かの“心に寄り添える”ことができたらいいな」
  3. Next >
インタビュー写真

Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー


「一時でも誰かの“心に寄り添える”ことができたらいいな」

Machico アルバム『SOL』インタビュー
▲Machico『SOL』(通常盤)

--新曲M-4「紅花火」(くれないはなび)ですが、こちらも「摩天楼グッバイ」とはまた違った色っぽいMachicoさんを感じました。

Machico:曲調が“和テイスト”だったので、そっちよりに聴こえるのかもしれませんね。この曲を歌う時に、感情を抑えて淡々と歌うのか、自分らしく歌うのかをディレクターさんとお話させてもらって、私は感情を込めて歌いたいなと思ったので、ちょっとクセのある感じにはなりました。

--この“和テイスト”はMachicoさんのリクエストだとか?

Machico:ずっと「和っぽい歌を歌いたい」って思っていて、今回オリジナルで入れてもらいました。またこんな、私の妄想のはかどるような楽曲に仕上げてもらって……嬉しい限りです!

--ライブで披露されるときの衣装なんかも楽しめそうですね。

Machico:そういう演出もできたらいいなと思いますねぇ。夏だしなあ~。

--そしてアルバム『SOL』を締めくくるのがM-12「カーテン」ですが。前回のインタビューでたくさんお話しくださった「花音」(Machico作詞曲)も手掛けた水口浩次さんが曲を作られていますね。

Machico:「花音」もそうですけど、今回もまた美しいメロディをくださって、それに金子麻友美さんがまっすぐで綺麗な詞をつけてくださったので、ビブラートを意識的になくして歌いました。気持ちが入りすぎちゃうとクセがついちゃうので、この歌ではいかにまっすぐな言葉をまっすぐ届けられるか、その上で気持ちをどう歌に乗せられるか、難しい曲ではありましたね。最初は感覚をつかむのに時間がかかったんですが、結果的には少女のようなあどけなさも込められたかなと思っています。

--もし、この「カーテン」をストレートに歌わずに、自分の感情を押し出して歌っていたとしたらガラリと印象が変わってしまう?

Machico:そうですね……、自分らしく歌ったらちょっと重たくなっちゃうんじゃないかな…?と、思います。全部に意味を持たせてしまうので(笑)。この曲って、誰かに伝えるという曲ではなくて、自分自身の気持ちの変化を表した曲だと思っていて、理屈じゃなく、自然にスッと納得できたらいいなと思います。

眠る前ってイヤな気持ちになりたくないじゃないですか。明日はもっといいことあるかなとか、ちょっとでも希望を持ちながら眠りにつきたいと思うんですよね、みんな。そういう面でも自分の感情を入れすぎるのではなく、まっすぐ歌ってまっすぐ受け止められる曲になればいいなって思います!

--アルバム『SOL』で“心に寄り添えたら”といった気持ちはMachicoさんの切なる思いなんですね。

Machico:そうですね。『SOL』の楽曲たちが一日の中で、一時でも誰かの心に寄り添えることができたらいいなと思います。それをテーマにしているアルバムなので、ぜひ頼りに聴いていただきたいですね!

5週年のスタートは『SOL』から! 今回のツアーで夢が叶う…、続く舞台はアニサマ!!

--そんなアルバムのリリースイベントが、アーティストデビュー5週年の記念日(5/23)からスタートします。
(※当インタビューは5/23前に行われております。イベント取材記事も掲載中!

Machico アルバム『SOL』インタビュー
5/23 リリースイベント@池袋サンシャインシティ噴水広場

Machico:あれ? そうだ! そうです!! こんないい日にリリースイベントで皆さんに会えるなんて嬉しい限りです! まず5週年のスタートを『SOL』と駆け抜けていきたいと思います(笑)。

会場も池袋サンシャインシティ噴水広場で、私のことを知らない方や、音楽も知らない方たちもたくさんいらっしゃる環境なのでドキドキしているんですけど、一人でも多くの方が足を止めていただけるステージにしたいですね。若干、ライブより緊張も感じております!

--そうなんですか!?

Machico:ライブはホーム感があるんです。変な話ですが、私が普段何をしていて、どんな曲を歌っていて、どんな感じで喋っているのかも全部知ってくださっているファンの方が多く来てくださるので、そういった面では落ち着けるんですよね。でも、今回は商業施設内ですし、何も知らない方が足を止めて音楽を聴いてくださることも簡単なことではないと思うので、なんだかソワソワしますね。

--リリースイベントの後には、東名阪そして地元・広島で行われるライブツアー【Machico Live Tour 2017「DAY'S melody:」】も決定しています。

Machico:もうめちゃくちゃ嬉しいです! 東名阪でまた開催できることはもちろん、それに地元の広島もまわれるのはホント嬉しいです! リリースイベントでは広島に行かせていただいたこともあるんですが、「いつか地元でワンマンライブできたらいいな」ってずっと思っていて、今回のツアーで夢が叶うんだなって。そしてツアーファイナルが広島なので、5周年を迎えて、東名阪のツアーをまわって成長した姿を見ていただけたら嬉しいですね。

--さらにその後には、【Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-】(アニサマ)も控えております!

Machico:ヤバくないですか!?(笑) とにかく楽しみたいなっていう気持ちです。ずっとソロでのステージを夢見てきたイベントなので! 今回、初日にソロ、2日目にミリオン(アイドルマスター ミリオンスターズ)で出演させてもらうことになりまして、この2つのステージでどんな光景が目の前に広がるんだろうと思うと……うん、ホントどうなるんだろ? とにかく楽しみです!!

--ツアーも終えて経験した姿を、またこういった大きなイベントで見られるのは楽しみです。

Machico:そうですよね……、まだ気持ちの整理ができてないんですけど、アルバムのリリースイベント、ツアーと一つずつ気持ちも纏まってくると思います。多くの方から「いつも楽しそうに歌っている姿が好きなんです」ってお言葉をいただくので、まずは楽しみたいです!

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 番外編「Machicoの心に寄り添う音楽たち」
  3. Next >
Machico アルバム『SOL』ダイジェスト試聴
インタビュー写真

Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー


番外編「Machicoの心に寄り添う音楽たち」

Machico アルバム『SOL』インタビュー
▲澄江2号でABC「罪と罰~神様のアリバイ~」Listen中

--ホント歌が好きなMachicoさん、無性にボーカロイドの曲が歌いた過ぎて、翌日にはカラオケ行ってきましたってブログもあるほどで(笑)。

Machico:もうホント、歌が大好きなんです! ボカロ曲も好きで、いつかボカロのイベントにも出られてらなって思うこともありますね。

--先日(2017/5/15)の「澄江」というタイトルのブログでは、幾つかの曲が思い出と一緒に綴られていました。

Machico:その日にあげさせていただいた曲たちは、幼少期や学生時代から自然と聴いてきて、心に残っている曲たちなんです!

▲ポルノグラフィティ 『ROLL(short ver.)』
▲ポルノグラフィティ 『ROLL(short ver.)』

--今回のアルバム『SOL』のテーマにもピッタリのラインナップですね! まず、ポルノグラフィティ「ROLL」をあげられていますが。

Machico:ポルノさん、大好きです!! 同じ広島出身で、私の周りにもポルノさんを好きって言う友達しかいないくらい、広島中で愛されているアーティストさんですので。それはもう……(笑)。

--じきに「ポルノ」「Perfume」…「Machico」と肩を並べていくと(笑)。

Machico:いやいやいやっ! そんな恐れ多い!! Perfumeさんはもう!だって、ステージ力が凄いじゃないですか!? それでいてトークではゆるっとした広島弁で可愛らしい一面もあって…とにかく凄すぎます!

--そしてHY「森」「canvas」といった選曲もありますね。

Machico:HYさんの楽曲は中高時代にずっと聴いてました!

--女の子の選曲しそうなHYの楽曲は「Song for...」「366日」…

Machico:あと「NAO」とかですよね(笑)。 どれも好きなんですけど、特に「森」「canvas」はお気に入りです。当時はストーリー性というより、メロディラインの心地よさで聴いてることが多くて、私にとって「森」は心を穏やかにしてくれるメロディで大好きですし、「canvas」に関しては元々暗いイメージの曲が好きなので、なんかすごくグッときちゃったんですよ。

このブログの時に改めていろいろ思い返してみたんですけど、いろんなアーティストさんのいろんな有名な曲を聴きつつ、個人的に好きになる曲って結構“切なさ”成分が多かったりするんだなと。知らず知らずにその感じを好んでたんだって思いましたね。

▲GReeeeN - BE FREE
▲GReeeeN - BE FREE

--他にあげている楽曲も、GReeeeN「BE FREE」、大塚 愛「金魚花火」、BoA「コノヨノシルシ」などですね。

Machico:日ごろ私自身、ネアカ(根明)ではあるんです! でも、ちょっと気分が落ちたとき、元気をもらいたくって明るい曲を聴くこともありますけど、傷を舐めあって元気をだす?みたいな感じで、胸がキュッと締め付けられるような曲を求めてしまうんでしょうかね(笑)。

--そんなMachicoさんだからこその寄り添い方もできるアルバム『SOL』だなと感じます。

Machico:そうですね。どこか人間味をもっているというか、寂しいからこそ寄り添えたり、楽しい時には一緒に笑いあえたりそんな楽曲たちなので、是非『SOL』聴いてください!

Machico アルバム『SOL』セルフレビュー
インタビュー写真

Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー Machico アルバム『SOL』インタビュー

Machico「SOL」

SOL

2017/05/24 RELEASE
COZX-1324/5 ¥ 4,320(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ワイルドカード
  2. 02.OVER HEAT
  3. 03.fantastic dreamer
  4. 04.紅花火
  5. 05.キミコンパス
  6. 06.マケズギライなThank you
  7. 07.摩天楼グッバイ
  8. 08.勇気のつばさ
  9. 09.ココロメロディー
  10. 10.ラブ★スト
  11. 11.TOMORROW
  12. 12.カーテン

関連キーワード

TAG

関連商品

コレカラ
Machico「コレカラ」

2018/01/31

[CD]

¥1,296(税込)

コレカラ
Machico「コレカラ」

2018/01/31

[CD]

¥1,944(税込)

TOMORROW
Machico「TOMORROW」

2017/02/01

[CD]

¥1,944(税込)

TOMORROW
Machico「TOMORROW」

2017/02/01

[CD]

¥1,404(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】東方神起『TOMORROW』が10万枚超でアルバム・セールス首位独走中

  2. 2

    ASKAの新しい挑戦、" PRIDE "公演が明日チケット一般販売スタート

  3. 3

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】DA PUMP「U.S.A.」が11度目の首位、米津玄師「Lemon」はツイートが倍増

  4. 4

    B'z、30年間の歩み&功績を紹介する特設ページがオープン

  5. 5

    米津玄師の新曲「TEENAGE RIOT」、ギャツビーの新TV-CMに起用(1回限定で特別版も全国オンエア)

HOT IMAGES

注目の画像