Billboard JAPAN


HotShotDiscs

Akira Kosemura,Megumi Shinozaki & Kimihiko Nitta「For」

For

Akira Kosemura,Megumi Shinozaki & Kimihiko Nitta               

2015/11/25 RELEASE

Track List
日本のポスト・クラシカル代表格がフラワー・アーティスト&写真家とコラボした、視覚でも楽しめるコンセプチュアル作

 日本のポスト・クラシカルを代表するアーティスト、小瀬村晶。ピアニスト、作曲家としてだけでなく、プロデューサーとしても一貫した静謐な世界観を持つ作品を、自身のレーベル<schole>から発表しつづけている。そんな彼が新たに生み出したのが、フラワー・アーティストの篠崎恵美と、写真家の新田君彦とによる3人のコラボレーション。まるで宝石箱のような美しい箱には、CDの他にDVDとブックレットが収められており、聴覚だけでなく視覚でも楽しむことができるのが特徴だ。

 主役となる楽曲は、小瀬村のピアノを軸に展開する。とはいえ、初期の作品のようなロウファイな手法を使うわけでもなく、つぶやくようなピアノが続くわけでもなく、メロディが美しく引き立っている。ピアノ以外では、ストリングス・カルテット、ドラムス、ヴィブラフォン&マリンバといった楽器を楽曲によって配置。基本的には落ちついたアコースティック・サウンドがメインであるが、時にはプログラミングやエフェクトも絶妙に取り入れ、一曲一曲にドラマ性を感じさせてくれるのだ。いずれも、比較的しっかりとコンポーズされたメロディとアレンジになっており、ここ近年の映画や舞台のサウンドトラックにも近い質感を持っている。とくに、「New World」のようにストリングスを交えたドラマティックな楽曲は、前作に当たる映画のサウンドトラック作品『最後の命 EMBERS』の延長線上に位置するといってもいいだろう。

 こういったメランコリックな旋律を聴きながら、花と少女が写し取られた写真集や映像を眺めていると、さらに小瀬村が持つ深い世界観に引きこまれてしまう。目と耳にやわらかな刺激を与えながら、小瀬村は新しいスタイルを提示することに成功した。早くも次の展開が楽しみになるコンセプチュアルな作品である。(REVIEW:栗本 斉)

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore