Billboard JAPAN


Billboard Japan Hot Overseasチャートの解説

TAG

順位│前回 ジャケット写真│タイトル│アーティスト名 チャートイン数
1 UP 5

ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ テイラー・スウィフト

2
2 DOWN 1 エド・シーラン 「÷(ディバイド)」 34
3 STAY 3 オースティン・マホーン 「ダーティ・ワーク (+リミックス)」 30
4 DOWN 2

フレンズ ジャスティン・ビーバー + ブラッドポップ

3
5 DOWN 4

デスパシート feat.ジャスティン・ビーバー ルイス・フォンシ & ダディー・ヤンキー

15
6 NEW

ホワット・ラヴァーズ・ドゥ feat.シィザ マルーン5

1
7 UP 15 Avicii 「ウィズアウト・ユー」 4
8 DOWN 7

デスパシート feat.ダディー・ヤンキー ルイス・フォンシ

8
9 UP 10

ステイ ゼッド & アレッシア・カーラ

27
10 DOWN 6 ザ・チェインスモーカーズ 「ザ・チェインスモーカーズ ジャパン・スペシャル・エディション」 55
11 UP 13 (オリジナル・サウンドトラック) キッド・インク、タイガ、ワーレイ、YG、リッチ・ホーミー・クワン T.I.&ヤング・サグ セヴン・ストリーター ディロン・フランシス&DJスネーク ウィズ・カリファ&イギー・アゼリア プリンス・ロイス ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「ワイルド・スピード スカイミッション オリジナル・サウンドトラック」 111
12 UP 16 マーク・ロンソン 「アップタウン・スペシャル」 117
13 DOWN 8 カルヴィン・ハリス 「ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1」 11
14 DOWN 11 ジャスティン・ビーバー 「パーパス~デラックス・エディション」 84
15 DOWN 12 テイラー・スウィフト 「1989」 128
16 NEW ピンク 「ビューティフル・トラウマ」 1
17 NEW (オリジナル・サウンドトラック) ヤング・サグ、2チェインズ、ウィズ・カリファ&PnB・ロック リル・ウージー・ヴァート、クエヴォ&トラヴィス・スコット ジー・イージー&ケラーニ PnB・ロック、コダック・ブラック&ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディー ミーゴズ ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン feat.21サヴェージ ベースネクター feat.オハナ・バム&ラファ・テイラー「ワイルド・スピード アイスブレイク オリジナル・サウンドトラック」 19
18 DOWN 9 ブルーノ・マーズ 「24K・マジック」 7
19 NEW アリアナ・グランデ 「マイ・エヴリシング~デラックス・エディション」 56
20 DOWN 18 ファレル・ウィリアムス 「ガール」 123

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore