Billboard JAPAN


HotShotDiscs

アート・ネイション「リベレーション」

リベレーション

アート・ネイション               

2017/05/10 RELEASE

Track List
スウェーデン産、新世代メロディアス・ハード・バンド:ART NATIONの本邦デビュー盤!

H.E.A.Tのエリク・グロンウォールを排出したことでも知られる有名オーディション番組『idol』(『アメリカン・アイドル』のスウェーデン版)出身のシンガー、アレクサンダー・ストランデルを擁する新世代メロディアス・ハードロック・バンド、ART NATIONの2ndアルバムにして日本デビュー作。ツインギター編成の5人組で、2015年の1st『REVOLUTION』に参加していたキーボーディストは脱退。ベーシストは本作から女性メンバーとなっている。

 サウンドはいわゆる“メロディアス・ハード”をモダンに昇華させたもので、適度にアグレッシブなギターやシンセ音を大々的に導入。全体的にエネルギッシュかつ高揚感のあるキャッチーな歌メロをのせており、例えば第一弾シングルとなった「The Real Me」や「A Thousand Charades」などはAMARANTHEの1stに入っていてもおかしくないクオリティと音楽性だったりする。そのAMARANTHEを手掛けたヤコブ・ハーマンをプロデューサーに迎えている点からも、本作での狙いどころが分かるだろう。

 「When Stars Align」といったアメリカンなロッカ・バラードもあるなど、同郷のメロディアス・ハード系バンドのソレと比べて洗練されたイメージの本作。哀愁のメロディーは処々で聴かれるものの、北欧ならではのウェット感が得られにくいため往年の北欧メロディアス・ハード・ファンは好き嫌いが分かれるかもしれない。しかし、メロディアス・ハードロックを若い世代にもアピールし得るポテンシャルを備えており、メロハー・ファンの筆者も許せる範囲のモダンさに個人的には好感が持てる。 (Manabu.H)

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore