Billboard JAPAN


Daily News

【ビルボード】2週連続、ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバムが第1位、第2位を独占

  • 若林暢「【ビルボード】2週連続、ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバムが第1位、第2位を独占」1枚目/1

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、1位、2位は、ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバム2枚の同時チャートインとなり、先週に引き続きトップ2独占という結果になった。CDリリース記念追悼リサイタル全国ツアーが6月末にファイナルを迎えた後も、引き続き各メディアにて注目を集め上位をキープ。8月28日にはNHK「おはよう日本“けさのクローズアップ”」で特集され、先週再度トップに返り咲き、今週もその記録を伸ばした。

 3位と8位には、第156回直木賞を受賞した恩田陸『蜜蜂と遠雷』にまつわるコンピアルバム2枚が同時チャートイン。この2枚も、同時の上位チャートイン記録を順調に伸ばしている。また4位には「“ClassicaLoid”Presents ベスト・クラシック100」がチャートイン。NHK Eテレの人気アニメ「クラシカロイド」の原曲コンピレーションアルバム。クラシック音楽への入門ディスクとしても最適の6枚組だ。小説・マンガ・アニメ原作のコンピアルバムの人気ぶりが、クラシックチャートを大きく賑わせている。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
2位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
3位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤]』
4位『"ClassicaLoid" Presents ベスト・クラシック100』
5位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
6位『0歳からの育脳クラシック』
7位『ブルックナー交響曲第5番,第7番,第8番』ヘルベルト・フォン・カラヤン
8位『蜜蜂と遠雷音楽集』
9位『HICHIRIKI Cafe』東儀秀樹
9位『ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番、交響曲第4番変ロ長調、交響曲第5番ハ短調「運命」』オットー・クレンペラー、ケルン放送交響楽団

Special Contentsmore

Nao Yoshioka インタビュー
Nao Yoshioka インタビュー
10年ぶりの来日を果たすエリック・ロバーソンとの初共演ライブに向けて
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。

Chartsmore