Billboard JAPAN


Special Contents

Machico『TOMORROW』(アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!2』OPテーマ)特集インタビュー



Machico 『TOMORROW』 インタビュー

アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』のOP主題歌「fantastic dreamer」を担当し、アニメのヒットとともに彼女の歌唱力が瞬く間に広がっていった。

そして、2017年アニメ第2期が放送開始!!

Machico『TOMORROW』インタビュー

今回のOP主題歌もMachicoが担当する。イントロからアクセル全開のROCKチューンに仕上がった本楽曲「TOMORROW」。2期になり、さらに怒涛の展開を迎えていくアニメ主題歌にピッタリなナンバーだ。

インタビューでは『TOMORROW』の話を中心に、“Machicoと音楽”についても多く語ってくれている。
「彼女のルーツとなった音楽」
「影響を受けた存在」
「成長して気づいた“周囲との差”」など、
是非読み進めて、“歌うま声優”として話題となるMachicoをより深めてほしい。

Machico、2017年も『このすば!』スタート!!
攻めのビジュアル『fantastic dreamer』とは違う一面を感じ取っていただけたら

--今作『TOMORROW』のビジュアルは攻めてますね!

Machico:『TOMORROW』はROCKチューンなので、全面にPOPさを出していた『fantastic dreamer』とはまた違う一面を引き出せたらと思い、こういう攻めの衣装になりました。いざ衣装をみたときに「これはインナーですか?」と思わず聞いてしまうくらい、かなり攻めてもらいました(笑)
今回のように身体のラインがはっきり出る衣装を用意していただいた時には、やはり食事には気をつけますね。今後この衣装を着る機会が増えていくと思うので、気を引き締めていないと大変なことになりそうです(笑)
ちなみに今回のイメージカラーがブルーなのは、アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』の異世界的な感じを表現しています。

--「2016年は『このすば!』(=『この素晴らしい世界に祝福を!』)で始まった」とおっしゃっていました。

▲fantastic dreamer / Machico
▲fantastic dreamer / Machico

Machico:2016年は申年、12年に1回やってくる年女のイヤーに、「fantastic dreamer」で初のアニメ・タイアップのお話をいただけたので凄く嬉しかったです。今まで私のCDを買ってくださる方はMachicoの作品として手に取ってくれてる方が多かったと思うのですが、アニメ『このすば!』のOP主題歌を歌わせていただいたことによって、私のことを知らない方にも手に取っていただけるようになったと思います。『このすば!』、「fantastic dreamer」を通してたくさんの方に出会うことができて、いままでにない不思議な感覚でした!

友達に「えっ! 『このすば!』の曲歌ってるの!?」と言われることもあって、それだけ『このすば!』と一緒に「fantastic dreamer」が世間に浸透していることは光栄でしたね。いろんなイベントで歌わせていただいて、多くの景色を見させてもらった曲なので、ホントこの2016年は「fantastic dreamer」の年でした。

--そして2017年も『このすば!』からスタートですね。第2期OP曲「TOMORROW」でMachicoさんが担当になりました。

Machico:そうなんです! ありがたいことにぃ!! 「TOMORROW」は「fantastic dreamer」と打って変わり、イントロからゴリゴリなROCKチューンになっていて、とても豪華な演奏陣の皆さん(ギター:昼海幹音、ベース:日向秀和、ドラムス:そうる透)とご一緒させていただきました。私の歌唱もその演奏にのせてレコーディングできるようにスケジュールを組んでくださったので、実際の音を感じながら歌うことができました。いままで自分が聴いてきた曲を演奏されている凄い方々から最高のバトンを受けてレコーディングに臨めたのですごく気が引き締まりましたね。でも「TOMORROW」は私が引っ張って歌っていくスタンスは変えたくなかったので、演奏陣の方々にも負けないって気持ちで歌いました!

--作編曲は(TRYTONELABOの)岡野裕次郎さんですが、サビ部分「素晴らしい」のメロディによる立て方も気持ちいいです。Machicoさん的に「TOMORROW」を歌う上で、大事にしたところは?

Machico:3か所あるサビのそれぞれに変化をつけたかったですね。ラストのサビはガツンとさせるために地声の割合を多めにして歌いました。この曲のポイントになるところだと思っていたので、様々なチャレンジをさせていただきました。 また、Aメロの前の節から1音上がるところとか、ちょっと粋なメロディになる部分は、必死に練習して身体に叩きこみましたよ! それと全体的にリズムをつかむのが難しく、レコーディングでも走りがちになってしまったので、バッチリ決めるまでも大変でした。あと、低音部分の歌唱で疾走感のない歌声になってしまわないよう何度も録り直しましたね。練習を繰り返して、曲としっかり向き合えるように頑張りました!

Machico的MVのポイントは“運転”!! これで女の子のハートを掴みたい

▲TOMORROW / Machico
▲TOMORROW / Machico

--そして『このすば!2』もいよいよ放送開始となりました。

Machico:きゃぁ~始まりましたねぇ!! アニメ本編はもちろんですけど、「TOMORROW」が流れるオープニング映像をすごく楽しみにしていました。いざ流れた映像を観たらAメロ部分でキャラクターたちが謎の脱力ダンスを踊っていて、思わず「何じゃ、こりゃ!」と言ってしまいましたが(笑)、キャラクターたちの個性が溢れる映像と「TOMORROW」の疾走感がマッチしていて、大好きですね。ファンの方も「すごく良かった」と言ってくださって、2017年も『このすば!』でスタートできてホント幸せだなって思いました!

--「TOMORROW」のミュージック・ビデオではドライブシーンも披露していたりして、カッコいいクールな仕上がりですね。

Machico:千葉県で撮影したんですけど、Machico的MVのポイントは“運転”です! はるばる私のために山梨からあんなクールな(VWの)ビートルが来てくださったんです! 撮影に使った車はオートマでしたけど、実は私、運転免許はマニュアルで取っていて、普段、ファンの方からどこか抜けているところがある子だと思われているので、ここで“ドライブ・テクニック”を見せつけて、ぎゃふんと言わせてやろうと思いました! ただエンジンをかけて発進しただけなんですけど(笑)。 まあ、これで世の中の女の子を落とそうって気持ちです(笑)。

--そういえば男装なんかも披露されてましたね。あのMachicoさん、カッコいいです!

Machicoハロウィンの時ですかね。私って男顔なのかな。でも普段の恰好よりも男装の方が、気分が上がりますね。地声が高くて身長も低いので「ちっちゃくてカワイイ」と言ってもらえることはありがたいんですけど、「私にもカッコイイところあるんやぞ!」っていう執着心があるから、そう思うのかもしれないです。

--MVの話に戻るんですが、ハウススタジオも洋館っぽい綺麗なところでした。

Machico:ハウススタジオのまわりの景色が『このすば!』のカズマ(主人公:佐藤和真)が最初に“事故死もどき”をした風景に似ていて、『このすば!』を感じながら撮影しました。あと、田んぼとか山に囲まれている風景が地元のような見慣れた雰囲気で、すごく開放感がありましたね。そのせいか、すごくくつろいでしまってソファからもズルぅーって落ちました(笑)。
「fantastic dreamer」のときは一つ一つの動作を監督の方や、スタッフの方とあれこれ相談しながら撮っていたんですけど、今回も同じスタッフの方々と撮影させていただいたので、そういう意味でも非常にリラックスできて、自然な自分を出せたように思います。ソファでも「ゴロゴロしまぁす!」と言って自分のやりたいことをやらせてもらいましたね。ちなみに落ち方はアドリブです(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. “マケズギライ”であることがプラスになる――成長して気づいた“周囲との差”
  3. Next >

『TOMORROW』c/w曲「マケズギライなThank you」
先へ進むのに“マケズギライ”であることがプラスになる

--シングル『TOMORROW』のカップリング曲「マケズギライなThank you」はどういった楽曲でしょう。

Machico:この曲は「fantastic dreamer」でもお馴染みの園田智也さんが作詞作曲をしてくださっていて、ギターがギュンギュンな応援歌になっています。レコーディングは「大学のOBが就活とか勉強で悩んでいる後輩を応援している」というスタンスで歌わせていただきました。

私自身“マケズギライ(負けず嫌い)”なので、この歌詞に対して共感できるところがたくさんありますね。悩むということは「ここで負けたくない!」と思うから、“悩みに負けている場合じゃない”と自分に対して言っているんだと思います。向上心があるからこそ、悩みも次から次へと出てくるわけで、自分自身先へ進むのに“マケズギライ”であることがプラスになると思っています。だから“Thank you”がついているのではないかと。
歌詞のフレーズも、対“相手”、対“自分”のセリフのような感じなので、セリフにあった表情でいろいろ変えながら歌いました。あと、サビ終わりの「届く」というワードはより気持ち込めて歌わせていただきました。レコーディングをしたスタジオに窓があって、その向こう側にいる人へ実際この曲が届くように気持ちを込めて歌いましたね、「届けるよ♪」って(笑)。

成長して気づいた“周囲との差”…不安になっても最終的には自分を信じるしかない
「花音」に込めた彼女の想い

Machico『TOMORROW』インタビュー
▲「Machico Live Tour 2016 AMBITIOUS」

--前回Billboard JAPAN.comでMachicoさんを取材させていただいたのが、昨年12月の【Machico Live Tour 2016 AMBITIOUS】ツアーファイナルでした。

Machico:今回のツアーは、はじめて3か所回らせていただいて、オリジナル曲でセットリストを組ませていただきました。これまでのライブでは色々な曲をカバーさせていただいて、楽曲の知名度に頼る面もあったと思います。それに比べて今回はオリジナル曲だけでセットリストを組んでいたので、みなさんに受け入れてもらえるのかなという不安はありましたね。でも、いざステージに立つと、ファンの方々が一緒に歌ってくれたり、曲にのってくれたりして、3rdアルバム『Ambitious*』のテーマに沿って皆さんを応援する気持ちを込めて歌えたので、明るくて元気いっぱいなMachicoをお見せできたのかなと思います。

一番心に残っている印象的なシーンは、バラードゾーンの「花音」ですね。この曲は作詞を担当させていただいたというのもあり、ネガティブな部分も全て包み隠さずに書いたので、ステージ上でも感極まって涙が出そうになって、堪えるのに必死でしたね。

▲Machico 『ミライロケット』Music Video ~ 2ndアルバム『COLORSII -RML-』4/8発売!
▲Machico 『ミライロケット』Music Video ~ 2ndアルバム『COLORSII -RML-』4/8発売!

--MCでも「花音」について、Machicoさんが初めて作詞をした「ミライロケット」と比較するように話されていましたが、改めて「ミライロケット」はどのような楽曲でしょう。

Machico:「ミライロケット」は私の等身大ですね! 3年ほど前に書いた詞なんですが、当時デビューしたばかりだったのでいろいろと不安になることが多かったんです。でも、ネガティブにならずに「前をむいてこれから頑張る!」と未来に対する希望を全面的に出した私らしい1曲になりました。

--そんな「ミライロケット」に対して「花音」は?

Machico:「ミライロケット」が太陽とするならば、「花音」は陰になりますかね。デビュー当時は自分のことで精いっぱいで、目の前のことをただがむしゃらにやって、ずっと走っていました。「花音」を書いたのがちょうど1年ほど前で、それから私も仕事のバランスをとれるようになってきて、周りのこともよく見えるようになってきました。その中で、周りとの差も感じたりして、その時の悔しさだったり、情けなさだったりを「花音」では綴っています。

でも、ここでは暗い気持ちだけじゃなく、その時感じた不甲斐なさ、未来に対する不安、満足できていない現状も全て含めて自分自身を受け入れていかなきゃという意思の強さも表現したかったので、自分に言い聞かせるようなフレーズが多いですね。いくら不安を抱えていても最終的には自分を信じるしかないので、「ぜったいお前は大丈夫だよ!」と、自分自身に語りかけている感じがします。言い残した言葉もなく、その当時の自分をダイレクトに書けたので、大好きな曲です。

--ほかにも作詞をされた楽曲には「beatiful days!」「星屑プリンス」があります。

Machico:「星屑プリンス」は(GEEKSの)エンドウ.さんに曲を作っていただいて、常にハイテンションでレコーディングできてとても楽しかったです! レコーディングブースとモニタールームが離れていて、モニターごしにやり取りをしていたんですけど、そこでエンドウ.さんがカメラに近づいて「Machicoちゃん、見える!?」って(笑)。
エンドウ.さんとはその時はじめてお会いしたんですけど、明るく話しかけてくださったのでとても愉快な方だなと思いました。ディレクションの時もいままでにないトークのテンションで、いい意味で遊び心が伝わってきて、楽しくレコーディングできましたね。

「beatiful days!」は、3rdアルバムのリード曲「Girls Be Ambitious!!」と同じく(TRYTONELABOの)滝澤俊輔さんが作曲してくださった楽曲です。滝澤さんは心が安らぐようなメロディを作ってくださるので、いろんなアーティストさんとお仕事させていただく中で、新しい自分を見つけ出してもらっている感覚があります。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 音楽好きは兄の影響――同期メンバーの中でも“音楽では誰にも負けたくない”
  3. Next >

音楽好きは兄の影響!?
ジャンヌ/シド/the GazettEなど「ただその場の空気を感じて楽しんでライブを観るのも大切」

--Machicoさんのライブから、さまざまな音楽ライブを観られてきているなという印象を受けたのですが。

▲May'n/夜明けのロゴス MUSIC VIDEO(1chorus)
▲May'n/夜明けのロゴス MUSIC VIDEO(1chorus)

Machico:デビュー当時は、事務所の先輩であるMay'nさんのライブをよく観させていただきました。はじめ1年くらいは地元・広島から東京に通っていたので、東京に来た時にスケジュールを合わせて観に行っていました。それから自分も同じ立場になって、ライブの繋がりや、ステージ上の動きをよく観るようになって、ファンとして観ていたときとは全く違う観方になっていきましたね。私自身、当初はステージパフォーマンスが苦手で、2ステップも踏めないくらい体を動かしながら歌うことに慣れていなかったり、恥ずかしかったりしたので、いまでも他のアーティストさんのライブを観て勉強させていただいてます。

デビューする前は、高校の時、ロック(軽音)部に入っていました。同じ高校で、同じ部活だった兄が、文化祭でJanne Da Arcさん、DIR EN GREYさんをカバーして歌っていて、そんな兄の影響を受けて、私もロック部に入って、高校2年生のときから人前に立って歌うようになったのですが、私の中のバンド活動は部活動の一環でしかなかったので、プライベートでも“ガッツリバンド練習”的な青春は送ってないですね。だけど、音楽はずっとそばにいたと思います。音楽の趣味は兄の影響を受けましたね。

--以前放送されていたWEBラジオA&G!『メゾン・ド・イーコエ「カフェ・ド・ボイス・ダイアリー」』でシドのライブへ行かれたお話されていましたよね。

Machico:富士急ハイランドでのライブの……。お母さんに「一人で行けるの?」と心配されて、「都内だったら行けるよ!」と思ってたら富士急ハイランドは山梨県だったやつ……でも、富士急ハイランドは都内でもCM流れてますし、みんな東京にあるって勘違いしちゃいません?

一同:……(笑)

Machico:そうですよねぇ、調べたら都内から結構離れていて明らかに東京ではないっていう。ラジオで岩田光央さんにも「Machicoちゃん、それはやばいよ!」って言われました(笑)。

そのライブも含めて、自分の趣味で行くライブも年に何本かは観てますね。事務所や声優の先輩のライブにはもちろん行かせていただいてますが、やっぱり一ファンとしてただその場の空気を感じて楽しんでライブを観るのも大切だと思います。最近ですと、去年の夏にthe GazettEさんのライブに行ってきました!

--ホントに好きが伝わってきますね(笑)。ROCKチューンにおけるMachicoさんのルーツが知れた気がします。

Machico:私自身、ROCKは大好きですね。高めの声で可愛く歌う楽曲ももちろん好きですけど、実は自分の中で一番しっくりくる歌い方は力強い高音や、低音を効かせた感じの歌い方なのでロックパートを歌っていると、自分の中の“私は音楽が好きなんや!”という気持ちが解放されていきますね。

仲良しな同期メンバーの中でも“音楽では誰にも負けたくない”
オーラが凄すぎる先輩・May'n、“恐怖”な存在・和島あみ
今後の課題は「ブレない技術」

▲Anisong Ichiban!! Vol.6の裏側 大公開!!
▲Anisong Ichiban!! Vol.6の裏側 大公開!!

--Machicoさんは事務所のライブ【Anison Ichiban!!】(アニソンイチバン!!)などで共演している同期(田所あずさ、大橋彩香、木戸衣吹、山崎エリイ)とも仲が良いですよね。

Machico:同期との絆は強いですね。同期というのは受けたオーディションが一緒だったメンバーのことなんですけど、オーディションの時から一緒にいるので、家族のような安心感がありますね。言いたいことを素直に言えて、飾らずに何でも相談できる仲間です。「近過ぎず、遠過ぎず」といった関係で、それぞれが別の道を歩いていても、帰る場所が同じと言いますか、不思議な距離感ですね(笑)。

みんなそれぞれ“なりたい自分”を持っているので、私も“(同期の中で)最年長として負けてられない”という気持ちになります。最年長ですけど、周りを引っ張っていくタイプではないので、わちゃわちゃ皆とはしゃいでいることが多いのですが(笑)……それがすごく楽しいんですけど、自分が大切に思っている“音楽では誰にも負けたくない”という気持ちは常にありますね。

--同期の中で山崎エリイさんはレーベルメイトにもなりましたね。

Machico:そうなんです、嬉しいです! エリイエリイ(=Machicoによる山崎エリイの呼称)とは一緒にディズニーランドへ行くほど同じディズニー好きで、共通点がいくつかあります。

私自身、元々アニメに興味を持ち始めたのが高校の時に友達が歌っていた「only my railgun」(fripSideの楽曲、TVアニメ『とある科学の超電磁砲』前期オープニングテーマ)がキッカケで、「今の時代のアニソンってこんなにカッコイイんだ!」とそのとき思ったんです。そんなキッカケでアニメ業界に入ったくらいですから、最初は周りのみんなより(アニメに関する)知識があんまりなくて。そういった境遇がエリイエリイとすごく似ていて、それが故の悩みもお互い共通して持っているので、「私たちはアニメの詳しい話には疎いところもあるけど、仕事に対する姿勢とかはねぇ……」という話をしたことがあるくらいです(笑)。

--昨年【ANIMAX MUSIX】でも共演した同事務所の先輩May'nさん、後輩 和島あみさんはMachicoさんにとってどういう存在でしょう。

Machico:ホントMay'nさんのライ部(=ライブ)は回数を重ねるごとにパワーアップしていくんです! そして【ANIMAX MUSIX】のときは、May'nさんの内から出るオーラが凄すぎて、和島あみちゃんと2人でずっと「凄い! ヤバい! 震える!」と言いながら観ていました!

和島あみちゃんは、アニソンアーティストとして去年デビューして【ANIMAX MUSIX】で初めて共演させてもらったのですが、高校生とは思えないパフォーマンス力でステージ度胸がすごいなと驚かされました。年下で、あれくらい説得力をもったアーティストが同じ事務所に入ってきたということは、私にとって良い意味でも、悪い意味でも“恐怖”ですね。安心できないぞ、と。 近くに実力のある後輩がいて、その子たちから認めてもらえるような存在になりたいという向上心に繋がるので、そういった面で良い恐怖ですね。

--Machicoさんのアーティストとしての目標、今後の課題について教えてください。

Machico『TOMORROW』インタビュー
▲「Machico Live Tour 2016 AMBITIOUS」

Machico:私は“多面性のあるアーティストになりたい”と思っています。「MachicoといえばROCKだよね」なんて嬉しいお言葉ですけど、私はいろんな音楽が好きなので、「いろんな楽曲にあわせた自分をみせられるアーティストになりたい」というのが大前提にあります。ひとつのライブの中で、明るいPOPSであったり、クールなROCKであったりと、いろんな楽曲でいろんなMachicoを届けたいと思います。例えば、生バンドと一緒にライブができたとして、そのライブでもカワイイ曲を踊ってみたいとか思いますね。

そして今後の課題としては「ブレない技術」。ホントに基礎中の基礎ですが、息切れせずに歌いきる体力をつけることです。基礎力を高めて、そのうえで表現力をもっとだしていけるライブを出来たらいいなと思っています。そして、不安な気持ちを持ったままステージに上がってしまう時もあるので、最初からエンジン全開で突っ走れるようなメンタルを持ちたいですね。

Music Video

Machico「TOMORROW」

TOMORROW

2017/02/01 RELEASE
COZC-1285/6 ¥ 1,944(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.TOMORROW
  2. 02.マケズギライなThank you
  3. 03.TOMORROW -Guild Unplugged ver.-
  4. 04.TOMORROW (off vocal ver.)
  5. 05.マケズギライなThank you (off vocal ver.)
  6. 06.TOMORROW -Guild Unplugged ver.- (off vocal ver.)

関連キーワード

TAG

関連商品

コレカラ
Machico「コレカラ」

2018/01/31

[CD]

¥1,296(税込)

コレカラ
Machico「コレカラ」

2018/01/31

[CD]

¥1,944(税込)

TOMORROW
Machico「TOMORROW」

2017/02/01

[CD]

¥1,944(税込)

TOMORROW
Machico「TOMORROW」

2017/02/01

[CD]

¥1,404(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】東方神起『TOMORROW』が10万枚超でアルバム・セールス首位独走中

  2. 2

    ASKAの新しい挑戦、" PRIDE "公演が明日チケット一般販売スタート

  3. 3

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】DA PUMP「U.S.A.」が11度目の首位、米津玄師「Lemon」はツイートが倍増

  4. 4

    B'z、30年間の歩み&功績を紹介する特設ページがオープン

  5. 5

    米津玄師の新曲「TEENAGE RIOT」、ギャツビーの新TV-CMに起用(1回限定で特別版も全国オンエア)

HOT IMAGES

注目の画像