Billboard JAPAN


Daily News

叶姉妹、コミケで1万枚の名刺配布 姉の恭子は「指の先の皮がめくれました」

  • 叶姉妹「叶姉妹、コミケで1万枚の名刺配布 姉の恭子は「指の先の皮がめくれました」」1枚目/1
 叶恭子(左)と叶美香
 インディ-ズ・コミック(同人誌)などの流通・販売を手掛ける「とらのあな 新CM発表会」が12日、東京都内で行われ、CMに出演したタレントの叶姉妹が登壇した。
 CMのコンセプト「いっちゃってますわね」にちなみ、「限界ギリギリまで頑張った最近のエピソ-ド」をたずねられた姉の恭子は「私たちはそもそも一瞬一瞬、全力で取り組んでいるので、そういう観念はありません。むしろ毎日が全力なんです。それを“いっちゃってますわね”と言うのであれば、(私たちは)ずっといっちゃってます」と語った。
 一方、妹の美香は「私の場合は、姉のお世話をすることでいつも限界ギリギリ、いっちゃってます」と苦笑い。美香が「毎回、え-!?と思うことを姉が投げ掛けてくるので、それに対応するためにいつも頑張っています」と苦労を語るも、恭子は「美香さんは、大げさなんですよ」と余裕の笑みを浮かべた。
 叶姉妹といえば前日、東京ビッグサイトで開催中の同人誌即売会「コミックマ-ケット(コミケ)92」に初出展したことが話題に。姉妹はイラスト集のグッズなどを販売し、開幕直後には約2000人が並ぶ盛況ぶりだった。
 準備の苦労について聞かれた恭子は「創作ですので、自分の中では準備というよりも趣味の一部と考えております。好きなことを夢中になってやっているだけです」とコメント。美香も「姉の場合は“これが好きだ”となると集中して、48時間ぐらいは寝ないので大変です」とエピソ-ドを披露した。
 今回、コミケで大勢のファンと触れ合った恭子は「私たちの方がありがとうございますと申し上げたい」と改めて感謝の思いを口にした。
 グッズが売り切れた後も、来場者に名刺の手渡しを行った恭子は「指の先の皮がめくれました」と明かし「初めての経験。名刺を1万枚ぐらい配るとこうなるんだ…とお勉強になったし(私って)“やわ”なんだなと思いました」と語り、ほほ笑んだ。

エンタメ OVO

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore