Billboard JAPAN


Daily News

大原櫻子、約1年ぶりのアコースティックフリーライブでファンと大合唱

  • 大原櫻子「大原櫻子、約1年ぶりのアコースティックフリーライブでファンと大合唱」1枚目/5
 大原櫻子が新シングル『マイ フェイバリット ジュエル』のリリースを記念し、8月11日に東京・お台場パレットプラザ(ヴィーナスフォート前)でフリーライブを行った。 当日は朝から雨が心配される空模様だったが本人登場時の元気な掛け声とファンの大きな歓声…
記事全文・その他画像を表示する(4枚)
大原櫻子「V」
2016/06/29
[CD]
¥4,200(税込)
購入画面へ
大原櫻子「V」
2016/06/29
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
大原櫻子「V」
2016/06/29
[CD]
¥5,700(税込)
購入画面へ
大好き
大原櫻子「大好き」
2016/06/01
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
大好き
大原櫻子「大好き」
2016/06/01
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
大好き
大原櫻子「大好き」
2016/06/01
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
真夏の太陽
大原櫻子「真夏の太陽」
2015/07/22
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
真夏の太陽
大原櫻子「真夏の太陽」
2015/07/22
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
真夏の太陽
大原櫻子「真夏の太陽」
2015/07/22
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
HAPPY
大原櫻子「HAPPY」
2015/03/25
[CD]
¥2,800(税込)
購入画面へ
HAPPY
大原櫻子「HAPPY」
2015/03/25
[CD]
¥3,500(税込)
購入画面へ
HAPPY
大原櫻子「HAPPY」
2015/03/25
[CD]
¥3,500(税込)
購入画面へ
大原櫻子「瞳」
2015/01/07
[CD]
¥864(税込)
購入画面へ
大原櫻子「瞳」
2015/01/07
[CD]
¥1,200(税込)
購入画面へ
サンキュー。
大原櫻子「サンキュー。」
2014/11/26
[CD]
¥390(税込)
購入画面へ
サンキュー。
大原櫻子「サンキュー。」
2014/11/26
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
サンキュー。
大原櫻子「サンキュー。」
2014/11/26
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
頑張ったっていいんじゃない
大原櫻子(from MUSH&Co.)「頑張ったっていいんじゃない」
2014/06/25
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
渡辺麻友のラストシングル『11月のアンクレット』。渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音、小栗有以がその想いを語る。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore