Billboard JAPAN


Special Contents

MICHI『Checkmate!?』インタビュー



MICHI 『Checkmate!?』 インタビュー

「アニメって地球語なんですよ!」

 地元でゲータンなるアニヲタ組織を結成し、いつしか大好きなアニソンを歌ってみせると夢見ていた彼女は、なんと沖縄初のアニソンシンガーとして想像の何倍も早くメジャーデビューしたMICHI。前回のインタビューでもアニメ/アニソン愛を感じさせてくれたが、海外のアニメフェス出演なども経て行われた今回のインタビューは、彼女のほとばしる想いがさらにスパークした内容となった。

2015年最も面白かったアニメは? 最近のアニメ/アニソンシーン

MICHI『Checkmate!?』インタビュー

--メジャーデビューして忙しくなった後もアニヲタとしてちゃんとアニメは観れているんですか?

MICHI:もちろん、部活動はちゃんと!

--部活なんだ(笑)?

MICHI:もはや部活になってるんですけど(笑)それはちゃんとやってます!

--MICHIさんは沖縄初のアニソンシンガーとしてメジャーデビューということで、アニメファンにも楽しんでもらえるインタビューにしたいんですけど、MICHIさんの中で2015年最も面白かったアニメって何だったんですか?

MICHI:『食戟のソーマ』だったかもしれないです! 私、基本的に戦う系が好きで……あ、でも2015年って言ったら『ソードアート・オンライン』の2期もあったし、映画『ハイ★スピード-Free!Starting Days-』もあったし、『神様はじめました』も『暗殺教室』も『終わりのセラフ』も『ダンまち』もあったし、オードソックスなものでは『銀魂』もあるし……どうしよう!? 決められない(笑)!

--テーマ曲を担当した『六花の勇者』は?

MICHI:『六花の勇者』は殿堂入りです!

--そんなMICHIさんから見て最近のアニメシーンはどんな風に映っているんでしょう?

MICHI:おっぱいがめっちゃ揺れる。

一同:(笑)

MICHI:NGワードギリギリのところまで攻めたセリフとかも多い(笑)。「あ、これぐらい濁せば言ってもOKなんだ?」みたいな。それこそ『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』なんてスゴかったですよね。男性理想が高くなったんだなと感じさせるアニメが多くなってると思います。でも、同時に私たち腐女子向けのものもどんどん増えてる。あと、『六花の勇者』で思ったのは画がすごくキレイになってるなって。「3D使ってるんじゃないか?」って思うぐらい霧が立体的だったりするから、テクニカルな部分でもこれまでにないぐらい進化してるなって思いますね。

--では、最近のアニソンシーンにはどんな印象を持たれてます?

MICHI:アニソンとは思えないレベルのアニソンが増えたと思います。例えばAimerさんの「Brave Shine」(『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』2ndシーズンオープニングテーマ)とか「え? これってアニソンなの?」って思うぐらい、凄い次元の曲になってますし、そういう意味では私の大好きなEGOISTさんもそうですよね。MD……なんでしたっけ?

--MD?

MICHI:最近流行ってる曲調。

--もしかしてEDMのことですか?

MICHI:EDMだ!

--(笑)

MICHI:EDMっぽい曲調のアップチューンも増えたなって思いました。そういうものも含めて幅広いジャンルでの神曲がすごく増えたなって思いますね。OLDCODEXさんの『Free!』の曲は1期も2期もすごいテンション上がりますね!「今日は頑張るぞ!」ってときに聴くとめっちゃヴァイヴスが上がるというか。その一方で『神様はじめました』の世界観に合った本当に可愛らしい曲も見事だと思いますし、今まで聴いたことがないタイプのアニソンが出てきたなって思いました。あと、最近だと『戦コレ』の曲もスゴかったですね。

--2016年はどんなアニメが流行ると思います?

MICHI:アクション系は変わらずウケ続けると思います。だって、女子も男子も大好きですもん! 今まで流行ってきたアニメも何かしらと戦ってるし。でも、今年はアクション系に負けじと駄菓子系が流行ると思います(笑)!

--TVアニメ『だがしかし』OPテーマである2ndシングル『Checkmate!?』をリリースするMICHIさんによると、今年は駄菓子が来ると?

MICHI:来ます(笑)。でも私がOPテーマを歌わせて頂いているとか抜きにしても、駄菓子のアニメは盲点だったなと思いますし、30代以上の方からしたら昔なつかしの駄菓子ですし、若い人からしたらリアルで新鮮だろうし、老若男女が楽しめると思うんですよね。だから絶対に『だがしかし』はブームになると思います!

--そのテーマ曲についてはまた後ほど詳しく聞かせてください。

MICHI:了解しました!

--地元でゲータンなるアニヲタ組織を結成し、いつしか大好きなアニソンを歌ってみせると夢見ていたMICHIさん。沖縄初のアニソンシンガーとしてメジャーデビューを果たしたデビューイヤー、2015年はどんな1年になりましたか?

MICHI:夢が叶った年でもあるので、人生で一番大きなターニングポイント的な1年だったなって思います。今までで一番幸せな年だったし、同時に一番頑張った年でもあったと思います。新しい環境の中でもがき苦しんだりもして、自分の大好きな音楽が出来るようにはなったんですけど、まだまだ歌も全然未熟だし、パフォーマンスも上手く出来なかったりして。でもいろんなものを観て吸収して昇華できるように頑張ったり、音楽のことばっかり考えながら過ごしてましたね

--具体的には何が一番大変でした?

MICHI:やっぱりお客さんの前で歌うこと。それまでやったことがなかったので、自分的には声に気持ちも込めてるし、体もよく動かしているつもりなんですけど、あとからムービーで客観的に観たりすると全然足りてないし、伝わってこない。「こんなにも足りてないんだ!?」って落ち込みました。最初のライブなんて心に余裕がなかったから緊張でガクガク震えてて、「上手く歌おう、上手く歌おう」ってことしか考えてなかったから、それじゃあ伝わらないし、聴いてる側も歌ってる側も楽しくならない。だから技術的なものはそのうちついてくることを信じて、とにかく気持ちを込めて歌おうって。

--今は自分のライブに対してどんな印象を?

MICHI:だんだんいろんなところで歌うようになってくると、最初の頃は緊張しすぎて聴こえなかったお客さんの声も自分の声も聴こえるようになってくるんですよ。そうなったからこそ自分に対してムカつくようになりました。「もっと出来るだろ!」って思うようになって、今は毎回自分と戦ってます。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. シャイな日本人もアニメさえあれば海外の人と仲良くなれる
  3. Next >
写真一覧
MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー

シャイな日本人もアニメさえあれば海外の人と仲良くなれる

--アニソンシーンって歌がめちゃくちゃ上手い人だらけだから、ただでさえハードル高いし。

MICHI『Checkmate!?』インタビュー

MICHI:そうなんですよ! 言ってしまえば、ヘタクソな人がいない。だからその中で埋もれないようにしなきゃいけないし、そして今までのアニソンシンガーの方々がしてこなかったパフォーマンスにも挑戦しなきゃいけない。有り難いことに今まで私みたいなハスキーな歌声の方って珍しかったりもするから、アニソンシンガーとして新しいジャンルを創りたいと思ってます。その為に戦ってます。今、すっごい戦ってる。

--メジャーデビュー以降、地元の沖縄ではどんな反響があったりしました?

MICHI:全く分かんないです(笑)! 沖縄ってアニメ不毛の地なので、ゲータンのメンバーとか仲良しの友達以外はなかなか反応してくれなくて……私の家族も反応がすごく薄いんですよ(笑)。おそらく娘がどういう状況なのか分かってないんだと思うんですけど、「海外で歌ってくる」ぐらい分かりやすいインパクトがないと、アニメのことが全然分からないから! なので、まだまだです。もっと売れたい。だって、私が売れれば沖縄の放送局にアニメが増えるかもしれないじゃないですか! それぐらいの影響力が持てるように頑張りたいです。

--MICHIが歌う為のアニメを沖縄の放送局が作るぐらい?

MICHI:作るぐらい! それぐらいの人になりたいです。

--ゲータンのメンバーはどんな反応なの?

MICHI:最近だと『ドラゴンボール』の影山ヒロノブさんと共演させて頂いたときは、すごく喜んでましたね。「おまえ、スゴいな! 隣に座ったんだな!」って。しかもカメラに向かって影山さんが「ゲータンのみんな~!」って言ってくれたんですよ!

--友達数人で作った小さなアニヲタコミュニティに向けて?

MICHI:それで調子に乗り出してます(笑)。デビュータイミングでゲータンの話をしたじゃないですか。それでいろんなインタビュー記事にゲータンの話が載って、最初はそれを素直に喜んでたんですよ。でも最近は「影山さんだったらゲータン入れてあげてもいいよ?」とか言い出して……

一同:(笑)

--自分自身はどの瞬間にデビューしたんだと実感しました?

MICHI:お客さんの目の前で歌ったときと、私の曲がアニメと共に流れたときは「私、デビューしたんだ!」って泣きそうになりました。もう感動でしたね。ビックリして鳥肌立ちました。

--その実感から約半年間、心境や環境は変わってきました?

MICHI:340度ぐらい変わりました!

--結果的に20度しか変わってないね(笑)。

MICHI:そっか! じゃあ、180度変わりました! 生活がすべて自分の好きなこと中心でまわっているっていう幸せ。音楽に囲まれて、ボイトレとかも全然苦ではないし、毎日が充実していて楽しいです! だからホームシックに1回もかからない。それはファンの皆さんの存在も大きいですね。MICHIの源はファンの皆さんなので、必要不可欠。なので、ツイッターも1日に何回も更新して皆さんとコミュニケーション取ったりしてますし、すごく愛おしく感じます。だからライブとかサイン会とかみんなと会える場がすごく大好きです。

--ファンのみんなはMICHIのどんなところを魅力に感じてるんでしょうね?

MICHI:ギャップですかね? 私、芸人扱いされてるんですよ(笑)。歌ってるときと違って、喋るとこんな感じなんでよくツッコまれたり、「MICHIちゃん、面白いわ~」って言われたりしていて、そんな感じでありのままの自分を受け入れてくれるから嬉しい。

--昨年9月にはインドネシアのジャカルタにて開催された東南アジア最大のアニメの祭典【Anime Festival Asia Indonesia 2015】へ出演。MICH初の海外遠征、いかがでした?

MICHI:このときにいろいろ心境が変わったというか、3000人ぐらいの規模の人たちの前で歌うことも初めてだったし、「言葉の通じない人たちの前でどうパフォーマンスしよう?」っていう不安との戦いがあって。でもそこで吹っ切れたんですよね。それまでは右も左も分からなくてどうパフォーマンスするべきか定まってなかったんですけど、インドネシアで最終的に「みんなに伝えたいんだ!」っていう気持ちだけで突っ走ったら、自分の中でいろんなものがハジけたんです。あと、あのイベントでは3日で7ステージもやらせて頂いたので、単純に経験値も上がりました。

--錚々たるアーティストやコスプレイヤーが出演してライブを行い、アニメやマンガ、ゲームなどを中心とした日本のポップカルチャーのブース展示、コスプレコンテストもあって、MICHIにとっては楽園のようなイベントだったんじゃないですか?

MICHI:そうですね! 本当にアニメは世界共通なんだなって思いました。私のライブの盛り上がり方も凄かったですし、海外の方も『六花の勇者』のコスプレを楽しんだりしてて。沖縄にはああいうアニメのブースがたくさん並ぶようなイベントってないので、変なテンションになりましたね。好きなものがそこに在り過ぎて処理しきれなかった(笑)。インドネシアがあそこまでアニメに熱いとは思いもしなかったです。

--MICHIさんなら世界中のアニヲタと仲良くなれそうですよね。

MICHI:なりたいです! 【Anime Festival Asia Indonesia 2015】は現地の記者の方もみんなオタクで、「好きなアニメは何ですか?」という質問に対して私がアニメのタイトルを答えただけですごく沸くんですよ(笑)! これは仲良くなれるなって思いました。

--アウェーだと思って行ったらめちゃくちゃホームだったんですね。

MICHI:ホームでしたね! 仲間しかいなかった(笑)。11月にはシンガポールのアニメフェスティバルにも行ったんですけど、ジャカルタで私のライブを観てくれていた人たちが「NO MICHI, NO LIFE」って書いたTシャツ着て「来たよ」って。

--海外でも着実にファンが増えてるじゃないですか?

MICHI:そうなんですよ! しかもかなり熱狂的。嬉しかったですね。日本から来てくれたファンも現地のオタクたちとめちゃくちゃ仲良くなってて! アニメでコミュニケーションが成り立っちゃってる。だからアニメって地球語なんですよ! それを実感しましたね。シャイなはずの日本人もアニメさえあれば海外の人とあんなに仲良くなれるんだって。英語が喋れなくても仲間になれちゃう。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. アニメ『だがしかし』OPテーマ「この曲は私にしか歌えない」
  3. Next >
写真一覧
MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー

アニメ『だがしかし』OPテーマ「この曲は私にしか歌えない」

--そんなデビューイヤーから精力的に活動してきたMICHIですが、2016年も早々に新作のリリースが決定しました。2ndシングル『Checkmate!?』。TVアニメ『だがしかし』OPテーマとなっていますが、再びアニソンタイアップが決まったこと自体にはどんな感慨を持たれていますか?

【MICHI】2nd Single「Checkmate!?」MV(Short ver.)【だがしかし】
【MICHI】2nd Single「Checkmate!?」MV(Short ver.)【だがしかし】

MICHI:前作から半年も経ってないのにアニメタイアップが決まったのはすっごい嬉しかったですし、その分プレッシャーも凄かったです。でも私は昔から駄菓子が大好きだったので、原作も元々ファンで読んでたし、駄菓子で育ったと言っても過言ではないぐらい、毎日のように駄菓子を食べてきたんですよ。だから「この曲は私にしか歌えない」っていう自信がある。

--駄菓子とアニメの両方をこんなにも愛してるシンガーは私しかいない?

MICHI:私しかいない! 少なくともアニソン界では私しかいない! ひとつひとつの駄菓子がどういった経緯で生まれたのかも『だがしかし』を観てるので説明できますし。

--『だがしかし』はどんなお話なんでしょう?

MICHI:実在するいろんな駄菓子を青春コメディーの中で紹介していくんです。ココノツっていう駄菓子屋の息子がいて、彼は漫画家を目指しているから店を継ぎたくないんですけど、そこに大手菓子会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢のほたるちゃんが現れて、ココノツのお父さんを引き抜こうとするんです。でもお父さんは「息子が跡を継ぐまでは行かない」と。それで、ほたるちゃんがあらゆる手段でココノツに跡を継がそうとするんですけど、そこにいろんな駄菓子の話が絡んできたりとか、駄菓子を介しての出逢いがあったりして、キュンと来る話になってるんです。共感が得られる、誰が観ても楽しいアニメだと思います。

--で、そのテーマ曲を歌うに相応しいぐらい、MICHIさんは駄菓子に詳しいと。

MICHI:私、ツイッターやYouTubeで『MICHI'Sキッチン』という、駄菓子のちょい足しレシピをご紹介するコーナーをやってるぐらい好きなんですよ。それでも知らない駄菓子は『だがしかし』で勉強。沖縄にはさくら大根っていう駄菓子がなかったんですけど『だがしかし』で知って、近所にある駄菓子屋へすぐ買いに行きました(笑)。

--今も梅ジャムってあるんですかね?

MICHI:梅ジャムは今もあります。

--僕の子供の頃は、ミルクせんべいに梅ジャムを挟んで食べる習慣があったんですけれども、大人になって冷静に振り返ると「なんでミルクに梅?」って思ったりして。

MICHI:子供だから出来る発想ですよね(笑)。

--普通の醤油せんべいのほうが絶対に親和性高いのに。あと、ラムネのビンの形したスナックあったじゃないですか? 中に粉が入ってるやつ。あれも今考えると謎の食べ物ですよね。

MICHI:いかにむせないようにストローで粉を吸うかっていう(笑)。男の子はストロー使わずそのままムシャムシャ食べたり。

--粉と言えば、10円の粉ジュース。

MICHI:ジュースなのに水で溶かすとマズいという(笑)。

--しかも凄い勢いで泡が吹き出して全部こぼしちゃったりして。

MICHI:そういう懐かしのエピソードも『だがしかし』では出てくるんですよ。

--面白そうですね。

MICHI:だからたくさん共感できるんです。毎回観終わった後に「明日、買いに行ってみよう」って思うし。

--たしかに駄菓子ブーム来そうですね。

MICHI:駄菓子屋さんが潤う!

--そんな駄菓子ブームの鍵を握る『だがしかし』OPテーマ「Checkmate!?」には、自身ではどんな印象を?

MICHI:最初にこの曲を渡されたときは、おなかが空いちゃいました。

--曲の印象で「おなかが空いちゃいました」は新しいですね(笑)。

MICHI:ココノツとほたるちゃんのことが描かれている曲でもあるので、自分の頭の中で勝手にアニメ『だがしかし』のオープニング映像を描いたんです。それで「今、ほたるちゃんはヤングドーナツ食べてるな」とか「キャベツ太郎食べてるな」って想像しながら聴いてたらおなか空いちゃって(笑)。あと、今回もElements Garden(エレメンツガーデン)さんが歌唱難易度の高い曲を作って頂いたんですけど、それが嬉しくて。簡単な曲だと歌ってても楽しくないし、聴いてても面白くないじゃないですか。だからリズムに乗るのがすごく難しい曲ではあったんですけど、歌い甲斐があって良いなって。しかも今回は初めて踊りながら歌う曲なんですよ! 先日、初めてパフォーマンスしたら息切れが凄かったんで(笑)、今は走りこみをしています。

--ダンスは元々やっていたんですか?

MICHI:やってました。だから「やっていなかったんで」って言い訳ができない。

--MICHIさんは安室奈美恵のファンですから、彼女ぐらいのダンスを期待してます。

MICHI:あれだけ踊れたら格好良いですよね……でも私もヒールはマストにしたくて! ペタンコの靴では踊らないって決めてるんです。いざヒールで踊るとめちゃくちゃ大変なんですけど、やっぱりスタイルは良く見せたい! というのもあって、7cm以上のヒールでバキバキ踊ってます。ほたるちゃんと同じポーズを取り入れたり、みんなで一緒に盛り上がれるダンスになってるので、ライブでは絶対盛り上がると思います!

--そんな新シングル『Checkmate!?』から始まるMICHIの2016年、どんな1年にしたいと思っていますか?

MICHI:大進化を遂げる1年にしたいと思います。あと、いっぱいライブにお呼ばれしたいですね。アニサマ、出たいです! さいたまスーパーアリーナで歌えたらどれほど気持ち良いんだろう?と思ったので、アニサマにもお呼ばれされるぐらい頑張りたい。アルバムも出したいし、ワンマンライブは絶対やりたいですし……

--自分の中ではヴィジョンというか、ちゃんと妄想が広がってるんですね。

MICHI:私の妄想の中では武道館まで行ってます! そして沖縄コンベンションセンター満席! なので、そういった妄想をいつか実現させる為にも今年は頑張りたいです。そしてリアルなところでは次のアニメタイアップを(笑)!

--沖縄初のアニソンシンガーと銘打ってる以上、アニメタイアップが付かないとリリースできないですからね(笑)。

MICHI:そうなんです(笑)! アニソン、歌わして下さい!

Interviewer:平賀哲雄

Music Video
写真一覧
MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー MICHI『Checkmate!?』インタビュー

MICHI「Checkmate!?」

Checkmate!?

2016/01/27 RELEASE
PCCG-1498 ¥ 1,890(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Checkmate!?
  2. 02.∞Infinity
  3. 03.Checkmate!? (Instrumental)
  4. 04.∞Infinity (Instrumental)
Disc02
  1. 01.Checkmate!? [Music Video]
  2. 02.Checkmate!? [Music Video Making]

関連キーワード

TAG

関連商品

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    SHINee、東京タワーを含む日本5都市のシンボルタワーを“SHINeeカラー”で同時ジャック! ベストALはiTunes15か国で初登場1位に

  2. 2

    <ライブレポート>ブルーノ・マーズ、自分の曲がこんな曲ばかりだったら、ライブしたくなるに決まっている

  3. 3

    <ライブレポート>“もうひとつのシカゴ”CTAが新旧ナンバーでファンを魅了! 大熱狂で幕が開けた来日公演初日

  4. 4

    【先ヨミ】KAT-TUN活動再開後初シングルが現在首位 Juice=Juice、ラスアイが続く

  5. 5

    SHINee 全国版朝日新聞に全面広告掲載! 販売エリア別5つのデザイン

HOT IMAGES

注目の画像