Billboard JAPAN


Special Contents

MICHI『リアリ・スティック』インタビュー



MICHI 『リアリ・スティック』 インタビュー

J-POPではなかなか超えられない壁かもしれないですけど、アニソンは超えられる。
だからアニメって良いんですよね! 世界がフィールドっていう。
日本でアニソンクイーンになったら世界のアニソンクイーンになれるんです。

 アニメ『クロムクロ』エンディングテーマにして自身3枚目のシングルとなる『リアリ・スティック』を発表した、沖縄初のアニソンシンガーMICHI。自身が歌うアニソンの可能性=MICHIの可能性を語る。

自分が好きなキャラクターへの愛ゆえの「ピー!」もあります(笑)

--先日、20歳のバースデーを記念してのフリーライブ【MICHIバースデーイベント~はたちだョ!全員集合~】を開催しましたが、いかがでした?

▲【MICHI】3rd Single「リアリ・スティック」MV Short ver.【クロムクロ】
▲【MICHI】3rd Single「リアリ・スティック」MV Short ver.【クロムクロ】

MICHI:お客さんがあんなにいっぱい来てくれていて驚きました。皆さんが生んでくれたホーム感って言うんですかね? あそこまで緊張せずにライブが出来たのも、お客さんとすごく近い距離でおしゃべりしながら出来たのも生まれて初めてでした!「これがホームというものか!」って。すごく幸せな環境でしたね。

--お客さんの反応がデビュー当時のイベントとは比較にならないぐらい良くて。

MICHI:本当に違いました。お客さんの数だけでも6倍ぐらい増えて、エントリーしてくれた人の数はもっと多くて、そういう意味でも「ちゃんと成長できてるんだ」って実感できるイベントでもありました。

--めちゃくちゃはしゃいでるお客さんもいて「良い現場になったなぁ~」って。

MICHI:ハハハ! オタクに免疫のない事務所の先輩も観に来てて「すごくビックリした」って言ってました(笑)。あと、私の親友も来てたんですけど、その親友は本当にMICHIのファンなんです。MICHIとプライベートの私は別人として捉えてて、ファンの段階をちゃんと踏みたいと。だからファンの皆さんと同じようにちゃんとエントリーして、それでライブに来て毎回泣く。「遠くに行っちゃうんじゃないか」って不安になるらしいんです(笑)。

--(笑)。あの日はアニソンカバーも披露していましたが、EGOISTの曲まで歌いだしてビックリしました。

MICHI:私がアニソンシンガーとなる道へ進むひとつの重要な曲だったので、あの曲は歌いたかったんです。でも歌うっていうことは直前ぐらいに決めたんですよ。難しい曲なのでライブで披露する前に歌ってみて、スタッフさん的にちゃんと歌えなかったらNGだったんです。それぐらい試練の曲ではあったんですけど、「ホームだし、攻めよう」っていうことで歌いきりました。

--なんでそんなにEGOISTが好きになったの?

MICHI:それは完全に『ギルティクラウン』です。それから私が好きなアニメの主題歌とかエンディングテーマを歌っていることが多くて、ゲータンのメンバーもEGOISTさんの曲はすっごい好きなんですよ。だからカラオケでもドライブでも常に歌っていて、そのことを知っている例の親友は「なんで「The Everlasting Guilty Crown」歌うの~~」ってまた泣いてました(笑)。

--その前に、今「ゲータン」って誰もが知っているように語っていることに驚きました。

一同:(笑)

--ゲータンの皆さんは元気ですか?(※ゲータン……MICHIがアニメ不毛の地でもある地元・沖縄のアニヲタ仲間たちと結成したアニヲタ組織。沖縄ではオタクを「ゲッター」と呼び、それと女友達の集まりということで『グータンヌーボ』と組み合わせ、ゲータンと名付ける事になった。詳しくは過去のインタビューにて)

MICHI:7月16日に幕張でアニメフェスがあるんですけど、それにみんなで行きまーす!ゲータン初の東京遠征です。

--そのタイミングでゲータンに取材させて下さいよ。テーマ「アニメ」で語ってもらえれば……

MICHI:そんなの大変なことになります! 顔はキレイな女の子が多かったりするんですけど、喋らせたらみんな残念なんです! まだ私がデビューする前から「ゲータンでいつかテレビ出たいよね? 絶対面白いと思う!」って言ってたんですよ。だけど「常にピー!ピー!ピー!だよね」って(笑)。ずっと「ピー!」になるような人たちなんです!

--どういう「ピー!」なの?

MICHI:●●的な「ピー!」です(笑)。

--それは厳しいかもね(笑)。

MICHI:もちろん自分が好きなキャラクターへの愛ゆえの「ピー!」もありますし(笑)。

スタッフ:みんなでMICHIが出る【音霊-OTODAMA SEA STUDIO-】のライブ来ないの? そのフェスの翌日。

MICHI:みんな翌日もそのフェスに行くんです……。

--MICHIよりアニメフェスを取るんだ?

MICHI:私とライブは観に行くけど、私のライブは観ずに帰る。

一同:(笑)

--そんな破天荒なゲータンメンバーのMICHIさんも成人になりました。ベタな質問ですが、二十歳になって意識的に何か変わった?

MICHI:責任感が変わりました。いろいろ年金とか健康保険とかね……

--自分で払わなきゃいけないからね(笑)。

MICHI:二十歳になると、こういうのが一斉にやってくるんだと思って「子供でいたい」って思いました。支払いが増える! そういう意味で責任感が違う。あと、もう親に頼れない。ケータイの契約とか未成年だったから何かある度に沖縄のお母さんの許可とか頼らなきゃいけなかったけど、そういうこともこれからは自己責任。それは自由になったということでもあるんですけど、寂しい部分でもありますね。

--MICHIにとっての十代はどんな人生だった?

▲【MICHI】Debut Single「Cry for the Truth」MV (FULL)【六花の勇者】
▲【MICHI】Debut Single「Cry for the Truth」MV (FULL)【六花の勇者】

MICHI:最強(笑)。何にも怖がらず、猪突猛進できる。十代でこの業界に入ったとしても年齢的には大人ではないじゃないですか。なので、やりたいことを好きなだけやれた。あと、「沖縄初アニソンシンガー、19歳」って強くないですか? 「沖縄初アニソンシンガー、二十歳」ではインパクトが弱いじゃないですか!

--「沖縄初アニソンシンガー、二十歳」面白いですけどね。なんで「二十歳を押してくるんだ?」っていう(笑)。

MICHI:そうなるじゃないですか! だから「19歳」って強かったんだなって。よく「え、19歳なの?」って驚かれていたんですよ、私の見た目は19歳に見えないらしく。なので、ずっと19歳でいたかったです。

--そんな最強だった十代を経て、これからの二十代はどうしていこうと思っているんですか?

MICHI:「飛躍」の一言です。デビュー1年にもなりますし、まだまだアマちゃんではありますが、もうそんなことは言ってられないですよね。ステージに立つからには芸歴何十年の方とも一緒じゃないですか。私も十年も二十年もやってる人と変わらない、もしくはそれ以上のパフォーマンスを見せていかないといけないなって。あと、欲を言えばもう少しオトナの余裕が持てるようになりたいですね(笑)。

NEXT PAGE
  1. いちアニメ視聴者目線で言っても、ビジネスアニヲタはいますよね(笑)
  2. Next >

いちアニメ視聴者目線で言っても、ビジネスアニヲタはいますよね(笑)

--十代の頃の自分からしたらイメージできなかった現実なんじゃないですか? 沖縄初アニソンシンガーとしてステージに立っている自分は。

▲【MICHI】2nd Single「Checkmate!?」MV(Short ver.)【だがしかし】
▲【MICHI】2nd Single
「Checkmate!?」MV(Short ver.)
【だがしかし】

MICHI:そうですね。先日、アニメ『だがしかし』の打ち上げがありまして(※MICHIはOPテーマ「Checkmate!?」を担当していた)、そこにいらっしゃった竹達彩奈さんは私が好きな『ソードアート・オンライン』や『けいおん!』のあずにゃん(中野梓)の声を担当されていて、そういった方たちと一緒に座ってご飯を食べ、一緒におしゃべりして、竹達彩奈さんと鈴木達央さんと会場から見えた綺麗な夜景を観に行ったり、しょうもないことで笑ったりできている自分が不思議で仕方なかった。今までテレビやアニメでしか観てこなかった人たちと一緒にいる、それはすごく変な気持ちにいまだになります。私、オンオフが凄いんですけど、オフだとファンになっちゃう。だから今でもすごく新鮮な気持ちでいろんな作品を観れるし、いろんな方と接せることが出来てます。それはアニソンシンガーにすごく役立ってると思いますね。本当にアニメが好きだからこそ出来ること。

--ただ、そういう世界で戦っていくのは簡単じゃないですよね?

MICHI:そうですね。ご存じの通り、まず女性アニソンシンガーの方々って、皆さん、桁違いに歌が上手いし、声質も高く澄んでいるという王道の武器を持っている方が多いですよね。その中で戦っていく訳ですよ。それに対しては、私みたいな声質の人ってなかなかいない訳で、良い意味で差別化は出来るけど、アニメファンの中には受け入れられない方もいらっしゃったりするとは思います。そういう方にも受け入れてもらえるように……っていうのは、アニソンを歌っていく上での戦いかなって思います。J-POPだったらいるかもしれないけど、アニソンの世界では珍しい声質なのは認識していますし、この声を評価していただいてデビューする権利を獲得したのは事実です。この声は強みでもあるし弱みでもある。それを如何にみんなに受け入れてもらえるようにするかですね。

--アニメ/アニソンシーンのオタクやファンの皆さんにMICHIってどんな風に映ってるんでしょうね? 王道とは思われてない?

MICHI:どういう立ち位置なんでしょうね?

スタッフ:まだ分からないです。ニコ生とかで沖縄芸人という認識はあると思うんですけど……

MICHI:やだぁ~! でも本当に「芸人」としか言われないからなぁ。

--アニソン界の芸人枠(笑)。

MICHI:以前、サンタコスをする放送があったんですけど、私ひとりだけトナカイだったりして(笑)。それは良いんですけど、おいしいし! でもどういう風に見られてるんでしょうね?

--これだけアニメのテーマソングも歌って、海外のイベントにもどんどん出て行って、各メディアでもプロモーションされてる訳じゃないですか。みんな「誰?」って気にせざるを得ない感じにはなってますよね、きっと。

MICHI:そうだといいですね。全然アニメに興味がない友達からも「MICHIの顔しょっちゅう出てくるよ」って言われます(笑)。曲を聴くアプリとかでも私の顔が出てきたりして、ビックリしますよね。でも私はアニソンシンガーもどんどんメディアに出たほうが良いと思っている人なので、嬉しいです。

--なんでアニソンシンガーの人って出ないんですかね?

MICHI:なんでですかね? ファンの人が嬉しくないのかな?

--あんまりパーソナルを出しすぎるとアニメやアニソンの世界観を壊してしまうから? だとしたら、MICHIは完全にアウトじゃないですか(笑)。

▲T.M.Revolution 『Committed RED』
▲T.M.Revolution
『Committed RED』

MICHI:そうなんですよ(笑)。でもT.M.Revolutionの西川さんはアニメの歌もよく歌われていますけど、アニソンシーンからもJ-POPシーンからも支持を得ていて、トークも面白いし、日本中から愛されてるじゃないですか。ああいう方はすごく魅力的ですよね!

スタッフ:西川さんは長年築き上げたものがあった上で、アニメタイアップの時はアニメの世界観を大事にした曲を歌われていて本当に素晴らしいなと思います。確かに最初にアニメで売れて、そのままJ-POPシーンへ行っちゃって帰ってこないアーティストも多いから、それでアニメファンが裏切られた気持ちになることも少なくないとは思います。そういう意味でMICHIは「MICHIはそっちなのか? こっちなのか? ビジネスアニヲタなのか? そうじゃないのか?」って見極めをされている最中なのかなって思います。スタッフからいうとMICHIのように、アニソンシンガーという肩書きがなくても、アニメを純粋に楽しんでくれる存在は非常に嬉しいです。

MICHI:実際、いちアニメ視聴者目線で言っても、ビジネスアニヲタはいますよね(笑)。その気持ちがすごく分かります。私もまだまだ沖縄から出てきたばかりで、沖縄では考えられないほどのアニメ情報が東京には溢れているので、まだまだ分からないこと沢山ありますけど、でも私なりのアニメへの愛は何よりも大切にしています。

--それは十分伝わってます。MICHIのことをビジネスアニヲタと言う人がいたら「真のアニヲタってどれだけヤバくなきゃいけないの?」って思います(笑)。

MICHI:でも最近の「真のアニヲタは声優も詳しくなきゃいけない」みたいな風潮は私にはないですね。中の人ももちろん大事ですけど、私はアニメ自体が面白くて好きになって、それで声優さんも好きになる人は好きになるという流れなので、そんなに声優さんには詳しくはないです。

--まぁでもこの仕事をしていれば否応なしに詳しくなっていくんじゃないですか?

MICHI:でも詳しくなるのはイヤなんです。中の人に詳しくなり過ぎると、アニメを観てても声優さんの顔がチラついてしまう。だからオフのMICHIが嫌がるんです。オンのMICHIは知らなきゃいけないけど、オタクとしては中の人は極力知りたくないっていうスタンスでやってきたので……でもゲータンはわりと声優さん好きが多いんですよ。だからそこで分かれるんです! みんなが「●●さん! ヤバイ、会いたい! 結婚したい!」って言ってる中、私だけアニメに集中してて。私はキャラ推しなんで!

--ちゃんと二次元に恋しろってこと?

MICHI:そうです!

--(笑)。この仕事をしてて、どんなことが嬉しいな、幸せだなって思いますか?

MICHI:それは全部! もちろんステージで歌えるのは幸せだし、ボイトレ出来るのも幸せだし、こうやって取材してもらえるのも幸せだし、みんなに「MICHI」という名前をツイートしてもらえているだけで幸せだし、もう本当に全部に幸せを感じます。今ここにいるのも不思議な感じがするぐらい、初々しい気分でお話させてもらっています。

--でも大ブレイクしたら何も喋らなくなったりして……

MICHI:ノンノンノン! だって、取材って楽しいじゃないですか! 今回のシングル『リアリ・スティック』とか作品の話も聞いてもらえるし、私のパーソナルな部分も知ってもらえる場でもあるので、そんな黙る事なんて絶対ないですよ! そんなことしたら横から叩かれると思います(笑)。

--ゲータンのメンバーにも「調子乗んな!」って叩かれそうだね(笑)。

MICHI:「もっと私たちの話しろ!」って言われます。

--あと、嬉しかったことと言えば、メジャーデビューして初めて沖縄で凱旋ライブが出来たそうですね。

MICHI:凱旋ライブと言っていただくのもおこがましいんですけど、すごく盛り上がってくれて嬉しかったです。沖縄にアニメシーンをもっともっと広めようと思ってるんですけど、沖縄のアニメシーンは地下に潜りすぎてるんですよ(笑)。アンダーグラウンド過ぎて土の下で眠りすぎてるんで、そろそろセミのように地上に出てきてほしい。その火付け役になれればいいなって思ってるんです。で、今回の沖縄でのアニソンイベントは7!!(セブンウップス)さんとD-51さんと出させて頂いたこともあって、王道なアニメファンの方々が多かったんですけど、その分、新たに私のことを知ってもらえたんじゃないかなって。同時に私がテーマ曲を歌わせてもらってるアニメのことを「こういうアニメもあるんだ」って知ってもらえた現場になったんじゃないかなって感じてます。

--地元の友達とかも観に来たんですか?

MICHI:お姉ちゃんが来ました! でもお姉ちゃんはD-51さん目当てで来ました。

--(笑)

MICHI:私の出番のときは普通に観ていたらしんですけど、スタッフさんいわく、D-51さんのときはみんなと一緒になってジャンプしてたみたいです(笑)。

--でも妹のライブでジャンプしてるお姉ちゃんもイヤでしょ?

MICHI:たしかにそうですね(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 沖縄の人、μ'sですらよく分からない人も多かったんですよ!
  3. Next >

沖縄の人、μ'sですらよく分からない人も多かったんですよ!

--あと、今仰っていた「こういうアニメもあるんだよ」って、自分がそのテーマ曲を各所で歌うことで世に広めていく作業っていうのは、今後のMICHIにとってのひとつの使命になっていくかもしれませんね。

▲【試聴動画】μ's New Year Lovelive! 2013 Part1
▲【試聴動画】μ's New Year Lovelive! 2013 Part1

MICHI:その通りだと思います。沖縄には放送局が少ないから王道のアニメしか流れていなくて、そのテーマ曲が流れれば「わぁ!」って沸くのはあたりまえなんですよ。だけど、そうじゃないアニメももっともっと放送されていけば、私の曲でも「わぁ!」って沸くようにもなるでしょうし、沖縄もアニメに明るい場所になると思うんですよね。だから私は沖縄のテレビを変えたい。深夜にもっといろんなアニメを流したい。沖縄の深夜番組は「誰得?」って思うようなローカル番組しかやってないので、それならアニメを流したほうが絶対良い訳で! アニメファンは元々深夜に活発になる生き物なので、そこに東京でやってるようなアニメを流していったらいいんじゃないかなって思ってます。その火付け役に私がなれたらいいなって。だって、沖縄の人、μ'sですらよく分からない人も多かったんですよ! ビックリしました! 東京と沖縄ではこんなに違うのかって。紅白に出てるμ'sですよ? 沖縄はまだまだまだなんです。だから何とかしたい。

--海外のほうが日本のアニメに詳しい人がいっぱいいるっていう。

MICHI:アニメは日本の文化と言われてますけど、沖縄では全然メディアに出てないから「アニソン? へぇー」ぐらいの感じじゃないですか。だからまず日本の田舎のほうにももっとアニメを普及させていかなきゃいけないし、かつ私は沖縄初のアニソンシンガーになっている訳ですから、後輩が出てきて欲しいですね。だって、北端の北海道ではうらやましいくらいたくさんアニソンシンガー生まれてるのになんで沖縄では生まれないんだ?っていう話じゃないですか。だから後輩づくりも頑張りたいと思います。

--その後輩が一瞬にして自分の人気を抜いていったらどうします?

MICHI:一気に蹴落とします(笑)。

--(笑)

MICHI:私が先駆者として道が開けたら、後輩と追い越せ追い抜けぐらいがいいんじゃないですかね(笑)?

--あと、アメリカでの初ライブも決定したそうで(※北米最大級と言える2大アニメコンベンション【Anime Expo2016】(ロサンゼルス)【OTAKON】(ボルチモア)に出演)。

MICHI:まさかアメリカで歌える日がやってくるとは……しかもあのキレイな街、ロスにも行けるということで、もうビックリしました! そこからさらに上海! バンコク! そして再びアメリカのボルチモア!

--もう「世界のMICHI」って名乗っていいんじゃないですか?

MICHI:いや、まだまだなんですけど(笑)、これで世界中のいろんなところでMICHIを知って頂いて、もっと日本のアニメのことを知ってもらえる。そう思ったら、素晴らしい機会を頂けてるなって。もちろんプレッシャーもありますけどね……でも今回の衣装って海外ですごく受け入れられると思いません? ザ・和だし、今回のシングル『リアリ・スティック』がエンディングテーマになってる『クロムクロ』も海外で受け入れられそうなアニメなので、そこは強みですよね。さらに『だがしかし』や『六花の勇者』も引き連れて世界中にアピールしたいと思っているので、楽しみです!

--「アニメは地球語」は、今やMICHIのキャッチコピーになってますしね。

MICHI:歌ってて思うんです。言葉通じなくてもアニメと音楽さえ分かってれば、みんなで盛り上がることが出来る。英語が喋れなくても海外のお客さんと盛り上がれるんです。J-POPではなかなか超えられない壁かもしれないですけど、アニソンは超えられる。だからアニメって良いんですよね! 世界がフィールドっていう。だから日本でアニソンクイーンになったら世界のアニソンクイーンになれるんです。

--音楽とアニメは、日本人が世界に打ち出せる最強のタッグかもしれませんね。

MICHI:だからアニソンって良いんですよ。しかも海外で美味しいご飯も食べられるし(笑)、世界中のいろんな方とも交流できる。だから世界中にMICHIんちゅ(※MICHIファンの総称)を増やしていきたいんです。

--その為の一歩でもあるアニメ『クロムクロ』エンディングテーマ「リアリ・スティック」。まずアニメ『クロムクロ』自体にはどんな印象、感想を持たれていますか?

▲TVアニメ「クロムクロ」PV第3弾
▲TVアニメ「クロムクロ」PV第3弾

MICHI:実は私、ロボットアニメを観たことがなかったんですよ。『ガンダム』とか『マクロス』さえも全然観たことがなくて「どんなものなんだろう?」と思っていたんです。もう私の中ではロボットと言ったら特撮のイメージで、手がロケットになって飛んでいって、ピカーン!ピュンピュン!ボーン!!みたいな。

--そんなロボットアニメ、今ないですよ(笑)。もっと人間ドラマです。

MICHI:そう!『クロムクロ』も人間ドラマだったので、まずそこにビックリして。あと、映像を観たときに「なんてしなやかな動きをするんだ? このロボットは」と思って。まるで人間が戦ってるかのようなしなやかさなんですよ。それこそ本当にピカーン!ドーン!みたいな感じではなくて鬼気迫る剣と剣の戦い。すごく緊迫した戦いをするから驚きました。アニメオタクの自分にとっても新しいフィールドに踏み込めたというか、「あ、ロボットアニメも観てみよう」って思うきっかけになりました。今までロボットアニメは男性が観るものだと思っていたんですけど、『クロムクロ』はP.A.WORKSさんお得意のヒューマンドラマもあるし、それがこんなに楽しくロボットと融合しちゃうんだ?と思って。あまりのクオリティの高さにビックリしました。

--その『クロムクロ』のエンディングテーマ「リアリ・スティック」、実際にアニメの中で流れているものを聴いてどんな印象を持たれましたか?

MICHI:今回のエンディングは動きではなく、3Dで「クロムクロ」の世界観を意味深に感じさせるイメージ的な映像なので、そこにもビックリしました。「あ、こういうエンディングの魅せ方もあるんだ?」って。あと、この曲はシナリオを頂く前に歌詞だけ頂いたんですけど、「あれ? すごくリアルに共感できる。本当にこれ、ロボットアニメの曲なのかな?」って思ったんです。タイトルの意味の一つに「リアリ・スティック」で「現実を突き刺す」っていう意味があったりするから。でもストーリーを見て「あ、これはヒロインの由希奈ちゃんの心情を描いていたんだ」って知ることができて、高校2年生の愛についてリアルに表現してる曲なので、わりと最近まで高校生だった身からすると気持ちも分かる部分があって、とってもリンクしやすかった曲です。ストーリーを観れば観るほど歌詞の理解度も深まるし、だんだん泣けてくる。アニメを観てなくても、大人の方に恋をしている人なら共感できるんじゃないかなって思います。

--あと、このアニメの良いところは、オープニングがGLAYの曲から始まり、そしてMICHIのエンディングテーマで締めるところだと思うんですけど、これって物凄い事ですよ。

▲「クロムクロ」第1~6話 名シーンPV featuring デストピア by GLAY
▲「クロムクロ」第1~6話 名シーンPV featuring デストピア by GLAY

MICHI:『クロムクロ』はもちろんストーリーも今クールのアニメでトップだと思うんですけど、楽曲もトップだと思います(笑)。だって、GLAYさんの楽曲、勝手に胸を躍らされますもん!主人公の剣之介が戦ってるオープニング映像と一緒に流れてきたとき、鳥肌が立ちました。今期の曲で本当に一番好き!ひいき目なしで、プライベートな私にとって一番好きだから、みんなもそう思うんじゃないかな。そこに流れてくる私の曲……ポスターにも「オープニングテーマ:GLAY エンディングテーマ:MICHI」って書いてあるんですよ! これにもビックリしてます! 幸せです。

--そんな着々とステップアップしているMICHI。という印象が端から見てるとあるんですが、自分的にはいかがですか?

MICHI:2015年はガムシャラに走っていたんです。でも二十歳になった2016年は一回見つめなおそうと思って。それでいろいろ初期の映像とか観たときに「うわ、ヘタクソだな~!」って思えたんです。でも今年初めに喉の調子が悪い中でライブしたときがあったんですけど、そのときの映像を見て、ステージの上でおどおどしたりすることもなくパフォーマンスが出来てたり、今回の曲のサビってすごくキーが高くてデビュー当時の自分では歌えなかったんですけど、その音域が普通に出るようになってたりしていて、「ちゃんと成長しているんだな」って自分でも感じられていますね。

--では、最後に。そんな自分自身も着実に成長しているMICHIから、今回の『クロムクロ』きっかけで知ってくれるであろうアニメ/アニソンフリークの皆さんにメッセージをお願いします。

MICHI:まだデビューして1年足らずなので、これからもっともっとたくさんの場所で歌って、国内でも国外でもたくさん活躍していけたらいいなって思っています。あと、さっき大きいこと言っちゃったんですけど、まずは日本でツアーが出来るようになりたい。そして海外でもツアーが出来るようになりたいなと夢に思っているので、ついてきて後悔はさせません! なので、ぜひついてきてください!

Interviewer:平賀哲雄

Music Video

MICHI「リアリ・スティック」

リアリ・スティック

2016/05/18 RELEASE
PCCG-1524 ¥ 1,890(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.リアリ・スティック
  2. 02.真夏のオーケストラ
  3. 03.リアリ・スティック (Instrumental)
  4. 04.真夏のオーケストラ (Instrumental)
Disc02
  1. 01.リアリ・スティック [Music Video]
  2. 02.リアリ・スティック [Music Video Making]

関連キーワード

TAG

関連商品

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    SHINee、東京タワーを含む日本5都市のシンボルタワーを“SHINeeカラー”で同時ジャック! ベストALはiTunes15か国で初登場1位に

  2. 2

    <ライブレポート>ブルーノ・マーズ、自分の曲がこんな曲ばかりだったら、ライブしたくなるに決まっている

  3. 3

    <ライブレポート>“もうひとつのシカゴ”CTAが新旧ナンバーでファンを魅了! 大熱狂で幕が開けた来日公演初日

  4. 4

    【先ヨミ】KAT-TUN活動再開後初シングルが現在首位 Juice=Juice、ラスアイが続く

  5. 5

    SHINee 全国版朝日新聞に全面広告掲載! 販売エリア別5つのデザイン

HOT IMAGES

注目の画像